何卒 ご 理解 ご 協力。 「ご理解とご協力のほど」ビジネスにふさわしい例文5選

何卒よろしくお願い申し上げます!「何卒」の意味と使い方とは?

何卒 ご 理解 ご 協力

まず、「理解」の意味は、物事のことを知ること。 意味を飲み込むこと。 他人や他者のことをわかることです。 「ご理解」とは「理解」に敬語の一つである「ご」を足した形となっています。 敬語は相手を敬う表現ですから、「ご理解」は自分ではなく相手が何かしらの物事を「わかっている」「わかってほしい」という時に使うことになります。 現実的には、目上の相手に「わかってほしい」ときに「ご理解ください」「ご理解を賜りますよう、お願いいたします」と言ったように、物事についてわかってもらうことをお願いする際に用いることが多いです。 また相手から理解や了承を得たときに「ご理解いただき、誠にありがとうございます」と言ったように、相手への感謝の気持ちを表すうえで使用されることもあります。 ビジネスシーンでは上司はもちろん、クライアントなど他者についても「目上」とおいて敬語表現を用いて会話することが多いです。 従って相手にわかってもらいたいとき、了解を得たいときには「理解」の敬語表現「ご理解」を用いることはごく一般的です。 ご理解同様、「ご協力」は「協力」の敬語表現ということになります。 「協力」の意味は「何かしらの目標、目的に向かって一緒に行動、活動すること」を意味します。 相手に敬語として使うということなので、「ご協力」とは「ご協力おねがいします」と言ったように相手に手伝うことをお願いしたり、又は「ご協力を賜り誠にありがとうございます」と言ったように、相手の協力に対して感謝する際などにしばしば用いられます。 このように「ご協力」についても、ビジネス上の相手に協力をお願いしたり、また協力に感謝したりする際にはしばしば用いられます。 ビジネスシーンでは敬語を使うのはごく一般的なのは前述のとおりですが、特にビジネスシーンにおいて外部の人、クライアントなどや、上司などに協働や協力を依頼するシーンは数多くあります。 従って「ご協力」という言葉を用いる機会も非常に多いといえます。 「ご理解」をビジネスシーンで使う例として多いのは、相手に状況の変化や面倒を認識し、認めてもらう際です。 貴社には多大なるご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。 勿論納期の遅れだけではなく、仕事上の予定の変更や工数の追加など、相手が「面倒」と思うことについて認識し、また了解をお願いするときには汎用的に使うことができます。 ビジネスにおいては状況が変更したり、当初想定通りに事が運ばず、相手にその状況を了解してもらう必要がある、という状況はごく日常的に発生します。 そのような際に、この表現は役に立ちます。 ビジネスにおける外部というのは必ずしも他社やクライアントだけではなく、社内でも普段の業務フローから外れている場合、異例対応をお願いする場合などは、外部=「目上」とみなし敬語を用いることが一般的です。 ここでは総務部が他部署に、オフィスルームの移転に関する協力を呼び掛けている例文を紹介します。 【例文】 先日ご連絡の通り、〇〇部は来週末に〇階へ移動となります。 つきましては、今週中に各人の備品を整理いただきますよう、ご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。 特に大きな組織になればなるほど、社内でもかかわりの浅い他部署はこのように外部のような扱いで対応することが多いです。 社内外に関わらず、仕事上相手の手伝いや協働を求める必要がある場面は数多いので、この「ご協力」という表現はとても汎用性が高いものと言えます。 程度はケースバイケースですが、「ご理解」「ご協力」という言葉を用いて何かを相手にお願いしたり、了解してもらう場合は、ある程度目上と想定される外部の方や上司などに「面倒なこと」をお願いするのが一般的です。 敬語表現である「ご理解」「ご協力」を上手に用いるのはもちろんですが、前後でも、「目上の方にこんなことを依頼して悪いと思っている」ということを感じさせるフレーズを入れることで、失礼な印象を抱かせることを避けることができます。 お手数おかけいたしましますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。 各部署にはご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。 休日にも関わらずお手数おかけいたしまして誠に恐縮ですが、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 お忙しい中お手数おかけいたしますが、ご協力よろしくお願いいたします。 「ご理解」「ご協力」を目上の方や上司にお願いしたうえで、無事了解を得たり、或いは協力をしてもらえたりした場合には、感謝の気持ちもぬかりなく伝えるのが肝要です。 丁寧な表現までしてお願いしたことなのに、それに対しての感謝がない、ではせっかく頼み方が良くても却って失礼に思われてしまう危険性がありますので、「頼みっぱなし」とはならないように注意が必要です。 まずは「ご理解」のより丁寧な言い換えです。 単語別でみると全く同じ意味となるわけではないのですが、「ご理解」という言葉を使う時は相手に状況を認識したり、了解をもらったりしたい時に用いるのが一般的です。 従って、「認識する・了解する」といった言葉の敬語表現などを用いて丁寧に言いかえることができます。 【例文】 ご了承くださいますようお願い申し上げます。 ご容赦を賜りますようお願い申し上げます。 このような表現が「了解」を目上の方にお願いするときの表現に当たります。 普段関わっているわけではない方、クライアント・関係会社の上席者へのご挨拶などで用いる場合には、こうした表現に言いかえることが望ましいことも多々あります。 「ご協力」については、「ご理解」と比較すると、比較的丁寧な文章の中でも用いられることがあります。 特に「~を賜り」「多大なる~をいただき」という表現などを用いれば、かなりかしこまった印象を与えます。 また、別の言葉を用いる場合は「ご支援」「お力添え」といった言葉が想定されます。 特定対応を依頼するのではなく、時候のあいさつの中で漠然と「ご協力」をお願いするような局面では、これらの言葉を用いる方がより丁寧な印象を受けます。 「ご理解」と同程度の敬語表現として考えられるのは「ご認識」や「ご納得」といったものがあります。 いずれも状況には応じますが、認識、納得は理解の類語となります。 ただ、ビジネスシーンで用いる場合には、「ご理解」より用いる状況はやや限定的になります。 相手が認識していなかったことや、想定外のこと、面倒なことに対して用いるのは失礼な印象になります。 どちらかというと、すでに理解してもらっていることの確認や、リマインドに用いるイメージです。 また、相手が「理解・認識」したことに対する感謝の文章には用いることができます。 改めてご認識いただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。 「ご理解」「ご協力」を用いた感謝表現として一般的なのは「ご理解~ありがとうございました」「ご協力~ありがとうございました」といういい方です。 「~」の間には何らかの言葉が入ることもありますし、直接つなげる場合もあります。 いずれにしましても、「協力してもらえた」「認識・了解してもらえた」場合に相手に感謝する表現として最も一般的に用いる表現です。 より丁寧な表現としては「感謝申し上げます」が考えられます。 「ご理解/ご協力感謝申し上げます」もしくは、ご理解・ご協力と感謝申し上げますの間に言葉を入れることもあります。 作業一つ一つの「ご理解」「ご協力」を感謝するというよりは、プロジェクトの完了など一定の区切りの際のあいさつなどに使うイメージです。 また、時候のあいさつのなかでもちいられることもあります。

次の

間違う人も多い「何卒」の正しい意味・使い方・例文

何卒 ご 理解 ご 協力

まず、「理解」の意味は、物事のことを知ること。 意味を飲み込むこと。 他人や他者のことをわかることです。 「ご理解」とは「理解」に敬語の一つである「ご」を足した形となっています。 敬語は相手を敬う表現ですから、「ご理解」は自分ではなく相手が何かしらの物事を「わかっている」「わかってほしい」という時に使うことになります。 現実的には、目上の相手に「わかってほしい」ときに「ご理解ください」「ご理解を賜りますよう、お願いいたします」と言ったように、物事についてわかってもらうことをお願いする際に用いることが多いです。 また相手から理解や了承を得たときに「ご理解いただき、誠にありがとうございます」と言ったように、相手への感謝の気持ちを表すうえで使用されることもあります。 ビジネスシーンでは上司はもちろん、クライアントなど他者についても「目上」とおいて敬語表現を用いて会話することが多いです。 従って相手にわかってもらいたいとき、了解を得たいときには「理解」の敬語表現「ご理解」を用いることはごく一般的です。 ご理解同様、「ご協力」は「協力」の敬語表現ということになります。 「協力」の意味は「何かしらの目標、目的に向かって一緒に行動、活動すること」を意味します。 相手に敬語として使うということなので、「ご協力」とは「ご協力おねがいします」と言ったように相手に手伝うことをお願いしたり、又は「ご協力を賜り誠にありがとうございます」と言ったように、相手の協力に対して感謝する際などにしばしば用いられます。 このように「ご協力」についても、ビジネス上の相手に協力をお願いしたり、また協力に感謝したりする際にはしばしば用いられます。 ビジネスシーンでは敬語を使うのはごく一般的なのは前述のとおりですが、特にビジネスシーンにおいて外部の人、クライアントなどや、上司などに協働や協力を依頼するシーンは数多くあります。 従って「ご協力」という言葉を用いる機会も非常に多いといえます。 「ご理解」をビジネスシーンで使う例として多いのは、相手に状況の変化や面倒を認識し、認めてもらう際です。 貴社には多大なるご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。 勿論納期の遅れだけではなく、仕事上の予定の変更や工数の追加など、相手が「面倒」と思うことについて認識し、また了解をお願いするときには汎用的に使うことができます。 ビジネスにおいては状況が変更したり、当初想定通りに事が運ばず、相手にその状況を了解してもらう必要がある、という状況はごく日常的に発生します。 そのような際に、この表現は役に立ちます。 ビジネスにおける外部というのは必ずしも他社やクライアントだけではなく、社内でも普段の業務フローから外れている場合、異例対応をお願いする場合などは、外部=「目上」とみなし敬語を用いることが一般的です。 ここでは総務部が他部署に、オフィスルームの移転に関する協力を呼び掛けている例文を紹介します。 【例文】 先日ご連絡の通り、〇〇部は来週末に〇階へ移動となります。 つきましては、今週中に各人の備品を整理いただきますよう、ご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。 特に大きな組織になればなるほど、社内でもかかわりの浅い他部署はこのように外部のような扱いで対応することが多いです。 社内外に関わらず、仕事上相手の手伝いや協働を求める必要がある場面は数多いので、この「ご協力」という表現はとても汎用性が高いものと言えます。 程度はケースバイケースですが、「ご理解」「ご協力」という言葉を用いて何かを相手にお願いしたり、了解してもらう場合は、ある程度目上と想定される外部の方や上司などに「面倒なこと」をお願いするのが一般的です。 敬語表現である「ご理解」「ご協力」を上手に用いるのはもちろんですが、前後でも、「目上の方にこんなことを依頼して悪いと思っている」ということを感じさせるフレーズを入れることで、失礼な印象を抱かせることを避けることができます。 お手数おかけいたしましますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。 各部署にはご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。 休日にも関わらずお手数おかけいたしまして誠に恐縮ですが、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 お忙しい中お手数おかけいたしますが、ご協力よろしくお願いいたします。 「ご理解」「ご協力」を目上の方や上司にお願いしたうえで、無事了解を得たり、或いは協力をしてもらえたりした場合には、感謝の気持ちもぬかりなく伝えるのが肝要です。 丁寧な表現までしてお願いしたことなのに、それに対しての感謝がない、ではせっかく頼み方が良くても却って失礼に思われてしまう危険性がありますので、「頼みっぱなし」とはならないように注意が必要です。 まずは「ご理解」のより丁寧な言い換えです。 単語別でみると全く同じ意味となるわけではないのですが、「ご理解」という言葉を使う時は相手に状況を認識したり、了解をもらったりしたい時に用いるのが一般的です。 従って、「認識する・了解する」といった言葉の敬語表現などを用いて丁寧に言いかえることができます。 【例文】 ご了承くださいますようお願い申し上げます。 ご容赦を賜りますようお願い申し上げます。 このような表現が「了解」を目上の方にお願いするときの表現に当たります。 普段関わっているわけではない方、クライアント・関係会社の上席者へのご挨拶などで用いる場合には、こうした表現に言いかえることが望ましいことも多々あります。 「ご協力」については、「ご理解」と比較すると、比較的丁寧な文章の中でも用いられることがあります。 特に「~を賜り」「多大なる~をいただき」という表現などを用いれば、かなりかしこまった印象を与えます。 また、別の言葉を用いる場合は「ご支援」「お力添え」といった言葉が想定されます。 特定対応を依頼するのではなく、時候のあいさつの中で漠然と「ご協力」をお願いするような局面では、これらの言葉を用いる方がより丁寧な印象を受けます。 「ご理解」と同程度の敬語表現として考えられるのは「ご認識」や「ご納得」といったものがあります。 いずれも状況には応じますが、認識、納得は理解の類語となります。 ただ、ビジネスシーンで用いる場合には、「ご理解」より用いる状況はやや限定的になります。 相手が認識していなかったことや、想定外のこと、面倒なことに対して用いるのは失礼な印象になります。 どちらかというと、すでに理解してもらっていることの確認や、リマインドに用いるイメージです。 また、相手が「理解・認識」したことに対する感謝の文章には用いることができます。 改めてご認識いただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。 「ご理解」「ご協力」を用いた感謝表現として一般的なのは「ご理解~ありがとうございました」「ご協力~ありがとうございました」といういい方です。 「~」の間には何らかの言葉が入ることもありますし、直接つなげる場合もあります。 いずれにしましても、「協力してもらえた」「認識・了解してもらえた」場合に相手に感謝する表現として最も一般的に用いる表現です。 より丁寧な表現としては「感謝申し上げます」が考えられます。 「ご理解/ご協力感謝申し上げます」もしくは、ご理解・ご協力と感謝申し上げますの間に言葉を入れることもあります。 作業一つ一つの「ご理解」「ご協力」を感謝するというよりは、プロジェクトの完了など一定の区切りの際のあいさつなどに使うイメージです。 また、時候のあいさつのなかでもちいられることもあります。

次の

「何卒」の意味とは?「何卒よろしくお願いします」の使い方も解説

何卒 ご 理解 ご 協力

ご理解のほどよろしくお願い申し上げます / 「理解する」の尊敬語。 主に先方の依頼を断るときや協力を仰ぐシーンなどにおいて使われます。 「ご了承」と組み合わせて使うこともあります。 ご要望に添えずに恐縮ですが、なにとぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 当施設の今後の運営につきまして 皆様の一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。 私かこれまで長年にわたってこの仕事を続けることができたのは、よき上司と同僚に恵まれ、皆様にご理解とご指導をいただいたお陰でございます。 そのようなわけで、いましばらくのご猶予をいただきたいと存じます。 なにとそご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 貴意に反することとなり誠に恐縮ですが、あしからずご理解ご了承のほど、お願い申し上げます。 お役に立てず誠に申しわけありませんが、あしからずご理解のほどお願い申し上げます。 あしからずご了承のほどお願い申しあげます。 せっかくのお申し越しではございますが、当社では別紙に掲げた条件においてのみ、お取り引きをさせていただいておりますので、誠に残念ながら、ご辞退申し上げます。 なにとぞご理解ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

次の