シクサーズ 対 ナゲッツ。 NBAの歴史に残る乱闘劇5選

MASAKARI TECHNO NBA NEWS: ウォリアーズ、微妙な判定でナゲッツに1点差で勝利

シクサーズ 対 ナゲッツ

ゴールデンステイト・ウォリアーズは現地29日、ホームでデンバー・ナゲッツと対戦。 1点リードで迎えた試合終了間際にナゲッツのアンドレ・イグダーラにブザービーターとなるスリーポイントシュートを決められるが、これがオフィシャルレビューの末にノーカウントとなり、106対105で激戦を制した。 ウォリアーズは今季9勝6敗。 8点のビハインドで第4Qを迎えたウォリアーズは、ステファン・カリーのスリーなどで詰め寄ると、残り6分19秒のデイビッド・リーのレイアップシュートで94対93と逆転に成功。 その後、一進一退の攻防が続き、ウォリアーズの3点リードで終盤に突入する。 そして残り3. 4秒、ナゲッツは3本のフリースローのチャンスを得たイグダーラが最後の1本を外してしまうが、相手がボールをコートの外に出したため、105対106のナゲッツボールで試合は最終局面に。 迎えたラストプレー、イグダーラがサイドライン際からスリーを放つと、ボールはブザーと同時にリングに吸い込まれた。 このあと、劇的な勝利を飾ったと思って喜びながらロッカールームに引き上げるナゲッツの選手もいたが、最後のシュートはオフィシャルレビューに。 結局、リプレイ映像により審判はゴールを認めず、ウォリアーズが勝利を手にした。 個人成績では、リーがゲームハイの31得点、9リバウンド、6アシストでチームをけん引。 さらに、クレイ・トンプソンが21得点、カリーが20得点、10アシストのダブルダブルで勝利に貢献した。 一方のナゲッツは、イグダーラが22得点、ダニーロ・ガリナリが20得点、9リバウンド、タイ・ローソンが17得点、9アシストをマークするも、惜しくも勝利を逃した。 今季成績は8勝8敗のイーブンに戻っている。

次の

ウォリアーズ シクサーズ解雇のジャベール・マクギー獲得争いから離脱

シクサーズ 対 ナゲッツ

ゴールデンステイト・ウォリアーズは現地29日、ホームでデンバー・ナゲッツと対戦。 1点リードで迎えた試合終了間際にナゲッツのアンドレ・イグダーラにブザービーターとなるスリーポイントシュートを決められるが、これがオフィシャルレビューの末にノーカウントとなり、106対105で激戦を制した。 ウォリアーズは今季9勝6敗。 8点のビハインドで第4Qを迎えたウォリアーズは、ステファン・カリーのスリーなどで詰め寄ると、残り6分19秒のデイビッド・リーのレイアップシュートで94対93と逆転に成功。 その後、一進一退の攻防が続き、ウォリアーズの3点リードで終盤に突入する。 そして残り3. 4秒、ナゲッツは3本のフリースローのチャンスを得たイグダーラが最後の1本を外してしまうが、相手がボールをコートの外に出したため、105対106のナゲッツボールで試合は最終局面に。 迎えたラストプレー、イグダーラがサイドライン際からスリーを放つと、ボールはブザーと同時にリングに吸い込まれた。 このあと、劇的な勝利を飾ったと思って喜びながらロッカールームに引き上げるナゲッツの選手もいたが、最後のシュートはオフィシャルレビューに。 結局、リプレイ映像により審判はゴールを認めず、ウォリアーズが勝利を手にした。 個人成績では、リーがゲームハイの31得点、9リバウンド、6アシストでチームをけん引。 さらに、クレイ・トンプソンが21得点、カリーが20得点、10アシストのダブルダブルで勝利に貢献した。 一方のナゲッツは、イグダーラが22得点、ダニーロ・ガリナリが20得点、9リバウンド、タイ・ローソンが17得点、9アシストをマークするも、惜しくも勝利を逃した。 今季成績は8勝8敗のイーブンに戻っている。

次の

3勝3敗のタイに戻したブレイザーズ、リラードは「すべてを賭けた戦いになる」

シクサーズ 対 ナゲッツ

ゴールデンステイト・ウォリアーズは現地29日、ホームでデンバー・ナゲッツと対戦。 1点リードで迎えた試合終了間際にナゲッツのアンドレ・イグダーラにブザービーターとなるスリーポイントシュートを決められるが、これがオフィシャルレビューの末にノーカウントとなり、106対105で激戦を制した。 ウォリアーズは今季9勝6敗。 8点のビハインドで第4Qを迎えたウォリアーズは、ステファン・カリーのスリーなどで詰め寄ると、残り6分19秒のデイビッド・リーのレイアップシュートで94対93と逆転に成功。 その後、一進一退の攻防が続き、ウォリアーズの3点リードで終盤に突入する。 そして残り3. 4秒、ナゲッツは3本のフリースローのチャンスを得たイグダーラが最後の1本を外してしまうが、相手がボールをコートの外に出したため、105対106のナゲッツボールで試合は最終局面に。 迎えたラストプレー、イグダーラがサイドライン際からスリーを放つと、ボールはブザーと同時にリングに吸い込まれた。 このあと、劇的な勝利を飾ったと思って喜びながらロッカールームに引き上げるナゲッツの選手もいたが、最後のシュートはオフィシャルレビューに。 結局、リプレイ映像により審判はゴールを認めず、ウォリアーズが勝利を手にした。 個人成績では、リーがゲームハイの31得点、9リバウンド、6アシストでチームをけん引。 さらに、クレイ・トンプソンが21得点、カリーが20得点、10アシストのダブルダブルで勝利に貢献した。 一方のナゲッツは、イグダーラが22得点、ダニーロ・ガリナリが20得点、9リバウンド、タイ・ローソンが17得点、9アシストをマークするも、惜しくも勝利を逃した。 今季成績は8勝8敗のイーブンに戻っている。

次の