キングダムネタバレ 638 確定。 キングダムネタバレ638話最新確定!王翦が昌平君へ託した起死回生案とは?

キングダムネタバレ648話最新確定!呂不韋が毒で自殺?!

キングダムネタバレ 638 確定

やはり、 李牧が処刑されそうな伏線が悼襄王のセリフからわかりますし、暁雲が見た夢からも李牧が早期に死ぬことが伺えますよね。 ただし、李牧の処刑は、 まだ先の話になるだろうと 予想されます。 それに、悼襄王は、 すでに逝去しちゃいましたし。。。 でも実は、李牧の最後の キーマンとなるのが、 幽繆王 ゆうぼくおう こと 遷王 せんおう です。 という結末ですね。 以上のように、 これまでに明らかになっている情報 + 史実を照らし合わせる ことで、李牧の最後は戦場ではないことが分かります。 やはり、信の刃によって李牧が死ぬことはなく、 処刑というアッサリとした最期なのでしょう。 というシーン。 このシーンを読み返すたびに、李牧はバカな王様である悼襄王によって、 無残な最後を迎える可能性がとても高いですよね。 しかも、「鄴を失えば・・・」と書かれていますし、キングダム最新話では すでに鄴が陥落してしまいました。 これでは、 李牧に対する悼襄王からの 評価や心象は最悪になるでしょう。 もちろん、次の趙国王の候補には、超マトモな嘉太子 かたいし もいますが、史実としては嘉太子ではなくて遷王が趙国王となります。 そして、そんな「李牧」と「幽繆王+郭開サイド」の悪化した関係を糸口として、 秦国による反間の計が実行されていくはず。 特に、極めつけは、 キングダム607話+608話で、 李牧が王翦と対話を してしまったこと!! この時、李牧はできるだけ速く王翦軍を撃破して、趙国の命運が掛かっている鄴の解放を急ぐべきでした。 スポンサーリンク ここで、王翦が楚への行軍中に、5回もの使者を立てて恩賞の確認を入念に行った件ですが、 嬴政に対して、 「クーデターを起こさないですよ。 恩賞さえもらえれば私は大満足です。 」 というアピールもしたくて、使者を5回も送って再確認をしたという見方が濃厚です。 さらに、王翦が「ガチで王様になりたい」という前提が成り立つのであれば、楚国の侵略後にそのまま秦国に謀反を起こすのがベストです。 やはり、楚国という大国を倒した後のほうが、中華統一をしやすいですからね。 つまり、王翦が恩賞の再確認をしまくることで、 秦王政に「謀反はしませんよ」とアピールして安心させつつも、 楚国を攻略したあとに そのまま返す刀で秦王政に向かって逆走し秦王政を滅ぼす算段です。 わたしの理想の最強の国とは?? やはり、王翦は幼き頃から兵法に明け暮れた人物ですし、キングダムの作中でも怪物キャラ設定かつ、圧倒的な戦争の強さを誇っています。 なので、王翦の最強の国とは、武力を異常なまでに高めた国作りじゃないかなと。 ちなみに、王翦が李牧をヘッドハンティングする際、 「全く新しい最強の国」という言葉を発しました。 このとき、近くにいた田里弥や倉央らの反応からは、驚いた様子が一切ありませんでした。 なので、王翦の幕僚たちには、クーデターの話は耳に入ってるんじゃないかと・・・ 王翦が本当にガチで王様になりたいのであれば、以上のようなモチベーションで動いているのではと、私は考察しています。 ですが、キングダム作中で、 王翦のセリフには 不可解な点が1つあります。 スポンサーリンク それは、 「自分の領内 くに には、強い男が必要」 という発言です。 キングダム21巻67ページ第221話「裏の裏」を読み返していただくと分かるのですが、 【国】という表現ではなく、【領内】という表現を使っていた件ですね。 この事実から、 「本当に王翦は、 王様になりたいの だろうか??」 という疑問が浮かびませんか。 秦国内にある自分の領土を「くに」と表現していることから、【領土主=王様】と表現しているだけであって、本来の王様の意味ではないのかもしれません。 つまり、王翦は国の王様になりたいのではなく、 領土内に限って「自分が最上 領土主 」であれば満足という夢じゃないかなと。 そして、王翦の直下軍さえ最強の軍事力を持っていれば、たとえ秦国が滅ぼされそうになっても自分の領地だけは守り抜けそうですしね。 しかも、王翦は「国をつくる」という発言はしていますが、「王様になりたい」というセリフは一度も吐いていません。 なので、「王様になりたい」という説は、王翦に対する悪い噂であって、王翦自らの言葉ではないのかもと。 スポンサーリンク なので、王翦の本性は、キングダム全編にわたって、謎に包まれたままになる可能性も高い。 ちなみに、王翦が楚国を滅ぼす時の史実として、 せっかく60万兵も用意したのに、 なかなか楚軍を攻めなかった 史実のエピソード があります。 これには諸説があり、用意した60万兵は60万兵であっても、兵士としては使えないシロウト兵士の烏合の衆であった。 そのため、練兵に時間をあてるためにも、楚軍を攻めなかった説が濃厚です。 そして、この史実エピソードを利用すれば、「なぜ、王翦は楚軍を攻めないのか??」と秦王政がヤキモキするシーンを描けます。 つまり、最後の最後まで、王翦が秦国【贏政や昌文君たち】を翻弄する感じですね。 このように、原先生が生み出す王翦というダークヒーロー兼トリックスターによって、キングダム読者達も最後まで翻弄されることでしょう。 空前絶後の意味不明キャラ、 王翦の本性というのは、 神のみぞ知る 作者のみぞ知る という感じですね。 前回の の続きで、今週のキングダム最新話648話「大王の問題」のネタバレ確定をガッツリと書いていきます!!• まず、不穏な動きを見せていた呂不韋 りょふい のいる河南 かなん 市へと・・・ 嬴政 えいせい 達が足を運ぶ!!• そして、嫪毐 ろうあい の乱以来、セイが自ら向かう先はお久しぶりの登場となった呂不韋さんですが、 嬴政と再び2人きりの舌戦となる。 そう、あの蘄年宮 きねんきゅう での対話以来ですね。 ただし、今回の舌戦は柔和なバトルであり、 呂不韋と嬴政はアツ~イ抱擁を交わす!!• しかも、奇しくも趙国ですでに死亡した悼襄王 とうじょうおう と、嘉太子 かたいし の抱擁シーンと重なる描写。 ちなみに、この時、リョフEがAセイに忠告したアドバイスは、 「大王様は優しスギィるのですwww」という大王の問題でした。 これは、楚国 そこく の攻めを受ける魏国 ぎこく を、秦国が 4郡の兵 よんぐんのへい を発して助けるのではと予想されます。 つまり、お久しぶりな楚の媧燐 かりん 、李園 りえん 、バミュウ、項翼 こうよく 、白麗 はくれい 、貝満 べいまん 、魏の呉鳳明 ごほうめい が登場しそうな予感ですね。 また、史実年表から逆算すると、次は平陽の戦いで「桓騎 VS 扈輒」の可能性が高い。 さらに、李斯のライバルである 新キャラ=韓非 かんぴ が登場したり。 秦国が一番最初に滅ぼす国である 韓 かん の滅亡も近々、描かれそうです。 の助けが必要です!! とは言え、李牧サイドの趙国内での立場は逆賊扱いなので、新たな心強い仲間 ポケモン が必要です。 龐煖 ほうけん クンよりも有能で、使える人材を捕獲するのは超急務なミッション。 そこで、リーボック一味が向かう先は、 ニュータイプの三大天・司馬尚 しばしょう クンが君臨する青歌 せいか のお城へGO!! 邯鄲 かんたん からは、敵サイドである遷王 せんおう の軍が追いかけて来るでしょうし、小城である法紹 ほうしょう なんかにノラリクラリとゆっくり長居はできません。 一方で、秦国の王都「咸陽 かんよう 」では、嬴政+昌文君+肆氏が あの呂不韋 りょふい について話を巡らせる。 呂不韋の現在は「河南 かなん 」で隠遁生活を送ってはいるが、実力者たちが呂不韋のもとへと集結しまくり。 嬴政サイドを脅かす可能性もあり、来週のキングダム648話以降では、嬴政 VS 呂不韋の舌戦が再び繰り広げられそうですね。。。 ・・・という凄く良いところで、 が終了して、 へと続く!! では、遷王 せんおう =幽繆王 ゆうぼくおう の即位によって、 趙国内のパワーバランスがまたもや大きく傾いていく。 そして、 で語られたように、アンポンタン悼襄王 とうじょうおう の遺言が原因で、嘉太子 かたいし は王位継承権を完全に失う。 そして、我らがリーボック様+カイネちゃんが、嘉太子を守護するために暗殺集団を剣でバッサリ!バッサリ!!バッサリ!!!と斬り伏せ、 脳天カチ割り~~~ 一刀両断ズバーーーン!!! 李牧、TUEEEE!!!! 李牧、まじでTUEEEE!!!! スイカ割りの如く、暗殺の刺客たちを真っ二つにしていく、リーボックの戦闘力MAXな神回ですwww 【超神回】李牧、大ピーンチっ!! 電子書籍で読むなら そんな苦境をなんとか乗り越えて、嘉太子+李牧+カイネ側は、王都・邯鄲からの脱出を試みて、北へと向かい始める。 もちろん、邯鄲からは王都軍が追撃してきて、またもや嘉太子+李牧+カイネ達は襲撃を受ける 郭開、ウゼェ。 ここで、ちょっと余談ですが、キングダム24巻で描かれていたはずの 「李牧の右腕の数多の古傷がキングダム646話では消えている件」。 残像でキズが見えていないだけの設定なのか、それとも治癒したのか or 作画し忘れのミス?? さて、気を取り直して、邯鄲から逃げるリーボック軍勢たちは、 まさに、キングダムの序盤【1巻~5巻】で描かれた嬴政や昌文君、壁たちの逃亡シーンを彷彿させます。 そう、あの成蟜 せいきょう の反乱に対して、嬴政+信+河了貂+楊端和が王都・咸陽 かんよう を奪還した時のように。。。 だけど、北方への脱出成功をした李牧もカイネもボロボロで満身創痍。 やはり、悼襄王よりもスーパークレイジーな暗君・遷王が玉座に付いてしまったら、趙国はどんどん奈落の底へと落ちぶれていくから。 しかも、カイネに対して、「もう少しだけ、わたしの天幕 テント の中に居てくれ・・・」と頼むリーボックがむくむく、むくむく。。。 【超神回】李牧、大ピーンチっ!! 電子書籍で読むなら では、 李牧の公開処刑がカウントダウン間近と聞きつけ、この騒動に乗じて趙国・邯鄲を攻め滅ぼそうと企む秦軍の【王翦チーム】。 筆頭=王翦将軍• 亜光将軍• 田里弥将軍• 倉央将軍• 王賁将軍• 蒙恬将軍 そして、いつものごとく、道に迷って遅刻してくる飛信隊の 「7. 李信将軍」が遅れて出揃うwww• これで、朱海平原の戦いで大活躍した 神7全メンバーが勢揃いし、趙国へのファイナルアタックへと準備万端スタンバイ中なう。 一方で、相対するは、邯鄲の守護神こと扈輒 こちょう 将軍の軍勢たち。 そんな最中、スパイを潜り込ませていた王翦将軍サイドは、悼襄王が昨日に逝去したことを急報で聞く。 同時に、邯鄲からは王都軍が秦軍の目の前に降臨し、 さすがの王翦も「作戦の練り直しだ。 」と後退の命令を出す。 【超神回】新キャラ遷王が登場 電子書籍で読むなら 一方で、趙国の王都・邯鄲では、• 悼襄王の死亡が確定してテンヤワンヤの騒ぎとなり、李牧は公開処刑を免れて 牢屋から脱出!!• さらに、李牧救済のために、嘉太子 かたいし 側のサイドが趙国の立て直しへと、スピーディーに大きく動き出す。 そして、リーボックが超オンボロな小汚いオジサン姿で解放されて、かつ体臭MAXプ~ンプ~ンと黒蠅がタカる状態で再登場www• カイネは嬉しくて、うれしくて、嬉しすぎて、リーボックのクサい体臭なんか気にせずに抱きつく。 カイネのハグハグ祭り!ムギュムギュ!ムギュムギュ!キモチェェェ~~~!!! ステハゲさん風。 そんな大騒動の中、悼襄王の死亡で郭開はアセりまくる。 しかも、 【嘉太子+李牧サイド】がこのまま趙国の主導権を握りつつある国内状況。 だがしかし、ここでも神様のイタズラなのか、またもや運命は郭開に味方をする展開に まさしく、。 なんと、悼襄王と同じくらい歪んだアンポンタンである、 おバカさん幽繆王 ゆうぼくおう =遷王 せんおう が王位継承しちゃう展開になってしまった!!• 悼襄王 とうじょうおう が桃泉殿 とうせんでん で入浴の最中に暗殺される直前に、江姫 こうひ と英 えい 書記官に 遺言を残していたのが最大の理由。 嘉太子なら明るい未来へと趙国を導けたはずなのに、幾度もなく趙国は暗君・幽繆王こと末子の遷王によって、 さらなる暗黒時代に陥ってしまうのか!?• お~~~い、李牧ぅ~、息してるかぁ~~~??? 【超神回】新キャラ遷王が登場 電子書籍で読むなら 【 ネタバレPART 1 】• 今週のキングダム644話「桃泉殿 とうせんでん ~愚王の最後」では、「李信将軍が率いる飛信隊」+「蒙恬将軍が率いる楽華隊」が鄴城エリアに本格参戦となる。 しかし、 の続きで、趙国の王都・邯鄲 かんたん では、悼襄王 とうじょうおう の親臣である郭開 かくかい が 何やら不穏な動きを見せ始める。 もちろん、リーボック 李牧様 はまだ牢屋の中にブチ込まれたままで、見るも無残な 素足状態+無精ヒゲで憔悴中MAX。 そして、李牧の公開処刑が執り行われる場所は、 雷還広場 らいかんひろば という公衆の面前。 だけど、そんな李牧を助けるために、悼襄王の息子である長男・嘉太子 かたいし が 「李牧様をお許しください!!」と嘆願する。 さらには、嘉太子の右耳に噛みつき、 なんと悼襄王が嘉太子の耳を食い千切る!!!• もはや、マイク・タイソンも驚愕の噛み付きプレーを見せつける悼襄王www• 噛みちぎられた嘉太子の耳は流血とともに斬れ落ち。。。 床に落ちて。。。 キモっ。。。 まじでグロいわ、コレ。。。 ちなみに、悼襄王は愛人の江姫 こうひ に対して、郭開 かくかい を召喚する前に英書記官 えいしょきかん の招聘を命令する。 【超神回】趙国の大王様が死亡!! いますぐ読むなら 【 ネタバレPART 2 】• そんな感じで暴君ぶりを発揮しまくる悼襄王だが、いつものごとく大浴場に子供たちと入浴中に大事件が起きる。 なんと、 悼襄王が飲むお酒に毒物が混入??されており、そのまま飲み干してしまった悼襄王。 アンポンタン大王の最後にふさわしく、 浴場で毒殺 もしくは寿命か持病 によって死亡となる ざまぁwww。 ロックマンエグゼよろしく、 ポイズンアヌビス!!!を喰らうアンポンタン悼襄王。 しかも、 口とお尻から「ブシュっ!!」と・・・吐血大噴火する悼襄王がキモイ!!!• 悼襄王の決死の「ドクター!ドクター!!ドクター!!!」という微細な声のドクターコール+ナースコールは天に届かず。。。 キングダム史上、もっとも愚王である悼襄王の最期は、 大浴場で毒殺 寿命?持病?おそらくは毒殺 によって死んだという結末にwww• 史記趙世家によると、悼襄王は紀元前236年に死去となる。 李牧が公開処刑で死ぬかと思いきや、まさかの悼襄王の毒殺 寿命や持病ではないと思う エピソードで死を免れる展開となり、今週のキングダム644話がここで終了。 【超神回】趙国の大王様が死亡!! いますぐ読むなら スポンサーリンク 最新話:キングダムネタバレ643話の確定速報【考察+感想+漫画バレなし解説】 【2020年6月11日 木曜日 に発売】 キングダムネタバレ643話「覚悟の通達+超イケメン蒙恬将軍の誕生」の最新話確定速報!!• 羌瘣隊の5,000人を加えると、 飛信隊は1万5千兵まで膨れ上がった隊編成となりました。 そして、蒙恬は将軍に昇進したことで、ルックスが超かっこいいメガ進化を果たし、 ビジュアル系将軍に急成長。 愛閃も超イケメンじゃーーーん!!!• そんな飛信隊+楽華隊が新たに攻め込んでいくのが、邯鄲=首都や、武安 ぶあん や番吾 ばんご といった堅牢な都市の城々。 また、王賁将軍が率いる玉鳳隊の再登場は、1日遅れとなりそうですね。

次の

キングダム638話ネタバレあの蛇王が登場!「水路」レビュー考察

キングダムネタバレ 638 確定

youtube. これは予想を超えた、驚きの内容でしたね。 そしてここから大きく戦局は変わっていきそうです・・・。 キングダムの考察や史実の研究についての動画を配信しています! ぜひ高評価とチャンネル登録をお願いします!! あとベルマークを押して通知をオンにしてもらえると嬉しいです。 youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. foredooming. foredooming. youtube. これは予想を超えた、驚きの内容でしたね。 そしてここから大きく戦局は変わっていきそうです・・・。 キングダムの考察や史実の研究についての動画を配信しています! ぜひ高評価とチャンネル登録をお願いします!! あとベルマークを押して通知をオンにしてもらえると嬉しいです。 youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. tom gmail. com Administrator Anime Movies.

次の

キングダム638話ネタバレ確定!王翦、食糧を水路の逆から運ぶ!天才かよ!? | 8ラボ(はちらぼ)

キングダムネタバレ 638 確定

スポンサーリンク 混乱し始めた鄴 原泰久『キングダム』633話より引用 趙の巨大都市、鄴 ぎょう。 高い外壁で見えませんが、なにやら城内は騒がしい様子。 眺めていた摩論 まろん は、不敵に微笑んで言いました。 「さわがしーですね もしや中で暴動でも?」 摩論の言葉に「ククク」と笑う桓騎。 お隣では、部下がキレイに整列。 号令のもと、声を合わせて大きな声で城へ呼びかけます。 「桓騎軍は一般人を殺さぬ 城を明け渡せ 桓騎軍は一般人を殺さぬ」 同じ言葉を何度も繰り返します。 桓騎軍は、城内に食糧がないことを分かっています。 鄴城内の人々を惑わすための呼びかけといえるでしょう。 原泰久『キングダム』633話より引用 桓騎軍の思惑通り、城内は暴動が起こる寸前でした。 城門の前に多くの人々が集まっています。 鄴は王翦の作戦により、侵入した部下達が食糧庫を全て燃やしました。 やはり、残された食糧だけでは足りなかったのでしょう。 人々は空腹のあまり、城の外へ出ようと試みていたのです。 しかし、それは城内の兵士が許しません。 李牧が到着する前に民を解放したら、桓騎軍の思うツボです。 兵士は城門前に並び、人々をたしなめていました。 思いとは裏腹に、城門前で飛び交う怒号。 もう何日も食糧が支給されていません。 人々の苛立ちは爆発寸前でした。 我慢しきれない人々が束となって、城門へと押し寄せます。 槍を向けて押し返す兵士。 「下がれ」と言っても、一歩も退く気配がありません。 押されて叫ぶ女性。 どうしていいか分からず泣く子供たち。 桓騎と一緒に鄴を見ていたオギコが突然、指を差して言いました。 「あっ、お頭 あれ見て」 城内から立ち上がる煙。 ついに暴動が始まり、火事が起こったようです。 何かを察して、ヒゲを触りながら桓騎に声をかける摩論。 桓騎はニッと笑って言ったのです。 「ああ、いよいよだな」 原泰久『キングダム』633話より引用 スポンサーリンク 思わぬ急報 桓騎は、摩論へゼノウ一家を呼んでくるように指示。 「そうします」と言いながら、摩論は他の者を連れてくる気のようです。 このまま鄴陥落になるかと思いきや、一人の部下が急いで駆け寄ってきました。 「お頭、大変だー 李牧軍が南下して ここへ向かって来るそうだー」 驚く摩論。 すぐに地図を広げて状況を確認します。 部下の話では、北で見張っていた尾喜 びき 一家から早馬が来たそうです。 尾喜一家の目撃情報では、間違いなく李牧軍が南下しているとのこと。 部下は地図を指差し、早ければ半日で鄴に到着する勢いだと報告します。 摩論は悔しそうに、地図を広げた机を叩きました。 朱海平原の様子は、まだ桓騎軍へ報告されていません。 勝敗が分からない状況です。 李牧軍が鄴を目指していることから、摩論は王翦軍が負けたと予想したのです。 焦る摩論に対して、桓騎はいたって冷静。 「落ち着け」と摩論に呼びかけます。 しかし、摩論からすれば落ち着いていられる状況ではありません。 鄴の中には軍勢がいるのです。 原泰久『キングダム』633話より引用 李牧軍が到着すれば、桓騎軍は李牧軍と鄴の軍に挟まれてしまいます。 これでは鄴の包囲どころではありません。 摩論は勝てないと判断したのでしょう。 李牧が到着する前に、自分だけも逃げると断言しました。 ところが、危機感を持つ摩論に対して、桓騎は一切焦りません。 腕を組んで「落ち着け」と言うばかり。 なぜ、この状況で落ち着いてられるのでしょうか? すると、再び部下が急いで駆け寄ってきました。 どうやら尾喜一家から続報が届いたようです。 部下は馬を走らせながら叫びます。 「李牧軍の後ろからっ 王翦軍も追って・・・ もの凄い勢いで南下して来ていると」 原泰久『キングダム』633話より引用 驚く摩論。 桓騎からすれば、想定内だったということでしょう。 表情一つ変えず、黙って報告を聞いていたのです。 スポンサーリンク 精鋭隊の選抜 王翦将軍を筆頭に、李牧を追うことになった秦軍。 作戦の全貌は、1日前に秦軍全体に説明されていました。 王翦の代わりに、田里弥が中心となって説明。 隣には倉央が立っています。 秦軍全員が一カ所に集まって説明を聞いていました。 驚きの作戦に、信は声を上げます。 「軍を縮小して 李牧軍を追う!?」 原泰久『キングダム』633話より引用 なんと、李牧相手に数を減らして挑もうと言うのです。 それも連れて行く人数は十分の二。 全体の2割だけを連れて行くというものでした。 信は納得できません。 そこで、田里弥が軍を縮小する二つの理由を説明し始めます。 一つ目は速さ。 朱海平原の戦いは、十五日にも及ぶ厳しい戦いでした。 ケガした者も多く、負傷者を引き連れて行けば、どうしても進むスピードが遅くなってしまいます。 李牧に追いつけなかったら意味がありません。 だからこそ、最も動ける者を選んで李牧を追うと決めたのです。 二つ目は兵糧です。 想定外の長期戦となったため、今は全ての兵士に食べさせるほどの食糧がありません。 残りの食糧は全て選抜隊に与えて、体力と気力を回復。 このまま李牧軍を追撃しようと考えていました。 朱海平原の戦いで力を使い果たし、疲労困憊の兵士も多いはず。 しかし、選抜隊はさらにここから戦い続けなければいけません。 過酷な戦いといえるでしょう。 説明を聞きながら、うんざりする尾平。 できるならもう戦いたくないのが正直な気持ちです。 信が気になるのは、精鋭隊の選び方。 田里弥は答えました。 「主体はこの田里弥と倉央の兵団からなる」 隣に立っている倉央が話を続けます。 「俺らは両翼と違って まだ一戦しかしてないからな」 倉央の言う通り、秦右翼・秦左翼に比べて、中央軍にいた二人はあまり戦っていません。 体力が残っているため、妥当と言える判断でしょう。 ところが、信は納得できません! 「ふざけんな 何でお前らだけ いいとこ取りしよーとしてんだ 俺ら飛信隊も行くぞっ」 原泰久『キングダム』633話より引用 生き返ったばかりとは思えない発言。 行きたくない尾平たちは、信の余計な発言にがっかりです。 スポンサーリンク 気になる残軍の行方 生意気な口の利き方に腹を立てる田里弥。 倉央は「話は最後まで聞けよ」と、信をなだめます。 朱海平原の戦いは、両翼の活躍があってこその勝利でした。 王翦もそれは十分理解しているでしょう。 とくに飛信隊は、李牧軍と直接対決したようなもの。 ある意味、飛信隊の方が肌感覚で李牧軍を理解していると言えます。 今回の追撃では、その力と経験値は必要です。 倉央は言いました。 「だから、お前達も選りすぐれ 追撃隊に入る精鋭達を」 原泰久『キングダム』633話より引用 両翼の中心となっていたのは、楽華隊・飛信隊・玉鳳隊の三つです。 この中から、李牧を追う精鋭隊が選ばれます。 信は当然行くとして、王賁は一度心臓が止まりかけていたくらいです。 精鋭隊に入るのは厳しいと思ったのでしょう。 信は王賁へ声をかけます。 「お前は残った方がいいだろ 全然、精鋭じゃねェ」 信の言い方に腹を立てる番陽。 どうやら王賁も精鋭隊に入るようです。 黙って話を聞いていた蒙恬。 気になるのは、精鋭隊よりも残される者達のことです。 食糧は全て精鋭隊に渡すと言っていました。 置き去りにされる八割の者達は、このあとどうすればいいのでしょうか? 蒙恬がぶつけた疑問に、田里弥は睨みつけて答えます。 そもそも秦軍がいるこの土地は趙国の領土です。 戦いを続ける以上、秦軍にとって過酷でない状況はありえません。 問題は至極単純。 趙軍は全軍退却したため、この地で秦軍を襲う敵はいません。 危険なのは、王都・邯鄲 かんたん にある王都軍です。 しかし、今のところ王都軍が動く気配はありません。 襲ってくる趙軍もいない。 王都軍も動かない。 残る問題は「食糧だけ」と言えるでしょう。 ただ、八割も兵士が残るのに、食糧がないのは死活問題です。 そこは何とかしながら、ゆっくり南下して陥落した鄴に入城しようと考えていました。 要するに、食糧なしで鄴を目指すわけです。 残された者達にとっても厳しい状況なのは間違いありません。 ところが、田里弥は断言します。 「安心しろ いずれ秦の領土となる地だ 考えなしの愚行はおかさぬ」 原泰久『キングダム』633話より引用 田里弥は問題ないと言いたいのでしょう。 残軍を率いるのは田里弥です。 倉央と糸凌は戦い専門なので、精鋭隊に入ります。 蒙恬は少し黙ったあと念押ししました。 「分かりました 私の楽華隊もほとんど残る どうか宜しくお願いします」 仲間の大半をよく知らない上司に預けるわけです。 蒙恬が心配するのも当然ですよね。 スポンサーリンク 動き出す精鋭隊 馬に乗ろうとする信。 すると、後ろから渕が話しかけてきました。 「信殿 気をつけて行って下さい」 後ろには崇原もいます。 渕と崇原は残るようです。 信だけが向かう時は、渕はいつも信に声をかけていました。 いつも通りの会話、いつも通りの別れ。 だからこそ、渕は確信していたのです。 「だからきっと 今回もうまく行きます!」 渕だけでなく、たくさんの仲間が信へ駆け寄っていました。 信も仲間を安心させようと笑顔で応えます。 最後に、信は羌瘣が生きているかを確認。 羌瘣はまだ立ち上がることもできない状態です。 横になったまま「いってらっしゃい」と手を振っていました。 さすがに羌瘣も残るようですね。 信が仲間に別れを告げていると、前に現れたのは王翦将軍。 はるか彼方を見つめたまま、呼びかけてきました。 「準備は出来たか 行くぞ、鄴へ」 原泰久『キングダム』633話より引用 精鋭隊の中心となるのは、もちろん王翦将軍。 ほかにも王翦軍からは倉央と糸凌。 両翼からは信、蒙恬、王賁が精鋭隊に選ばれていました。 王翦軍の目的は鄴を奪い取ること。 鄴を秦軍の拠点にできれば、趙国の領土を奪うための大きな一手になるでしょう。 王翦軍の号令のもと、精鋭隊は鄴を目指して走り出したのです。 スポンサーリンク 『キングダム』ネタバレ 633-634 話のまとめ 今回は、暴動が起き始めた鄴の様子と、王翦軍の次なる一手が明らかにされましたね。 原泰久『キングダム』633話より引用 李牧は逃がしてしまいましたが、鄴に向かっていることは分かっています。 すぐに再戦となるのは明らかでしょう。 鄴では桓騎軍も待っていますからね。 王翦率いる精鋭隊が合流すれば、鄴の陥落は可能ではないでしょうか。 ただ、心配なのは邯鄲の王都軍です。 今は動いていないようですが、攻撃してこない保証などありません。 原泰久『キングダム』633話より引用 食糧もなく、隊長もいない残軍に王都軍が攻めてきたら、田里弥は一体どのように対応する気なのでしょうか。 朱海平原の勝利後も厳しい戦いが続く秦軍。 このまま鄴を奪い取ることができるのか!? それとも、李牧軍によって阻まれてしまうのか!? 次回の展開がとても楽しみです!.

次の