ブラジル 大統領 コロナ。 ブラジル大統領が取る「厳格でないコロナ対策」の背景と国民の苦悩

ブラジル貧困地域を襲う新型コロナ、悪夢のシナリオが現実に

ブラジル 大統領 コロナ

ブラジルのボウソナロ大統領は19日、ブラジリアで行われた、軍事政権や軍政令第5条(AI5)施行を支持したデモに自ら参加し、多くの国民を驚かせた。 新型コロナウイルスに対する反隔離政策デモは思わぬ方向に発展し、各界から強い批判の声が高まっている。 20日付現地紙などが報じている。 16日に新保健相に指名されたネウソン・タイシ氏は、「社会的隔離策を急に変えるようなことはしない」と、国民の64%が反対したマンデッタ前保健相解任への反発を和らげるような発言を行い、大統領もそれに理解を示すような態度を見せていた。 だが、週末のボウソナロ氏の行動はそれとは正反対だった。 18日、大統領は官邸前に集まった反隔離を求める集団の前に立ち、商業活動の再開などを擁護。 さらに、国内感染者が3万人台、死者が2千人台に乗り、医療崩壊さえ起こりはじめているのに、「国民の70%がコロナに感染するはず」とも発言した。 この日はサンパウロ市などでも、大統領支持者たちによる、隔離政策に反対するデモが行われた。 サンパウロ市で行われたものは、コロナ感染者を受け付ける病院の前の通りを塞いだことでも問題視された。 同日発表のダッタフォーリャの世論調査では、国民の79%が「隔離政策に従わない人には罰則を適用するべき」と答えている。 また、翌19日には全国規模で、軍事政権や、民主主義を制限する軍政令第5条(AI5)を支持するデモが行われた。 この伏線には、マンデッタ保健相解任後、ボウソナロ氏がアルコルンブレ、マイアの上、下院議長と激しく対立したことがあった。 ボウソナロ氏は陸軍本部前に集まったデモの参加者に対し、「政党同士の談合の時代は終わった。 これからは国民に主権がある。 交渉などごめんだ」と、独裁者的な物言いも行った。 デモ参加者たちは、「辞めろ、マイア」「AI5」「議会閉鎖」「最高裁閉鎖」などとも叫んだ。 大統領の言動には強い反発も起こった。 最高裁ではルイス・ロベルト・バローゾ、ジウマール・メンデス、マルコ・アウレーリオ・メロ判事が批判を行った。 政界ではルーラ元大統領がボウソナロ氏の解任を求めたほか、カルドーゾ元大統領や、18年大統領選候補のシロ・ゴメス氏らが批判。 ロドリゴ・マイア下院議長も民主主義を擁護し、「ブラジルではコロナと共に独裁主義的なウイルスがはびこっているようだ」とし、ボウソナロ氏を批判した。 また、20州の知事たちが連名で、上院と下院に連帯を示す意向を発表し、ボウソナロ氏の行動に反対の意を示した。 さらに、通常はボウソナロ氏に好意的な印象のあった政治団体の「ヴェム・プラ・ルア」も19日のデモに反対の声明を発表。 予てから隔離賛成の陸軍も、「コロナ対策に集中すべき」との姿勢を示し、ボウソナロ氏の行動に不快感を示した。

次の

新型コロナ予防措置は「ヒステリー」、ブラジル大統領が州非常事態を批判

ブラジル 大統領 コロナ

世界各国で感染が広がっているコロナウィルス。 たった今見たニュースでは、日本でもかなり感染が広がっているようで、とても心配です ここブラジルでも感染が広がっており、特にサンパウロでは感染者数・死者数ともにかなりの勢いで増えてきています。 そんな中、ブラジル・ボルソナロ大統領がコロナを巡って様々な(一般的には問題とされる)発言を行っており、緊急事態宣言をだし経済活動自粛を実行している州政府との対立を深めています。 ここでは細かいことは省きますが、州政府も純粋に人命を優先して緊急事態宣言をだしているわけではなく、極右ボルソナロ大統領に対しての抵抗という政治的利用という側面があります。 今回は、多くのブラジル国民から非難されている、ボルソナロ大統領の奇行・発言をまとめました。 ブラジル・ボルソナロ大統領の6つの奇行・発言 1)外出奨励動画をSNSに投稿。 削除される ボルソナロ大統領、3月29日に外出奨励動画を投稿。 ツイッターの規約に違反したとして削除されました。 国家元首のツイートが削除される前代未聞の事態。 衝撃的です。 — Jair M. それを言っちゃおしまいよ。 これを聞いたとき、本当に力がぬけてしまいました。 3月15日、各州政府が行っている、緊急事態宣言(=自粛政策)を非難してでてきたものです。 世界中でコロナウィルスが流行しているのにも関わらず、経済をとめるべきではない・自粛政策は間違いという考えをもつボルソナロ大統領。 他国で相次ぐ経済活動自粛に対しても「大量監禁」と非難しています。 どうせ誰もがいつかは死ぬのだから、普通に過ごしてコロナのせいで死んでも、死ぬのが早まっただけってことですね。 側近がこれ以上火に油を注がないように、説得したんですかね。 4)「ウィルスは存在する。 私たちは男らしくそれに立ち向かうのだ」 3月29日に、大統領官邸に集まった支持者に対し、このような発言をしました。 この世には男しかいないわけではありませんし、ウィルスは性別を選びません。 さすが元軍人。 言う事が違いますね。 5)コロナウィルスはちょっとした風邪 3月12日のテレビインタビューで、ボルソナロ大統領は「コロナウィルスはちょっとした風邪」と発言。 たしかに、元軍人で男らしさにあふれるボルソナロ大統領からしたら風邪で済むかもしれませんが、そうじゃない人も多いです。 ブラジルは南米1の大国です。 そんな大国のリーダーのコロナ軽視発言。 さすが南米のドナルドトランプです! 6)ギャングが自ら自粛活動を始める 自粛政策に反対の立場をとるボルソナロ大統領ですが、州単位でみれば緊急宣言をだして経済活動自粛に入っています。 経済活動自粛に入っても、ファベラ(スラム街)といった地域では、普通にみんな生活をしている(せざるを得ない)のですが、リオデジャネイロでは、なんとファベラを統べるギャングが自粛政策をはじめました。 「8時以降は外出禁止。 この時間以降に道にいるやつらは、リスペクト(尊重)を学ぶだろう」 とのお達しをだしました。 リスペクトが学べるそうです。。。 学んだころには、どっかの汚い川に死体で浮いてそうですが。 Gangs in the Rio de Janeiro favelas have enforced a lockdown from 8pm tonight. The statement reads: "If the government won't do the right thing, organised crime will" — Andrew Cesare AndrewCesare まとめ いかがでしたか? 日本のコロナ対応も色々問題がありますが、ブラジルも負けず劣らず問題だらけです。 ちなみに、ブラジル・ボルソナロ大統領の奇行云々書きましたが、個人的にはロックダウンだけを指示し、市民への援助が後手後手に回っている(あるいは援助がない)州政府に比べればはるかにマシだと、個人的には思っています。 例えば、貧困層への援助として、国会ではスーパーで使えるクーポン200レアルを配るという案がでましたが、それを 最終的に現金600レアルまで引き上げたのはボルソナロ大統領です。 早くコロナウィルス騒動が収束して、普通の生活に戻りたいものですね。 日本ブログ村に参加をはじめました。 ポチっとしていただけると、うれしいです! BrasilxJapao.

次の

gma.amritasingh.com : 新型コロナ、ブラジルで初の死者 予防策は「ヒステリー」と大統領

ブラジル 大統領 コロナ

世界各国で感染が広がっているコロナウィルス。 たった今見たニュースでは、日本でもかなり感染が広がっているようで、とても心配です ここブラジルでも感染が広がっており、特にサンパウロでは感染者数・死者数ともにかなりの勢いで増えてきています。 そんな中、ブラジル・ボルソナロ大統領がコロナを巡って様々な(一般的には問題とされる)発言を行っており、緊急事態宣言をだし経済活動自粛を実行している州政府との対立を深めています。 ここでは細かいことは省きますが、州政府も純粋に人命を優先して緊急事態宣言をだしているわけではなく、極右ボルソナロ大統領に対しての抵抗という政治的利用という側面があります。 今回は、多くのブラジル国民から非難されている、ボルソナロ大統領の奇行・発言をまとめました。 ブラジル・ボルソナロ大統領の6つの奇行・発言 1)外出奨励動画をSNSに投稿。 削除される ボルソナロ大統領、3月29日に外出奨励動画を投稿。 ツイッターの規約に違反したとして削除されました。 国家元首のツイートが削除される前代未聞の事態。 衝撃的です。 — Jair M. それを言っちゃおしまいよ。 これを聞いたとき、本当に力がぬけてしまいました。 3月15日、各州政府が行っている、緊急事態宣言(=自粛政策)を非難してでてきたものです。 世界中でコロナウィルスが流行しているのにも関わらず、経済をとめるべきではない・自粛政策は間違いという考えをもつボルソナロ大統領。 他国で相次ぐ経済活動自粛に対しても「大量監禁」と非難しています。 どうせ誰もがいつかは死ぬのだから、普通に過ごしてコロナのせいで死んでも、死ぬのが早まっただけってことですね。 側近がこれ以上火に油を注がないように、説得したんですかね。 4)「ウィルスは存在する。 私たちは男らしくそれに立ち向かうのだ」 3月29日に、大統領官邸に集まった支持者に対し、このような発言をしました。 この世には男しかいないわけではありませんし、ウィルスは性別を選びません。 さすが元軍人。 言う事が違いますね。 5)コロナウィルスはちょっとした風邪 3月12日のテレビインタビューで、ボルソナロ大統領は「コロナウィルスはちょっとした風邪」と発言。 たしかに、元軍人で男らしさにあふれるボルソナロ大統領からしたら風邪で済むかもしれませんが、そうじゃない人も多いです。 ブラジルは南米1の大国です。 そんな大国のリーダーのコロナ軽視発言。 さすが南米のドナルドトランプです! 6)ギャングが自ら自粛活動を始める 自粛政策に反対の立場をとるボルソナロ大統領ですが、州単位でみれば緊急宣言をだして経済活動自粛に入っています。 経済活動自粛に入っても、ファベラ(スラム街)といった地域では、普通にみんな生活をしている(せざるを得ない)のですが、リオデジャネイロでは、なんとファベラを統べるギャングが自粛政策をはじめました。 「8時以降は外出禁止。 この時間以降に道にいるやつらは、リスペクト(尊重)を学ぶだろう」 とのお達しをだしました。 リスペクトが学べるそうです。。。 学んだころには、どっかの汚い川に死体で浮いてそうですが。 Gangs in the Rio de Janeiro favelas have enforced a lockdown from 8pm tonight. The statement reads: "If the government won't do the right thing, organised crime will" — Andrew Cesare AndrewCesare まとめ いかがでしたか? 日本のコロナ対応も色々問題がありますが、ブラジルも負けず劣らず問題だらけです。 ちなみに、ブラジル・ボルソナロ大統領の奇行云々書きましたが、個人的にはロックダウンだけを指示し、市民への援助が後手後手に回っている(あるいは援助がない)州政府に比べればはるかにマシだと、個人的には思っています。 例えば、貧困層への援助として、国会ではスーパーで使えるクーポン200レアルを配るという案がでましたが、それを 最終的に現金600レアルまで引き上げたのはボルソナロ大統領です。 早くコロナウィルス騒動が収束して、普通の生活に戻りたいものですね。 日本ブログ村に参加をはじめました。 ポチっとしていただけると、うれしいです! BrasilxJapao.

次の