ビットワールドあはれ名作くん。 「あはれ!名作くん」8月にイベント開催決定、花江夏樹は初参加

あはれ!名作くんとは

ビットワールドあはれ名作くん

日本中の子どもたちに笑いと名作愛を届ける! NHK Eテレ「ビットワールド」内で放映中の大人気アニメ『あはれ! 名作くん』のフィルムコミック第二弾! コミック版だけのオリジナルストーリー「特別編 クラスメイトたちの日常」も収録! あの大人気キャラも登場しているぞ! じっちゃんの名にかけて!? 【あらすじ】 すべての名作物語を愛する少年・松田名作は、数々の名作キャラを輩出する「竜宮小学校」に入学。 超バカの「スウィーツ」、おむすびの「むすび」、自称ロボの「ノキオ」、マッチョな亀の「ボルト」など、キャラの濃いクラスメイトたちのボケを名作くんはツッコミきれるのか!? 【収録作品】 入学! つる公 つる公の恩返し ももも太郎 三係志 むすびの運動会 将棋名人スウィーツ バえろワンスタグラム ウィザー・ドーと魔法の小学校 治れ! 名作くん ノキオシューティング イズの魔法使い ツンデレラと踊ろう ネバー名ディングストーリー 前編 ネバー名ディングストーリー 後編 [特別編]クラスメイトたちの日常.

次の

Eテレ『あはれ!名作くん』シーズン5 新キャストに花江夏樹 /2020年3月6日 1ページ目

ビットワールドあはれ名作くん

TVアニメ「あはれ!名作くん」のイベントが8月29日に東京・品川インターシティホールで開催されることが決定した。 昨年東京・山野ホールで開催された「あはれ!名作くん イベント'19」に続き、2回目となる今回のイベント。 出演者には新海岳人監督、松田名作役の那須晃行(なすなかにし)、スウィーツ役の中西茂樹(なすなかにし)、むすび役の金子学(うしろシティ)、ノキオ役の阿諏訪泰義(うしろシティ)、ボルト役の小野賢章、つる公役の江口拓也、春雨知恵熱役の花江夏樹が名を連ねた。 うしろシティは前回のイベントにリモートでの参加だったため、また花江はシーズン5からの出演となるため、2組はイベント初登壇となる。 チケットは7月22日から7月29日まで、イープラスで先行受付を開始。 一般チケット、視聴チケットともに8月8日の発売となる。 「あはれ!名作くん」は「鶴の恩返し」や「ジャックと豆の木」など古今東西の名作をいじり倒すギャグショートアニメ。 NHK Eテレ「ビットワールド」内でオンエアされ、4月よりシーズン5がスタートしている。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

#ビットワールド X 名作くん

ビットワールドあはれ名作くん

アイデア募集 「名作くんの決めゼリフ」大募集! 「あはれ!名作くん」キャラクターたちの決めゼリフを大募集! 「いつか本物の名作になる!」「ころがり続けるです!100万円を拾うまで!」「ズンズン激ヘコ丸っす... 」など名作くんたちに言ってほしいセリフ、言ったら 似合 にあうセリフなどを送ってね。 もしかしたらアニメ本編でもみんなが考えた決めゼリフを言うかも? たくさんの応募お待ちしています! アイデアを送ってくれるみなさんへのおねがい 番組で募集しているアイデアには、キャラクターのイラストを募集しているものがありますが、応募するときには、マンガ・アニメ・ゲームなどのキャラクターはぜったいに使わないでください!イラストだけでなく、名前なども人のマネにならないように注意してください。 ビットワールドは、みんなが自分で考えたアイデアを発表する場所です。 人のアイデアを自分のもののようにして勝手に使うことは、アイデアを考えた人に対して失礼なだけでなく、ビットワールドが自由な発想をうしなってしまうことにつながり、 番組の命をみじかくしてしまうこともあります。 スタッフもできるだけチェックするようにしてはいますが、世の中にあるすべてのキャラクターをチェックすることはとてもできません。 自由なビットワールドを守るためには、みなさんの協力が必要なのです! 応募フォーム 選択してください 名作くん スウィーツ むすび ノキオ ボルト つる公 決めゼリフ ビットネーム 番組で紹介する名前です。 マンガ・アニメ・ゲームなどのタイトルやキャラクター名、商品名は使わないでください。 電話番号 メールアドレス 確認のためもう1度入力してください 送っていただいた内容は番組や公式サイトで紹介させていただくことがあります。 送っていただいた個人情報は、番組制作以外の目的に利用されることはありません。 個人情報保護については、にくわしく書いてあります。 また、利用者情報の管理については、にくわしく書いてあります。 全てのマスに記入されていることを確認して、下の送信ボタンを 1回だけ押してください。 送信が終わるまで時間がかかることがあります。

次の