スーツ 鈴木 先生。 「スーツ×スニーカー」の鈴木先生 さすがにカッコ悪いですよ!(篠原あかね)

ドラマ「SUITS2/スーツ2」見逃し配信の動画を無料視聴する方法!|織田裕二×中島裕翔の主演ドラマ|再放送【スーツシーズン2見逃し配信動画】

スーツ 鈴木 先生

織田裕二、「Hey! Say! JUMP」中島裕翔、鈴木保奈美らが共演した「SUITS/スーツ」の最終回が12月17日にオンエアされ、多くの視聴者がその終了を惜しんでいる。 ある日騙され薬物の売人をさせられていた鈴木大貴(中島さん)という青年を助け、その才能を見抜き、身元を偽らせ弁護士として雇う。 大貴は大輔と名前を変え甲斐と共に数々の難解な訴訟に挑んでいくことに。 大輔が働くことになるファーム「幸村・上杉法律事務所」代表の幸村チカを鈴木さんが演じ、織田さんと24年ぶりに月9再共演。 大輔の元悪友・谷元遊星には磯村勇斗、大輔に好意を抱く遊星の妹・砂里には今田美桜、同じく大輔に好意を抱くパラリーガルの聖澤真琴には新木優子、甲斐の秘書・玉井伽耶子には中村アン、甲斐をライバル視する弁護士・蟹江貢には小手伸也といったキャストが揃った。 ご注意ください。 甲斐が検事時代に担当した殺人事件は冤罪だった。 証拠を当時の上司・柳(國村隼)が隠ぺいしていたことを知った甲斐は大輔と共に再審請求に取り掛かる。 冤罪で投獄された栗林(淵上泰史)は当然、自分を投獄した甲斐を敵視、さらに検察からもプレッシャーがかかり、真犯人と目される男の親が経営する企業はファームとの契約を切る。 甲斐は再審請求が失敗すれば弁護士をやめる覚悟で、大輔もチカに無資格であることがバレており、これが最後の案件だと覚悟し、再審請求の壁に挑む…というのが最終回のストーリー。 最終回のゲストには上白石萌音が出演。 役者だね」「初々しい検事さんで萌音ちゃんにぴったり」などの声が上がる。 ラストは弁護士を辞めようとしていた大輔に甲斐が弁護士バッジとボストン行きのチケットを渡し、2年間留学を勧めるところで終了となった。 このラストにも「2年後を強く期待してしまう終わり方」「これは2年後にまた会おうってこと?」「2期あってもおかしくなさそう」などのツイートが。 「あと3シーズンはやってもらわないと」「2年後ボストンから帰ってきた鈴木先生と真琴ちゃんがどうなってるのか凄い気になる」など早くも続編を待望する視聴者からの投稿がSNSに溢れている。 《笠緒》.

次の

スーツ2上杉役は誰?追放された理由とは何か先生の過去をネタバレ!

スーツ 鈴木 先生

そのお披露目パーティーの席上で、チカ(鈴木保奈美)は、『YURI綜合会計事務所』所長の華村百合(石田ひかり)と、同事務所のエース会計士・大河原忠(西村まさ彦)を甲斐に紹介する。 百合の事務所は、『幸村・上杉法律事務所』の顧問会計事務所であり、クライアントでもあった。 しかも百合は、チカの大親友なのだという。 そこで百合は、チカと甲斐に、大河原を解雇したいから助けてほしい、と頼む。 甲斐は、大輔(中島裕翔)を連れてファームに戻ると、百合の事務所の定款と雇用契約書を頭に叩き込めと指示する。 実は大河原は、出身大学を偽り、無資格にも関わらず会計士として働いていたのだ。 それを知った大輔は、大河原と自分の境遇を重ねてしまい、なかなか仕事に集中できない。 あくる日、甲斐は、大河原を呼び出し、解雇を告げる。 百合の事務所は大河原を訴えず、十分な額の退職金も用意するという条件だった。 しかし、25年も事務所に尽くしてきた大河原は突然の解雇に納得できない。 そのやり取りを聴いていて我慢できなくなった大輔は、これまでの功績を考えればこんな解雇の仕方なんておかしい、一度百合と話し合うべきだ、とつい口をはさんだ。 すると大河原は、大輔に同調して百合を批判し、不当解雇で訴えると言い残して席を立ってしまう。 第9話は少しハードな内容でした。 面白い!と大好評なのに、視聴率速報では9. 9%にとどまったのは「詐称」「解雇」という重い案件だったことがあるかもしれません。 せっかくシニアパートナー昇進でブラックタイをビシッと決めた甲斐正午(織田裕二)ですが…。 幸村チカ代表(鈴木保奈美)には無茶ぶりな仕事の催促、アソシエイトの鈴木大輔(中島優翔)は気持ちのままに暴走してしまい、少し中間管理職の辛さがありました。 でも、それをスマートにさばいてファームは安泰、チカと満足げにシャンパンを交わす姿が相変わらずオシャレです。 一方の大輔の方は、今回私情を交えての大活躍でしたね。 会計士詐称の大河原忠(西村まさ彦)に共感して、甲斐に逆らって過去の資料を集めたり、人の法律事務所に潜り込んだりと奮闘しました。 その姿に惹かれて、ついに聖澤真琴(新木優子)との職場キス!やっぱり相思相愛だったんだと、応援したいところですが…。 大輔に失恋した谷川砂里(今田美桜)と兄・遊星(磯村勇斗)の兄妹が、大輔を揺るがすことになってしまい、心配の尽きない状況です。 今回はYURI綜合会計事務所の腹黒い所長と、無免許の会計士という関係で、それぞれ甲斐弁護士を良く思わない役でした。 2人とも、実は織田裕二と共演したことがあるんですね!ちょっと古いドラマですが、題名は聞いたことがあるような一世を風靡した作品です! 振り返れば奴がいる(1993年フジ) 織田裕二 と 西村雅彦 って 後ろから刺される予感しかしない 振り返れば奴がいる! — 輪るドラマ アカドラ ム losin5tranquilo 三谷幸喜監督の高視聴率ドラマで、織田裕二と西村雅彦は大病院の医師として上司と部下の関係だったんですね。 最後には西村雅彦演じる平賀が、司馬役の織田裕二を刺してしまい、22. 7%の視聴率でした。 今回「SUITS」でも最初は訴訟がこじれて、甲斐が大河原に和解同意書にサインを強要していましたが、最後には大河原が不正の証人になる形で、2人は協力関係になっていました。 何か、昔のドラマの関係を払拭するかのようで、面白いです。 ママハハ・ブギ(1989年TBS) 兄妹揃って早く静岡帰ってくれよ💢💢💢💢 大輔が砂里を振ったことが引き金になって、大手の法律事務所の命運をも揺るがすような事態が予想されます。 チカに大輔のことをバラしてしまった遊星の動きには、すごく悪意を感じてしまいます。 そもそも大輔の人生が狂っているのは、最初に替え玉受験に誘導した遊星が、すべての発端といっても過言ではありません。 今更妹がかわいそうだという理由で、大輔の人生をめちゃくちゃにしていいと考えるなんて、何だか恐ろしいです。 自分が馬鹿をやって全財産を失ってしまったことも、遊星の中では大輔に責任があるように思って、逆恨みしているのではないでしょうか。 甲斐は大輔を守ってくれるか? そもそも、なぜ甲斐弁護士が、大輔を弁護士に仕立てるなどという危ない橋を渡っているのか、気持ちを知りたいですね。 9話めっちゃ面白かった!!しかし甲斐先生はなぜそこまで鈴木先生を信頼してるんだろう??甲斐先生が充分すぎるほど優秀だから鈴木先生の手をほぼ必要としないのでは??と思わなくないけどもめっちゃ面白かった!!裕翔くんのビジュアルが異常なまでに整ってる!! 第1話では自分に都合が悪くなると、さっさと大輔を切ろうとしていた甲斐。 まさかシニアパートナーになったから、大輔はもう不要とか…?! でも、今となっては、甲斐も相当大輔の能力や気質を認めて、成長を見守る気持ちになっていますよね。 アメリカ版「SUITS」シリーズ・ネタバレ 既にシーズン8まで続いている原作の「SUITS」。 あらすじを見てみると、なんと大輔にあたるマイク・ロスがいないのです! 波乱万丈の末弁護士資格を得たマイクは、シーズン7で「庶民のための弁護士を目指す」と旅立っていきます。 それにいくら公務員ではなくても立派な国家資格、現行のままでは大輔はいずれ犯罪者です。 遊星の暴露なんか跳ね返してもらわないと困ります。 予想するに…。 エンディングで、大輔は本当に弁護士になるために、一度国外に出るのではないでしょうか? アメリカや、アジアならシンガポール(本物のスズキダイスケがいるところです!)とか。 また真琴にはすべてを話して「待っていてくれ」とプロポーズしてしまうんです。 実は法律上は、大輔は弁護士になれないわけではないようなんですよね。 実刑での犯罪歴はないですし。 いったん外国で勉強して、ほとぼりが冷めたころ、きちんと司法試験を受けなおすのではないか…と考えます。 🦀この9話中は甲斐と蟹江の絡みが一切無かったので、織田さんが僕と台詞合わせが出来ないつまらないつまらない言ってた。 可愛かった 笑 以上副音声代わり😉 — 小手伸也 KOTEshinya 今回、蟹江貢弁護士(小手伸也)はダメな人でしたね。 素敵な鼻歌を披露したり、ボーリングのシーンをキメたりしていたのですが…。 袴田美波弁護士の本音を見抜けず、やすやすと事務所に侵入させるなんて、今まで甲斐と張り合っていたとは、不思議で仕方ありません。 これから最終回まで特に出番もなくしぼんでいってしまうのは、少し惜しい気がします。 第10話の予告では、甲斐が一度はチカを説得してくれるようです。 でも、チカは代表としてファームを守るためにも、全てを飲み込んでくれる可能性はないでしょうね。 このままでは大輔には道が残されていないことになってしまいます。 まさに今回の大河原のように惜しまれつつも去ることになってしまうのか、またその余波は甲斐の身にも降りかかるのか、心配で仕方がありません。 次回にはついに市川海老蔵の登場です。 甲斐と蟹江が並ぶとコミカルな印象が勝つのに、さすが海老蔵と並ぶとダンディな味わいのある大人の色気がいいですね。

次の

「スーツ×スニーカー」の鈴木先生 さすがにカッコ悪いですよ!(篠原あかね): J

スーツ 鈴木 先生

それに伴い、第3話に関しまして撮影・編集に多大な影響が出ており、やむを得ず放送を遅らせて頂くことになりました。 新たな放送日が決まり次第、皆様にお知らせ致します。 上杉先生役について紐解いていきます。 スーツ2の上杉先生は吉田鋼太郎 スーツ2には上杉一志という新たな弁護士が登場します。 その上杉役を務めるのが俳優の 吉田鋼太郎さんです。 プロフィール 吉田鋼太郎(ヨシダ コウタロウ) 生年月日:1959年1月14日 出身地:東京都 身長:174cm シェイクスピアの舞台作品への出演も多く、演出を手掛けることも。 出身地は東京ですが、大阪弁がお得意のようです。 今回の役柄 今回は 「幸村・上杉法律事務所」の共同代表としての出演となります。 療養中の妻との時間を取るためという理由で長期休暇をとっていましたが、第2話で事務所に復帰しました。 表の顔はとても謙虚な姿勢で部下たちも大事にする優秀な敏腕弁護士ですが、 裏の顔は勝つために手段を選ばず進めていく欲にまみれた男です。 スーツ2の第1話~2話では、上杉先生が復帰するとなった時の幸村・甲斐・蟹江・玉井はとても嫌な顔をしていましたのでその理由が気になりすぎます。 吉田鋼太郎さんはダンディな面持ちながらもコミカルな演技が最近は注目されていたと思いますが、今回はシリアスな雰囲気の上杉先生に期待大ですね。 「MOZU」• 「全裸監督」• 「花子とアン」• 「ウロボロス」• 「アンフェア」• 「グッドワイフ」• 「今日から俺は!!」• 「麒麟がくる」• 「ゆとりですがなにか」 今回は出演ドラマの一部を紹介しましたが、他にもたくさんのTVドラマに出ていますし、舞台や映画などでも活躍されています。 これも見た!これも見た!というものばかりで本当に沢山の作品に出演されていますよね。 物凄い威厳のある強面な役から、お父さんのような柔らかさのある役、可愛らしい役など幅広い演技をされる方ですので今回のスーツ2ではどんな印象を残してくれるのか楽しみです。 上杉が追放された理由について、海外版SUITをもとにネタバレしていきます。 当時まだアソシエイトだった 甲斐に幸村が「誰かが経費を横領しているから調べてほしい」と頼みます。 甲斐は犯人を突き止めたらパートナーにしてもらうという条件で調査を進め、お金の管理担当者のパソコンを上手いこと借りることに成功しお金の流れを確認します。 すると 上杉が犯人であることが分かりました。 幸村が上杉に対して会社の経費を横領しているという事実を突きつけたとき、上杉は妻の治療費に当てていると言い幸村は一旦許そうとしまた。 しかし、玉井が同僚と上杉は不倫しているということを突き止め、それを知った幸村は上杉を事務所から追い出しました。 上杉は横領と不倫という弱みを握られ、 妻にばらされたくないために長期休暇という名目で退いていたのです。 しかし 妻が亡くなった今、怖いものが無くなり復帰できたということですね。 スーツ2の1話では、甲斐が上杉に対して「今度は娘に話さなければいけない」という趣旨を伝えていましたが、2話で復帰したときに上杉は「もう娘に話して理解してもらった」と話していました。 マジで怖いもの無しじゃん!どうするの甲斐先生!と思わず言ってしまう展開ですね(笑) 2話では甲斐が担当となった案件に口を出してきたり、裏で鈴木を誘導していたりと、やはり何か企んでいるように見える上杉先生。 画像で比較してみましょう。 Daniel Hardman formerly of Pearson and Hardman. 画像で比べてみると、髪型や髭の感じは少し似ているような気がしますね。 安心感はありつつも、後に大層なことしでかしそうな、どことなく何か悪いことを秘めているような雰囲気も出ています。 SNSでは海外版の原作に合ってるという高評価のコメントも見られました。 アメリカ版も日本版の上杉も威厳がありかっこいいですね! 今後も上杉のネチネチ攻撃があるのか、幸村と甲斐は許すことになるのか、それともまた追放となるのか、展開が楽しみです。 みんなの声をみていきましょう。 お~い、鈴木先生! 上杉先生には気をつけて! 駄目だよ、乗せられちゃ。 上杉先生役は吉田鋼太郎さん、含みのある欲にまみれた男を演じています。 追放されていた理由は、横領・社内不倫という弱みを握られ、妻に知られたくないために事務所から距離をおいていました。 今後、事務所のためにみんなで協力していくことになるのか、また追放となってしまうのか、どんなストーリー展開になるのかワクワクしますね。 上杉役の吉田鋼太郎さんの嫌味ったらしい表情などにも注目していきましょう。

次の