宝島 吹奏楽。 吹奏楽酒場「宝島。」の日々

吹奏楽の言わずとしれた名曲『宝島』のあれこれを総まとめ!音源・楽譜・元ネタ・アニメでも使われたってほんと?

宝島 吹奏楽

Photo by N. on Unsplash 吹奏楽では定番となっている THE SQUARE『宝島』 ぷりんと楽譜でも真島俊夫さん編曲の吹奏楽譜パート譜が手に入ります。 楽器名のリンクが「ぷりんと楽譜」のパート譜へのリンクになっています。 楽器 曲名 アーティスト名 価格 円 1 宝島 THE SQUARE 216 2 宝島 THE SQUARE 216 3 宝島 THE SQUARE 216 4 宝島 THE SQUARE 216 5 宝島 THE SQUARE 216 6 宝島 THE SQUARE 216 7 宝島 THE SQUARE 216 8 宝島 THE SQUARE 216 9 宝島 THE SQUARE 216 10 宝島 THE SQUARE 216 11 宝島 THE SQUARE 216 12 宝島 THE SQUARE 216 13 宝島 THE SQUARE 216 14 宝島 THE SQUARE 216 15 宝島 THE SQUARE 216 16 宝島 THE SQUARE 216 17 宝島 THE SQUARE 216 18 宝島 THE SQUARE 216 19 宝島 THE SQUARE 216 20 宝島 THE SQUARE 216 21 宝島 THE SQUARE 216 22 宝島 THE SQUARE 216 23 宝島 THE SQUARE 216 24 宝島 THE SQUARE 216 25 宝島 THE SQUARE 216 26 宝島 THE SQUARE 216 27 宝島 THE SQUARE 216 28 宝島 THE SQUARE 216 29 宝島 THE SQUARE 216 30 宝島 THE SQUARE 216 31 宝島 THE SQUARE 216 32 宝島 THE SQUARE 216 33 宝島 THE SQUARE 216 34 宝島 THE SQUARE 216 35 宝島 THE SQUARE 216 36 宝島 THE SQUARE 216 37 宝島 THE SQUARE 216 38 宝島 THE SQUARE 216 39 宝島 THE SQUARE 216 『宝島』とは Photo by Jens Thekkeveettil on Unsplash もしかしたら吹奏楽な方は、吹奏楽でしか『宝島』を聴いたことがない方も多いかもしれません。 しかし『宝島』のオリジナルはジャズフュージョンバンド THE SQUARE がリリースした楽曲です。 オリジナルは THE SQUARE 『宝島』 原曲は THE SQUARE が 1986年に発表した楽曲。 アルバム「S・P・O・R・T・S」に収録。 作曲はTHE SQUAREの和泉宏隆さん アルバム「S・P・O・R・T・S」は現在CDはあまり在庫がない様子です。 デジタル配信はあります。 THE SQUARE(1988年まで) 、現在はT-SQUAR 日本のジャズフュージョン・バンドとして人気を誇るバンド。 THE SQUARE の人気が高まってきたのは、1984年『ADVENTURES』、1985年『R・E・S・O・R・T』あたりから。 伊東たけしさんのリリコンは当時管楽器やっていた人間にはちょっと衝撃的でした。 また、高価だったCDプレーヤの価格もこなれてきて一般に本格的に普及し始めた時期でもあったはず。 そんなデジタル化の時代にマッチしたサウンドでもありました。 ちなみに筆者は、雑誌に掲載されていた新譜情報のNOが誤っていて、別のCDを注文したつもりが『R・E・S・O・R・T』が届き、「まぁ、いいか」と聴いたのが THE SQARE との出会いでした。

次の

【吹奏楽・金管アンサンブル】New Style Brass! の魅力

宝島 吹奏楽

Photo by N. on Unsplash 吹奏楽では定番となっている THE SQUARE『宝島』 ぷりんと楽譜でも真島俊夫さん編曲の吹奏楽譜パート譜が手に入ります。 楽器名のリンクが「ぷりんと楽譜」のパート譜へのリンクになっています。 楽器 曲名 アーティスト名 価格 円 1 宝島 THE SQUARE 216 2 宝島 THE SQUARE 216 3 宝島 THE SQUARE 216 4 宝島 THE SQUARE 216 5 宝島 THE SQUARE 216 6 宝島 THE SQUARE 216 7 宝島 THE SQUARE 216 8 宝島 THE SQUARE 216 9 宝島 THE SQUARE 216 10 宝島 THE SQUARE 216 11 宝島 THE SQUARE 216 12 宝島 THE SQUARE 216 13 宝島 THE SQUARE 216 14 宝島 THE SQUARE 216 15 宝島 THE SQUARE 216 16 宝島 THE SQUARE 216 17 宝島 THE SQUARE 216 18 宝島 THE SQUARE 216 19 宝島 THE SQUARE 216 20 宝島 THE SQUARE 216 21 宝島 THE SQUARE 216 22 宝島 THE SQUARE 216 23 宝島 THE SQUARE 216 24 宝島 THE SQUARE 216 25 宝島 THE SQUARE 216 26 宝島 THE SQUARE 216 27 宝島 THE SQUARE 216 28 宝島 THE SQUARE 216 29 宝島 THE SQUARE 216 30 宝島 THE SQUARE 216 31 宝島 THE SQUARE 216 32 宝島 THE SQUARE 216 33 宝島 THE SQUARE 216 34 宝島 THE SQUARE 216 35 宝島 THE SQUARE 216 36 宝島 THE SQUARE 216 37 宝島 THE SQUARE 216 38 宝島 THE SQUARE 216 39 宝島 THE SQUARE 216 『宝島』とは Photo by Jens Thekkeveettil on Unsplash もしかしたら吹奏楽な方は、吹奏楽でしか『宝島』を聴いたことがない方も多いかもしれません。 しかし『宝島』のオリジナルはジャズフュージョンバンド THE SQUARE がリリースした楽曲です。 オリジナルは THE SQUARE 『宝島』 原曲は THE SQUARE が 1986年に発表した楽曲。 アルバム「S・P・O・R・T・S」に収録。 作曲はTHE SQUAREの和泉宏隆さん アルバム「S・P・O・R・T・S」は現在CDはあまり在庫がない様子です。 デジタル配信はあります。 THE SQUARE(1988年まで) 、現在はT-SQUAR 日本のジャズフュージョン・バンドとして人気を誇るバンド。 THE SQUARE の人気が高まってきたのは、1984年『ADVENTURES』、1985年『R・E・S・O・R・T』あたりから。 伊東たけしさんのリリコンは当時管楽器やっていた人間にはちょっと衝撃的でした。 また、高価だったCDプレーヤの価格もこなれてきて一般に本格的に普及し始めた時期でもあったはず。 そんなデジタル化の時代にマッチしたサウンドでもありました。 ちなみに筆者は、雑誌に掲載されていた新譜情報のNOが誤っていて、別のCDを注文したつもりが『R・E・S・O・R・T』が届き、「まぁ、いいか」と聴いたのが THE SQARE との出会いでした。

次の

【吹奏楽・金管アンサンブル】New Style Brass! の魅力

宝島 吹奏楽

吹奏楽曲『オーメンズ・オブ・ラブ』の原曲は? このブログでご紹介したと同様、吹奏楽では定番曲となっており、吹奏楽の『オーメンズ・オブ・ラブ』から入るケースも多いと思います(笑) 『オーメンズ・オブ・ラブ』は 日本を代表するインストゥルメンタルバンドT-SQUARE(ティー・スクェア)の曲です。 作曲者はバンドメンバーでもあり、キ-ボーディストでもある和泉宏隆さん。 T-SQUAREは1976年~現在に至るまでメンバーを入れ替えながら活躍するバンドで、ジャズ、フュージョンバンドとしてコアなファンからマスでも広く認知され、伊東たけし(SAX 、本田雅人(SAX 、則竹裕之(DRUMS)など数々の名プレイヤーを輩出しています。 ・『TRUTH』なども、吹奏楽では人気曲ですね。 『オーメンズ・オブ・ラブ』はどんな曲? 吹奏楽版の『オーメンズ・オブ・ラブ』は1986年のNew Sounds in Brass(ニュー・サウンズ・イン・ブラス)第14集で登場します。 編曲は『宝島』と同様、日本吹奏楽界の巨匠、真島俊夫さんです。 原曲ではキーボードによって演奏されるイントロ、吹奏楽版では吹奏楽のシンフォニックなサウンドで演奏します。 チャイムとドラムのフィルインを合図に、テンポアップ。 曲全体を通して、メロディは木管高音パートやトランペットを中心に演奏されますが、 この曲の「肝」は伴奏。 こういう曲を吹奏楽で演奏すると、なんだかモッサリしてダサくなってしまうのはありがちですよね。 まず疑うべきは当然ドラム、なのですが、ドラムのリズム感もスピード感も悪くないのに、なんだかノリが悪いなあ、というときはおそらく中低音パートが原因。 「吹奏楽版はやっぱりなあ・・・」とならないためにも、中低音パートのタイミング、音の処理のニュアンス、をしっかり揃えると「ノリ」がよくなると思います! また中間部、木管高音パートの連符だらけのメロディは見せ場ですね。 とても難しいのですが、 高い音域がキンキン言わないように、キラキラ感を出せるとステキです。 終盤、再度テンポはゆっくりに、金管楽器の重厚な響きが、次々重なって曲を盛り上がりフィナーレを迎えます。 まずは、ニューサウンズの吹奏楽の音源から。

次の