デレマス ss p。 モバP「アイドルの誘惑に対して……」 : モバマス SS

デレマスSS 私的おすすめSSまとめ:モダンな記録部屋

デレマス ss p

94 ID:NfZjFBGAO 凛「早苗…ちゃん?」 早苗「ん~?どうしたの、凛ちゃん?」 早苗「やっぱりこの子にセクハラされちゃった?」 凛「あ、いや…そうじゃなくて…」 凛「プロデューサー…早苗さんのこと…」 P「ん?」 P「早苗ちゃんがどうかしたか?」 凛「いや、それ。 53 ID:NfZjFBGAO 凛「おかしいでしょ。 02 ID:NfZjFBGAO 凛「早苗さんがアイドルになる前に結婚したの?」 P「まぁ、そういうことになるな」 P「仕事とは別で駐禁切られた時が初めての出会いだったんだが…」 早苗「お互いに一目惚れで、そのままゴールインってね」 凛「……」 凛「…それなのに自分の奥さんをアイドルデビューさせたの?」 P「仕事中に街で声をかけた婦警さんがウチの嫁だった」 早苗「ナンパかと思ったらウチの旦那だった」 凛「……」 P「それもまた良いかなって」 早苗「面白そうだし良いかなって」 凛「良くないよ。 シメないんだ。 15 ID:NfZjFBGAO P「俺も早苗ちゃんのことが好きだから大丈夫かな」 早苗「…浮気したらホントに泣くから」ギュッ… P「大丈夫だって」ナデナデ… 凛「……」 凛「(最初から勝負が着いてるなんてな… 」 凛「(悔しいけど早苗さんが相手なら、もう受け入れるしかないかな… 」 凛「(うん。 そうだよ。 叶わないとわかってるなら気持ちのリセットもすぐ… 」 P「あっ、凛。 vip2ch. アーカイブ• 132• 280• 596• 989• 2007 カテゴリー• 1,424• 167• 109• 157• 244• 168• 2,699• 140• 122• 1 メタ情報•

次の

[mixi]【アイマス・SS】P「アイドル達に何も言わ

デレマス ss p

ガチャン 志希「あー、この薬を体に取入れたら、人前でも下着姿になっちゃう薬が入った瓶が!」 モバP(以下P)「何てもんを……まぁ、俺とお前しかいないし、床に……あれ、割れた瓶しかない??」 志希「並のアルコールより揮発性が高いからね~」 志希「だから」ヌギヌギ 志希@下着姿「こうなっちゃいまーす!」 P「……意外だな。 白の上下とは。 あ、レースがワンポイントだな」ドキドキ 志希「ふふーん。 似合うかな?」グルッ P「……つか、俺も脱ぐことになるのか?」 志希「んー。 響子はピンクの上下……だが) P「なぁ……美穂」 美穂「ご、ごめんなしゃい!」ペコペコ 美穂「あ……朝、寝坊しちゃって……それで……」 P(美穂は綿パンツとナイトブラの組合せ) P(ようするに寝起きのまま来たわけと……) P「これでは俺は落とせないぞ」 卯月「うぅ……」 美穂「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!」ペコペコ 響子「……チッ」 P(響子さん、恐い) P(それはともかく、次はポジパだったが) 「ど、どうしてもなんですか?」 「頑張ろうね」 「茜ちん!何事もトライの精神だよ!」 P(意外に茜は恥ずかしがりやだった) P(あ、予想通り、藍子はぺったんこだった) 凛「次は私たちの出番ね」 奈緒「こうなったらヤケだ!」 加蓮「そうそう。 そこに何故か転がっていた藍子がバストアップを期待して飲んだ……もといタイアップしている豆乳の空き箱を踏ん付けて) 加蓮「わ、わわわっ!」ツルッ 凛「え……何っ!?」バタン 奈緒「どうした……おわっ!!」プチッ P(連鎖で加蓮が凛のブラを。 凛が奈緒のパンティーを下げた結果……) 奈緒@下半身裸「……」 凛@トップレス「……」 加蓮@下着姿「ご、ごめんって……」 凛「……奈緒」 奈緒「あぁ……」 ジリジリ 加蓮「ちょっと……二人と……やぁーっ!!」 P(全員、全裸を拝ませてくれました) P(全裸といえば……) りあむ@全裸「Pサマ!ぼくの裸を見たからには貰ってくれないとやむよ!」 愛梨@全裸「下着姿は体が熱くなっちゃうから脱ぎました!」 薫@全裸「せんせー!こーふんしまー?」 千佳@全裸「魔女っ子の変身には全裸はつきものだよ!」 ほたる@全裸「さ、さっき、ドアに引っ掛けて下着が破れて……」 P(と、ガチ全裸勢はいたし……) まゆ@全裸+リボン「うふふ……今のまゆは身動きが取れませんからぁ」 日菜子@全裸+亀甲縛り「むふふ……今から天井から釣り下げられて、捕われのお姫様に……そして王子様は……むふふぅ!」 比奈@全裸+自縛「いやぁ、たまーに自分で縛る時があるっスよ。 もちろんデッサンの為っス」 P(……と変わった連中もいた) 愛海「早苗さんの下着……相変わらずのお山ですなぁ」 P「ダメだ、こいつ」 ガチャ 由愛「お、おはようございます……」 小春「おはようございます~」 愛海「あれ?……二人共下着姿じゃないの?」 由愛「あ……あれ、本当だったんですね」 小春「メールが来た時は、間違いじゃないか疑いました~」 愛海「なら、今からでも下着一丁になりなよ!」 P「下着一丁って、昭和のオヤジかよ」 愛海「昭和といえば、昔は妙齢の熟女達が下着姿で話し合っていたんだってね」 P「近所のおばちゃんが色気のないスリップ姿で井戸端会議してただけだ」 愛海「夢がないねぇ……」ハァ P「何故お前にため息を突かれないといかんのだ?」 愛海「それから、由愛ちゃんも小春ちゃんも、こういう時だからもっと積極的になろうよ!さぁ、脱いで。 プロデューサーの前で下着姿になろうよ!」 小春「でも~、小春達は~」 由愛「Pさんの前で……そ、その……」 P「はい、二人共ストップ。 ほら、バレたらまずいでしょ」 由愛「あ……ごめんなさい」 小春「忘れていました~」 愛海「??」 愛海「えっと……つまり」 愛海「二人は……プロデューサーの前で下着姿に既になっている……?」 小春「下着どころか、すべてを……ムグムグ」 P「あー。 そんな掻き交ぜないで!) カリッ 愛海「ヒぁァッ……!!」ガクッ 愛海(な、ナニ……電気が走ったみたいに、目がチカチカしてきたよ…) P「なるほど。

次の

【R

デレマス ss p

」 みりあ「え、クリスマスはまだ早いって? もうすぐだよ! 」 みりあ「プロデューサーは、のんびり屋さんだなぁ」ナデナデ みりあ「ふふっ、でーきた!」 みりあ「じゃーん! 私の手作りリボン! 」 みりあ「真っ赤で真っ赤で、すっごく綺麗だよ。 vip2ch. 89 ID:37PjtD4Y0 みりあ「あれ、体振るえてますよぉ、Pさん…どうしたんですかぁ…?」 みりあ「あぁ、そっかぁ」 みりあ「まゆさんの真似するといっつも、怖がるよね。 プロデューサー…忘れてたよ。 」 みりあ「プロデューサーいっつも言ってたじゃん。 12 ID:37PjtD4Y0 みりあ「ほら、え?ハイライトがない?あははは」 みりあ「私の目から光が消えても、クリスマスの光が私たちを輝かせてくれるよ。 だから、だいじょーぶ!! 」 みりあ「意味がわからない?」 みりあ「そんなプロデューサーも可愛いけど……あ、そうだ…」 みりあ「クッキー作ったんだ。 じゃーん、私の手作りクッキー!! 93 ID:37PjtD4Y0 みりあ「泣いたってわからないよ!」 みりあ「もしかして……んっ、あむっ、もぐもぐ」 みりあ「はい、プロデューサー、今食べさせてあげるね。 んっ、じゅるっ…んっ」 みりあ「ふぅ…プロデューサー、口からよだれ垂れてるよ。 」 みりあ「ぺろっ、んふっ、さすがクッキーだよ。 59 ID:37PjtD4Y0 みりあ「でもだーめ」 みりあ「よい子はもう寝る時間だよ。 それに、サンタさんに怒られちゃうよ?」 みりあ「ほら、プロデューサーも、今は体怪我してるんだしさ、一緒に寝よ?」 みりあ「あ、エッチなのはダメだよ?」 みりあ「背中の傷もすっかり良くなったね。 お尻もさ。 でも…切り傷がまた少し増えたね。 」 みりあ「でも、このリボンのためだからさ…仕方ないよね!! 」 みりあ「ほら、もう寝よ?」 みりあ「お母さんたち?」 みりあ「なんと、私が旅行をプレゼントしましたー!! 」 みりあ「あっ、いたかった?ごめん…ごめんね」 みりあ「心配するのか?って…するに決まってるよ!」 みりあ「大事な大事なプロデューサーだもん。 58 ID:37PjtD4Y0 みりあ「おっはよーございまーす!! 」 ちひろ「あら、おはよう。 みりあちゃん、すっごく元気ね」 みりあ「えへへ、そうかな?」 ちひろ「今日は、まゆちゃんとレッスンよ。 」 まゆ「おはようございまぁす。 」 ちひろ「噂をすれば…おはよう、まゆちゃん。 」 まゆ「おはようございます。 07 ID:37PjtD4Y0 ちひろ「今のまゆちゃんの真似?」 みりあ「うん!似てた?」 ちひろ「ええ、すっごく似てたわ。 リボンなんて珍しいわね、みりあちゃん。 88 ID:37PjtD4Y0 まゆ「教えてください…みりあちゃん…うふふ」 ちひろ「大人っぽい色ね。 じゃーね~!! 」ダダダッ まゆ「……」 ちひろ「いっちゃいましたね。 92 ID:37PjtD4Y0 文香「ええ…とても大事に使ってるわ。 」 みりあ「うれしいなぁ。 」 文香「ところで…さっきはどうしたの?」 みりあ「じつは……」 文香「…大変だったわね」ナデナデ みりあ「うん……」ギュッ 文香「そういう時は…ヒソヒソ」 みりあ「…そっか。 56 ID:37PjtD4Y0 P「みりあ…どこいったんだ?」 まゆ「みりあちゃん…心配してもらって…羨ましいですね…うふふ」 P「みりあ…何処に……」 ギュッ P「ひぃっ、誰!? 」 みりあ「ばぁ、みりあだよー! 05 ID:37PjtD4Y0 まゆ「はやくPさんから離れてください…みりあちゃん…」 ちひろ「まゆちゃん? 」 みりあ「まゆさん…」 まゆ「それにそのリボン…何処で手に入れたか…教えてくれませんかぁ?」 みりあ「えっ…」 まゆ「いいじゃないですかぁ…お揃いのリボン…うふ」 みりあ「……」 まゆ「みりあちゃん……? 」 みりあ「う、うぅ…」 ちひろ「みりあちゃん?」 みりあ「ウワァーン!! みりあのことは勿論大好きだぞ。 大丈夫か?」ナデナデ まゆ「P、Pさん…嘘ですよね…? 57 ID:37PjtD4Y0 P「ま、まゆ…少し席を外してくれないか?」 まゆ「そんな…嘘ですよね…ねぇ! 」 みりあ「ぐすっ、まゆさん怖いよ…うぅ…わぁーん!! 」ギュッ P「よしよし。 ちひろさんも、まゆのことをお願いします。 」 ちひろ「え、ええ…まゆちゃん。 あっちへ行きましょう。 36 ID:37PjtD4Y0 ちひろ「あんなみりあちゃん…初めて見るわね。 」 P ごめん…まゆ… みりあ「ぐすっ、プロデューサー…あれして……」ギュッ P「よしよし…チュッ これでいいか?」 まゆ「なぁ…!? 」 ちひろ「お、落ち着いて、アレはほっぺよ。 」 まゆ「は、離して…ちひろさん!」 ちひろ「まゆちゃん!! 32 ID:37PjtD4Y0 ちひろ「みりあちゃん、今日は仕事は無いですから。 みりあちゃんよろしくお願いしますね。 」 P「わ、わかりました。 」 P「リボンについて聞いただけじゃないか。 61 ID:37PjtD4Y0 P「はぁ…そんなことで……」 みりあ「…の味方なんだ…」ボソッ P「何か言ったか?」 みりあ「ううん…ねぇ、今日はもう帰ろ?」 P「しかしだな……」 みりあ「私はいい子でも…プロデューサーが悪い子じゃ…しなきゃ」ボソッ P「ん?」 みりあ「ねぇ、帰ろ?言うこと聞いてよ…ね?」 P「またあの目…わ、わかった。 私、おんぶして欲しいなぁ~」 P「歩けるだろ。 25 ID:37PjtD4Y0 P「またここに戻ってくるなんてな…はぁ、気が重い……」 みりあ「さぁ、お仕置き始めよ?」 P「な、なんでさ!」ビクッ みりあ「えぇっとぉ…まゆさんに誘惑されてた。 私のことを守ってくれなかった。 まゆさんをかばった。 私の言うことに反抗した。 」 P「そりゃ、まゆだって、大事な俺のアイドルだか「うるさい!!! 」」 P「ひっ…(まただ…またあの目に……)」 みりあ「ねぇ、前も言ったよね?忘れたの? プロデューサーは私を見て。 私だけを見てればいいの!! 」 P「それじゃあ、悪い子みりあじゃないか。 」 みりあ「難しいことは子供だからわかんない!! 」プイッ みりあ「とにかく、お仕置き、お仕置きするの!! 」 みりあ「はーい、私はプロデューサーの要求を拒みまーす!」 P「頼む、もうしない。 もうあんなことしないから。 15 ID:37PjtD4Y0 みりあ「そういえば、サンタさんって真っ赤な格好してるよね。 」 みりあ「プロデューサーも…真っ赤に染まる?」 みりあ「私のプレゼントは真っ赤な真っ赤なサンタさん!」 みりあ「なんて素敵なんだろ~」 みりあ「あっ、文香さんにもクリスマスプレゼント用意しなきゃ。 」 みりあ「今度は、特製栞か、またブックカバーかな?」 みりあ「どっちがいいかな?あはは、泣いてないで答えてよ。 」 みりあ「……そっちね。 」 みりあ「呼吸はしっかりしてるね。 15 ID:37PjtD4Y0 {::::. : またお会いましたね。 今回はこれにて終了になります。 : の続編。 今回は、あまり病んではいませんでしたね。 : 次こそ、最高のCOOOOOL!! をお見せしましょう。 : ではまた、会う日まで……. : :. : :. vip2ch.

次の