ファスティング 方法。 酵素ファスティングの方法・やり方

オプティマムファスティングのやり方と効果について

ファスティング 方法

種類は2種類で、一つは寝る前に4時間程度の何も食べない時間を作り、睡眠時間も含めて12時間程度の断食期間を毎日作る方法です。 満腹で寝る、ほどよい空腹で寝る、ダイエット成功と失敗の分かれ道…。 起きている間より寝ている間の方がエネルギーを蓄えやすく、その時間帯での脂肪の蓄積を防ぐということと、1日に一回は寝る前に「空腹」という飽食の世界では忘れられがちな感覚を体験しコントロールする癖をつけることを目的としています。 もちろん、結果として、昼間にドカ食いをしない限りダイエットも成功しやすくなります。 次に、おすすめするのが1~2日の短期断食です。 強制的に脂肪を燃焼させる話につきましては、以前「」で触れましたので今回は「食欲と和解するきっかけをつくる」ことについてお話しましょう。 なぜ食欲にとらわれるのか? 食欲には勝てない! ? 「ついつい食べてしまう... 」「食欲に勝てない... 」 表現方法はいろいろあるとして、ダイエットガイドである私はこのような話をよく聞きます。 人間の生理的な欲求である食欲は正面から制圧しようとすればするほど、その力は強大になり、まるで制御不能の怪物のようにも思えるからでしょう。 「食べたいのをガマンする!」という根性論だけで挑んでも、なかなか食欲を懐柔することは難しいのは多くの方が経験済みなこと。 そこで、急がば回れ、間接的に食欲を抑える方法についてお話しましょう。

次の

酵素ファスティングの方法・やり方

ファスティング 方法

ファスティングとは? ファスティングとは、食事をせずに酵素ドリンクと水だけで過ごすプチ断食のことです。 完全に何も取らない絶食とは違い、ドリンクで、最低限のカロリーとビタミン・ミネラルを摂取しながら行うので無理なくできます。 ファスティングの由来は英語のfast(断食する という言葉からきています。 「fast」という言葉はあまり聞き慣れないかもしれませんが 朝食を表すbreakfast ブレックファスト は 「break(破ること)」+「fast(断食)」という意味の2語で出来ています。 つまり、breakfastは、「断食をやめる」=「昨日の夜からの断食をやめた食事(朝食)」という意味です。 breakfastという言葉の由来になるくらい前から断食という考え方が存在していることがわかります。 ファスティングをする得られる複数の効果! 実際にファスティングをしてどのような効果が得られるのか気になるところだと思います。 ファスティングをただのダイエット方法と誤解している人も多いのですが実際にはそれだけではありません。 ファスティングはただのダイエット法ではなく老廃物を体外へ排出し体を細胞レベルで蘇らせる健康法です。 断食をすると、普段休まず働いている内蔵を休めることが出来ます。 その為体内の毒素、有害物質を排出する事ができるのです。 さらに、必要最低限の栄養素で生活するのでダイエット効果もあるデトックス方法なのです。 実際にファスティングを行うことで期待できる効果は以下のとおりです。 ・ダイエット効果 ・大腸を始めとする臓器にたまった老廃物を排出(デトックス効果) ・理想の体重を保つ(最低限の栄養素で生活するので代謝が活発になり脂肪が燃える) ・五感が研ぎ澄まされる(色彩感覚が上がったり、味覚が繊細になる) ・美肌効果「体内の老廃物を排出できるので肌の状態を整える事ができます。 」 その他、アトピーをはじめとするアレルギー体質の人にも効果的です。 参考ページ: ドイツでは「ファスティングで治らない病は何をしても治らない」 フランスでは「ファスティングはメスを使用しない手術」 究極の自然治療のチベット医学では「断食は究極の解毒」「体質改善方法」として病気治療法として行われています。 このように海外では格言にもなっていて治療法の一つとしても取り入れられています。 断食は期間によって効果が変わる! 実際に行う方法は1食をドリンクに置き換える手軽な方法から、3日〜1週間断食する方法までさまざまです。 期間によって効果が変わるので、どの効果を得たいかをしってから実際に行うと良いでしょう。 いきなり長期間のファスティングを行うのは難しいので3日ファスティングをおすすめします。 どのようにやればいいの? 「実際に行うにはどのようにやればいいの?」と疑問にもつ方もいると思います。 準備するものは「ファスティング用ドリンク(酵素ドリンク)」と「水」を用意します。 最低限のカロリーと、ビタミン・ミネラルを摂取することで脂肪燃焼効果を高めるので、酵素ドリンクを用いる方法が良いです。 一般的には、ファスティング期間の3日間にのみを大きく取り上げているサイトが多いですが、 私の体験談としては前後の「準備期」と「復職期」をどれだけ正しく行うかで成果に差が出ます。 また、成功させるにはファスティングのときに飲むドリンク選びが重要です。 安いもの〜高いものまで、様々な種類がありますが値段で選ぶというよりは 高品質で添加物などが入っていないものを選んでください。 ファスティングを行う前の注意点 ・体調不良のときにはやらない ・水だけではなくからなず無添加のファスティングドリンクを使用する ・実施は年齢は16歳~80歳までの健康な方にしてください。 ・糖尿病や臓器障害などの持病がある方も控えてください。 臓器に負担のかからないものを取るのが良いです 具体的には「まごはやさしい」の食材です。 「ま」豆類 まめ:大豆、あずきなど 「ご」胡麻 ごま:ごま、ナッツ、クルミ、アーモンドなど 「わ」ワカメ 海藻類 わかめ、昆布、のりなど 「や」野菜 やさい:果物、野菜、根菜類など 「さ」魚類 さかな 「し」椎茸などのきのこ類 しいたけ:舞茸、エリンギ、松茸など 「い」芋 いも:ジャガイモ、サツマイモ、里芋など芋類 これらのものは消化によく、体に負担をかけない食べ物なので 意識的に取っていきましょう。 逆に、取らないほうが良いもの・・・肉、乳製品、ジャンクフード です。 ファスティング期間 3日〜6日(ファスティングは期間に合わせて飲む量を調整できます) 私が飲んだのは「ニューサイエンスのファスティング」ドリンクです。 ドリンクの容量は720mlで3日分です。 (1日240ml) 一日5回 48ml 計量カップがドリンクについているので測って飲む事ができます。 水分 ファスティングのドリンクとともに大切なのが水です。 1日に2〜4リットル飲むと良いです。 一気に飲むことは到底無理なので、毎時間200ml(コップ一杯)程度をこまめに飲むのがよでしょう。 また、ノンカフェインのお茶(ルイボスティーや一部ハーブティー等)でも大丈夫です。 他ファスティング中は体内に水分をためにくくなっているのでトイレの回数が増ええます。 こまめに水分補給をしましょう。 運動 ウォーキングなどの軽い運動は行って大丈夫です。 運動を行うことで代謝も良くなり、脂肪燃焼効果も高まるので是非取り入れてください。 軽度の場合はそのままファスティングを継続して大丈夫ですが、重度の場合は、ドリンクの量を増やす、塩を舐めるなどの対策をしても解消されない場合は回復食へと進み、ファスティングを中止しましょう。 復食期(回復食) 3日〜6日(ファスティングと同日数取るのが好ましい) 回復期は消化の良いものを食事で取っていきます。 ファスティング終了直後は「重湯やおかゆ」などをとり 回復食は徐々に、食事に慣れさせていきます。。 重湯やおかゆに抵抗のある人も多いと思いますが、実際にやってみると、このタイミングで食べるおかゆやおじやはかなり美味しいです。 味覚も繊細になっていて、米の甘みなどが感じられとても良いです。 回復食がかなり大事です。 この時期を怠ると、一気にリバウンドを起こしたり体調不良になったりするので注意してください。 胃や腸のなかがからの状態で、いきなり高タンパク、高脂質、高カロリーの食事を取ると一気に吸収しようとする力が強まり 体調不良や急激なリバウンドをしてしまいます。 1日目 朝 重湯 (おかゆよりゆるい食事) 大さじ一杯の炊いたお米と200mlのお水でゆっくり弱火で煮ます 昼 重湯 大さじ二杯にします。 実際に食べる前は量が少ないように感じますが、いざ食べるとおもったよりもすぐにお腹いっぱいになります。 夜 重湯 具のない味噌汁 1日目は主に重湯を中心に取っていきます。 そのままの重湯が食べにくい方は、梅干しや少量の塩と一緒に取ると格段に食べやすくなります。 2日目 おかゆ 具なしの味噌汁なども良いです。 3日目 雑炊 野菜などを少しずつ ファスティングの回復食に関しては以下のページにまとめてあります。 参考ページ: 終了後の感想 ファスティングを実行する前と後ではお腹周りが明らかに違います。 回復食を食べたときに実感するのですが、米本来の甘味や、食事のありがたさを再確認できます。 ファスティング効果の他には、食べることへの感謝も得ることができました。 食べれる環境が当たり前だったからこそ、食べない環境をあえて作り出し、食べる喜び、感謝を味わってみてはいかかでしょうか ファスティング時の注意点 ファスティング前後に食べてはいけない食事があります。 主に負担になるものはファスティング前後は控えましょう。 卵、肉や魚、乳製品などの動物性食品(消化に時間がかかる)• マンゴーやパイナップルなどの熱帯で作られたフルーツやジュース(糖質が高い)• パン、クッキー、パンケーキ、お好み焼きなどの体にたまりやすく消化に時間のかかる小麦粉を含む製品• お菓子類(白砂糖を使用したもの)• コーヒー、紅茶、緑茶、などのカフェインを含んだ飲料• 油脂を含んだ食品。 スナック菓子、バター、揚げ物、ナッツ類、ナッツ類、ドレッシングマヨネーズ、 当たり前ですがアルコールやタバコは全て禁止になります。 前後食では上記のものを控え、基本的にファスティング中は「酵素ドリンク」と「水」のみで行います。 酵素ドリンクの選び方 ファスティングを開始するためにどのような専用ドリンクを選べば良いのかをご紹介します! 酵素ドリンクは複数の種類がありますが、中には添加物が入っていたり薄められていたり ちゃんとしたものを選ばないと効果も薄く、危険な場合もあるので注意してください。 無添加を選ぶ 添加物が入っていると消化にエネルギーを多く消費するので臓器を休めることができず本来の効果を得られません。 加水率に要注意 あまりにも安いドリンクはこの加水率の高さを疑ったほうが良いです。 その分効果も薄れてしまうので、少し高くても効果の高いものを選びましょう。 糖分率に要注意 糖分の消化にも、エネルギーを使います。 体が休まらないので注意しましょう。 白砂糖使用はNG 白砂糖は砂糖の中でも特にからだに悪いので、入っているものはファスティングには向きません。 ファスティングをせっかく行うのに、添加物や臓器に負担のかかるものを入れるのは意味がないですし 効果が半減したり、置き換えても必要な栄養素が補えない場合があるものもあるので、それらを除外し 実際に使ってみてよかった酵素ドリンクを紹介します。

次の

ファスティングを5日間集中して5キロ痩せる上級者向けのやり方とは!

ファスティング 方法

ファスティングをする上でも重要なのが、断食後の食事。 ここで急に大量の物を食べるとリバウンドして効果が台無しに。 回復食では、まずは重湯や野菜スープなどの汁物から始めましょう。 油分や肉・魚は我慢して。 手軽に挑戦!1日ファスティングコースのやり方 ファスティング1日コースを行う上で準備しておくものは、青汁や酵素ドリンク、グリーンスムージーなどの「置き換えドリンク」と「水」です。 置き換えドリンクは好きな物で良いですが、忘れてはならないのは水。 ごはん、パン、野菜、果物など、普段の食事には、たくさんの水分が含まれています。 ファスティングの間は、これらをまるまる抜いてしまうわけですから、水を飲まなければ脱水症状に陥る危険性があります。 注意しましょう。 代謝活動を活性化させるためには、ビタミン、ミネラル、そして最低限のカロリーが必要です。 これらをバランス良く含んでいるのが、青汁や酵素などの置き換えドリンクなのです。 なお、どちらを準備しても構わないですが、お通じがよくない方なら、食物繊維が豊富に含まれた「青汁」がおすすめ。 そもそもファスティングブームを作ったとも言える「ナチュラルハイジーン」では、手作りのグリーンスムージーが推奨されていて、濃い緑の葉に含まれた食物繊維や、フィトケミカルによる働きはすばらしいものとされています。 本家は手作りですが、青汁なら、無農薬野菜を用意したり、ミキサーを使う手間もなく、同等の栄養価が摂取できて、より現実的ですね。 1日ファスティングはこんな人におすすめ• 1キロ程度、体重を落としたい• カラダをスッキリさせたい• ファスティング1日コースを行った人の中には、体重が1kg~2kg減ったという人もこれは、脂肪が1kg、2kg燃焼して体重が減るわけではなく、断食による作用で宿便の排出や水分が排出されることが主な理由です。 30時間の断食を経て、いったん身体の中から老廃物を排出してしまえば、全身の代謝が活性化されて身体が軽くなった感覚になります。 この状態になれば、身体は痩せやすくなると言われています。 きちんと準備すれば、1日断食も思ったほどつらいものではありません。 理想のボディを目指して、ぜひ頑張ってみてください。 1日ファスティングのスケジュール ファスティングの前日• 朝食:油や糖分は避け、和食中心• 昼食:油や糖分は避け、和食中心• 夕食:油や糖分は避け、和食中心、控えめに 前日の食事は普段通りで構いませんが、油や糖分は避け、もちろん食べ過ぎは禁物です。 翌日は断食をするわけですから、身体はカロリーを吸収しやすくなります。 カロリーの高い油や糖分が消化されずに体内に残っているのは、好ましくありません。 ファスティングの当日• 朝食:水と置き換えドリンク(青汁や酵素ドリンクでもOK)• 昼食:水と置き換えドリンク(青汁や酵素ドリンクでもOK)• 夕食:水と置き換えドリンク(青汁や酵素ドリンクでもOK) 断食中のドリンクの代わりの食事として、手作りの「 ロースープ」もおすすめ。 豆やキノコをたくさん使ったスープにすれば、ファスティング中に不足がちになってしまう、タンパク質や食物繊維を摂ることができます。 なお、断食当日の注意点として、アルコールは控えましょう。 消化機能を休ませるのが目的なのに、逆に消化機能に負担を与えてしまうためです。 ファスティング後の回復食 回復期の食事は、普段の食事に戻していくための練習期間のようなもの。 急激に食事量を増やすのは身体に負担がかかるため、まずは軽めの食事から入りましょう。 朝食:スープなど消化に良いもの• 昼食:おかゆやスープなど消化に良いもの• 夕食:おかゆやスープなど消化に良いもの ざるそば(8分目)や お粥、 ほうれん草などを利用した自作の「ロースープ」など、 消化の良いものをおすすめします。 回復期で避けたい食材は、糖質・脂質の多い食材、アルコールなど。 断食を通じてリセットされた体内に、一気に汚れを流し込むようなものです。 また、消化に負担をかける 肉、魚、卵も避けた方が無難でしょう。 1日ファスティングの効果を高めるために注意したいポイント• 水をたくさん飲む• お腹が空いたら青汁などの置き換えドリンクを飲む• 回復食に乳製品・卵(卵黄)は避ける 人間の身体はほとんどが水分でできているので、断食とは言っても、水分不足に陥るようなことがあってはいけません。 水、またはノンカフェインの麦茶などを、こまめに摂るようにしましょう。 どうしてもお腹が空いて挫折しそうになったら、固形物の代わりに青汁やスムージー、酵素ドリンクなどを飲みましょう。 それでも我慢できないという場合には、少量のフルーツを口にする程度なら大丈夫でしょう。

次の