いずれ アヤメ か カキツバタ。 いずれアヤメかカキツバタ?

いずれアヤメかカキツバタ。それともショウブか花ショウブ!!

いずれ アヤメ か カキツバタ

カキツバタとは• 基本情報• 特徴 カキツバタは水辺の修景には欠かせない花で、古くから『万葉集』など歌にも詠まれ親しまれています。 名前の由来は「書き付け花」で、衣服を染めるのに利用されたことによります。 50ほどの園芸品種があり、のように外花被が3枚の三英花(さんえいか)と外花被が6枚の六英花(ろくえいか)があります。 弁幅は比較的狭く、先がとがっていて野性味が感じられ、葉幅は広く葉脈は目立ちません。 よく似た花で湿地を好むものにヒオウギアヤメがあり、こちらは花に網目模様が入ります。 なお、漢字で「杜若」と書いてカキツバタと呼ばれますが、本来「杜若」はアオノクマタケランを指すものです。 「いずれアヤメかカキツバタ」といわれるように、優劣がつけがたく区別しにくいもののたとえとして引用されますが、は陸生で、一般の草花と同様、水はけのよいところで育ち、一方のカキツバタは水生で、池や沼地など常に水のあるところを好みます。 基本データ 園芸分類 草花,水生植物 形態 多年草 原産地 日本、朝鮮半島~東シベリア 草丈/樹高 50~80cm 開花期 5月~6月中旬(秋に咲くものもある) 花色 青,紫,白,複色 栽培難易度 1~5 耐寒性 強い 耐暑性 強い(水は必要) 特性・用途 落葉性,耐寒性が強い.

次の

菖蒲・アヤメ・カキツバタの違いと見分け方

いずれ アヤメ か カキツバタ

ハナショウブ アヤメの仲間(アヤメ科アヤメ属)には非常に多くの種類があります。 をはじめ、、、、など園芸でも広く親しまれています。 「いずれアヤメかカキツバタ」という言葉があります。 「どちらが優れているか決められない」「どちらの花も似ていて区別できない」という意味です。 確かにアヤメの仲間はどれも花の見た目が似ています。 特にアヤメ、カキツバタ、ハナショウブの三種は公園など身近な場所で見かけることも多く、花が咲く時期も近くて見分けがつきにくいです。 今回はそれぞれの特徴を知ってもらい、区別する際のヒントになればと思います。 すべてひっくるめて『アヤメの仲間』でもいいかもしれませんが、ひとつずつ名前を覚えることでその植物の特徴や由来もわかってくるものです。 まずはこの三種がそれぞれどんな植物なのかざっと見ていきましょう。 ハナショウブ 野生のを元に改良された園芸植物です。 改良が盛んに行われるようになったのは江戸時代で、明治、大正、昭和と改良が続き、現在のハナショウブに至ります。 とにかく たくさんの品種があり多彩です。 品種改良がおこなわれた土地の違いなどから、江戸系、肥後系、伊勢系、長井古種などの品種群に分けられます。 花色は 紫、 白、 紅紫、 青紫などがあり、 花びらに縁取りや細かい斑点の入るものがあります。 三種のなかでは もっとも大輪の花を咲かせます(ノハナショウブは小輪)。 やや乾燥をきらい、 湿り気のある土壌を好みます。 端午の節句でしょうぶ湯に用いるショウブはショウブ科の植物で、ハナショウブとは全く異なる植物です。 以上が三種の説明です。 それでは違いをまとめてみましょう。 育つ場所 アヤメの仲間と言えば池など水のある場所で花を咲かせているイメージがあります。 確かにカキツバタは湿地のような水に浸かる場所で育ちますが、アヤメは逆に水はけのよい乾燥地でよく育ちます。 ハナショウブはカキツバタほど水を好みませんが、アヤメほど乾燥に強くありません。 葉っぱの真ん中に葉脈の浮き出たハナショウブの葉っぱ 「花びらの黄色い筋」「葉の葉脈」これらがハナショウブの客観的な特徴といえるかはあいまいです。 ただ、当てはまるものが多いうえにわかりやすいので、憶えておいても損はないです。 開花時期 筆者の住んでいる京都では、ゴールデンウィーク頃にアヤメが咲き(5月上旬)、続いてカキツバタ(5月中旬から下旬)、入梅の頃にハナショウブが咲く(5月下旬から6月)といった感じです。 さいごに 三種の違いを表1にまとめました。 「百聞は一見にしかず」で、実際に観察するとかなり細かなところまで違いがわかると思います。 表1 三種の違い アヤメ カキツバタ ハナショウブ 生育適地 乾燥地 湿地 適湿地 花 小輪 花びらに網目模様 中輪 花びらに白筋 大輪 花びらに黄色い筋の入るものが多い 葉っぱ 幅が狭い 葉脈ははっきりしない 幅が広い 葉脈は細い 幅は中くらい 葉脈が太く、くっきり浮き出ることが多い 開花期 5月上旬から中旬 5月中旬から下旬 5月下旬から6月 ここで紹介したのはあくまで三種の違いで、ほかの仲間(アヤメ科アヤメ属の別種)も含めると区別はさらにややこしくなります。 アヤメの仲間は非常に多彩ですので、興味のある方は調べてみてください。 おもしろいですよ。 ( 小林昭二).

次の

菖蒲・アヤメ・カキツバタの違いと見分け方

いずれ アヤメ か カキツバタ

カキツバタとは• 基本情報• 特徴 カキツバタは水辺の修景には欠かせない花で、古くから『万葉集』など歌にも詠まれ親しまれています。 名前の由来は「書き付け花」で、衣服を染めるのに利用されたことによります。 50ほどの園芸品種があり、のように外花被が3枚の三英花(さんえいか)と外花被が6枚の六英花(ろくえいか)があります。 弁幅は比較的狭く、先がとがっていて野性味が感じられ、葉幅は広く葉脈は目立ちません。 よく似た花で湿地を好むものにヒオウギアヤメがあり、こちらは花に網目模様が入ります。 なお、漢字で「杜若」と書いてカキツバタと呼ばれますが、本来「杜若」はアオノクマタケランを指すものです。 「いずれアヤメかカキツバタ」といわれるように、優劣がつけがたく区別しにくいもののたとえとして引用されますが、は陸生で、一般の草花と同様、水はけのよいところで育ち、一方のカキツバタは水生で、池や沼地など常に水のあるところを好みます。 基本データ 園芸分類 草花,水生植物 形態 多年草 原産地 日本、朝鮮半島~東シベリア 草丈/樹高 50~80cm 開花期 5月~6月中旬(秋に咲くものもある) 花色 青,紫,白,複色 栽培難易度 1~5 耐寒性 強い 耐暑性 強い(水は必要) 特性・用途 落葉性,耐寒性が強い.

次の