ホンジャマカ。 太田光、恵俊彰にも謝罪「嫌い」「つまんない」発言

石塚英彦の身長や体重や出身校は?結婚した妻と子供とエピソードは

ホンジャマカ

プロフィール 名前:石塚 英彦(いしづか ひでひこ) 生年月日:1962年2月6日(53歳) 出身地:神奈川県横浜市保土ケ谷区 身長:175 cm 血液型:O型 所属事務所:ワタナベエンターテイメント ・ 1983年:渡辺プロダクションの若手タレント養成機関「BIG THURSDAY」に1期生として参加。 ・ 1988年:11人体制の演劇集団「ホンジャマカ」のメンバーとして芸能界デビュー。 次々とメンバーが脱退、最終的には石塚と恵俊彰の2人になり、お笑いコンビ「ホンジャマカ」が誕生する。 ・ 1996年ごろ:グルメレポーターとしての仕事が増えだす。 石塚英彦の性格が怖いと言われる衝撃の理由とは!? 石塚英彦さんといえば、さまざまなグルメ番組でグルメレポーターとして活躍していますよね。 いつもニコニコしていて、おいしそうに食べる姿は、お茶の間を明るくしてくれる大事な存在なのではないでしょうか。 ところが、意外なことに石塚さんは 「性格が悪い。 」 「テレビ番組で見せる顔と裏の顔は全然違う!!」 といった性格に関する噂が広がっているようですね。 なんでも、相方であるホンジャマカの恵俊彰さんが、石塚さんの性格の悪さを暴露していたという衝撃の過去があるのだそうです。 たとえば、石塚さんは車を運転すると性格が一変して口が悪くなってしまうのだそうで、前を走っている車がゆっくり運転していると、 「んだよ!前の車おっせーな!」 とイライラした様子で、文句が絶えないといったエピソードを紹介していたようですね。 また、石塚さんは、スタッフに対して厳しい態度をとることもよくあるそうで、約束や集合時間に、共演者や番組スタッフが遅刻をしたり、不手際があると、注意だけに留まらず、ひどいときには大声でののしることもあったのだそうです。 しかし、そんなテレビで見せるイメージからは想像できないような厳しい一面を持つ石塚さんですが、とてもまじめで、仕事に真剣に取り組んでいるからこそ、このような態度になってしまったと考えることもできそうですよね。 スポンサーリンク しかし、共演が多い爆笑問題の二人は、以前ラジオ番組にて 「ホンジャマカの石ちゃんは口が悪いからね。 」 と、口をそろえて言っていたそうで、石塚さんの性格の悪さを決定づけるようなエピソードを暴露していたことが明らかになりました。 なんでも、爆笑問題と一緒にロケを行った石塚さんは、笑顔でファンの子どもを抱っこしたり、愛想をふりまいていたのだそうですが、ロケバスに乗り込むと、 「子どもはバカだから口で言ってもわからない。 」 と急に態度が豹変して毒舌になったのだそうです。 また、あるテレビ局のカメラマンによると、ロケが終わり、車に乗り込もうとした石塚さんが、数名の女性ファンから握手を求められたそうで、いつもテレビで見せるニコニコ笑顔で握手に応じるかと思いきや、一瞬にして表情を暗くし、恐ろしく低い声で 「あ、もう終わったから。 」 と、ファンを押しのけて車に乗り込んで行ったという証言もあったようですね。 たしかに、共演者やスタッフに対する石塚さんの厳しい態度は、まじめで、仕事熱心であるからこそのものと考えることもできそうですが、大切なファンにまで冷たい態度をとっていては、影で性格が悪いと言われても仕方がないかもしれませんね。 スポンサーリンク 石塚英彦のタトゥーがヤバい!? 石塚英彦さんに隠された驚きの裏の顔を紹介しましたが、実はそれに加えてタトゥーをしているという話もあるようなのです。 いつでも笑顔でおいしそうに食事をする姿が印象的な石塚さんが、まさかタトゥーまで入れているイメージはなかなか湧きませんが、本当はどうなのでしょうか!? 調べてみると、石塚さんの腕にタトゥーらしきものがある画像が見つかりました。 このように、腕の左上部分にタトゥーらしきものが写っていることがわかりますよね。 しかし、どうやら石塚さんの腕のタトゥーは本物ではなく、ファッションの一部としてシールを貼っているだけなのだそうで、番組によってはタトゥーをしていないことが明らかになっています。 そもそも、テレビ番組などでは、タトゥーをしているタレントさんは肌を見せずに隠しているのが一般的ですよね。 スポンサーリンク つまり、これだけ堂々と肌の露出が多いノースリーブシャツとオーバーオールを着ていることから、タトゥーはシールの可能性が高いと言えるのではないでしょうか。 このように、性格がきつかったり、タトゥー疑惑があったりと、テレビで見せるイメージとはかなりかけ離れている石塚さんですが、過去には好感度ランキングで1位を獲得したこともあるほど、お茶の間では人気が高いタレントさんでもあるようですね。 確かに、なにかと悪い噂が絶えない石塚さんですが、人間には誰しも表の顔と裏の顔があるものだと思います。 なにより、仕事に関しては非常にまじめで熱心である石塚さんには、これからも明るい笑顔で、 「まいう~!」 と言いながらグルメレポートをしたり、おデブタレントとして活躍の幅を広げていってほしいものですね。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の

恵俊彰の国籍は韓国人?実家は金持ちで嫁や子供は何人いるの

ホンジャマカ

スポンサードリンク 「まいう~!」でお馴染みの「石チャン!」こと、ホンジャマカの石塚英彦さん。 グルメリポーターとして活躍している石塚英彦さんの身長や体重や出身校など、気になる情報を調べてみました。 石塚英彦の身長や体重や出身校は? 石塚英彦さん1962年2月6日生まれ・神奈川県横浜市保土ケ谷区出身です。 ・身長:175cm・体重:117kg ピーク時は135kg ・B126cm W117cm H127cm・体脂肪率44. ・1999年 37歳 テレビ「どう~なってるの?」に出演。 ・2000年 38歳 ドラマ「平成夫婦茶碗」に出演。 交際当初の妻の体重は60kg程度だったとか・・・・ 子供さんは息子さんと娘さんが一人ずついるそうです。 ピアノがしたいと言って、二人とも音楽が好きで、長男はバンドでドラムをやっているそうです。 笑 ちなみに嫌いな食べ物は、ほとんどないが、唯一嫌いな食べ物はいくら、長ネギで、ネギが使われている場合は「平静を装いながら、視聴者にわからないようにネギをカメラの死角へと隠し、料理を食べる」というテクニックを持っているとか。 真冬だけは七分袖 真冬でも暖房は不要だとか。 便座がしょっちゅう割れてしまい、自分の子供から「デブ!」と言われてショックを受けたことがあった。 笑 奥さまも重いの? 石塚英彦さんの今後の活躍を期待しています。 応援していますのでガンバレ!!でも、少し痩せたほうが体にいいのでは・・・・ スポンサードリンク.

次の

ホンジャマカとは

ホンジャマカ

メンバー [編集 ] 詳細はそれぞれの項目を参照。 現メンバー [編集 ]• (担当)• (担当) 11人体制時代のメンバー [編集 ]• 大森竜太• 山口浩• 小林隆彦• 斉藤智子• 松本美貴(現・恵俊彰夫人) 概要 [編集 ] 1983年、当時が若手お笑いタレントグループ「BIG THURSDAY」(ビッグサースデー)を立ち上げ。 石塚がその第1期生として参加し 、恵が第3期生として参加した。 このBIG THURSDAYには石塚と恵以外にも、(後の)、、、らが参加し、2か月に一度のペースで定期的にスタジオにてライブを行っていた。 1988年6月4日、ファクトリーにて、11人体制でホンジャマカ初ライブ「BIG THURSDAY ホンジャマカ VOL. 1」を開催する。 同年、の演芸番組『』でグランドチャンピオンを獲得している。 しかしその直後にメンバーが減少していき、最終的には石塚と恵の2人だけになったため、1989年にお笑いコンビ「ホンジャマカ」として再始動した。 コンビになってからもホンジャマカ単独でのイベントやライブを積極的に行い、バカルディ(現・)とともに1990年代初期の関東を代表するコンビとなった。 「抑えの利かない田中君」などのショートコントは、のも好きだったと語っている。 元々石塚と恵の体型はあまり大差が無く、いわゆる同士のコンビだった。 そのため、コンビ結成当時は「大デブ小デブでホンジャマカ」をキャッチフレーズに活動していた。 しかし、1992年から1993年頃に恵が意を決したダイエットで劇的に痩せたため、現在ある姿の「デブと痩せのコンビ」になったのである。 この事について石塚は、「相方の食事まで食べるなどしてさらに太った」などとネタで話すことがある。 1990年代末期からは石塚・恵ともに個人での活動に重点を置くようになり、2人がホンジャマカを名乗って出演する機会は少なくなっている。 また、共にネタ見せをすることも無くなり、それぞれグルメリポーターや司会者や俳優としての活動が中心になっている。 石塚曰く、ホンジャマカとは元々お笑いコンビではなく、ソロでやっていた者同士によるユニットとのことである。 しかしながら、その後もコンビを解消することなく活動を続けており、の『』(2011年3月まで)には長年ホンジャマカとして出演、2017年以降の特番『』にも引き続き出演している。 また、2010年初頭にはコンビ結成から20年が経過したのを記念し、2人揃っての『』や『』、の『』などにゲスト出演して回った。 このライブを開催するにあたり、期間限定で、、、をメンバーに迎えた。 脚本はが、演出はが担当した。 2016年4月2日に放送されたTBSの演芸番組『2016春』にも2人揃って参加し、同局では22年ぶり となるコントの披露を行った。 受賞歴 [編集 ]• 1988年 グランドチャンピオン• 1992年 爆笑王誕生 初代5週勝ち抜きチャンピオン• 1992年 第9回杯争奪OWARAIゴールドラッシュ 優勝• 1994年 平成5年度(1993年度) 第31回 芸能部門新人賞 出演 [編集 ] 「」も参照 テレビ番組 [編集 ]• (1986年 - 1987年、) - ホンジャマカ結成以前に出演。 (1988年 - 1992年、)• (1990年、) - 準レギュラー。 (1990年 - 1991年、テレビ東京) - 準レギュラー。 (1992年 - 1993年、)• (1992年 - 1993年、)• (1993年・2003年・2004年・2008年、フジテレビ)• (1993年、フジテレビ)• 赤坂お笑いオールスターライブ(1993年 - 1994年、TBS)• (1993年 - 1995年、)• (1994年 - 1996年、)• (1994年 - 2011年、TBS) - 「」の対戦相手、アトラクションのデモ役を担当。 (1994年、フジテレビ) - 同番組出演時のキャッチコピーは「ライブの帝王」。 (1995年 - 1999年、フジテレビ) - 旅人役の石塚は不定期出演、司会の恵は毎週出演。 (1997年10月 - 1998年3月、TBS)• (1998年10月 - 2003年9月、TBS)• (2000年、)• (2002年 - 2003年、)• (2003年 - 2010年、朝日放送) - リポーターの石塚は月に数回の出演、ナレーターの恵は毎週担当。 2016春(2016年4月2日、TBS)• 動画配信 [編集 ]• 東北ユースきっぷ、GO・GOサマーきっぷ(1995年夏)• デジタルムーバ F201 HYPER・F203 HYPER (1997年、)• (2001年 - 2003年) 声優 [編集 ]• その他 [編集 ] CD [編集 ] いずれも(現・)より発売。 このうち「世界で一番はやい告白」は、恵が出演していたラジオ番組『』()の企画から生まれた曲である。 愛の保健室(1993年10月21日、ホンジャマカ+、FLDF-10260)• シーン 1 「ちょっと行ってくる」• シーン 2 「今 開けます」• 愛の保健室(オリジナル・カラオケ)• パパとママのいない日曜日(オリジナル・カラオケ)• 世界で一番はやい告白(1994年4月6日、ホンジャマカ、FLDF-10274) - 92位• 世界で一番はやい告白(オリジナル・カラオケ)• BIG ONE LOVE (オリジナル・カラオケ) DVD [編集 ]• ホンジャマカLIVE '93 - '94 JAPAN TOUR (2010年10月27日、) - 1994年に発売されたライブビデオ2本の内容を同時再録したDVD。 ジュンカッツ時代のも出演している。 パチンコ [編集 ]• ホンジャマカのぐるぐるパーク(2005年5月、) 脚注 [編集 ] []• 女性自身 2017年1月21日. 2020年7月2日閲覧。 『ウチくる!? 』(フジテレビ)2010年2月21日放送分でホンジャマカがゲスト出演した際に当時のパンフレットが紹介された。 2009年12月8日. 2009年12月8日時点のよりアーカイブ。 2014年7月4日閲覧。 2004年3月7日. 2010年4月8日閲覧。 日本テレビ 2010年2月23日. 2010年4月8日閲覧。 TBS. 2016年4月9日時点のよりアーカイブ。 2017年12月3日閲覧。 2010年6月6日閲覧。 2 2009年4月2日. 2017年12月3日閲覧。 『縮刷版』 、1997年10月14日、14頁。 外部リンク [編集 ]• 山口いく• 小澤優人• 菊地秀規• 山田一成• 杉浦元• 戸川創太• 入江真潮• 山下正行• たっぷり藤原• ヤマト• 池田57CRAZY• 池田レイラ• ななえ• ワタリ119• 小野まじめ• せんちゃん• 佐藤大樹• 長谷川俊輔• 上田雅史• 嘉数正• レフト鈴木• 加藤歩• 松尾陽介• 星野光樹• 柴田基• 野村辰二• 藤田隼人• 溝上たんぼ• イーグル溝神• タイガー福田• えとう窓口• チャンカワイ• イーグル溝神• サンキュー安富• タイガー福田• ブー藤原• トシボーイ• 町田康介• 跡部舞• 菊原由香利• ミナコ• あいこ• アンゴラ村長• スーパー3助• 内田英輔• 芦沢統人• 須田拓也• 松谷ヒロキ• 秋山寛貴• 岡部大• 菊田竜大• 杵渕はな• 山田しょうこ• 斉藤優• 矢野ペペ• 石井勇気• 菊地英之• 藤田崇之• 﨑山祐• ハジメ• 加賀谷秀明• 横井かりこる• みんなのたかみち• 青木淳也• 川原豪介• 坪倉良太• 平山洋祐• 石井康太• 中村豪• 石橋遼大• 後藤拓実• 都築拓紀• 都留拓也• 尾身智志• 北澤仁• 山崎ノボル• 長尾丈史• 長峰正典• ミュージシャン.

次の