河北 新報 コロナ。 立体布マスク簡単手作り 新型コロナ対策に自宅の材料活用

コロナ対応・東北6知事の手腕点検

河北 新報 コロナ

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 東北企業5月の売上高、前年割れ79.9% コロナの影響拡大 河北新報オンラインニュースはてなブックマーク - 東北企業5月の売上高、前年割れ79.9% コロナの影響拡大 河北新報オンラインニュース プレビュー 東北企業5月の売上高、前年割れ79.9% コロナの影響拡大 河北新報オンラインニュースはてなブックマーク - 東北企業5月の売上高、前年割れ79.9% コロナの影響拡大 河北新報オンラインニュース 東北企業5月の売上高、前年割れ79.9% コロナの影響拡大 河北新報オンラインニュース 5月の、前年79.9% の影響拡大 拡大の影響で、5... 続きを表示 5月の、前年79.9% の影響拡大 拡大の影響で、5月のが前年同月を下回ったのが79.9%に達が19日、支社ので分かった。 4月のについて聞いた前回(4月~5月)より5.0。 拡大防止に向けてされた「新しい」が業績にの影響を与えると考えるは4割超に達した。 4月のが前年同月の半分に届かなかったは、前回比3.3の14.1%だった。 一方、前年同月を上回ったは20.1%あった。 に「既に影響が出ている」と答えたのは73.0%で、前回より4.8増加。 業では、の減少やの減額などでが最多の83.9%だった。 が82.9%、業やを含む他が80.7%と続いた。 新しい生.

次の

[B!] 東北企業5月の売上高、前年割れ79.9% コロナの影響拡大

河北 新報 コロナ

新型コロナウイルスの感染が拡大し、市販のマスクが手に入りにくい状況が続いている。 自宅にある材料を使って簡単にできる立体布マスクの作り方を、仙台市青葉区のファッション文化専門学校DOREMEに教えてもらった。 立体布マスクは、布地と鼻の間に空間ができて呼吸しやすいのが特長。 耳に掛けるゴムの長さを調整すれば顔にぴったりフィットする。 パーツも少なく、手縫いなら約1時間、ミシンを使えば40分ほどで完成する。 生地は綿100%の布を使う。 肌触りと通気性に優れた二重ガーゼがお薦めだが、手芸店では品薄になっている。 自宅にある古着を代用しても構わない。 新しい生地を使う場合は、縮みを防ぐため、事前に水通しをしておくとよい。 DOREME広報の菅野麻那さん(33)は「化繊が入っていると息がしにくく、肌荒れの原因にもなります。 私は息子が赤ちゃんの頃の肌着を使って作りました」と言う。 耳に掛けるゴムは、ヘアゴムや着古したパジャマのズボンに使われているウエストゴムで代用できる。 特に子ども用のパンツやパジャマのゴムは柔らかく、耳が痛くなりにくいという。 布マスクは表地を好みの柄にしたり、レースや飾りのボタンを着けたりして、作り手の個性を出すことができる。 菅野さんは「感染終息の見通しが立たず、マスクを着用する期間が長引いている。 手作りマスクで少しでも気持ちが明るくなるよう工夫してください」と話している。 ただ、厚生労働省はせきやくしゃみでしぶきが飛ぶのを抑え、不用意に手で口や鼻に触れるのを防ぐ効果があるとする。 せきエチケットとしてマスクを着用したら、しっかり洗って清潔さを保つことが大切だ。 国は1日1回、さらに汚れが付いたらその都度洗うよう勧める。 経済産業省は動画投稿サイト「ユーチューブ」でマスクの洗い方を公開している。 手順は次の通り。 (1)水と適量の衣料用洗剤を入れたおけに、マスクを10分ほど漬ける(2)軽く押し洗いして水道水で十分にすすぐ。 繊維を傷めかねないので、もみ洗いはしない(3)水気を切り、形を整えて陰干しして自然乾燥させる。 洗う際は、乾燥機や柔軟剤の使用は避けよう。 汚れが気になるときは、塩素系漂白剤を使ってもよい。

次の

立体布マスク簡単手作り 新型コロナ対策に自宅の材料活用

河北 新報 コロナ

・息苦しさ(呼吸困難)や強いだるさ(倦怠感)がある• ・37.5度以上の熱が 4日以上続く 高齢者、糖尿病や呼吸器疾患、慢性疾患のある人、抗がん剤治療を受けている人などは2日以上• 1日2〜3回検温するなど様子を見る 軽症の人はむやみに受診しない。 多くの人が医療機関に殺到すると、医療現場が混乱して必要な人が医療を受けられなくなる恐れがあるほか、感染拡大のリスクもある 受診は必ず電話連絡をしてから。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避ける。 発熱時期や症状の経過を簡単にまとめておく 症状・所見がないのに検査や治療薬を求めない。 一般的な風邪も治療薬はなく対症療法のみ。 感染後、平均5〜6日で症状が出ていた。 約80%は軽症で、肺炎の症状がない人もいたという。 死亡率は3.8%で、80歳以上は21.9%。 高齢者や心臓血管疾患、糖尿病、高血圧といった持病のある人ほど高くなる傾向にあった。 感染者のうち18歳以下が占める割合は2.4%と比較的低く、子どもから成人に感染した事例は確認されなかったとしている• マスクは鼻からあごの下まで覆い、隙間ができないよう装着する。 予防にも一定の効果が期待できる• アルコール消毒は乾いた手に使う。 よく触るドアノブや手すり、スイッチ、スマホなどを拭く。 ウイルスは人体から離れると長く生き延びられないとされる• 飲酒は控えめにし、禁煙を徹底する• 濃厚接触者は、感染者と同居する人、予防策なしで診察や搬送にかかわった医療関係者ら• マスクや手袋はビニル袋に入れて捨て、その都度手を洗う。 タオルなどの共用は避け、換気と清掃をこまめに行う。 衣類などに付いたウイルスは通常の洗濯で落ちる• 重症化しやすい高齢者の多い施設や病棟には必要がなければ行かない• 人に感染症を引き起こすものは6種類あることが分かっており、うち4種類は一般的な風邪の原因の10〜35%を占める。 2003年に中国を中心に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)や、中東地域で発生している中東呼吸器症候群(MERS)は重症化しやすい。

次の