タランテラ プロコフィエフ。 子供の音楽-12のやさしい小品 Op.65/Musiques d'enfants Op.65

タランテラ

タランテラ プロコフィエフ

タランテラを踊る女性(1846年) タランテラ tarantella は、・の。 曲名は、という町の名前に由来するという。 また、同じ町の名を由来とするのに噛まれると、その毒を抜くために踊り続けなければならないとする話から付けられたという説もあるほか、その毒の苦しさゆえに踊り狂って死に、それを表現したという説もある。 タランテラの歴史はにまで遡ることができ、より古い形式のダンスが起源とされる。 やの演奏に合わせて踊られるが、1つのスタイルに固まるまでいろいろなリズムが存在したらしい。 やなども、タランテラを作曲している。 タランテラは、1人で踊ることよりはグループ、特にカップルや女性のペアで踊られることが多い円舞曲である。 最初は右回りに踊るが、曲の一区切り毎に回る方向も左になり、テンポも速くなる。 これが何回か繰り返され、遅れずについていくのがだんだん難しくなっていく。 タランテラは舞台ではの『』、映画では『』などに登場する。 タランテラの有名な曲 [ ]• :25の練習曲の第20曲「タランテラ」• が「」として編曲している。 :第4楽章「プレスト」、第4楽章「アレグロ」• :第4楽章「」、第8巻第3曲「タランテラ」• : 作品43• : 第2年補遺「」第3曲「タランテラ」• :タランテラ 作品6, 第3楽章「プレスト」• :バレエ「」第2曲、管弦楽曲「」第3部「プレスト」・第5部「プレスト」• :ピアノ曲「舞曲(スティリー風タランテラ)」• :2台ピアノ用第4楽章「タランテラ」• :バレエ音楽「」、またそれを基にしたプルチネルラ組曲、イタリア組曲に含まれる「タランテラ」• : (とピアノ) 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の

【タランテラを集めました】有名なタランテラを聴き比べてみよう!

タランテラ プロコフィエフ

タランテラを踊る女性(1846年) タランテラ tarantella は、・の。 曲名は、という町の名前に由来するという。 また、同じ町の名を由来とするのに噛まれると、その毒を抜くために踊り続けなければならないとする話から付けられたという説もあるほか、その毒の苦しさゆえに踊り狂って死に、それを表現したという説もある。 タランテラの歴史はにまで遡ることができ、より古い形式のダンスが起源とされる。 やの演奏に合わせて踊られるが、1つのスタイルに固まるまでいろいろなリズムが存在したらしい。 やなども、タランテラを作曲している。 タランテラは、1人で踊ることよりはグループ、特にカップルや女性のペアで踊られることが多い円舞曲である。 最初は右回りに踊るが、曲の一区切り毎に回る方向も左になり、テンポも速くなる。 これが何回か繰り返され、遅れずについていくのがだんだん難しくなっていく。 タランテラは舞台ではの『』、映画では『』などに登場する。 タランテラの有名な曲 [ ]• :25の練習曲の第20曲「タランテラ」• が「」として編曲している。 :第4楽章「プレスト」、第4楽章「アレグロ」• :第4楽章「」、第8巻第3曲「タランテラ」• : 作品43• : 第2年補遺「」第3曲「タランテラ」• :タランテラ 作品6, 第3楽章「プレスト」• :バレエ「」第2曲、管弦楽曲「」第3部「プレスト」・第5部「プレスト」• :ピアノ曲「舞曲(スティリー風タランテラ)」• :2台ピアノ用第4楽章「タランテラ」• :バレエ音楽「」、またそれを基にしたプルチネルラ組曲、イタリア組曲に含まれる「タランテラ」• : (とピアノ) 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の

【タランテラを集めました】有名なタランテラを聴き比べてみよう!

タランテラ プロコフィエフ

番号 難易度 推薦 1 Op. 29 26 5 Op. 82 28 7 Op. 1がピアノソナタというところが、プロコフィエフとピアノという楽器との緊密さを象徴している。 初期作品だけあって、かなりロマン的。 一時よく弾かれた。 1楽章はなかなかいいと思うのだが、単独ではさすがに弾きにくいのかも。 晩年に書きなおしている。 1楽章は透明感があり、これだけならさほど難しくはないが。 「戦争ソナタ」という題名には一番ふさわしいかもしれない。 逆にいうとそれだけ難解。 4楽章だけなら推薦、難易度26。 より簡潔により透明になっている。 1楽章と2楽章は動機の関連性からも、あまり間を開けて弾かない方がいいと思う。 ここらへんから習作の域を越えてきたような感もする。 あとがき プロコの少年時代の作品を集めたもの。 全くの習作から結構出来の良いものまで混じっている。 書法的には「悪魔的暗示」で強烈なデビューを果たしたような、モダンなものはさほどない。 近代的書法の萌芽は見られるもののまだまだロマン派の範疇内である。 プロコが結構ロマンティストであったことを窺わせるようなものもある(後年「ロミオとジュリエット」辺りに見られる)。 プロコの研究者には必須、プロコ大好き人間も持っていればいい。 ただ普通のピアノの先生はどうでしょう、どうしても使ってみたいものも見あたらないし、まあ、気が向けばと言うところでしょうか。 これは一時、全音から出ていたんですが、今はカタログから消えてますねえ、困ったもんだ。 使うのなら外版だよりですね。 この曲集に取り組むのなら、この曲か。 メランコリック。 この曲集の中では技術的に難しい。 あるいは不安がだんだん大きくなってくるような感じとでも言おうか。 この曲から始めてもいい。 コンクリートとアスファルトに雨の音という雰囲気。 これは結構喜ばれる。 静謐な中にきらめきを残して終わる。 あとがき 本格的な現代ものの入門書として最適。 基本的に無調であるが、12音ではなく、高い芸術性を誇っている。 日本版が なくなったのが残念。 25 比較的解りやすいかも。 33 もともとはオペラのなかの曲。 管弦楽にも編曲され、さらにピアノ曲にも編曲された。 難易度21、推薦。 45b 完全にモダンな作品。 難易度26。 35」の編曲。 48」の編曲。 比較的解りやすくさほど難しくもないが、部分的にかなり弾きにくい個所あり。 54 2.ト長調 2楽章は近代的悲哀に満ちて美しい。 難易度21。 59 2.風景 透明感のある簡素な曲。 難易度19。 3.田園風ソナチネ 1楽章のソナチネ。 比較的解りやすい。 難易度17。 62 題名通り、やや重い作品が並んでいる。 ときどき耳にする作品である。 準推薦。 1.難易度18。 2.難易度19。 3.難易度23。 番号 曲名 難易度 評価 1 朝 11 A 2 散歩 9 A 3 おとぎ話 10 A 4 タランテラ 11 C 5 後悔 10 A 6 ワルツ 12 B 7 バッタの行進 11 B 8 雨とにじ 9 C 9 おにごっこ 11 B 10 行進曲 11 A 11 夕べに 9 B 12 月夜の散歩 9 B 1.テヌートの和音はペダルで残すこと。 2.解説に5~6小節の左手を5からとあるが、そうすると細かいペダルがいる。 1から5の指換えがベストだろう。 (3小節目は1からのクロスでいい)。 何気ない気分で弾くと散歩らしくなる。 3.解説にスケルツオ風に弾いても良いとあるが、テンポから考えてもそれは不可だと思う。 sostenutoの箇所はペダルが欲しい。 5.ペダルは欲しい。 表現の練習に良い。 6.跳躍が多くテンポを上げると結構難しい。 7.解説に出だしのリズムを正確にとあるが、八分音符を変に押しつけないように、少し短くても良いと思う。 8.ペダルは欲しい。 9.これと次の曲だけに指使いが記されている。 10.装飾音は前に出す。 この曲集で一番使いやすいかもしれない。 11.ペダルがないとがさつに聞こえるかもしれない。 12.これはペダルなしでも可。 あとがき 近代の子供向け作品の中では分かりやすい部類だろう。 遅くともこのくらいの難易度になれば、調性を多少逸脱したような音楽に触れさせた方がいい。 その意味の入門に使える、もちろんプロコでなければならないことはない。 さる方が、ピアニストのレパートリーとしてラヴェル(まで)は必修だがプロコ(ラヴェル以降)は必修とは言えない、と語ってらした。 プロコの書法を学ぶという意味では、プロコは必修だ、と考える先生には重要な曲集。 まあ、先生は持ってるべきでしょうね。 結構使えるし。 全音版は2曲を除いて指使いが記されていない。 また、微妙なペダリングが欲しい曲もあり使う際には先生の前もっての注意が必要かと思われる。 大好評となり傑作の名をほしいままにした、バレエ音楽「ロメオとジュリエット」のプロコフィエフ自身によるピアノ独奏版である。 オケ版の直後に出来上がっているので、プロコフィエフ自身の内部でははむしろ、最初にピアノ版が出来上がっていたのかもしれない。 2.これは解りやすい。 3.やや大規模なメヌエット。 異名同音が多い。 4.無邪気で清楚というものを音楽で表現している。 中間部のCはプロコ独特の透明感にあふれている。 5.この曲集はどれもそうだが、特にこの曲は手の大きさで難易度が全然異なる。 10度が楽に届くとさほど難しいとは思わないだろう。 6.大仰にたっぷり弾く。 これも解りやすい。 7.属音で終わっている、単品では演奏しにくい。 8.中間部を速く弾くと激ムズになる。 ベートーベンの2番にあるようなすばやい跳躍がある。 9.易しいんだけれど、跳躍の連続なので、外さずに弾きとおすことはかなり難しい。 10.ロマンティックにたっぷりと。 あとがき 曲集としては中級から上級向けの曲集ということになるのだろうが、そもそもが一つのバレエ音楽なので、難易度的にまとまっているとは言い難い。 原曲が大好きという生徒ならともかく、普通の場合には、この中の数曲を先生がレパートリーにし与えるということになろう。 プロコの作品の中では解りやすい方ではあるのでそれなりに使えるが、生徒が飛びついてきそうな曲というのは、ちょっと見当たらないような気もする。 発表会などで1曲混ぜると、毛色が変わってそれなりに映えて楽しめるだろう。 77-4 比較的解りやすい。 難易度17。 96 2.コントルダンス 元映画音楽。 難易度24。 3.メフィストワルツ これも同じく映画音楽。 テンポ次第でかなり難易度は変わる。 一応22。

次の