楽天銀行カード メリット。 楽天銀行を利用するメリット・気になるデメリットを解説|お得な使い方とは?

楽天デビットカードとは? メリット・デメリット

楽天銀行カード メリット

楽天銀行にするメリット 楽天カードと楽天銀行は名称からわかる通り、同じ楽天グループに属します。 そのため、両者のサービスを同時に利用することでメリットがあることは当然です。 例えば、 楽天カードの引落を楽天銀行ですればポイント付与対象になります。 引き落としだけで最大9ポイントが獲得できます。 他の流通系グループでこのようなサービスはしていないはずです。 楽天銀行はネットバンクなので、預金明細をスマホで見ることも可能です。 頻繁に利用する事はお勧めしませんが、万が一の口座残高不足の際にはカードローンを利用した振込キャッシングも可能です。 同一銀行ですから、タイムリーな振込が可能になります。 同一グループ間であるメリットもありますが、自分自身の使い勝手向上というメリットもあるのです。 普通預金利率が倍になる 🙂 楽天銀行で楽天カードの引落をすると普通預金金利が倍になります。 最近の普通預金金利は、ゼロがいくつ並んでいるかわからないほどの低利率です。 そのため、倍になっても差は少ないかもしれません。 しかし、ちょっとしたお得気分を味わうことができます。 公式サイト もれなく最大5,0 00円相当ポイントプレゼントを大々的に行っていて新規申込みを大歓迎中ですので申込みのチャンスです! デザインは 通常デザイン・ ディズニーデザイン・ FCバルセロナデザイン・楽天イーグルスデザイン・パンダデザインなどから選べますよ! 手続は楽天e-NAVIで簡単 楽天カードの引き落とし銀行変更は簡単です。 楽天e-NAVIですぐにできます。 銀行によっては口座振替依頼書を送る必要がありますが、楽天銀行にするならいりません。 アッと言う間に終わります。 クレジットカードの引き落し不能になる理由は残高不足です。 引き落とし口座が変わる月は結構危ないと言えます。 楽天e-NAVIで引き落とし口座を変えればそんな心配は無用です。 手続がすぐに終わるので、いつから楽天銀行で引落になるかがすぐわかります。 大切な自分の信用維持にも役立つはずです。 これを機にメインバンクにしませんか? 楽天銀行は他の銀行に比べてサービスが充実しています。 外貨預金やFXだけではなく、 BIG・totoと言ったクジを買うことも可能です。 毎月夢を追うことができます。 また、楽天銀行をメインバンクにすると、楽天銀行のランクが上がります。 先ほど、引き落としだけで最大9ポイントという話をしました。 これは、 楽天銀行の会員ステージがVIP以上の人が対象です。 楽天銀行の会員ステージは「ハッピープログラム」によって決まります。 口座残高が100万円以上であればVIPです。 ローン残高があれば1ランクアップなので、カードローン残高があれば50万円以上の残高でVIPです。 これを機に、楽天銀行をメインバンクにすることも検討してはいかがでしょうか。 一体化すれば更に便利 楽天銀行で楽天カード代金を引き落とすとこんなにメリットがあります。 ただ、それなら2枚のカードが一体化していれば、更に便利だと言えます。 そんな要望に応えることができるのが楽天の強みです。 楽天グループの強みを生かした 楽天銀行カードです。 もちろん楽天銀行カードと楽天カードのサービスに差はありません。 カードブランドはJCBです。 東京ディズニーリゾートのオフィシャルパートナーと言えばわかりやすいでしょう。 JCBマジカルに申込できますよ。 楽天銀行カードはイチオシ 楽天銀行カードは楽天グループが積極的に発行をしています。 つまり、キャンペーンが多いのです。 まず新規入会特典として2千ポイントゲットです。 次にカード利用をすることで3千ポイントゲットです。 他のカード会社はもっと派手なキャンペーンがあると言われるかもしれません。 しかし、そのキャンペーンをよく見てください。 利用額が高かったり、公共料金の引落指定をしたり、という条件があります。 楽天銀行カードのキャンペーンにはそのような条件がありません。 楽天カードでは公共料金などのキャンペーンを別に実施しています。 それまで待っていればいいのです。 セキュリティが強化 楽天銀行カードは便利だけど、一つにまとめることで、万が一の盗難などの際には被害が拡大すると思われる方も少なくありません。 しかし、 楽天銀行カードはセキュリティが完備されています。 万が一の盗難の際には、すぐに楽天カードに電話をすることでカード利用をストップすることができます。 また、ストップするまでに悪用されても、カード盗難保険で補償されるから安心です。 そのため、セキュリティが強化されているので、一枚だけに絞っても大丈夫と言えます。 それに、何枚もカードを持つより1枚に絞ったほうが紛失の可能性などは低くなるはずです。 楽天カードの支払を楽天銀行ですることでいろいろなメリットがあります。 しかし、最大のメリットを受けたいのであれば楽天銀行カードがお勧めです。 ただ、楽天カードからの切り替えは一度カードの解約が必要になります。 ちょっと面倒ですが、それ以上の価値があるのです。 最高の便利さとお得さを同時に追求したければ、楽天銀行カードがお勧めと言えます。

次の

楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)とシルバーデビットカード(Visa)のメリット・デメリット

楽天銀行カード メリット

楽天カードを使って楽天ポイントを貯めると、その ポイントで投資信託が買えます。 この仕組みは、ネットショップを持っていないSBIにも、証券会社を持っていないAmazonにも真似できません! 楽天市場(ネットショップ)、楽天ポイント加盟店、そして楽天証券を傘下に持つ 楽天だけが実現できる仕組みです。 効率よくお金を増やしていきたいなら、『 楽天カードで楽天ポイントを貯めて、楽天証券で投資信託を買う』。 これが一番よい方法だと思います。 たとえ投資をしない人であっても、楽天カードは 年会費無料で高ポイント還元率のクレジットカードですので、持っておいて損はありません。 まだ楽天カードを持っていない人は、ぜひこの機会に作っておきましょう。 具体的な楽天カードの メリット デメリットをまとめましたので、これから楽天カードを作ろうと考えている方は参考にしてみてください。 楽天ブックスで月1回1000円以上購入:0. 楽天koboで月1回1000円以上購入:0. 要するに…• 楽天証券使わない• 楽天銀行使わない• 楽天ゴールドカード使わない• 楽天ブックスで本は買わない• 楽天koboで電子書籍買わない• 楽天TV見ない• 楽天トラベル使わない• 楽天ブランドアベニューで洋服を買わない• 貯めたポイントは楽天市場で 1ポイント1円として使えますし、楽天ポイントを使って楽天証券で投資信託を買うこともできます。 (後述しています) 海外旅行で最大2000万円補償 楽天カードは年会費無料のクレジットカードですが、 海外旅行補償が非常に手厚いです。 たとえば、海外旅行中に不慮の事故で死んでしまった時、もしくは後遺障が残るほどの事故にあった時、 最大2000万円補償してもらえます。 また、携行品損害保障もついています。 たとえば旅行先でiPhoneを壊してしまった場合、最大10万円まで補償してもらえます。 (年間上限20万円まで) もちろん、補償してもらえるのは補償条件に合った場合のみですが、年会費無料でこれほど高額な保障をしてもらえるクレジットカードは多くありません。 かなり優秀です。 高セキュリティ(本人認証・不正利用検知・買い物保証・盗難保険) 一般的なクレジットカードで買い物する場合、本人確認のために暗証番号か自筆のサイン、もしくは裏面のセキュリティーコードが必要になります。 しかし、楽天カードはさらにセキュリティを高めるため、 2つ目の暗証番号を設定することが出来ます。 もちろん、2つ目の暗証番号を覚えておくのが面倒であれば、設定しなくても使えます。 また、不正利用検知システムで、 クレジットカード利用情報を24時間365日監視してくれているので、いつでもどこでも安心して使えます。 実は、私はこの不正利用検知で過去に一度助けられています。 楽天カードのサポートデスクから、海外で不正に利用された可能性があるので確認してくれと電話がかかってきました。 確認してみたところ不正利用だとわかったので、不正利用分は返金していただき、カードも無料で新規発行して頂きました。 このように、 不正利用された金額は返金してもらえるので、たとえ盗難されて利用されたとしても、その分は支払わなくて大丈夫です。 楽天ポイントで投資信託が買える! 『 楽天ポイントで投資信託が買える』のが、お金を効率的に増やしたい投資家にとって一番嬉しいところですね! たとえば年間240万円(月20万円)の生活費を全て楽天カードで支払ったとすれば、 最低でも年間2万4000円相当分の楽天ポイントが貯まります。 毎年7万2000円だと約480万円になります。 無視できない金額になります。 これから資産運用を始めようと考えている方で、まだ楽天カードを作っていない方は、ぜひ作っておくことをおすすめします。 SBI証券やマネックス証券では、楽天ポイントを使って投資信託を買うことは出来ません。 ですので、 楽天ポイントを使って投資信託を買うには、楽天証券に口座開設しておく必要があります。 楽天証券の口座開設は、以下の公式サイトから簡単に申し込めます。 なので、 誰にでも自信をもって おすすめできるクレジットカードです。 ただ、デメリットが無いわけではありません。 一応、メリットとデメリットも合わせて紹介しておきます。 楽天カードのデメリット• キャンペーンメールが頻繁に送られてくる• デザインはそれほどかっこよくない• 国内旅行保険はついていない キャンペーンメールが頻繁に送られてくる デメリットは、 キャンペーンのお知らせメールが多すぎるという点ですね…。 楽天市場で定期的に開催されるキャンペーンの告知メールが頻繁に送られてきます。 ですので、キャンペーンメールが必要ない人は、キャンペーンメール配信停止設定をしておきましょう。 もし、Gメールを使っているのであれば、迷惑メール設定すればOKです。 私はGメールを使っているので、キャンペーンメールは全て迷惑メールフォルダに振り分けられるようにしています。 今や Gメールは迷惑メールかな?と思われるものを自動的に迷惑メールに振り分けてくれますので、Gメールユーザーはそこまでキャンペーンメールの心配をする必要はないでしょう。 デザインはそれほどかっこよくない 楽天カードのデザインはそんなにかっこよくありません。 デザイン性を求めるのであれば、楽天カードは選ばないほうがいいでしょう。 単に銀色に「rakuten」のロゴが付いた簡素なクレジットカードですので。 (昔は「rakuten」ではなく「楽天」と記載されていましたので、これでもデザインは良くなった方です) ただ、クレジットカードにお得さや便利さを求めるファイナンシャルリテラシーの高い方は、デザインよりポイント還元率や年会費などの「お得さ」を重視されると思います。 であれば、楽天カードを選んでおいてまず間違いないです。 国内旅行保険はついていない 楽天カードには海外旅行保険はついていますが、国内旅行保険はついていません。 ここ、勘違いしないようにしてください。 もし、クレジットカードに国内旅行保険を求めるのであれば、楽天カード以外に他のクレジットカードを作る必要があります。 楽天カードの申し込み方法 最後に 楽天カードの申し込み方法(新規発行する方法)と、その際の注意点を紹介しておきます。 楽天カードの申し込み方は簡単です。 手続きは 全てオンラインで完了しますので、資料請求したり、資料を返送したりする必要はありません。 以下のリンク先から、住所や氏名など、楽天カード発行に必要なデータを入力するだけでOKです。 また、「自動リボサービス申し込み」は『申し込まない』を選択しておきましょう。 リボ払い(分割払い)にすると、後払いにした金額に手数料がかかります。 どうしても分割払いにしたい人はリボサービスを申し込んでもいいですが、余計な手数料を払いたくない人は申し込まないほうが良いです。 「楽天Edyからのお知らせ」「楽天カード・楽天ポイントカードからのお知らせについて」は『受け取らない』を選択しておくと良いです。 余計な広告メールが送られてくるのを防げます。 楽天カード新規発行&利用で5000ポイントもらえるキャンペーン実施中! 現在、楽天カード新規発行&利用で 楽天ポイントが最大5000ポイントもらえるキャンペーン実施中です。 楽天ポイントは楽天系列サービスで1ポイント1円として使えますから、 現金5000円タダでもらえるようなものです。 かなりお得です。

次の

FPが解説!楽天銀行の特徴(メリット・デメリット)&おすすめの使い方とは?

楽天銀行カード メリット

ワシも使っておるが使いやすく、メリットも多い銀行じゃよ。 「 インターネットでお金の取引を行うときには、楽天銀行を利用するといい。 」 近年、インターネット取引を行う際に楽天銀行を利用する方が増え続けているため、こんなセリフを聞いたことがありませんか? 楽天銀行はネット銀行の中でも特に人気のある銀行なので、口座を開設しようかどうか迷っている方も多いです。 確かに、インターネット取引を行う際に楽天銀行を利用することで便利になりますが、楽天銀行のメリットはこれだけではありません。 インターネットで取引を行わなくても、様々なメリットを得ることができるのです。 そこで、楽天銀行を利用するメリットについてわかりやすく解説していきましょう。 メリットだけでなくデメリットやお得な使い方なども合わせてまとめていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。 ハッピープログラムで振込・ATM手数料が無料になる!• マネーブリッジで普通預金金利が5倍!• デビットカード支払いでポイントが使える• 楽天銀行で楽天カードを引き落とせばSPU適用でポイント獲得倍率! など 軽くまとめただけでもお得になりそうな内容が並びましたね。 では、もっと詳しく解説していきましょう。 ハッピープログラムのランクをアップさせよう! 楽天銀行では楽天スーパーポイントを貯めるために『』にエントリーしておきます。 エントリーしておくことで、楽天銀行の利用でも楽天スーパーポイントが貯まるようになりますので、最初に必ずエントリーしておきましょう。 ハッピープログラムがどんなものなのかを簡単にまとめると、下記のようになります。 会員ランク名 会員ランク条件 手数料無料回数 1か月 楽天スーパーポイント獲得倍率 スーパーVIP 預金残高300万以上 または取引30件以上 ATM:7回 他行振込:3回 3倍 VIP 預金残高100万以上 または取引20件以上 ATM:5回 他行振込:3回 3倍 プレミアム 預金残高50万以上 または取引10件以上 ATM:2回 他行振込:2回 2倍 アドバンスト 預金残高10万以上 または取引5件以上 ATM:1回 他行振込:1回 1倍 ベーシック エントリー ATM:0回 他行振込:0回 1倍 ハッピープログラムにエントリーした最初の月はベーシックとなり、ATM手数料や他行への振込手数料がかかってしまいますが、 翌月から会員ランク条件をいずれか満たしていたら、ランクが上がることで各種手数料の無料回数が増えていきます。 では手数料が有料である場合、どのくらいかかるのでしょうか。 各種手数料がいくらなのかを下記の表にまとめてみましょう。 ハッピープログラムでランクが上がれば各種手数料の無料回数が増えていくので、ぜひランクアップを目指していきましょう。 また、 楽天スーパーポイントの獲得倍率もアップするので、ポイントが貯まりやすくなっていくのが嬉しいですね。 「 ランクが上がるとお得なのは分かったけど、ランクを上げる方法をもっと細かく知りたい!」 そんなあなたのために、どんなふうに会員ランクを上げていくのかをわかりやすく解説していきましょう。 楽天銀行のハッピープログラムの仕組みやステージを簡単に上げる裏技についてはこちらの『』の記事で詳しく解説しています。 取引件数で会員ランクを上げる 取引件数を稼いで会員ランクを上げる方法は、楽天銀行の口座を開設してすぐにでもできる方法ですのでお勧めです。 「 会員ランクを上げるための『取引』って、どんなものがあるの?」 会員ランクが上がる取引にはどんなものがあるのか、楽天銀行の取引と楽天証券の取引に分けてまとめましょう。 楽天銀行の取引は以下の通りです。 国内株式 現物買・現物売、PTS)• 国内株式 信用新規、返済)• 米国株式• 中国株式• 日経225先物取引 ラージ)• 日経225先物取引(ミニ)• 日経225オプション• 個人向け国債• 楽天FX• カバードワラント• 投資信託 このように、たくさんの取引が会員ランクアップの条件に適用していますので、あなたが取引を行えば行うほど上位ランクに近づいていきます。 たとえば、公共料金の引き落としを楽天銀行に設定したり、他の銀行への振り込みを楽天銀行で行うだけで取引件数が上がります。 また、楽天ロトを定期的に購入できるように設定しおけば、何もしなくてもあなたが設定した番号を自動で購入してくれるため、楽に取引件数を稼ぐことも可能です。 お給料の振込の場合は、給与振込だけで振込手数料無料回数が3回になります。 こうして 1件ずつ取引件数を増やしていけば、翌月のハッピープログラムランクが上がっていくのです。 と言っても、内容ややり方がわからない取引を行ってしまい、損をしてしまう…といったことも起こりかねません。 特に、楽天証券の取引の詳しい内容がわからないまま手を出してしまうと、後に大変なことになってしまうことも…。 各種取引を行う際には、取引の仕方や注意事項をよく読んで、しっかり理解した上で取引を開始するようにしてくださいね。 「 取引件数では会員ランクが上がりそうもないわ。 」という方は、預金額を増やす方法もありますので、次に預金額で会員ランクを上げる方法を解説しましょう。 楽天銀行口座預金額で会員ランクを上げる 預金額で会員ランクを上げるためには、預金額の総額が10万円以上あればハッピープログラムの会員ランクが最低でもアドバンストになります。 もし、他行の口座に楽天銀行に移動しても構わないお金があれば、他行に預けてある分を移動するといいでしょう。 また、現金のまま引き出しにしまってあるようであれば、楽天銀行に入金しておけば利息も付きますのでお得になります。 ちなみに、普通預金の金利は他行と比べて非常に高い利率であり、 1年で0. 02%となっています。 普通預金金利:0. 001% の20倍! とある大手銀行と比べると、20倍も普通預金の金利が高いのですから、入金しておいて損はありませんね。 預金額は、普通預金や定期預金・積立金なども合わせて計算されるので、定期預金などの金利が高いときに預けておくのもひとつの手です。 メガバンクの口座はどこがおすすめなのか知りたい方は『』の記事も合わせて参考にしてみてください。 マネーブリッジを登録すれば普通預金の金利が5倍になる マネーブリッジとは、楽天銀行の口座と楽天証券の口座を両方開設して、両方の口座を連携させておくことで、取引がスムーズに行えるようになったりお得になる特典を受けることができる、楽天だけのオリジナルプログラムです。 普通預金の金利が0. 10%にアップ 通常の5倍• らくらく入金• らくらく出金• 残高表示サービス• 投資あんしんサービス• 自動入出金 スイープ 口座を連携させておくことで、楽天銀行からの入出金が楽に行えたり、楽天証券での買い注文をするときに楽天銀行の預金残高から不足資金を自動的に入金 スイープ することが可能になります。 しかし、もっとも大きなメリットとしては 普通預金の金利が通常の5倍である0. 10%になることでしょう。 一般的に定期預金でも金利の低いこの時代、普通預金の金利が0. 10%もあるのはかなり大きな利点ですよね。 しかも、定期預金なら満期までお金を使うことができませんし、途中で解約してしまうと充分な利息を受け取れませんが、普通預金ならいつでも入出金が可能なのが魅力です。 楽天証券のサービスを利用しようかな…と考えているなら、マネーブリッジの登録を忘れないようにしてくださいね。 楽天銀行デビットカード払いがポイントでできる!• 基本ポイント倍率:1倍• 楽天koboで月に1,000円以上購入:0. さらに、一度跳ね上がった倍率はその月1か月間有効になるため、楽天市場でお買い物をすれば、ビックリするくらいのポイント数が加算されることになるのです。 5倍』だけは、アプリでお買い物をしたときだけ適用となるため、 楽天市場アプリを利用しなかった場合はSPUは適用されません。 楽天市場を利用してお買い物をするときは、楽天市場アプリを使うようにしてくださいね。 楽天スーパーポイントアッププログラムの仕組みや攻略法ついては『』の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。 まだまだある!楽天銀行を利用するメリット 実は、楽天銀行を利用することで得られるメリットは、上記に挙げただけではありません。 まだまだたくさんのメリットがあるのです。 しかし、すべてを解説していくとかなり長くなってしまいますので、下記にまとめました。 楽天銀行口座を新規開設すれば6か月間ATM手数料が無料 1か月5回まで• コンビニATMで24時間365日利用可能• 取引内容に応じて楽天スーパーポイントが貯まる• 貯まったポイントは振込手数料に使える• ネット銀行だから通帳の必要がない• いつでもどこでもスマホで残高確認や取引ができる• 最短7日間の定期預金やエクステ預金などお得な預金が可能• 競馬・ボートレースなどの投票権を並ばずに購入できる• BIG・ロトなどの宝くじも購入可能 ネット銀行だからこそ可能なサービスから楽天銀行ならではの特典まで、非常にたくさんのメリットがありますね。 あなたが楽天銀行の口座を開いたら、ぜひ上記のメリットをその身に感じていただきたいものです。 ワシは対象ではないが、ハッピープログラムが達成できていないとデメリットも出てくるじゃろう。 楽天銀行には大きなメリットがいくつもありましたね。 今度は楽天銀行のデメリットについてまとめていきます。 「 メリットがたくさんあるんだから、デメリットなんてないんじゃない?」 あなたはもしかしたらそう思うかもしれませんね。 しかし、どんなものにもメリットがあればデメリットもあるものです。 デメリットをきちんと知っていれば、「 こんなはずじゃなかった!」という事態も避けることができるかもしれません。 では楽天銀行のデメリットについて解説していきましょう。 アドバンスト以上でないと手数料無料回数がない 楽天銀行の他行振込手数料やATM手数料は、預金残高や取引件数によって無料になる回数が決まっていましたね。 この点を考えると、 楽天銀行に10万円以上預金をする予定がない方や、楽天銀行のサービスを利用しない方にはあまり向いていないかもしれません。 預金額を最低10万円行えれば翌月のハッピープログラムランクがアドバンストに上がるため、各種手数料が1回分無料になります。 できるだけアドバンスト以上をキープできるようにしておきましょう。 楽天銀行の気になるデメリットは、実際の利用者である私からすればこの程度しかありません。 なので、ネットバンクで口座開設を考えているなら楽天銀行は安心して持つことができますよ。 また、以下の記事でも楽天銀行でかかる手数料をお得にする方法や利用時間について解説しているので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。 楽天銀行のお得な使い方 楽天銀行のメリット・デメリットがわかったら、早速楽天銀行の口座を開きたくなりますよね。 しかも、せっかく口座を開設するのですからお得に使っていきたいものです。 どのようにしたらお得に使えるのか気になりませんか? そこで、楽天銀行のお得な使い方・利用の仕方について解説していきます。 ゆうちょ銀行を登録して振込手数料をお得にできる 通常、あなた名義の口座がある銀行からあなた名義の別の銀行口座にお金を移動したい場合、他行への振込になりますので、各銀行が定めた振込手数料がかかりますよね。 「 両方とも自分の口座なのに手数料がかかるのってもったいない。 」 しっかり者のあなたなら、きっと銀行でお金をおろした後、別の銀行へ行って入金をしているかもしれませんね。 でも、わざわざ各銀行に足を運ぶのは手間がかかりますし面倒になります。 楽天銀行では、事前にあなたのゆうちょ銀行の口座 通帳記号・通帳番号 を登録しておけば、ゆうちょ銀行のあなたの口座に楽天銀行から振り込みをする際に手数料が168円になります。 楽天銀行口座に振り込み入金する場合は手数料が無料になりますので、楽天銀行とゆうちょ銀行の間でかかる振込手数料は下記のようになります。 ただし、先にもお伝えした通りあなたの名義の口座同士でなければ登録ができません。 登録したいゆうちょ銀行の口座名義があなたのであることを確認してから登録してくださいね。 「 でも、ゆうちょ銀行から振込することってないなぁ…。 」 確かに、ゆうちょ銀行から振込入金をする機会が少ない。 という方には、あまりお得になるとは言えないサービスかもしれませんね。 ところが、 楽天銀行の預金を引き出す際にかかるATM手数料をお得にする方法に欠かせないシステムなのです。 もっとわかりやすくまとめていきますね。 ゆうちょ銀行に振り込んでATM手数料をお得にする方法 注意こちらの方法は現在お得とは言えない状態となっています。 なお、ゆうちょ銀行から楽天銀行への振込みは手数料無料は変わりません。 楽天銀行のATM手数料は、ハッピープログラムのランクがアドバンスト以上でなければ、手数料無料の回数がないことを解説しましたよね。 しかも、ランクがある程度上がっていても、1か月に無料で引き出せる回数を超えてしまうとATM手数料が発生してしまいます。 さらにATM手数料は220~275円なので、決して安いとは言えません。 そこでぜひ利用していただきたいのが、楽天銀行からゆうちょ銀行に振込をして、ゆうちょ銀行のATMでお金をおろす方法です。 その流れを簡単に下記にまとめてみましょう。 なんと、 楽天銀行のATM手数料の半額以下で現金がおろせる計算になりました。 この方法を使わない手はありませんね。 もし、あなたのハッピープログラムランクがベーシックであったり、手数料無料回数が無くなってしまった場合には、ぜひゆうちょ銀行を経由してお金を引き出すようにしてください。 手数料はできるだけ安く済ませるようにしていきましょう。 楽天銀行とゆうちょ銀行の相性の良さについては『』の記事でも紹介しています。 便利な楽天銀行を使おう! 楽天銀行は、インターネットショップやクラウドソーシングなどオンラインでお金のやり取りをしている事業では、よく利用されている銀行です。 クラウドソーシング会社の中には、振込先に楽天銀行を登録しておけば手数料が格段に安くなるところもあるくらいです。 また、振込手数料の無料回数が残っていれば、商品をオンラインで購入して支払いを楽天銀行の振込みにすることも可能になります。 一般的な店舗を構えている銀行とは違い、土曜日・日曜日・祝日にATMからお金をおろしても、ATM手数料の無料回数があれば手数料は完全に無料! 「 休日なのにお金が必要になった!」 「 真夜中だからATMが開いていない!」 といったときでも、コンビニに行けば真夜中・明け方でも時間を問わず引き出しができますし、無料回数が残っていれば手数料がかからないのがありがたいですね。 楽天銀行のメリットは手数料が無料になるだけではありませんでした。 もう一度簡単にまとめてみましょう。 まとめ 楽天銀行は、オンラインで取引を行う際に便利に使えるだけでなくランクが上がることで様々な特典を受けることができます。 また、楽天証券の口座も開設すれば、マネーブリッジ登録で普通預金の金利が上がるなどのメリットもありましたね。 店舗を構える銀行とは違い、各種取引の際にわざわざ店舗まで出向く必要もなくインターネットで取引を済ませることができるのも大きな利点です。 しかし、預金をあまりするつもりがなく取引も差ほどおこなわない方は、楽天銀行のメリットを存分に受けることが少なくなってしまいます。 もし楽天銀行の口座を開設することになったら、楽天銀行ならではのメリットを活かしてより良い生活を送っていきましょう。

次の