君の膵臓を食べたい キャスト アニメ。 劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」【完全生産限定版】

君の膵臓を食べたい: 感想(評価/レビュー)[アニメ映画]

君の膵臓を食べたい キャスト アニメ

彼女は言った。 「君の膵臓をたべたい」 二人の心の交流を繊細な表現で描く劇場アニメ。 番組内容 高校生の「僕」は病院の待合室で、一冊の文庫本を拾う。 その本は、同級生の山内桜良が密かにつづっていた日記帳だった。 日記の中身を目にした「僕」に、桜良は自分が膵臓の病気で余命いくばくもないことを告げる。 それは病気を隠している彼女にとって、ただひとり秘密を共有する相手ができた瞬間だった。 最期の日が訪れるまで、精一杯人生を楽しもうとする桜良。 そんな彼女に振り回され、「僕」の心は少しずつ変化していく。 どのように距離が縮まっていくのかな、と気になります。 そしてやはり題名のインパクトがとても強いので、どういう意味なのか気になります。 最初題名を聞いたときは、ホラー映画なのかな? と思ったけれども、そういう意味ではなく、女の子が膵臓の病気ということで、きっといい意味での膵臓を食べたいなのかなと思うので、具体的に知りたいなと思います。 また、絵を見る限り、男の子の方が暗く、女の子の方が元気で病気持ちに見えないのですが、病気についての日記をつけているということで、心の中は女の子の方が暗く沈んでいるのかなと思いました。 その日記を読んでしまった男の子も、女の子の強がる気持ちや、弱い気持ちにも気付いて、支えていくのかな? と思います。 どのように2人が関わっていくのか気になります。 また、膵臓の病気は治らないとよく聞きます。 最後の終わり方がハッピーエンドなのかバットエンドなのかな、、、ハッピーエンドであって欲しいのですが、題名的に女の子が死んでしまいそうなのでとても気になります。 女の子の無垢で儚い雰囲気が惹かれるなと思います。 — 君の膵臓をたべたいは、実写版しか見たことがなかったので、アニメ版はどんな展開になるんだろうかと楽しみにしています。 アニメ版は原作の小説にとても忠実だということなので、かなりリアルな感じに描かれるんだろうなとドキドキします。 主人公の僕の声優を演じるのが俳優の高杉真宙さんというところもとても注目したいなと思いました。 今作は声優初挑戦だということだけど、とても良かったという評判が多かったので、ストーリーの中で精神的にかなり成長していく僕の心情をどんなふうに表現してくれるのかに期待しています。 また、君の膵臓をたべたいは、ただの病気の女の子が亡くなってしまうという悲しいお涙頂戴のストーリーではないというところがとても意義深い作品だと思います。 病気で亡くなるものだと思っていた桜良が、その余命分すら生きることができず、亡くなってしまう姿には、とても考えさせられるものがありました。 人の命というのはこんなにも突然終わってしまうことがあるからこそ、毎日を一生懸命生きなければと感じました。 そして、桜良が亡くなったことに対しての僕の行動もリアルでした。 大切な人が今生きていることに感謝したかなるようなそんな作品なので、見ながら今生きている幸せを感じたいなと思います。 — 実写版の映画を見たのでアニメと合わせて見るとどのように作風が違って見えるか考えるのが一番楽しみです。 コミックからアニメ、映画の順にアップデートされていくので逆にそれとは逆の順序で味わうと原点回帰する楽しみ方もできます。 話のなかで最もドラマチックなのは病院で膵臓の悪い彼女がやりたいことリストがかかれた文庫本を同級生の男子が拾って彼女の病気のことを偶然知ってしまうところです。 女子の方はクラスの中心的存在、一方で男子はクラスカーストで言えば底辺にいる正反対の性格ですが膵臓の病気の秘密を共有してしまうところが人と人の出会いがいかに意味のあることかと思うとここからの展開に目が離せません。 また、一緒にやりたいことをかなえていくうちに二人の関係がどのように変化し成長していくのかを見守ることも楽しみ方に含まれます。 彼女が男子のためにのこしたメッセージは何か、明るく振る舞う彼女の本心はどんな気持ちなのか想像しながら物語を進めることができます。 題名にもなっている膵臓を食べたいという言葉がどんな心情から発せられたものなのかを知って再びその言葉をかみしめると、どれだけ深い意味を持っていたのか気づく瞬間を楽しみにアニメを視聴するのがおすすめです。 — 楽しみな点は、小説でも大人気作であった君の膵臓を食べたいが劇場アニメで見ることができ、声優などの声もとてもマッチしているところがとても楽しみです。 それらに加えて絵などがとても綺麗で作風にとてもマッチしてるように画像を見た時に思ったので楽しみです。 おおすすめの点は、実際にこの小説を読んだのですが、この話最初は僕が病気の女の子の闘病日記を見つけてしまうところから始まります。 この闘病日記をみつけてしまった僕は普段友達がいないのにもかかわらずその女の子と日々遊ぶようになっていきます。 その女の子は病気について周りには1人も言ってなくその僕くんにだけ同級生の中ではうちあけていたため一緒にスウィーツバイキングに行くのを誘ったり焼肉を食べに行ったり旅行をしたりなどをしました。 僕くんは女の子に半脅されらような形になっていやいや日々の女の子のお願いを聞く毎日でしたが女の子の具合が悪くなってちょうど夏休みの時期に女の子が入院し出したことで自分の本当の気持ちに気づきます。 女の子はこの入院中にマジックを覚えたり僕くんに勉強を教えてもらったりして周りから見ていればとても明るく過ごしているように見えますしかし実際はあまり検査の結果が良くなかったのです。 こんな面白い話なのでとてもおすすめの劇場アニメです。 劇場版アニメの前に浜辺美波さん主演の実写映画が公開され大ヒットしたわけですが、実写映画の翌年2018年に公開された今回放送される劇場版アニメも満足度の高い良い作品になっていると思います。 むしろ、個人的には実写版のストーリー展開にはやや無理を感じたところもあったのに対して、アニメ版は無理なくすんなり受け入れられる展開となっており、はるかに心地よく感じました。 その差は脚本、特に台詞の差によるところが大きいのかなという気がしています。 アニメ版の台詞の方が腹におちやすい自然なものになっているような気がして、その点が作品全体としてのナチュラル感にもつながる、そんな感じがしています。 主人公が余命1年となっているヒロインに出会い、ともに時間を過ごすことでお互いに自分にはないものを埋め合わせられる関係になり成長していく。 ところが最期は・・。 という感じで話が進んでいくわけですが、なんとも甘酸っぱい青春ストーリーという感じでせつなさ満載の話なので多くの人はストーリー展開に引き込まれるだろうと思います。 ただ、人によってはヒロインのわがままに振り回されて何やってるんだという感想を持つ人もいるのかもしれませんが、あまり斜に構えて見るのではなく純粋に素直な気持ちで見てみるとスーッと心に入ってくる、そんな話になっていると思います。 アニメの作画もうつくしいですし、主題歌であるsumikaの春夏秋冬もマッチしていて良いですね。 — 「君の膵臓を食べたい」は浜辺美波さんと北村匠海さん主演の実写映画は、衝撃的なタイトルと感動的なストーリーでかなり話題となったので、知っていましたが、アニメ版があることは知りませんでした。 実写版の約1年後に公開されていたみたいですが、新作映画のぴあ映画初日満足度ランキングで1位になったそうなので、期待できます。 アニメ映画のいいところは、実写ではなかなか表現できない感情の微妙な変化などを表せるところだと思います。 この作品は命がテーマで、細かい感情の描写がとても大切だと思うので、実写では表現しきれなかった部分も表現されているのではないかと思います。 「二人の心の交流を繊細な表現で描く劇場アニメ」と紹介もされているので、そういった部分に注目して見てみたいです。 イラストの雰囲気も柔らかく優しい感じなのがストーリーにマッチしていて魅力的です。 また原作の小説、実写映画、アニメ映画、それぞれ表現方法が違い、メリット・デメリットがあると思うので、是非見比べてみたいと思います。 現在世間ではコロナウイルスが蔓延していますが、自分は大丈夫だとどこか他人事な部分もあるので、この作品を見て改めて命の重さや尊さを感じたいです—初めて書店でこの本を見た時のことを思い出しました。 今では実写版とアニメ版のおかげで「キミスイ」といえば通じるようになりましたが、原作本を見た時は思わずタイトルを読み返してしまいました。 猟奇的? と思いましたが装丁は可愛い典型的なライトノベルです。 不思議に思いながら試しに読んでみると、なるほどそれでこのタイトルなのかと納得しました。 失礼な言い方になりますが、出会った男女の片方が不治の病で亡くなってしまうという結構使い古された展開を予想していたのですが、結末は意外な物でした。 当時の中高生の間で大流行し、その後実写映画化されアニメ化もされましたが、アニメ版は見ていませんでした。 漫画のアニメ化は想像がしやすく外れることも少ないのですが、原作がノベルの場合キャラが自分の想像していたものとかけ離れていてがっかりすることも少なからずあるからです。 しかし、今回気になってサイトを見た時にキャラが原作にしっくり馴染んでいると直感で感じました。 まるで食わず嫌いのように今まで見ようとしなかったことを後悔しました。 時間も108分と長すぎず手頃ですし、声優さんの声もあえて調べずに見るのも楽しみの一つになります。 「僕」と桜良の距離が近づいていくのをどのように描いているのかも楽しみです。 原作よりも実写映画版のほうが感情移入でき、綺麗な映像が印象に残っているため、本作は文字で読むよりも映像の方が光る作品だと思います。 特に桜並木を歩くシーンや、旅行のシーンはアニメーションでの美しさが際立つと思うので、その美しさを楽しめるのではないかと思っています。 今回は劇場アニメとのことで、より映像美に期待しています。 本作は闘病中でありながらいつでも明るく騒がしい主人公桜良と、一人の世界にこもりがちな僕との陰と陽のギャップや、底抜けに明るく振る舞う桜良が僕にだけ見せる不安や悲しみを繊細な表現で語っているところが魅力だと思います。 その細やかな心情の変化や違いを、スタジオヴォルンがどう制作されているのか気になっています。 声優も、僕を高杉真宙さんが演じられているとのことで、初々しくも感情のこもった声を聴かせてくれるのではないかと楽しみにしています。 学生はもちろん、大人も学生時代の甘くて切ない男女関係を思い出して感情移入できる作品だと思うので、ストレスがたまるこの外出自粛ムードの中、悲しくも感動するラストで涙活することで、ストレスも一緒に流してしまいたいです。 — まとめ 君の膵臓をたべたいは見たことはないのですがこれはちょっと気になっています。 確かアニメよりも先に実写が映画化されたような気がします。 NHKさんはこういうよさげなアニメ映画を放送してくれるのがいいですね。 民放ではこういう映画はなかなか放送してくれません。 まず最初にこのタイトルを聞いたときは凄くびっくりしたんです。 ギャグなのかホラーなのかなんて思いましたが内容は全然違いました。 とても切ない恋の物語のようです。 これはフィクションではありますが、あらすじを読むだけでもちょっとじーんと来るものはありますよね。 同級生の女の子がすい臓の病気を持っていて、余命がいくらもないということ。 そのことを女の子本人も知っているというのがまた切ないです。 高校生なんて、やりたいことはまだまだいっぱいあると思います。 それがもう残り少ない人生なんて少なすぎます。 高校生の「僕」というのは名前は登場しないのでしょうかね。 名前がないことで視聴者は感情移入をしやすくなっているかも知れません。 この女の子は家族と医師以外には自分の病気を隠していたということですが、僕に日記が拾われてしまったからバレてしまったわけですね。 最後はどうなってしまうのでしょうか。 死なないでほしいですが、きっとこの映画はバッドエンドなんだろうなと思います。 こちらの映画をお勧めするの一つ目の理由は、『君の膵臓をたべたい』という題名です。 私は、この題名とストーリーのギャップが面白くてたまりません! まさか、恋愛の要素が含まれているとは思いませんよね。 青春ラブストーリー好きの方は必見です!! 私がお勧めするもうひとつの理由は、桜良がとても素敵で可愛らしい女の子だからです。 桜良は病気を持っていて、更に余命宣告をされているというとてもネガティブな状況です。 日記を読んだ「僕」はとてもかわいそうな女の子だと思ったはずです。 しかし、彼女がとても明るく前向きに「僕」を振り回すもんだから・・・拍子抜けです。 子供のうちは「自分が死ぬこと」について考えることはほとんどありません。 『なんだか怖くて、なんだか悲しくて泣いてしまいそうなこと』なんてネガティブな気持ちしか湧いてきません。 大人になると「自分が死ぬこと」について考える機会は増えてきますが、やはりネガティブな感情、心配で不安な感情でいっぱいになります。 桜良が病気になって、死んでしまう日が来るとわかってどう変わっていったのか、これからの人生についてどう考えているのかを、大人にも子どもにもこの映画を見て考えるきっかけになると思います。

次の

【みんなの口コミ】映画『劇場アニメ 君の膵臓をたべたい』の感想評価評判

君の膵臓を食べたい キャスト アニメ

住野よる原作の同名ベストセラーを実写映画化した『君の膵臓をたべたい(キミスイ)』(2017年公開)が、2018年8月19日にテレビ朝日系「日曜プライム」(21時~23時14分)で 地上波初放送されることが決定しました。 本作は、膵臓の病で余命わずかな女子高生ヒロイン・桜良と、そのことをクラスで唯一知る孤独な高校生・僕との心の交流を、 原作にはない12年後の現在の物語を織り交ぜつつ描いています。 「誰もが予想出来ない結末と、タイトルに込められた意味を知った時、あなたはきっと涙します」のメッセージ通り、多くの人々に感動の涙を流させてきた名作です。 当記事では、映画『君の膵臓をたべたい』キャスト一覧と原作やあらすじ、主題歌についてまとめています。 — 2018年 6月月29日午後9時10分PDT 映画『君の膵臓がたべたい』の原作は、住野よるの同名小説。 住野よるのデビュー作で、小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿した折に、ライトノベル作家の井藤きくの目に留まり、双葉社に紹介され、出版に至りました。 累計発行部数260万部突破で、 高い評価を得ている作品です。 「本屋大賞」2016第2位• 「ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR 」2位• 「2015年 年間ベストセラー」6位• 「読書メーター読みたい本ランキング」1位• 「埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本2015」1位• 「2016年年間ベストセラー」総合5位、文芸書1位(トーハン調べ)• 「2016年年間ベストセラー」総合4位、単行本フィクション1位(日販調べ) 2017年に実写映画化。 翌2018年にはアニメ映画化されることも決定しました。 — 2018年 6月月26日午前9時37分PDT 映画『君の膵臓をたべたい』は、2017年夏に公開されました。 本作は、膵臓の病で余命わずかな女子高生・山内桜良と、彼女の病を知ってしまった読書好きで地味な「僕」との心の交流を、原作にはない12年後の現在の物語と交錯させながら描いています。 今作は、 興行収入35. 2億円の大ヒットを記録。 浜辺さんと北村さんは、 第41回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。 映画の簡単なあらすじ 君の膵臓を食べたい。 彼は教え子と話すうちに、彼女と過ごした数か月を思い出します。 桜良は膵臓の病気で、余命1年でした。 正反対の性格の【僕】と桜良ですが、次第に同じ過ごすことに……。 しかし眩しいまでに一生懸命に生きた彼女の人生は、やがて終わりを告げます。 それから12年。 結婚を目前に控えた桜良の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していました。 そして、ある事件をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人。 アニメ化 — 2018年 8月月19日午前6時37分PDT• 役名 山内桜良(やまうち・さくら)• キャスト 浜辺美波(はまべ・みなみ)• 生年月日 2000年8月29日• 年令 17歳 山内桜良は、「僕」のクラスメイトで人気者。 よく笑い、元気で、表情豊かな少女。 重い膵臓(すいぞう)の病気を患っていて、「僕」と会った時には余命1年になっていました。 病気になった自分の運命を恨まないと決めたことから、日記のタイトルを「闘病日記」の代わりに「共病文庫」とつけます。 病を僕に知られてから、図書医院に立候補。 病気のことは家族と「僕」以外は、誰も知りません。 浜辺美波さんは、2011年に開催された第7回「東宝シンデレラ」オーディションに応募し、ニュージェネレーション賞を受賞したことをきっかけに、芸能界入り。 ショートムービー『浜辺美波〜アリと恋文〜』でデビューを飾ります。 2015年のスペシャルドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 』で本間芽衣子役を演じて、知名度アップ。 2016年には『咲-Saki-』で連続テレビドラマ初主演、2017年公開の劇場版『咲-Saki-』では映画初主演果たしています。 最近では、2018年の『崖っぷちホテル!』の空気の読めない総料理長役が「可愛い!」と大きな話題になりましたね。 僕(志賀春樹):北村匠海 — 2018年 8月月19日午前6時37分PDT• 役名 僕(志賀春樹)• キャスト 北村匠海• 生年月日 1997年11月3日• 年令 20歳 「僕」(志賀春樹)は、読書好きの孤独な青年。 友人や恋人などの関わり合いを必要とせず、人間関係を自己完結しています。 偶然、病院で桜良の「共病文庫」を見つけて、山内桜良の病気を知ることに。 桜良と急接近することのなり、「桜良の仲良し君」としてクラスの噂の的に。 桜良との交流により、人を認め、人と関わり合う努力を始めます。 小学校の時にスカウトされたことがきっかけで、芸能界入り。 2008年、NHK『みんなのうた』で2月から3月にかけて放送された「リスに恋した少年」で歌手デビュー。 同年6月の映画『DIVE!! 』で俳優デビュー。 『君の膵臓をたべたい』でも、「僕」の高校生役を北村匠海さんが、12年後を小栗旬さんが演じています。 役名 ガム君• キャスト 矢本悠馬(やもと・ゆうま)• 生年月日 1990年8月31日• 年令 27歳 ガム君は、ガムをくれるクラスメイトで、教室の掃除を通して「僕」が関わりを持った人物。 すがすがしいほどの無粋な物言いをしますが、性格は素直。 人との交流を決意した「僕」の友人となります。 矢本悠馬さんは、2003年の映画『ぼくんち』で子役デビュー。 学業を優先させる目的で俳優業を休止しますが、2011年に劇団「大人計画」に研究生として参加して俳優業を再開。 2014年の朝ドラ『花子とアン』に出演して注目されます。 2018年8月現在、朝ドラ『半分、青い。 』にブッチャー役で出演中。 委員長(タカヒロ):桜田通(さくらだ・どおり) — 2018年 8月月14日午前1時27分PDT• 役名 恭子(きょうこ)(12年後)• キャスト 北川景子(きたがわ・けいこ)• 生年月日 1986年8月22日• 年令 31歳 恭子(12年後)は、実家の花屋で働いており、結婚を目前に控えています。 親友の桜良がしていたイヤリングを今も大切にしていますが、桜良を失った喪失感を抱えています。 北川景子さんは、高校二年生の時にスカウトされて芸能界入り。 その後、「Seventeen」のオーディションを受けて合格し、モデルデビュー。 2003年のドラマ『美少女戦士セーラームーン』の 火野レイ(セーラーマーズ)役で女優デビュー。 『間宮兄弟』で映画初出演、『モップガール』で連続ドラマ初主演。 透明感のある美人女優で、『謎解きはディナーのあとで』『悪夢ちゃん』『家売るオンナ』など主演作品が多い。 【僕】(12年後):小栗旬 — 2018年 8月月15日午前6時43分PDT• 役名 【僕】(12年後)• キャスト 小栗旬• 生年月日 1982年12月26日• 年令 35歳 【僕】(12年後)は、国語の高校教師。 母校に赴任後、取り壊しが決まった図書館の蔵書整理を頼まれたことから、12年前の桜良との思い出を回想し始めます。 小栗旬さんは12歳の時に事務所のオーディションに合格、エキストラとして活動を開始。 1998年の『GTO』で初レギュラー出演を果たします。 『花より男子』の花沢類役でブレイクし、本人曰く「いい男の役がよく来るようになった」とのこと。 2008年の『貧乏男子 ボンビーメン』では貧乏大学生役で、連続ドラマ初主演。 その後はドラマに映画に引っ張りだこの、実力派俳優に成長。 2 017年の映画『銀魂』に主演の坂田銀時役で出演し、2017年実写邦画1位を記録。 また、2018年夏に続編である、パート2が公開予定。

次の

映画「君の膵臓を食べたい」のネタバレあらすじと感想考察や評価も!ラストの結末の意外なオチのアニメ作品

君の膵臓を食べたい キャスト アニメ

あらすじ 偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。 タイトルは「共病文庫」。 それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。 病を患う彼女にさえ、平等につきつけられる残酷な現実。 【名前のない僕】と【日常のない彼女】が紡ぐ、終わりから始まる物語。 全ての予想を裏切る結末まで、一気読み必至! より引用 感想をネタバレにならない程度に少しだけ。 泣かせよう泣かせようと押しつけがましくなく、それでいて感動的なストーリーにすごく泣きました; 特に、映画の方は俳優・女優陣の演技が素晴らしく、それも涙の原因だったと思います。 また、ただ泣けるというだけでなく、 明確なメッセージがあったのもよかったです。 」「虹色デイズ」などに俳優or声優として出演した、人気急上昇中の俳優さんですね! 今回どのような演技を見せてくれるのでしょうか。 また、僕の好きなファイアーエムブレムシリーズの「if」では、アクアという重要人物を担当しています! 実写映画「君の膵臓をたべたい」の評判が非常に良かったので、2人にはかなりの期待とプレッシャーがかかっていると思います・・・ でも、 彼らなら必ず完璧に役を仕上げてくれていることでしょう! セリフの文言だけでなく、演技力にも注目です! Sponsored Link 主題歌情報 実写映画の主題歌は、 Mr. Childrenの新曲「himawari」でした。 「himawari」はこちらから試聴できます! そしてアニメ映画の方は、 4人組バンドsumikaが主題歌、オープニングテーマ、劇中歌を担当するそうです! どのタイミングで使われる曲かは分かりませんが、 『ファンファーレ』という曲を下の予告動画で聴くことができます! まとめ 「君の膵臓をたべたい」のアニメ映画が2018年9月1日に公開されます! アニメ映画のストーリーが小説や実写映画と同じなのか気になるところですね。 声優を高杉真宙さんやLynnさんが担当するので、演技にも期待できます! また、やも作られているので、最新情報をいち早く知りたい方はそちらのフォロー・ブックマークをどうぞ! Sponsored Link 関連記事.

次の