太もも 赤い 発疹。 足に赤い斑点ができるのは病気?対処方法も紹介!

下半身に赤い・・・

太もも 赤い 発疹

記事の内容• 痒くない湿疹が体にできる原因や潜む病気 「赤い斑点模様がいくつかできている」「ポツポツ・ブツブツが出来ている」のに痒くない、という時に考えられる原因や病気にはどのようなものがあるのでしょうか。 ニキビ• 毛包炎(カミソリ負け)• 単純性紫斑病 原因1:ダニ 掃除や手入れを怠っていると布団やカーペットなどにダニが繁殖してしまいす。 虫だから寒い時期には繁殖しないか、というとそうでもありません。 人のいる室内の温度や湿度、また人肌の温度は、ちょうどダニが好む環境です。 そのため、 家の中は年中ダニが繁殖しやすいと考えてよいでしょう。 ダニにかまれると、痒みを感じる場合もありますが、小さい斑点が出来て赤くなるだけで、痒みを感じないケースもあります。 ダニの生息する場所などを考えると 全身にできる可能性のある湿疹です。 原因2:ニキビ ニキビというと顔に出来やすいというイメージですが、背中や首などにも出来ます。 普段、ニキビなどができないタイプの人であっても、体調不良などによって一時的に免疫力が低下していると、「少し放置しておいたタオルで顔や体を拭いた」などでもニキビができる可能性があります。 ニキビの場合、痒みはなく、痛みも感じない人が多いようです。 そのため、 顔や首、背中あたりに自覚症状のない湿疹ができたら、ニキビの可能性があります。 原因3:毛包炎・剃刀負け これはいわゆる『 カミソリ負け』のことです。 カミソリなどによって肌が傷ついてしまった状態で、そこに細菌が繁殖することで起こります。 ここで感染する細菌は常に皮膚に存在しているもので、普段は皮膚による防御機能が働いていて、このような炎症は起きないのですが、免疫が低下していたり、カミソリ後のように皮膚が傷ついている状態の時に、細菌が入り込んできて悪さをする、というわけです。 赤いポツポツができるのが特徴で、軽度の場合は痛みや痒みを感じません。 原因4:単純性紫斑病 これは 20代の女性に多い症状です。 手足、特に足の皮膚にできる赤い斑で、 盛り上がったりしこりなどは無く、痒み・痛みもほとんどありません。 詳しい原因はまだ不明ですが、 過剰なストレスを感じたり、 月経時になりやすいと言われています。 スポンサーリンク 赤い斑点やブツブツがお腹や腕・背中にできた時の対処法 次は、上の項目で挙げた原因や病気への対処法を見ていきましょう。 ダニの場合 この場合、何よりもまずしなければいけないのは『 布団のお掃除をする』ことです。 カーペットなどにも生息していますが、人肌に温められて適度な湿度のある布団は、ダニにとって最適の環境です。 長時間、肌に触れるものですから、布団のお手入れを怠っていると、寝るだけで湿疹ができてしまうことになります。 まずは、布団を清潔にして、部屋の掃除も怠らないようにしましょう。 ニキビの場合 ニキビの場合、毛穴に皮脂など老廃物が溜まってしまい、肌の衛生状態が悪くなっているので、まずは、 清潔を保ってあげることが一番の対処法です。 『 洗顔後は必ず、すぐに保湿』『 ビタミンを意識した食事』『 清潔な寝具で寝る』の3点にちゅういすることで、いくらかは改善されるでしょう。 ニキビができやすい体質の人は、『 枕カバーは1日に1回変える』くらいでちょうど良いと思います。 毛包炎(カミソリ負け)の場合 この場合も、ニキビと同様に、 一番大切なのは肌を清潔に保つことです。 カミソリの後は、保湿をきちんと行い、清潔なタオル、枕カバーや布団カバーを使うようにしましょう。 単純性紫斑病の場合 これは、 原因がまだ解明されていない症状なので、効果的な対処法や治療法はまだありません。 ただ、 ストレスが大きな原因として考えられているので、できるだけリラックスできる環境を整えてあげることが一番の対処法です。 また、できた斑点は、 自然に治るケースがほとんどです。 長期間、斑点がひかない場合は、お近くの皮膚科を訪ねてみてください。 痒みのない湿疹にも注意を払って! 痒みや痛みのない湿疹は、どうしても気付きにくいですし、気付いた時には湿疹がだいぶ広がっていたりするケースも多いようです。 基本的には、皮膚の清潔を保ってあげることで自然に治る場合が多いので、日頃から肌に触れるものやお部屋は綺麗に保っていきましょうね。 関連記事:.

次の

帯状疱疹に感染。初期症状の痛みやかゆみはなかった<太ももの写真>

太もも 赤い 発疹

太ももがかゆい原因と対処法• 皮脂欠乏性湿疹• 蕁麻疹(じんましん)• 接触性皮膚炎• むずむず脚症候群 乾燥 乾燥すると肌がガサガサになって痒みがでますよね。 当然、手でかいてしまいますがこれが悪循環を生みます。 手といっても爪でかいてしまう場合が多いと思いますが、 爪でかくことによって 肌を傷つけ小さな炎症が起きてしまします。 傷ついて炎症した肌は、本来守ってくれるバリア機能が低下してしまい、 少しの刺激でも痒みや炎症が起きやすくなります。 ズボンのこすれる刺激やストッキングなど締めつけるものでも原因になります。 なので、根本原因の乾燥を防ぐことがポイントになります。 乾燥を防ぐ対処法 お風呂の入り方で乾燥をかなり防げますよ。 熱いお風呂は避ける。 必要な皮脂まで洗い流してしまうため。 ややぬる目のお湯で15分以内には出ましょう。 洗いすぎない。 こすりすぎると摩擦が起きて炎症を刺激するため。 特に内ももは皮膚が薄いので注意です。 手で優しく洗いましょう。 私は洗い方をタオルから手に変えました。 肌に優しいですよ。 入浴後の保湿 入浴後は皮脂も洗い流され太ももの肌が無防備ですので 保湿剤などで水分を与えましょう。 部屋の加湿 しっかり体を保湿したら、 部屋も加湿します。 乾燥する環境を改善しましょう。 皮脂欠乏性湿疹 皮脂欠乏性湿疹は、 皮脂が少なくなり、皮膚のバリア機能が低下して外からの刺激に弱くなってしまう病気です。 すねにできやすいですが、 太ももや腰回り・肩・背中にもかゆみがでることがあります。 皮膚が乾燥してかゆみ以外に白い粉がふいたり、赤い湿疹が出ることがあります。 冬に悪化して、夏は症状があまり出ないことが多いです。 湿疹が出てしまった場合は、ステロイド外用薬などで治療をします。 かゆみがひどい場合は、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の飲み薬を処方されることもあります。 かゆみや湿疹が続く場合は、皮膚科を受診しましょう。 日常で考えられる接触性皮膚炎 1.刺激や毒性のあるもの(刺激性接触性皮膚炎) 化学物質・洗剤・髪染料・虫の毒などが原因でかぶれが起こります。 2.アレルギー(アレルギー性接触性皮膚炎) 特定の物質だけにアレルギー反応を起こしてしまうしてしまうかぶれです。 ・化粧品・うるし・ぎんなん・金属・医薬品に含まれる化学物質など 3.光接触(ひかりせっしょく)性皮膚炎 肌についている物質が太陽の紫外線と反応して起こるかぶれです。 香水・日焼け止め・石鹸などが原因で、日光に当たった後に症状が出ます。 太もものかゆみ・かぶれの原因は様々 ・スキンケア・シャンプー・石鹸 ・衣類(下着など)・ストッキング ・洗剤・消臭剤・防虫剤 肌に触れるものや普段使っているものを見直してみましょう。 むずむず脚症候群 Sponsored Links ネット上で太ももがかゆい人の声 太ももの両内側がかゆい。 数日前から急に太ももの両内側がかゆくなり、湿疹のようになっています。 ものすごくかゆいので、我慢したくても出来ません。 主に布団に入った時や、寝起きや、ふとした時にもかゆくなります。 前にもこの症状になったことが何回かあります。 その時は両ひざ裏でした。 病院には行かず、ほっといたら治るやろう とほったらかしにしてて、かゆみはそのうちなくなったのですが、湿疹のあとがだいぶ長期間のこりました… こんな症状になった事ある人いますか?市販の薬は効き目あるのでしょうか? お返事 太ももの両内側が数日前からかゆくなってしまったのですね。 湿疹も出て我慢できないくらいですから、お辛いですね。 睡眠に影響はしていないでしょうか? 私なら、すぐに皮膚科を受診します。 湿疹も出ていますので、どんな湿疹なのか素人では判断が難しいかと思います。 そのため、市販の薬を選ぶのもどれを選んだらいいかわからない可能性が高いです。 なるべく病院へ行きたくない気持ちもあるかと思いますが、早目に診てもらった方が遠回りをしなくてよいと個人的には思います。 かゆみは寝ている時なども掻いてしまったりと、悪化させてしまうこともありますので病院も検討してみてください。 早く太もものかゆみが良くなるといいですね。 まとめ 以上が、太ももがかゆい原因でした。 わかりやすくまとめますね。 太もものかゆみは様々ある• 乾燥はお風呂の入り方に注意• 蕁麻疹は冷やす• むずむず脚症候群は安静時に起こる 私の場合は、太ももの表・内側にかゆみが出ていました。 たぶん、 乾燥が原因だったのではと思っていますがはっきりとはわかりません。 まずは、試せることをやって太もものかゆみが続くようでしたら 病院で診てもらいましょう。 体がかゆい原因・症状をまとめてチェックできます。

次の

足に赤い斑点があるけどかゆくない原因は?何かの病気?

太もも 赤い 発疹

太ももに発疹や斑点ができる原因 内出血 太ももに発疹や斑点ができる原因としては、 内出血が一番多いと言われています。 内出血では、どこかで体を強打してしまった時などに皮膚の下にある血管が破れてしまい、血液がにじみ出ることにより、太ももなどの皮膚に発疹や斑点が現れます。 紫斑病 しはんびょう 太ももをどこかにぶつけたりした覚えがないのに、内出血のように発疹や斑点ができている場合は、 紫斑病 しはんびょう という病気の可能性があります。 紫斑病とは、何かしらの原因で皮膚に内出血が起こり、紫色のあざである「紫斑」ができてしまう病気です。 紫斑病には、血管異常により紫斑ができてしまう「血管性紫斑病」と、血小板が減少してしまうことにより紫斑ができてしまう「血小板減少性紫斑病」などがあります。 虫刺され 太ももに発疹や斑点ができる原因として、 虫さされの可能性もあります。 虫刺されはほとんどの場合、かゆみを伴うことが多いのですが、蚊ではないダニなどの虫刺されの場合、かゆみがないこともあります。 アルコール摂取 太ももに発疹や斑点ができる原因として、 アルコール摂取によるものである場合もあります。 アルコールは、肝臓の働きで「アセトアルデヒド」という物質に変えられます。 そして、アセトアルデヒドには血管を拡張させる効果があるので、血行が良くなり血管が刺激され、発疹や斑点ができることがあります。 うっ血性皮膚炎 太ももに発疹や斑点ができた場合、 うっ血性皮膚炎であるケースもあります。 うっ血性皮膚炎は血行不良が原因で起こり、特に立ち仕事をしている女性に多い症状で、小さい斑点がたくさんできてしまいます。 他にも、糖尿病や腎臓病などによる血行不良が原因で起こることもあり、赤い発疹や斑点のほかにも、足などがむくむ場合もあります。 太ももに発疹や斑点ができた時の対処法 刺激しない 太ももに発疹や斑点ができているのを見つけて、さらにかゆみがあると、ついついかいてしまいますよね・・・。 しかし、強くかきむしったり触りすぎたりすると、発疹や斑点を悪化させてしまい、治るまでに長い時間がかかってしまうこともあります。 なので、 とにかく患部は刺激しないようにしましょう。 RICE処置 太ももの打撲によって内出血している場合は、 RICE処置をしてください。 RICE処置とは、• Rest(安静にする)• Ice(冷却する)• Compression(圧迫・固定する)• Elevation(挙上する) という処置のことです。 具体的に太ももの打撲により内出血した場合は、内出血や炎症が悪化しないように、まずは無理に動かさないように安静にします。 そのあと水や冷たいタオルなどですぐに冷やし、打身の内出血や炎症を抑えます。 次に包帯やテーピングで圧迫しますが、健康な細胞まで壊死してしまう可能性があるので、圧迫は強しすぎないように気をつけましょう。 最後にElevation(挙上する)ですが、太ももは心臓より低い位置にあるため、立っていると血液が下に流れて、太ももの内出血や炎症がひどくなってしまいます。 なので横になり、足をクッションなどで心臓より少し上に上げておくようにしてください。 病院を受診する 打撲により太ももに発疹や斑点ができた場合、なかなか発疹や斑点が消えなかったり、痛みが続くようであれば 病院を受診しましょう。 また虫刺されが原因であれば、市販薬で痒みを抑えられることもありますが、かきむしりすぎて患部が炎症を起こしたり、じゅくじゅくしてしまっている場合は、皮膚科を受診するようにしてください。 そして、発疹や斑点の原因が分からない場合などでも、早めに病院で相談するようにしましょう。 ビタミンCで血管を強くする 太ももの発疹や斑点は、皮膚の下の血管が破れることで起きますが、 ビタミンCには血管を破れにくくする効果があります。 発疹や斑点ができやすいのは、血管がもろくなってしまっていることが考えられますので、ビタミンCをしっかりと摂取して血管を破れにくくし、今後発疹や斑点ができないように予防することも大切です。 まとめ 痛みがなくても、太ももに発疹が斑点があるとすごく気になりますよね・・・。 原因がよく分からない場合は特にそうですが、症状が重症化してしまうとなかなか治らないこともありますので、早めに病院を受診し、治療するようにしてください。

次の