レブル 250。 【ホンダ 新型レブル250/500 試乗インプレ】250ccクラスで最も足つきがいい車体!個性的なスタイルも魅力!

2020年最新のホンダ〈レブル〉カスタムを披露!「レブル250・500」に合うカスタムパーツを多種多様に展開するデイトナの底力

レブル 250

7位 4. 1点 評価人数:7人 台 16件 469人 0件 車輌プロフィール 1980年代から約10年間ほど存在した250ccクラスのアメリカンクルーザー、レブル。 その名前が(日本国内では)20年ぶりに蘇ったのが、2017年4月発売のレブル250だった。 かつてのレブル同様に、アメリカンタイプだったが、かつてのレブルが豪華クルーザーらしさを250ccで表現しようとしていたのに対し、2017年のレブル250は、「素材感」の強いシンプルスタイルが特徴的だった。 搭載されるのは、249ccの水冷単気筒DOHCエンジンで、これも空冷2気筒OHCだったかつてのレブルとは異なっていた。 2017年モデル登場時には、ABS(アンチロックブレーキシステム)を装備したグレードもラインナップされ、姉妹モデルとして471cc水冷2気筒DOHCを搭載したレブル500も設定された。 2019年11月に行われたミラノショー(EICMA2019 にて、LEDヘッドライトやアシストスリッパークラッチ等を採用した新しいレブル500(2020年モデル)が発表された。 日本仕様のレブル250も、2020年モデルで同様のマイナーチェンジを受けた。 ここでABSは全車標準装備になるとともに、バリーションモデルとして「Sエディション」も登場した(別項目)。 タイプグレード名 REBEL 250 ABS モデルチェンジ区分 マイナーチェンジ 型式 2BK-MC49 発売年 2020 発売月 3 仕向け・仕様 国内向けモデル 全長 mm 2205 全幅 mm 820 全高 mm 1090 ホイールベース mm 1490 最低地上高(mm) 150 シート高 mm 690 車両重量 kg 170 最小回転半径(m) 2. 1 測定基準(2) WMTCモード値 原動機型式 MC49E 原動機種類 4ストローク 気筒数 1 シリンダ配列 単気筒 冷却方式 水冷 排気量 cc 249 カム・バルブ駆動方式 DOHC 気筒あたりバルブ数 4 内径(シリンダーボア) mm 76 行程(ピストンストローク) mm 55 圧縮比(:1) 10. 7 最高出力(kW) 19 最高出力(PS) 26 最高出力回転数(rpm) 9500 最大トルク(N・m) 22 最大トルク(kgf・m) 2. 2 最大トルク回転数(rpm) 7750 燃料供給方式 フューエルインジェクション 燃料供給装置形式 PGM-FI 燃料タンク容量 L 11 燃料(種類) レギュラーガソリン 満タン時航続距離(概算・参考値) 511. 8 エンジンオイル量(オイル交換時) L 1. 4 エンジンオイル量(フィルタ交換時) L 1. 5 推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-30 クラッチ形式 湿式・多板 変速機形式 リターン式・6段変速 変速機・操作方式 フットシフト 1次減速比 2. 807 2次減速比 2. 571 変速比 1速 3. 0 ホイールリム形状(後) MT ホイールリム幅(後) 3. 5 ヘッドライトタイプ(Hi) LED テールライトタイプ LED スピードメーター表示形式 デジタル メーター表示:ギアポジション 有 メーター表示:燃料計 有 メーター表示:時計 有 メーター表示:ツイントリップ 有 車両装備:ハザードランプ 有 車両装備:アンチロックブレーキ(ABS) 有 車両装備:スリッパークラッチ 有.

次の

レブル250(ホンダ)のバイクを探すなら【グーバイク】

レブル 250

大人気モデル「レブル250」がモデルチェンジを果たした。 灯火類はLEDに変更、アシストスリッパークラッチの装備など、各所をブラッシュアップさせている。 その特徴を詳しく解説しよう。 確かにお手軽で市街地での乗りやすさも抜群。 しかし「低くて長い」伝統的なアメリカンスタイルとは異なるし、クラシック感やスポーティさを強調しているわけでもないから、ユーザー層は限定されると思っていた。 だが、試乗するたびに新たな発見がある。 クルージング中の穏やかな走行性能、峠道でも安心できるハンドリング、単気筒のパルス感が渾然一体となったキャラクターに体がなじむと、ライダーとレブルの間で意思が通じ合うような感覚さえ生まれてくるほどだ。 このエンジンはCBR250R用をベースとし、キャラクターに合わせて常用回転域トルク重視にチューニング。 力強く発進し、タタタッ! と軽く回って速度が乗り、単気筒エンジンに多い高回転での重ったるさもない。 どの回転域でも振動に雑味がなく、歯切れのいい排気音と共に適度なパルスを感じさせるので、オートバイを駆っている満足度は高い。 レバーを握ったままの信号待ちが苦にならないし、頻繁なシフト操作で手が疲れることもない。 普通に乗っていればスリッパークラッチが作動することはまれだが、シフトダウン操作に不慣れなビギナーや、滑りやすい路面では間違いなく恩恵をもたらす。 前後タイヤは太めだが、身のこなしは驚くほど素直。 シャープさこそないが、接地感がしっかり伝わってくる。 低速ターンでフロントタイヤが内側に切れ込んだり、高速コーナーで接地感が薄れることもなく、ストレスを感じないハンドリングに仕上がっている。 上体が直立するポジションなので、ギャップ通過時に腰から頭までが突き上げられる。 ソロライドでの快適さを求めるなら、リアサスのプリロードを弱めにセッティングするといいだろう。 抜群の足着き性、燃費の良さ、手頃な価格などもエントリーユーザーや小柄なライダーには大きな魅力。 エンジンから装備類まで各部をきめ細かく改良した新型の登場で、レブルファンはさらに増えそうだ。 低シート高+スリムな車体で足着き性は言うことなし。 後部シートも低いので跨ぎやすいことも特徴だ。 タンデムに関しては、ロングランというよりはストリートユース中心の用途メインと考えた方がよさそうだ。 ホンダ「レブル250」各部装備・ディテール解説.

次の

【バイク】現行レブル250が人気すぎて「ダサい」と本音を言えない…

レブル 250

初代レブル ホンダが1985年に発売したアメリカンスタイルのバイクREBEL レブル。 乾燥重量137kgのボディとシート高660mmの良好な足つき性、低中速から力強いパワーとフラットなトルク特性の扱いやすく、燃費に優れた2気筒エンジンを搭載したバイクでした。 元祖レブルは1994年に最後のマイナーチェンジをすると、1998年に施行された自動車排出ガス規制によって生産終了となりました。 日本では生産終了から20年近くが経過していますが、北米向けの輸出仕様はその後も継続して生産され続けて一定の人気を維持していました。 アメリカにはハーレーダビッドソンやビクトリー、インディアンなどのバイクメーカーが存在しますが、基本的に排気量の大きいバイクを製造しており250ccの軽量なバイクは近所を走る手段として人気となっていたようです。 レブル250 アメリカでモデルチェンジされることなく販売され続けてきたレブルですが、2016年についにモデルチェンジが発表されました。 並列2気筒エンジンから単気筒エンジンに変更され、スタイルも大幅に変更されたレブル。 以前は250cc仕様のみでしたが、免許制度の関係で日本国内向けには250ccと500ccに、海外向けには300ccと500ccという形で発表されました。 先日ヤマハのドラッグスターシリーズの生産終了が発表され、アメリカンスタイルの車両が減ってきていますが、ホンダが新しくリリースしたアメリカンスタイルのバイク・レブルの性能はどうでしょうか?今回はレブル250の広報車を借りて都内の通勤で試乗しつつ、ゴールデンウィークだったのでちょっとしたツーリングにも出かけてみました。 まずはレブル250の装備をチェック レブル250の国内仕様はタンデムシート付 レブル250は日本よりも先に海外で発表され販売が開始されていましたが、海外と国内では仕様が異なります。 特に大きなポイントとして、海外仕様はシングルシート仕様、国内仕様はタンデムシートが装着された二人乗り仕様になっています。 ホンダのホームページを見てもシングルシート仕様の写真が使われているところがありますが、レブル250の国内仕様はタンデムシートが装着されているのでご安心を。 早速シートに跨ってみると、身長165cmの筆者でも両足がべったり。 シート高は690mmとかなり低いので足つき性は抜群です。 イグニッションのスイッチはタンク左下にあり、ハンドルロックはタンク右下にあるアメリカンバイクならではのスタイルですが、暗い場所でハンドルロックをかけるのに苦労するので個人的にはこの点はあまり評価できません。 タイヤは前後共に太いタイヤが採用されている 前後のタイヤはフロント130mm、リア150mmの16インチタイヤが採用されており、排気量に対してかなり太目のタイヤが採用されています。 このタイヤサイズはハーレーXL1200X【フォーティーエイト】と同じタイヤサイズです。 レブル250のローロングスタイルはフォーティーエイトと似たスタイルといえますが、ステップの位置は足を自然におろした位置にステップがあるミッドコントロールです フォーティーエイトは前の方にステップがあるフォワードコントロール。 レブル500とフレームを共通としているだけあり、車格は250ccとは思えないほど大きいレブル250ですが、実際に試乗するとコントロール性はどうなのか? 早速試乗してみました。 レブル250は意外とスポーティーで軽快に走る 早速レブルに跨ってみると両足べた足なのもありますが、跨ったままで押し引きするのが驚くほど楽です。 これだったら近所のちょっと離れたコンビニに行く際にも、駐輪場などから出すのが億劫にならないでしょう。 タコメーターがついていないので走行中にエンジンがどれぐらい回っているのかはわかりませんが、CBR250Rのセッティングと比べるとガンガン高回転までまわして走るセッティングにはなっていません。 低速からトルクがしっかりとあるので速めにシフトチェンジして低い回転で走るのがレブル250にはあっています。 しかし、加速にパンチがないかと言われればそんなことなく、元気よくスロットルを回せばスルスルと加速します。 ゴールデンウィーク期間だったこともあり川崎市の自宅から鎌倉まで走ってみましたが、途中でちょっとしたワインディングが続く道があります。 それなりに車体を倒して走ってみましたがステップをすることがありませんでした。 ブレーキのタッチも良い ブレーキはフロント、リアともにディスクブレーキが搭載されており、フロントが2ポッド、リアが1ポッドキャリパーが装備されています。 ブレーキのタッチはとても素直ですが、かなりしっかりと効くイメージです。 まだレブル500は試乗していないので細かいことはわかりませんが、どうやらレブル250とレブル500はブレーキも同じ物が使われているようです。 500ccのバイクでも使えるブレーキが装着されているならよく効くはずです。 レブル250は下道のツーリングには最高の一台! ゴールデンウィークの鎌倉はとても混雑していましたが軽くて押し引きが楽なので渋滞が苦になりませんでした。 エンジン以外のほとんどがレブル500と共通のようですが、500ccのパワーに耐えるタイヤ、足回り、フレームが採用されているのでレブル250の安定感はかなりのもの。 それでいてコーナリングも軽快なのであらゆるシチュエーションが気軽に楽しく走れちゃうのがレブル250のすごいところ。 いざとなれば高速道路だって問題なく走れちゃうし、私のように通勤メインでたまにツーリングという用途の人にはまさにピッタリの一台だと思います。 高速道路を使って遠くまで走りに行くのも良いですが、レブル250で下道ツーリングに出かければ新しいツーリングの魅力を発見できるかもしれません。

次の