ガラスビーズ。 メーカー直営のガラスビーズ通販【ガラスビーズ.jp】

手芸用品のABCクラフト

ガラスビーズ

建築物の外壁に用いられているガラス ガラス(: glas、: glass)または 硝子(しょうし)という語は、物質のある状態を指す場合と特定の物質の種類を指す場合がある。 昇温により を示す固体。 そのような固体となる物質。 このような固体状態を ガラス状態と言う。 と同程度の大きなを持ち、は極端に高い。 非晶質でも のように柔らかいものはガラスとは呼ばない。 詳しくは「 」を参照のこと。 古代から知られてきたを主成分とする硬く透明な物質。 グラス、 (はり)、 (しょうし)とも呼ばれる。 「硝子」と書いて「ガラス」と読ませる事もよくある。 化学的にはガラス状態となるケイ酸化合物(ケイ酸塩鉱物)である。 他の化学成分を主成分とするガラスから区別したい場合はケイ酸ガラスまたはケイ酸塩ガラスと言う。 いわゆる「普通のガラス」であるのほか、やも含まれる。 本項目ではこの物質について主に記述する。 ケイ酸塩以外を主成分とする、ガラス状態となる物質。 、、、など。 板状のガラスは一般に 板ガラスと呼ばれる。 語源的にはケイ酸塩ガラスの固体状態を他の物質が取っている場合をもガラスと呼ぶようになったものである。 日本語のガラスの元になったオランダ語の発音は、の同様グラスに近いが(近いカタカナ表記は「フラス」。 オランダ語のは。 英語・ドイツ語とは異なる)、日本語化した時期が古いため、転訛して「ガラス」となった。 日本語での「グラス」は多くの場合はの意味になる。 ガラスには多くの種類があるが、その多くはに対して透明であり、硬くて薬品にも侵されにくく、表面が滑らかで汚れを落としやすい。 このような特性を利用して、や、、(グラス)など市民生活及び産業分野において広く利用されている。 近代以前でも装飾品や食器に広く利用されていた。 また金属表面にガラス質の膜を作った「(ほうろう)」も近代以前から知られてきた。 ガラスの表面に細かな凹凸を付けたや内部に細かな多数の空孔を持つ多孔質ガラスは、のために不透明である。 や重金属のを含むガラスは着色するものがあり、色ガラスと呼ばれる。 2002年(平成14年)の統計によれば日本だけでも建築用に3900億円、車両用に1700億円、生活用品に3000億円、電気製品等に8300億円分も出荷されている。 ガラスの分子構造例 アモルファス構造をとった二酸化ケイ素が骨格となり、ナトリウム・イオン(薄緑色)、カルシウム・イオン(緑色)を含む。 桃色はイオン化した酸素。 アルミニウム原子(灰色)が安定剤として働いている。 不規則網目構造説と微結晶説 [ ] ガラスの構造については2つの説があり、現在でも論争がある。 不規則網目構造説では原子配列が結晶のように規則的でなく、不規則になっているという説である。 この説はZachariasenによって提唱され 、Warren 、Sun を始め多数のガラス研究者によって支持され、現在に至っている。 この説はRandallによって提唱され 、Porai-Koshitsによって修正されたもので 、ガラスの中で微結晶は非晶質のマトリックスによって繋がれているというものである。 ガラス形成無機物の分類 [ ] ガラスの原料は、多くの場合は酸化物であるか高温で酸化物となるものである。 Rawsonによれば、無機物質は以下の3つに分類できる。 単独でガラス化するもの Conventional Glass Former, CGF。 例:,,,,,, SiSe 2,• 単独でのガラス化は困難であるが多成分とすることによりガラス化するもの Non-conventional Glass Former, NCGF。 例:,,, Bi 2O 3,,,,,,,,,• まったくガラス化しないもの Modifier, MOD。 例:,,,,,,,,,, ガラスとはほぼ同義のものとして捉えてよい場合が多いが、が明確に存在しない場合をアモルファスと定義するような場合(分野)もある。 ガラス転移とは主緩和の緩和時間が100s〜1000sの温度で起こる。 ガラスと同じ構造、すなわちガラス化する物質は珍しくない。 やなどは単体でガラス化する。 酸化物ではホウ酸 B 2O 5 、リン酸 P 2O 5 などが二酸化ケイ素の代わりに骨格となってガラスを形成する。 ホウ酸塩ガラスは工業的に重要である。 Zachariasen則 [ ] ガラス工場の溶融窯 溶融法 [ ] 溶融法は、固体の原料を高温で加熱することで溶かして状態にした後、冷却してガラスにする方法である。 ただし液体状態から結晶化が起こらないような十分に速い速度で冷却しなければならない。 溶融法はガラスの製法としては最も一般的なもので、大部分のガラスはこの方法によって合成されている。 使用済みのガラス製品を破砕して原料()として再利用することもできる。 気相法 [ ] 気相法は、固体を物理的に蒸発させて薄膜や微粒子を得る と、気体原料から化学反応によって薄膜や微粒子・バルクを得る に分類できる。 PVD法では、やが知られている。 真空蒸着は、蒸着する物質を減圧下で加熱気化し、基板にコートする方法である。 スパッタリングは減圧下で電極間で放電させ、放電によってイオン化されたガスとターゲットとの衝突によって叩きだされた物質を基板にコートする方法である。 CVD法により得られるバルク体のガラスで最も大量に製造されているのは、用シリコンガラスである。 光ファイバーの製造法には、MCVD modified CVD 法、OVD outside vapor deposition 、VAD法(vapor-phase axial deposition method, 気相軸付け法)など様々な方法がある。 VAD法では、気体のSiCl 4を加熱基板上で反応させて酸化物を堆積し、焼結してガラス化する。 ゾル・ゲル法 [ ] -法では、例えば Si OCH 2C 3 4 などの金属を加水分解し縮重合させてゾルとし、水分を除いて生じたゲルを焼結してガラス化する。 ガラスは図に示すようにの並びが不規則な非晶質である。 では固体の中の結晶で光が散乱したり方向により特性や特性が異なったりするが、ガラスは非晶質なので全体が均一で透明であり、特定方向にだけ割れやすいということもない。 ガラスの加工 [ ] 「」および「」も参照 ガラスそのものに着色する方法は、や非金属、などを溶かしたガラスに添加することによって行う。 添加物と発色する色の対応は以下の通り。 - 緑。 によく使われる。 ちなみに、は不純物の鉄化合物を除去しきれないため本来は緑色をしており、他の発色材を混ぜて透明に見せかけている事がほとんどである。 - 茶色。 と を混ぜて使用する。 濃度が高いでは青色になる。 と共に添加すると深い黄色になる。 - 黒。 ソーダ石灰ガラスの緑色を取り除く添加物である。 但し、時間経過と共にマンガンは過マンガン酸ナトリウムへ変化するため退色する。 - 暗い紫。 025 から 0. と併用することが多い。 を参照。 脱色のために非常に微量を添加することがある。 純銅の場合は青や緑、暗い赤になる。 - 添加率によって青や、黒になる。 コバルトと共にの脱色に使用することがある。 - 暗い緑色。 添加率が高いと黒。 - 黄色。 - 明るい赤からオレンジ。 - 黄色っぽい茶色。 他の発色材の補助として使われる事が多い。 - 黄色。 を黄緑色に変換する。 を参照。 - 紫外線フィルターに使用。 , - それぞれ固有の波長を吸収するため、の波長校正用光学フィルターに用いる。 - 赤。 硫化カドミウムと共に添加した物は「セレニウムルビー」と呼ばれる鮮やかな赤になる。 - 明るい赤。 赤の発色材としては最もよく用いられる。 ではを添加して使用される。 - 黄色から赤の間の色。 化合物や温度によって変化する。 やは銀を使っている。 - とを含有する場合は乳白色。 他には、、が乳白色。 ガラスの成形技法 [ ] 詳細は「」を参照 熱力学におけるガラス状態 [ ] ガラスは液体状態を凍結したような状態(粘度が極端に高くなった状態とも言える)であり、それはにあると言える。 従って、ガラスは的にはな状態であり、非常に長時間を経過するとガラスは安定状態である化すると考えられるが、それに対しては異論もある。 また、ガラスはおよびガラス転移により粘度が非常に高くなった液体であるという捉え方もある。 なお、例えば古い建物の窓ガラスは、それが理由で上部のガラスが下の方に垂れたような形になっているとされたこともあったが、計算によれば千年くらいではとてもそのような差は起きず、実際はガラスの製法によるもので、建設当初からそのような垂れた形になっていたことがわかった。 また、同じくガラス化している約2000万年前のを用いた実験では、2000万年間の密度変化は2. 物理的性質 [ ] 密度は水の2倍半程度、2. 4-2. 3に達する。 金属ではが2. 7、が7. 9であるから、フリントガラスは金属なみの密度であることになる。 逆に金属元素を含まないは同2. 2である。 引っ張り強さに関しては0. 3-0. 常温でははきわめて高く、絶縁に用いられることもある。 これはゴムやセラミックスと同程度である。 ただし、流動点に近い温度では電気抵抗がきわめて低くなる。 刃物として用いる場合、非晶質であるため理論上は刃の先端径を0にできる(金属などの結晶体はどうしても結晶の大きさ分の径が残ってしまう)ため、鋭利な刃を作ることが可能である。 その刃先は研磨によってではなく割れた断面に生じるが、金属より・が乏しいためナイフ・包丁などといった一般的な実用刃物としてはあまり適さない(欠け・割れが生じやすい)。 しかし生体組織を顕微鏡で観察する際、樹脂で固めた組織を薄くスライスするカッター()として用いられることがある。 たとえばガラス瓶に濃厚なを入れて長期間おくと、徐々にガラス壁が侵されスリガラス状となる。 天然ガラス [ ] 自然界で溶融状態から急激に冷却した場合出来る。 一例としてや等がある。 また、岩石にもガラス質の組織が含まれている場合がある。 ガラスの歴史 [ ] 概説 [ ] 「」も参照 もともとは植物の灰の中の炭酸カリウムを砂の二酸化ケイ素と融解して得られたので、が主体であった。 灰を集めて炭酸カリウムを抽出するのに大変な労力を要したのでガラスは貴重なものであり、教会の窓、王侯貴族の食器ぐらいしか用いられたものはなかった。 中期以降、から作るが主流になった。 炭酸ナトリウムはにより効率よく作られるようになったが、現在は天然品()を材料に用いることもある。 天然の炭酸ナトリウム産地としては米国が一大産地であり、世界中の天然品需要の大半をまかなっている。 埋蔵量は5万年分あるとされている。 ガラス製造の開始 [ ] ガラスの歴史は古く、紀元前4000年より前の古代で作られたガラスビーズが起源とされている。 これは二酸化ケイ素(シリカ)の表面を融かして作製したもので、当時はガラスそれ自体を材料として用いていたのではなく、などの製造と関連しながら用いられていたと考えられている。 原料の砂に混じった金属不純物などのために不透明で青緑色に着色したものが多数出土している。 なお、黒曜石など天然ガラスの利用はさらに歴史をさかのぼる。 黒曜石はから噴き出したがガラス状に固まったもので、から石包丁や矢じりとして利用されてきた。 黒曜石は発明以前において最も鋭利な刃物を作ることのできる物質であったため、交易品として珍重され、産出地域から遠く離れた地域で出土することが珍しくない。 青銅器が発明されなかった文明や、発明されても装飾品としての利用にとどまったやにおいては、黒曜石は刃物の材料として重要であり続け、黒曜石を挟んだ木剣や石槍が武装の中心であった。 古代ガラスは砂、珪石、ソーダ灰、石灰などの原料を摂氏1,200度以上の高温で溶融し、冷却・固化するというプロセスで製造されていた。 ガラス製造には大量の燃料が必要なため、ガラス工房は森に置かれ、燃料を木に頼っていた。 そのため、その森の木を燃やし尽くしたら次の森を探すというように、ガラス工房は各地の森を転々と移動していたのである。 ガラス工場が定在するようになったのはとが利用されるようになってからである。 エジプトや西アジアでは紀元前2000年代までに、一部の植物や天然とともにシリカを熱すると融点が下がることが明らかになり、これを利用してではなく溶融によるガラスの加工が可能になった。 これが鋳造ガラスの始まりである。 ごろにはエジプトで粘土の型に流し込んで器を作るコア法によって最初のガラスの器が作られ、特にエジプトでは様々な技法の作品が作製され、へ製法が広まった。 新アッシリアのニムルドでは象嵌のガラス板数百点が出土している。 年代の確実なものとしては、サルゴン2世(紀元前722年~紀元前705年)の銘入りの壷がある。 ペルシアでは、新アッシリアの技法を継承したガラス容器が作られた。 からのエジプトでは王家の要求によって高度な技法のガラスが作られ、文化を代表する工芸品の一つとなった。 中国では紀元前5世紀には鉛ガラスを主体とするガラス製品や印章が製作されていた。 古代のガラス [ ] 古墳時代に日本に伝来した 西アジア製のガラス碗 ササン朝のカットグラス、伝(大阪府羽曳野市)出土。 エジプトので、 と呼ばれる製造法がの後半に発明された。 この技法は現代においても使用されるガラス器製造の基本技法であり、これによって安価なガラスが大量に生産され、食器や保存器として用いられるようになった。 この技法はローマ帝国全域に伝わり、と呼ばれるガラス器が大量に生産された。 この時期には板状のガラスが鋳造されるようになり、ごく一部の窓にガラスが使用されるようになった。 また、ヘレニズム的な豪華なガラスも引き続き製造されていた。 しかしの衰退とともにでの技法が停滞した。 一方、の治める地中海東部やや中国のやでは引き続き高水準のガラスが製造されている。 日本では福岡県のなどで古代のガラス工房があったことが確認されている。 頃、でクラウン法の原形となる板ガラス製造法が生み出された。 これは一旦、手吹き法によりガラス球を造り、遠心力を加えて平板状にするもので、仕上がった円形の板を、適宜、望みの大きさや形に切り出すことができるメリットがあった。 また、この技法によって凹凸はあるものの一応平板なガラスを製造することには成功した。 中世のガラス [ ] イスラム圏では8世紀にラスター彩色の技法が登場した。 この技法は陶器にも用いられたが、ガラスに先に使われた。 9世紀から11世紀の中東では、カット装飾が多用された。 また、東ローマ帝国では盛んにステンドグラスが製造された。 頃から、でもガラスの製作が再開した。 にはにのが備わるようになり、には不純物を除いた無色透明なガラスがドイツ南部やスイス、イタリア北部に伝来した。 良質の原料を輸入できたのガラス技術は名声を高めたが、大火事の原因となった事と機密保持の観点からに島に職人が集中・隔離された。 ここでは精巧なガラス作品が数世紀にわたって作られ、には酸化鉛との添加によりの高いを完成させた。 操業休止期間の他国への出稼ぎなどによって技法はやがて各地に伝わり、にはやでも盛んにガラスが製造された。 この頃、中央やでもガラス工房が増えている。 これは原料となる灰や燃料の薪が豊富であり、かつ沿いにあり都市への物流に好都合だったためである。 また、15世紀には西欧各地でさかんにステンドグラスが製造された。 当時の平坦なガラスは吹いて作ったガラスを延べてがけすることで作られていた。 日本では8世紀から16世紀までガラス製造が衰退した。 近世 [ ] に入ると、ドイツ・ボヘミア・イギリスの各地でも同時多発的に、無色透明なガラスの製法が完成した。 これは精製した原料にまたは酸化鉛を混ぜるものである。 この手法によって厚手で透明なガラスが得られ、高度な装飾のカットやグレーヴィングが可能になり、重厚なガラスや様式のガラスが作られた。 また、ではに来たヨーロッパからの移民がガラスの生産を始めた。 産業的にはなかなか軌道に乗らなかったが、大規模な資本の投下が可能な末になると豊富な森林資源を背景に工場生産が行なわれるようになった。 18世紀に入ると、フランスで板ガラスの鋳造法が開発され、また同時期に吹きガラス法を利用して大型の円筒を作り、それを切り開いて板ガラスを製造する方法が開発され、この2つの方法は20世紀初頭にいたるまで板ガラス製造の基本技術であり続けた。 日本ではの書物の輸入解禁によって、などが作られた。 に入ると、原料供給や炉に大きな進歩が相次いで起き、ガラス工業の近代化が急速に進んだ。 には(ソーダ灰)の大量生産法がフランスのニコラ・ルブランによって発明され、このによって原料供給が大きく改善された。 にはのによってより経済的なが開発され、さらにソーダ灰の増産は進んだ。 ガラスを溶かす窯にも大きな進歩が起きた。 フリードリヒ・ジーメンスらがにを取得した蓄熱式槽窯を用いた製法により、溶融ガラスの大量供給が可能となった(ジーメンス法)。 この法はガラス炉として成功し、以後の工業的ガラス製造の基本となったのち、改良を加え製にも使用された。 こうしたガラス供給の増大によって価格が低落し、またや、さらにはやといった用のガラスなどの用途・需要が急増したため、各国に大規模なガラス工場が相次いで建設されるようになった。 には世界初のであるが開催されるが、そのメイン会場として建設されたは鉄とガラスによって作られた巨大な建物であり、科学と産業の時代の象徴として注目を浴びた。 19世紀末から20世紀初頭にかけてのはガラス工芸にも大きな影響を与え、やなどの優れたガラス工芸家が現れ多くの作品を残した。 現代 [ ] 1903年、板ガラス製造用の自動ガラス吹き機がアメリカで開発され、熟練工を必要としないことから各国に急速に普及したが、やがて機械による引上げ式にとってかわられた。 1950年代、がの製造を開始した。 このフロートガラスの開発によって、現在使用されている板ガラスの基本技術が完成し、安価で安定した質の板ガラスが大量生産されるようになった。 1970年にドイツ人のディスリッヒによって考案されたゾル-ゲル法が、ガラスの新しい製造法として登場した。 これまでガラスを製造する方法は原料を摂氏2,000度前後の高温によって溶融する必要があったが、ゾル-ゲル法ではガラスの原料となる化合物や触媒を有機溶液に溶かし込んで、摂氏数十度の環境で加水分解と重合反応を経て、溶融状態を経由せずに直接ガラスを得る。 実際は完成したゲルが気泡を含むため、最終的には摂氏1,000度程度に加熱して気泡を抜いてやる必要がある。 この方法の発明によって、ガラスに限らず有機無機ハイブリッド材料の創製など、従来では考えられなかった用途が開かれてきている。 近年では摂氏10000度のプラズマを利用して原料を一瞬で溶かす方法が実用化に向けて開発中であるが 、実用化には至っていない。 現在、ガラスは食器や構造材のみならず、、など幅広い分野で生活に必要不可欠なものとなっている。 ガラスの応用 [ ]• 様々なガラス [ ]• (エコガラス)• クリーニングガラス• ガラスセラミックス• 低融点ガラス - が摂氏600度以下程度のガラス。 において、、等に広く用いられている。 ホウケイ酸鉛系ガラスが多く用いられていたが、低減のために鉛フリー品の開発も進められている。 金属ガラス - 金属ガラスは、他のアモルファス金属とは異なり、過冷却液体の状態で安定し、結晶化が始まる前に固体化が完了するため、鋳型による鋳造で製造できるので工業用途での利便性が高い。 分相ガラス 特定のガラスにおいて複数のガラス材料を混ぜて熱処理することで得られる。 多孔質ガラス 上記の分相ガラスを酸で溶かすことによって多孔質のガラスを得る。 表面をイオン交換樹脂で修飾する事で同位体の分離に利用したり、特定の酵素を担持することでで使用される。 また、燃料電池等のガス拡散電極としての用途もある。 または、ガラス塗料• は、珪素化合物であると化合物及び熱可塑性を化学的に複数の官能基において架橋させたシリケート化合物であり、常温領域の120-180度で軟化させ急冷することで形成するガラス質複合体である。 (ゆうきガラス、organic glass)は、透明なでできた「ガラス」である。 主なガラス製造会社 [ ]• (米国)• (米国)• (フランス)• (英国)- フロート式板ガラスの製造法を発明した。 (日本)• (日本)• (日本)- 前述のピルキントン社を買収した、日本最大の板ガラスメーカー。 (日本)- の向けガラスメーカー。 (日本)• (日本)- 光学ガラスメーカー。 (日本)• (日本)- 主に主要株主(および)の製品に供給。 (日本)- 、主に強化ガラスが中心。 公共・医療・福祉関連施設等に導入実績あり。 (日本)- 飲料用向け中心のガラスボトルメーカー。 (日本)- 飲料・テーブルウェア向中心のガラス製品メーカー。 (日本)- テーブルウェア向中心のガラス製品メーカー。 (日本)- 硝子反射鏡、フライアイレンズなどを製造するガラス製品メーカー。 (日本) - 花瓶・食器・照明など。 を運営。 主なガラス工芸品・会社 [ ]• (イタリア)• (イタリア)• (チェコ)• (オーストリア)• (スウェーデン)• (フィンランド)• (日本)• (日本)• (日本)• (日本)• (日本)• (日本)• (日本) 日本語での比喩 [ ] 日本語ではガラスを使った以下のような表現がある。 なお、3. に関しては「ガラスの天井」が元来英語圏で提唱されており、彼の地でもこのような使われ方をしていることがわかる。 ガラスの脆く壊れやすい性質から、わずかな負荷で破損・故障するもののたとえ。 例:「」「ガラスの」「」• 透明であるためガラスの向こう側がよく見えることから、 「内部の全てを包み隠さず開示する」ことのたとえ。 例:「ガラス張りの」• 透明であるためガラスそのものは見えにくいことから、 「目には見えないが存在する」もののたとえ• 例:「」 出典 [ ] []• 5 汎用ガラス・ほうろう• 『セラミックス』43 2008 No. 9 P. 762• 濱田利平「」『神鋼環境ソリューション労働組合-オープンハウスセミナー』Vol. Zachariasen, 1932:J. Chem. Soc. , 54, 3841-3851• Warrem, 1940, Chem. Rev. , 35, 239-255. Kuan-Han Sun, 1947, J. Ceram. Soc. , 30, 277-281. Randall, H. Rooksby, B. Cooper, 1930, J. Soc. Glass Tech. , 14, 219T. Pporai-Koshits, 1959, Glastech. Ber. , 32, 140-149. Rawson, Inorganic Glass-Forming Systems. Academic Press, 1967. 長倉三郎、他(編)「岩波理化学辞典-第5版」岩波書店, 1998年(平成10年)2月• The New York Times. JULY 29, 2008• ナショナルジオグラフィック日本語版サイト• 「理科年表第81冊」、P381• 旭硝子 2015年6月14日閲覧 [ ]• 旭硝子 2015年6月14日閲覧 [ ]• 黒川高明『ガラスの技術史』p227(アグネ技術センター, 2005年7月)• 中沢護人、「」『生産研究』 1964年 16巻 9号 p. 243-248 , , 東京大学生産技術研究所• 酒本修、「」 Res. Reports Asahi Glass Co. , Ltd. , 59 2009• コトバンク 参考文献 [ ]• 『ガラス工学ハンドブック』 編集委員:、、、、、、 (、1999年7月) 関連項目 [ ] で 「 ガラス」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキバーシティの• 外部リンク [ ]• - 日本における硝子生産業者の業界団体• - ガラスの研究・振興を目的とした研究者等の学術組織.

次の

【楽天市場】ハンドメイドパーツ(手芸) > ビーズ > ガラスビーズ:ハンドメイド&アクセサリー BLAZE

ガラスビーズ

傷や凹みなどのB級品の詰め合わせです。 ブレスレット12-15本ほど作製可能です。 アクセサリーやサンキャッチャーなどにも。 ワークショップやイベントなどでの体験アイテムとして使えますし、お試し製作にもピッタリです。 アソートにてお届け致します。 商品の返品交換はご遠慮くださいませ。 予めご了承下さい。 悪くはないですが、チャック袋から開けた時、商品に匂いがありました。 この匂いは、天然石の訳あり品と同じでした。 長時間、ずっと、押入れの中にしまって在った物を取り出した時の匂い。 かんたんに言うと、カビ臭くて古臭い匂いです 老人が住む家的な... 訳あり品なので、たくさん、悪い状態が入ってるかと思ったら意外に綺麗な物もありました。 しかし、訳あり品。 クリアとピンク、ゴールドシャドー? シャンパン? とか、とにかく明るい色がたくさん入ってます。 ハート型、ボタンカット、大きめサイズ、色々入ってます。 穴の欠けはありませんでした。 これは、お得ですね。

次の

ガラスビーズ(ガラス粉砕メディア)

ガラスビーズ

ブラスト用ガラスビーズとは、ガラスのもつ強度や化学的安定性を活かし、これを細かい球状にすることによって得られる物性を研削材として利用するものです。 ガラスビーズは、他の研磨材にくらべ被加工物の研削量が少なく、表面を汚染することなく加工できるメディアです。 主な用途として、各種金属部品・金型等のクリーニング加工、ピーニング加工、表面仕上げ加工各種加工の前処理、スケール除去等に幅広く使用されております。 製品ラインナップとして、JIS粒度シリーズ、MIL規格粒度シリーズ、汎用のアルファベットシリーズガラスパウダー等、様々な粒度を揃えております。 また、電子部品・精密部品などの加工に適したよりソフトな樹脂メディアのプラショットも取り揃えております。 フィラー用ガラスビーズとは、ガラス球体の持つ物性・・・硬く圧縮強度がある、熱膨張が小さい、等方性で流動性が良いといった特徴を活かし、プラスチックのフイラー材として使用するものです。 主な用途として、各種樹脂への充填 寸法安定性、ヒケ・ソリの改善、耐磨耗性の向上、表面硬度の向上 、フィルムへの充填 アンチブロッキング、紫外線カット 、各種塗料への充填 表面硬度の向上つや消し加工 等が挙げられます。 また、樹脂との接着性を向上させる為、適用する樹脂に応じてシランカップリング処理を施した製品もお選びいただけます。 また、フィラー用ビーズをベースに導電性能を付与したシルバーコートガラスビーズもあります。 大粒ガラスビーズとは、真球度が高く、比重のバラツキがないといった特徴を持ち、粉砕、分散のメディアとして適した材料です。 主な用途して、顔料、インク、炭酸カルシウム,磁性材料、蛍光体など機能性粒子の粉砕、分散用に採用されています。 また、化学繊維のろ過材、各種床材の滑り止め、装飾用等の実績もあります。 道路用ガラスビーズとは、『光の再帰反射特性』を利用し、路面標示の反射材として利用するものです。 主な用途として、道路の白線、横断歩道用塗料 混入用・散布用 に使用されております。 ポッターズ・バロティーニでは安全な国産100%のリサイクル原料を活用し製造しております。 また、レーンマーク反射輝度測定器「MX-7S」もご用意しております。

次の