コロナ 妊娠。 中高生の妊娠相談が過去最多に 「一斉休校で増加」慈恵病院が発表【新型コロナ】

中高生の妊娠相談過去最多 新型コロナによる休校影響か 熊本・慈恵病院

コロナ 妊娠

新型コロナウイルスの流行が止まらない。 どうすれば感染を防げるのか、妊娠中の女性や妊娠を望む女性の不安が高まっている。 働く妊婦からも「休めない」「テレワークが認められない」などと窮状を訴える声も。 妊婦が感染しないためにできることと正しい知識を専門医に聞いた。 風疹のような母子感染の可能性は、低い 東京都東久留米市の産婦人科医、太田寛(ひろし)さん(55)は新型コロナウイルスについて「風疹のように胎盤を通じて母子感染したり、赤ちゃんに障害が出たりする可能性は低い。 落ち着いてできる範囲の感染予防をしてほしい」と話す。 日本産婦人科感染症学会も「感染による流産、死産のリスクが高いとする報告はない」とするが、「一定頻度で子宮内での感染が起きる可能性が報告されている」とも指摘する。 投薬は制限 妊娠末期は重症化の可能性 一方で、妊婦特有のリスクも。 同学会副理事長で日本大医学部教授の早川智(さとし)さん(61)は「新型コロナに限らず、妊婦がウイルス感染すると投薬など治療の手段が限られる」と話す。 また「妊婦は妊娠末期に横隔膜が上がって呼吸しにくくなるため、呼吸器疾患が重症化する可能性がある」と注意を呼び掛けている。 ネット情報は信頼できる出所かチェックを ネットなどで妊婦の不安をあおる書き込みが増えているが、出所には注意が必要だ。 太田さんは「主治医と相談したり、SNSなら各自が信頼できる専門家のアカウントをフォローしたりして、正しい知識を身につけて」と助言する。 マスク不足も妊婦には悩ましい。 ただウイルスの粒子は極めて小さく、「市販のマスクを貫通する」と早川さん。 手指で不用意に口や鼻を触るのを防ぐ効果はあるものの、「感染予防の有効性は賛否両論なので、入手できなくても過度に焦る必要はない」。 早川さんは「せっけんで十分。 泡がウイルスを包む膜を壊し死滅させるので、よく泡立てて」とする。 外出後や食事前など、20秒以上手首まで洗う。 体調が悪くなったら、いきなり病院に行くのは控える。 「かかりつけ医や主治医に電話で相談し指示を仰いで」と早川さん。 家族の感染や、妊婦と感染者との濃厚接触があった場合は、都道府県の「帰国者・接触者相談センター」にすぐ連絡を。 PCR検査を受けられる条件も、妊婦は「37. 5度以上の発熱や倦怠(けんたい)感が2日以上続く場合(一般の人は4日以上)」と緩和されている。 こうした要請などを受けて、厚生労働省は1日、働く妊婦への配慮を経済団体などに要請した。 訂正と経緯(4月13日追記) 第4段落を削除し、新たな情報を追加しました。 太田寛さんから「元の記事は話した主旨と異なる」との指摘を受けたためです。 「在宅勤務を認めてほしい」働く妊婦の切実な訴え 仕事を休めずにいる働く妊婦からは悲鳴にも似た声が上がる。 都内の商社勤務の女性(30)は妊娠7カ月。 休校中の子どもがいると在宅勤務できるが、妊婦だと1時間の時差出勤のみ。 初めての出産に不安を感じながら、毎日片道1時間以上かけて通勤。 在宅勤務の仲間のカバーで残業も増えている。 「妊婦も在宅に」と訴えたが却下された。 「おなかの小さな命は守るべき命として数えられていない」と疎外感を感じている。 兵庫県の銀行員女性(27)は妊娠4カ月。 営業職で、客と近距離で話す機会も多い。 「妊娠中は服薬に制限があり、感染した場合、胎児への影響も分からない。 国は企業に、妊婦の出勤停止を働きかけてほしい」 産婦人科医の太田寛さんは、休めないうちは「通勤時や職場の感染リスクを下げることが重要」と話す。

次の

新型コロナ、妊娠中の母子感染「まれだが起こり得る」 中国研究:時事ドットコム

コロナ 妊娠

ドラマ化もされた漫画『コウノドリ』の主人公のモデル、荻田和秀さんが妊娠・出産について知っておきたい10のことを教えてくれる本連載。 今回は新型コロナウイルスからおなかの赤ちゃんをどう守ればいいのか、お話を聞きました。 胎児に影響は? 妊婦は重症化する? 「新型コロナウイルス」と聞いて全くの未知のウイルスを想像しているかもしれませんが、通常、人に感染する「コロナウイルス」自体は、鼻風邪など一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占めるもので、ある意味「おなじみ」のウイルスです。 感染しても、ほとんどの人が軽症で済むので普段は注目されません。 2019年12月以降に問題となっている、いわゆる「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)」はコロナウイルスの一種です。 ただし2002年に発生したコウモリ由来の「重症急性呼吸器症候群(SARS)」に近い遺伝子配列を持っている、突然変異型のウイルスなのです。 コロナウイルスは通常は種類の違う他の動物に感染することはまれ。 でも今回は、どうやら動物からヒトに感染してしまったようです。 この新型コロナウイルスの感染拡大に伴ってよく聞かれるのが 「妊婦さんが感染したら特別危ないのか。 胎児に影響はあるのか」ということです。 これについて、現時点では「妊娠後期の妊婦さんが感染しても胎児への垂直感染は見られなかったという報告はあった」が「妊婦さんは重症化する可能性がある」といえます。

次の

新型コロナウイルスで妊婦の注意点 胎児への影響は (1/4) :日経DUAL

コロナ 妊娠

【ワシントンAFP=時事】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかった妊娠中の母親から子にウイルスが感染する「母子感染」は、まれだが起こり得るとの研究報告が26日、中国の科学者チームによって発表された。 (写真は資料写真) 今回の研究では、パンデミック(世界的な大流行)を引き起こしているCOVID-19が最初に確認された中国・武漢に住む妊娠中の母親33人を追跡調査した。 その結果、出生時の新生児3人に新型コロナウイルスへの感染が確認された。 サンプルの規模は非常に小さいが、感染発生率は約9%となる。 研究チームは、米国医師会(AMA)発行の医学誌「JAMA小児科学」に発表した論文に「分娩(ぶんべん)時には厳重な感染対策と予防措置が講じられていたため、新生児の上気道や肛門にみられたSARS-CoV-2は母親に由来する可能性が高い」と記している。 SARS-CoV-2は新型コロナウイルスの正式名称だ。 感染した新生児3人はみな男児で、母親がCOVID-19に関連する肺炎を発症していたため出産は帝王切開で行われた。 さらに3人のうち1人は胎児仮死のため妊娠31週の早産となり、生後の蘇生が必要となった。 正期産で誕生した新生児2人は嗜眠(しみん)と発熱の症状があり、うち1人は肺炎を発症した。 2人は集中治療室(ICU)で処置を受け、生後6日目に実施した新型コロナウイルス検査では陰性だった。 早産で生まれた新生児は肺炎、呼吸困難、敗血症を発症するなど、病状が最も深刻だった。 これらの症状は人工呼吸、抗生物質、カフェインなどを用いた集中治療で最終的にすべて解消し、新生児は生後7日目の新型コロナウイルス検査で陰性となった。 新生児は3人とも一命を取り留めたという。 中国の専門家らは過去の研究報告で、生後30時間の新生児から新型コロナウイルスが検出されたことを受け、妊娠中の母から子へのいわゆる「垂直感染」が起きた可能性があるとの見解を示していた。 垂直感染は、胎盤経由か分娩の過程で起こる可能性がある。 「そのため、妊娠した女性に対するスクリーニング検査とともに、厳重な感染予防措置、感染した母親の隔離、(新生児の)綿密な経過観察などを実施することが極めて重要になる」と、研究チームは結論付けている。 【翻訳編集AFPBBNews】 〔AFP=時事〕.

次の