カメハメハ 大王 右手。 ハワイ州に3つあるキングカメハメハの銅像には違いがある?

カメハメハデー・フローラルパレード見物事情&パレード案内します

カメハメハ 大王 右手

もくじ• 誰もが知るホノルルの像 カメハメハ大王の像と聞いて最初に頭に浮かぶのが、ホノルルのダウンタウンに立てられている像ではないでしょうか。 ハワイに3体ある像の中ではアクセスが良く、ワイキキから30分程度で見に行けます。 この像は1778年に、イギリスのクック船長のハワイ発見100周年記念として企画されたものです。 3体ある像の中でこちらの台座だけに、キングカメハメハの偉業を描いたプレート4枚が付けられています。 正面のプレートには、カメハメハ大王が争いの時に、 自分をパドルで攻撃した漁師を許したことから生まれた「砕けたパドルの法律」の舞台。 右側には、クック船長のソリューション号がハワイを訪問する場面。 背面は、同時に投げつけられた6本の矢をカメハメハが受け止めた場面。 そして左側には、カメハメハが率いたカヌーの大軍団の絵が描かれています。 ワイキキへ行ったら、カメハメハ大王の像とプレートを見てみましょう。 カメハメハ大王像/King Kamehameha Statue 住所: 447 S King St, Honolulu, 一度は海に沈んだハワイ島ノースコハラの像 次にご紹介するのは、最初に作られたにもかかわらず、建立されたのは2番目になってしまったハワイ島にある カパアウのカメハメハ像です。 1体目の像は、アメリカ人の彫刻家がイタリアで制作しパリで鋳造されました。 しかし、ハワイへの輸送中に南大西洋のフォークランド諸島付近で、船が沈没し海の底深く沈んでしまいます。 1912年に、なんとこの像を海中から引き上げ、カメハメハ生誕の地に近いカパアウの街に建立しました。 ホノルルの像もこちらも、カラカウア王の副官だった王族で男前のロバート・ホアピリ・ベイカーがモデルとなっています。 違う点は、カパアウの像の衣がロイヤルカラーの黄色に加えて赤色も入っていることです。 そして、ダウンタウンと異なり静かな街中にあり、カメハメハ大王像の向かい側にある「キングビューカフェ」ではその名の通り「王」を見ながらのんびりと、ピザや手作りのケーキや焼き菓子が楽しめます。 カメハメハ大王像 カパアウ /Statue of King Kamehameha 住所: Akoni Pule Hwy, Kapaau, HI 96755 もっとも新しいヒロの像 最も新しいヒロの像は、町おこしの一環で設置されたカメハメハ大王像です。 この像は、もともとカウアイ島のプリンスビル・リゾートのオーナーだったプリンス・コーポレーションが所有していたものでした。 しかし、カウアイ島はカメハメハ大王の支配下に無かったので、大勢の島民が像を建てることに反対しました。 そこで、この像はカウアイ島ではなく、ハワイ島最大の都市「ヒロ」のワイロアパークに建立されました。 そのためのお金は、多くの団体と市民の寄付によるものです。 ちなみに、3体の像は同じポーズですが、ヒロの像だけモデルが異なるので西洋的な顔つきをしています。 そして、2体の像よりサイズが大きく、よく見ると微妙な違いがあることがわかります。 すべての像に共通するこのポーズは、掲げた右手がハワイの繁栄を、左手の槍は平和の象徴を表しています。 像の近くに駐車場があるので、ヒロ付近にドライブの際は立ち寄ってみてはいかがでしょう。

次の

童謡・唱歌 南の島のハメハメハ大王 歌詞

カメハメハ 大王 右手

ハワイの噂・裏技・裏話。 ハワイのトリビア・雑学・秘密などなど、ちょっとしたうんちくをお届けするコーナーです。 1810年にハワイを建国した人物といえば、 カメハメハ大王。 彼の存在なしでは今のハワイはありませんでした。 カメハメハ大王像は観光名所の1つともなっていて、多くの人が訪れ、写真を撮っていきます。 そんなカメハメハ大王像、左手には何やら棒のようなものを持っています。 これは一体何でしょうか。 左手に持っているのは、 槍。 この左手の槍は平和の象徴です。 そして、右手は何も持っていませんが、手を空へ向けて上げている様子はハワイの繁栄を願っているのです。 なぜ槍を持っているのか。 カメハメハ大王はハワイ全島を支配していく中で、プナ Puna という村で戦っていました。 そこでなんと、漁師に槍で刺されそうになります。 カメハメハ大王は無事でしたが、決して漁師に復讐しようとは思いませんでした。 漁師が自分の家族や土地を守る為にしたことだと理解していた為です。 もしかしたら、このような器の大きさが称えられて、像の手には槍があるのかもしれません。 きっと、素晴らしい王だったのでしょうね。

次の

童謡・唱歌 南の島のハメハメハ大王 歌詞

カメハメハ 大王 右手

もくじ• あれ?歌詞はハメハメハ大王?カメハメハ大王? Google検索したら、ハメハメハ大王としか出てこない。 えー 記憶ではどうしてもカメハメハな気がする。 カメハメハで習った気がする。 ドラゴンボールで上書きされた?いやいやいや。 昔からハメハメハだった? 納得できずに調べてみました。 それでもやっぱり作曲当時からハメハメハ この曲の正式名称は「南の島のハメハメハ大王」。 旧題では「ハメハメハ大王」。 1976年にNHK『みんなのうた』に採用されました。 というわけで、 作曲当時からハメハメハ大王が正解でした! やっぱりかめはめ波のイメージで上書きされてしまったようです。 カメハメハ大王はハワイの実在の王様。 作曲者の伊藤アキラさんがカメハメハ、という響きを気に入って、ちょっともじってハメハメハ大王と名付けたらしいです。 ハメハメハ大王はカメハメハ大王の友達、という裏設定があるそうです。 南の島のハメハメハ大王の歌詞は結構ヒドイ JASRACとかかわりたくないので、歌詞が気になる方は「南の島のハメハメハ大王 歌詞」で検索してください。 いっぱい出てきます。 1番はロマンティックで素敵だけど、2番以降はどう聞いてもディスってるようにしか聞こえない・・・ 奥さんは基本的に寝てるし、子供は学校嫌いだし、名前つける意味ない社会に聞こえるし。 これは実名でカメハメハ大王にしたら国際問題になりかねないですね。 歌詞がうろ覚えだったダンナは 「雨が降っても風が吹いてもお休みなんだぜーうらやましすぎるだろ。 だから発展しないんだけど。 」 とか申しておりました。 社会制度的に雨が降ったり風が吹いたら休みだと思ってたんですね。 偏見にもほどがある。 この歌、「南の島」への偏見イメージを強めちゃったのではないでしょうか。 南の島の人たち、こんなんじゃないよ! カメハメハ大王ってどんな人? カメハメハ大王はハワイを作った王様です。 1810年に初めてハワイ諸島を統一。 初代国王になりました。 ほんとに偉大。 Wikipediaによれば、カメハメハは、ハワイの言葉でカ・メハメハ、 孤独な人、静かな人の意味。 なんだか「南の島のハメハメハ大王」のイメージとは違いすぎますね。 古い文献ではハメハメハと書かれているものもあるとのこと。 カメハメハ大王像の実際のモデルは別人 切り絵を作ったときには「カメハメハ大王」だと思い込んでいたので「カメハメハ大王」と検索して出てきたカメハメハ大王像の写真を参考にしました。 ハワイ島にも3体あり、ミニチュア増はおみやげ用としても人気があるそうで、以前にも見たことがあったんです。 でもこの像、ただのイケメンをモデルにしたものなんだとか! 像を立てた当時の王様、第7代ハワイ国王デイヴィッド・カラカウアが「宮廷の中から選んだ、特に見た目が美しい男性」をモデルにして作らせたんだそうです。 今やあんなに有名なのに。 まとめ 南の島の大王の歌の正式名称は、 昔から 南の島のハメハメハ大王でした。 カメハメハ大王は、ハワイを統一した実在の人物。 カメハメハ大王の名前に インスパイアされて生まれたのがハメハメハ大王の歌です。 全然関係ないですが、私が幼稚園の頃、友達から「ハワイで泳いだ」と聞いてハワイって名前のプールがあるんだと思い込んでいました。 子どもってとんでもない勘違いしますね。 お子様には遠い南の国のおはなしなんだよ、と教えてあげてください。

次の