フェラーリ ローマ 価格。 フェラーリの車種一覧

フェラーリ・ローマが提案する新しい「甘い生活」

フェラーリ ローマ 価格

最新のフェラーリのテーマは「甘い生活」だった。 (TOP画像:発表会の会場では映画『甘い生活』のシーンがスクリーンに映し出されていた=筆者撮影) 2019年に5台のニューモデルを発表したフェラーリ。 掉尾(ちょうび)を飾るのは、1950年代から60年代にかけての優雅な生活を思い出させると謳(うた)われた「フェラーリ・ローマ」だ。 驚きの新型車である。 驚きというのは、昨今のフェラーリのイメージとは180度正反対にあるようなコンセプトゆえ。 「La Nuova Dolce Vita」、日本語にすると「新しい甘い生活」とフェラーリにはめずらしい抽象的なキーワードを打ち立てて、車名のとおりローマでのお披露目である。 発表会で「ローマ」のかたちについて語るデザイン統括のフラビオ・マンツォーニ氏(右)と、マーケティング統括のエンリコ・ガレリア氏(撮影・筆者) このところフェラーリは1000馬力の「SF90ストラダーレ」を発表するなど、(超)高性能路線まっしぐらかと思われたが、今回の「ローマ」は「街中でもあまり目立たず、かつ扱いやすく、フェラーリ初心者、スポーツカー初心者でも乗れるモデル」と説明される。 世界中からやってきたジャーナリストを迎えて11月14日に開かれた発表会の場は、ローマ市内のスタジアム「スタジオ・オリンピコ・ディ・ローマ」に隣接していた。 「当時の自由な雰囲気の現代的解釈」とされる「フェラーリ・ローマ」だけに、60年のローマ五輪のために建設された同スタジアムは、まるで64年の東京五輪が東京人に一種の郷愁をかきたてるように、クルマのイメージに合っているのだろう。 会場に入って驚いたのは、大きなスクリーンだ。 そこにフェデリコ・フェリーニ監督がローマを舞台に撮った映画『甘い生活 La Dolce Vita』(1960年公開)の各シーンが映し出されていた。 チネチッタ(イタリア版ハリウッド)があったローマでは、俳優や制作者がベネト通りの「ハリーズバー」などに集まっていたとか。 かつての名優たちの顔は、当時の活気を知っているひとには懐かしく、若い世代には新鮮に感じられるのだろうか。 「ローマ」は、スタイルでは50~60年代を訴求するが、技術的な内容は、現代のスポーツカーとしてかなりトンガっている。 ベースになっているのは、格納式ハードトップを持つフロントエンジンの「フェラーリ・ポルトフィーノ」である。 コックピットは左右が独立したユニークなコンセプト。 操作系はデジタルだ(写真・Ferrari SpA提供) ボディーは全長4656mmの「ローマ」のほうが「ポルトフィーノ」より少し大きいが、2670mmのホイールベースは同一。 ただし車重は90kgほど「ローマ」のほうが軽く、3855ccV型8気筒ターボエンジンの出力も20CV(イタリア式馬力表記でpsに近い)高い620CV(456kW)だ。 「ローマはポルトフィーノの固定式ルーフ版ではありません。 別のセグメントに属するモデルです」 「私たちは忙しい人生を生きています。 仕事をしていなくても、いつでもスマートフォンを見て、何かに追われています。 そこで、時間を見つけて、エスプレッソを一杯、あるいはワインを一杯、楽しむときの時間は至福です。 ローマは同様のコンセプトをクルマに持ちこんだものです。 このクルマでのドライブは最高の癒やしになると思います」.

次の

V8エンジン搭載のFRクーぺ、「フェラーリ ローマ」がついに日本へ上陸を果たした!

フェラーリ ローマ 価格

フェラーリが、488GTBの後継「F8トリブート」の新モデル日本発売を発表しました。 新モデルにより魅力をアップする新型F8トリブートについて、スペックや価格、発売日などの最新情報をご紹介します。 フェラーリのオープントップ車はクーペの発表から数年後に発表されることが多いですが、新型F8スパイダーはユーザーの要望も多いことから半年ほどと異例の早さで発表。 ルーフには電動格納式ハードトップが採用され、14秒と短時間で動作を完了。 車重はクーペより70kg増えていますが、前世代の488スパイダーと比較して20kg軽量化され、高い走行性能を楽しむことができるようになっています。 V型8気筒3. 9Lターボの出力を向上し720馬力を獲得• 軽量化を追求することにより、40kg車重を軽減• 空力効率を10%改善しながら、ダウンフォース性能を15%向上• オープンモデルとなる「F8スパイダー」を設定 フェラーリF8トリブートは、これまでフェラーリのV型8気筒モデルとしてラインナップされていた「488GTB」の後継とされ、フェラーリが手がけてきた2シーター・ベルリネッタの最新モデルとなります。 モデル名の「F8 Tributo」は、「フェラーリの歴代V型8気筒モデルのトリビュート」に由来しています。 フロントノーズは、車体下側を流れる空気を上面に誘導する「S-Duct」によりダウンフォースを向上。 新型のフラットタイプLEDヘッドランプを採用することにより、ブレーキ冷却用の新型インテークをバンパー外側のインテークと一体化させ、ホイールアーチ全体の気流を改善することでブレーキシステムのサイズ拡大を回避。 スポイラーはテールライトを覆うような形状とすることで、低重心のスタイルをつくるとともに、V8ベルリネッタの初代となる1975年製308GTBのシンボルとなっていたツインライトが復活しています。 これらにより、新型F8トリブートでは空力効率を10%改善しながら、ダウンフォース性能が15%向上しました。 その他、新型F8トリブートでは、後傾マウントのフロントラジエター、ボディ側面からリアスポイラー左右に移動されたダイナミックエンジン・エアインテークなどにより、冷却性能もアップされています。 前モデルでは、大きなフロントインテークやリア左右端1つずつのライトによりワイドな印象がつくられていましたが、新型F8トリブートでは抑揚のあるエアロエレメントにより存在感がアップされています。 ホイールベース:2650mm• 車重 クーペ:1330kg スパイダー:1400kg• しかし軽量化を追求することにより、車重は488GTBから40kg軽くされ、V8モデルの軽快さな走りがつくられています。 新装備!フェラーリ新型F8トリブートの内装(インテリア)デザイン フェラーリ新型F8トリブートの内装は、ダッシュボードやドアパネル、センタートンネルまですべての要素が完全に新設計されました。 装備には、新しいHMI(ヒューマンマシンインターフェース)や多機能ステアリングホイールのほか、7インチタッチスクリーンディスプレイを採用。 操作系はドライバーを中心にまとめられ、ドライブレンジの選択後はステアリングから手をはなすことなくドライブすることができるようになっています。 エンジン:V型8気筒3. 9Lターボ• 最大トルク:78. トランスミッション:7速デュアルクラッチ• 駆動方式:MR• 9秒(スパイダー同値)• 8秒(スパイダー:8. 2秒)• 5L自然吸気エンジンからV型8気筒3. 9Lターボに変更することで最高出力を100馬力あげていた「488GTB」の670馬力から、さらにアップした720馬力とされました。 エンジン:V型8気筒3. 9Lターボ• 最大トルク:77. 9秒まで短縮。 スタビリティコントロールシステムとは違い、運動性能を最大限に引き出すことを重視したシステムになっています。 さらにF8トリブートでは、最新バージョンの「サイドスリップ・アングル・コントロール6. 1」を採用し、制御が緻密になっています。 最新パワートレインによる走行パフォーマンスが高い評価を受けています。 高出力を発揮しながらも最新のターボエンジンを採用することで、同クラスでは良好な数値に仕上げられています。 F8トリブート:3245万円• F8スパイダー:3657万円 フェラーリ新型F8トリブートの価格は、最新のパワートレインを採用することにより、前モデルからアップしました。 前モデルの488GTBはベースモデルが3070万円、限定モデルの488ピスタが3230万円とされていましたが、新型F8トリブートでは488ピスタと同等となっています。 オープンモデルとなるF8スパイダーはクーペから400万円ほどの価格アップとなっています。 488GTB:3070万円• 488ピスタ:3230万円(限定モデル) フェラーリ新型F8トリブートの発売日は? フェラーリ新型F8トリブートは、2019年3月のジュネーブモーターショーで一般公開、2019年6月25日に日本で発売されました。 追加設定されたF8スパイダーは2019年9月に発表され、2020年1月から日本での受注が開始されました。 フェラーリは、V8ハイブリットモデルのSF90ストラダーレを発表しており、F8トリブートは最後の内燃機関モデルになるとみられています。 フェラーリ新型F8トリブートについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

フェラーリ、『ローマ』の詳細を発表…620馬力の 2+クーペ

フェラーリ ローマ 価格

フェラーリは11月13日、新型クーペのフェラーリ『ローマ』(Ferrari Roma)をイタリアで発表した。 ポルトフィーノのクーペ版 フェラーリ ローマは、フェラーリのエントリーオープンモデルで、電動ハードトップを装備する『ポルトフィーノ』のクーペバージョンとして開発された。 ただし、そのデザインはポルトフィーノとは大きく異なり、フェラーリの最新デザインが反映されている。 フェラーリ ローマのデザインテーマは、「時代を超越したエレガンス」だ。 ローマは、洗練されたプロポーションと、優れたパフォーマンスやハンドリングを追求した。 フェラーリによると、独自のパフォーマンスとスタイルを身に着けたローマは、1950~1960年代のイタリア・ローマを特長づけるような、気ままで楽しい当時の生活スタイルを表現しているという。 イタリアのフェラーリ・スタイリング・センターが、 ローマのエクステリアに対して取った中心的なアプローチは、クリーンなデザインに仕上げることだ。 さらに、調和の取れたプロポーションとピュアでエレガントなボリューム感を、さまざまなエレメントの間で確実に調和させることを目指したという。 フロントミッドシップレイアウト ローマは、ポルトフィーノと同じく、フロントミッドシップエンジンレイアウトを採用した。 ボディサイズは、全長4656mm、全幅1974mm、全高1301mm、ホイールベース2670mmだ。 ポルトフィーノ(全長4586mm、全幅1938mm、全高1318mm、ホイールベース2670mm)に対して、ローマは70mm長く、36mmワイド、17mm背が低い。 2670mmのホイールベースは同数値だ。 インテリアには、新たなアプローチを採用している。 ドライバーや他の乗員のために、安全性に優れたパッセンジャーセルを導入した。 これは、デュアルコックピットのコンセプトを進化させたものだ。 各種の表面仕上げと機能を、コックピット内において機能的にレイアウトしている。 このコックピットには、フェラーリが持つ空間に関するコンセプトやノウハウを反映させ、さまざまなエレメントを効果的に配している。 ローマはポルトフィーノよりも、20psパワフルとなる。 トランスミッションは、フェラーリ初のプラグインハイブリッド車(PHV)、『SF90 ストラダーレ』にも採用された新しい 8 速デュアルクラッチを組み合わせている。 ローマの乾燥重量は1472kgで、ポルトフィーノの1545kgよりも73kg軽い。 フェラーリはローマについて、目の肥えた顧客に「ラ・ドルチェ・ヴィータ」(イタリア語で甘い生活)のコンセプトを具現化する洗練さを提供する、としている。 《森脇稔》.

次の