シュレーゲル アオガエル 鳴き声。 間違いやすい似た種の違い

間違いやすい似た種の違い

シュレーゲル アオガエル 鳴き声

ドイツ人生物学者ヘルマン・シュレーゲルの名が冠されているがれっきとした日本在来種で、しかも固有種。 決してペット用に導入された外来種などではない。 横文字の名前が付けられてしまっているため一般人になかなか名前を認知してもらえず、関心も引かず、よって保護の機運も高まらず、良いことは何一つとてないという現状。 今からでも構わないので日本固有種として誇れる名前に改名してもらいたいもの。 一般に見慣れているは目の周りに黒いアイラインが入るが、シュレーゲルアオガエルに黒筋はなく顔も背も緑一色。 産卵期を除けば(多少の濃淡の変化はあるものの)緑色のままで、黒っぽくなったり斑(ぶち)が入ったりすることもない。 日本一美しい(気色悪くない)カエルといえるのではないか。 他のカエル同様メスはオスより大きく、アマガエル(のメスのでっぷり太った大きなやつ)に比べれば一回り半以上ボリュームがある。 よりは小さい。 普段は池や水田周辺の草むらや樹上で生活しているとされるが、遭遇できる機会はほぼ皆無なため詳しい暮らしぶりはわからない。 高いところにのぼるのが好き。 手足の吸盤が強力で垂直面に張り付いたまま眠る、なんていう芸当も可能。 肉食で、ハエ(蠅)やガ(蛾)、クモ(蜘蛛)にバッタ(飛蝗)といった小型昆虫類を好んで食べる。 夜行性。 ある程度の規模で森林が残されていて、そこに(産卵期に)止水(田んぼ、池、沼)があり、水際がコンクリートで固められてしまっていないことが生息条件。 産卵期に鳴き声は各所で聞くのでそれなりに数はいるようだが、止水の減少は種の存続を脅かす大きな懸念材料になっている。 オスが池や田んぼ周辺に集まって「キロロロロ、キロロロロ(ケロロロロ、ケロロロロ、あるいは、コロロロロ、コロロロロ)」と結構大きな声で鳴くようになる(最盛期になると夜のみならず日中も鳴く)。 誰かが鳴き始めるとそれに対抗するかのように他のオスも鳴き始め、しばらくすると一斉に鳴き止める。 その繰り返し。 の合唱と同じシステム。 (周辺地域住民からしたら)ちょっとうるさいのが難点だが、ゲロゲロ、ゲコゲコ、グワッグワッといったカエルっぽい声ではないためあまり人に不快感(気色悪いものへの警戒感)を与えない美声だ。 声は止水の水際周辺の地面から聞こえてくる。 だがしかし、どこをどう探してもシュレーゲルアオガエルの姿は見つけられない。 それもそのはず、オスは土に穴を掘ってその中に潜んで鳴いているのだという(それにしては声が籠らず透き通って聞こえるが)。 しかも、オスの体は緑色から茶色系に変色してさえいるという。 その地面の上には春の草がたくさん芽吹いているので、それらも邪魔してどうにもこうにも見つけられっこないのだ。 草むらをがさごそと荒らしてみても、カエルが水にちゃぽんと飛び込む音もしない。 鳴き声が止むだけで、なおさら見つけられない。 悔しい。 田植え体験会などに参加して畦(あぜ)を掘り返してみない限りは、シュレーゲルアオガエルは見つけられないだろうと思う。 勝手に掘って、荒したり崩したりしてはいけません。 産卵もその水際の穴の中に潜った状態で行う。 卵の粒は黒ではなく乳白色(薄い黄色)で、白色のメレンゲのようなねっとりした泡に包まれている。 卵も本来は土中にあるので、見つけられるものではない。 泡の中でいずれ孵化したオタマジャクシは降った雨にざざーっと流されて池や田んぼの水中へと落っこちる、というなんだかいちいち面倒くさい仕組みを採用。 孵化は5月中旬から下旬にかけて。 田んぼの水が増減した際に流れ出てしまったものと思う。 この水面に流れ出てしまった卵塊は、泡が溶けやすく、そのためか非常に傷みやすく、ときに大部分が腐敗してしまい孵化できない。 田んぼに浮かんだ卵はトラクターや田植え機に撹拌されても一巻の終わりだ。 孵化したばかりのオタマジャクシは卵塊内の泡に留まることができずすぐに水中に落ち、弱って死んでゆくものも多い。 おそろしくデリケートな卵である。 水路に流出した卵塊を掬(すく)い出して水に浮かべておいたら、ことごとく死なせてしまったことがある(下の写真)。 とにかく腐る。 どんどん腐る。 神奈川県が誇る塩素たっぷりの新鮮な水道水を毎日入れ替えてやっても腐る。 それならばと水から上げると、今度はすぐに乾燥して泡が凝固してしまう。 シュレーゲルアオガエルの孵化の手助けは、かなり難易度が高い。 なお現代の田んぼは5月(所によってはゴールデンウィーク明けの5月中旬)のが近づくまでは完全に水抜きされてしまっているところが多く、産卵場所にできないというそもそもの問題もあり。 オタマジャクシというよりは魚っぽい。 じきに黒色に。 目の周りに白色の縁取りがあるのが特徴。 オタマジャクシの頃は後ろ肢(あし)が生えた辺りまでは黒っぽい色だが、前肢が出る頃からうっすら黄色っぽく変色が始まる。 木の上などでじっとしたまま数日待てば体は緑色に変わる。 オタマジャクシ時代は大の人間嫌いだったが、上陸後は意外とおっとりした性格のようで人馴れする。 野生個体はのようにぴょんぴょん飛び跳ねて逃げる。 オタマジャクシの手は突然生える オタマジャクシの手(前肢)が生える瞬間を見たことあるだろうか。 足(後肢)が生えた状態で泳いでいるオタマジャクシはたくさん見たことあるけれど、手ってなかなか生えてこない。 じつは、オタマジャクシの手は突然生える。 ある瞬間をもって突然生えて、たちまち上陸を果たすのだ。 突然現れる手、もちろん一瞬で急成長を遂げるはずはなく、じつは密かに体内(脇腹の中)で徐々に成長していたものである。 妙に脇腹が膨れてきた、ごつごつと角ばってきたと感じたら、体内で手が出来上がった証拠。 その完成した手は、脇腹を覆っていた薄皮を突き破ってぽんと出現する。 おそらく水中では、手があると水の抵抗が増して泳ぐのに邪魔だからだろう。 じつに合理的だ。 朝長かった尻尾が夜見たらもう半分しかない、という脅威のスピードでなくなってゆくからびっくりだ。 その間、目に見えてわかるところでは顔つきも変わる。 目はより大きくくっきりと、口はおちょぼ口からがばっと広がるガマ口へ。 体内では鰓(えら)呼吸から肺呼吸へと変態してゆく。 ちょうど餌となる昆虫がなかなか見つけられなく頃である。 キク(菊)やの花に集まっているハエなどをドカ食いさせてでっぷりと満腹にしてやると、満を持して冬眠へ。 シュレーゲルアオガエルの冬眠用ベッド 冬眠用の寝床は、園芸用の水苔(ホームセンターの園芸コーナーで乾燥しパック詰めされたものが売られている、例))を、よく水洗いしてから、べちゃべちゃにならない程度に水気を搾って、よくほぐして、ふわっと大量に敷き詰める、というものが最も手軽で衛生的だろうと思われる。 くれぐれも乾燥させないこと。 乾燥してきたときは霧吹きを使ってしっかり湿らせること。 あとは勝手に潜って冬眠してくれる。 ただし、気温によっては安定して春まで冬眠し続けることなく、途中で寝場所を変えたりもしている。 春になるまで、起きず、飲まず、食わず、痩せず、が理想。

次の

阿武隈カエル図鑑 シュレーゲルアオガエル

シュレーゲル アオガエル 鳴き声

シュレーゲルアオガエルの特徴、大きさ 体長5cmほどのカエルで緑色の小さなカエルで 体色は基本的に緑色をしており、腹が黄色または白く模様はありません。 目はベースが黄色く、黒目は楕円形をしてカエルらしい目をしています。 メスの方が大きくメスは5cmほどに対し、オスは大きくても4cmぐらいまでしか大きくなりません。 アマガエル属と同じアオガエル 樹上性のカエルで吸盤が発達しており木の上や岩場などに生息しています。 カエルらしく周りの色に溶け込めるよう体色が変化しますが、アマガエルほどは擬態能力が高くなく体色が黒ずむ程度に収まります。 明るい緑が多い環境では黄緑色になりますが、濃い緑ではねずみ色に近い緑に変化します。 臆病な性格をしており、物音には敏感で神経質な面があります。 シュレーゲルアオガエルの飼い方 シュレーゲルアオガエルは可愛い鳴き声をしているため人気のあるカエルです。 神経質な性格をしているため カエルの中では飼育はやや気難しい部類になりますが、ポイントを抑えれば飼育することは十分可能なカエルです。 ケージ シュレーゲルアオガエルは樹上性のカエルなので上り木や植物などを設置する方が好ましく、そのため 高さのあるケージが良いでしょう。 プラケースによる簡素な容器でも飼育することができます。 フタがないと逃げ出しますのでフタのできるケージを用意して下さい。 オススメのケージ シュレーゲルアオガエルにオススメのケージは「 GEXのグラステラリウム ナノ」です。 大きすぎず小さすぎないケージサイズで高さもあるため飼育に適しています。 さらに前面ガラスが開くようになっています。 カエルの天敵である鳥や獣類は頭上からやってくるため頭上からの接近はカエルにストレスを与えてしまいます。 餌やり時などで上から手を入れるとパニックを起こしてしまうことがあるため、 前面ガラスが開くことは大きなメリットになります。 餌やり時に優しいため人工飼料への餌付けにも最適です。 ケージの置き場所 直射日光のあたらない静かな場所が設置には適していますが、おきたい場所に置けば良いでしょう。 ただし必ず 直射日光には当たらない場所で飼育して下さい。 直射日光は強力な熱源なのでケージ内がサウナになり カエルが湯で死んでしまいます。 床材 床材は 湿度を維持するために設置をオススメします。 床材をしかないと霧吹きに全て湿度維持を依存するため一度でもサボってしまうと危ない状況になってしまいます。 床材には キッチンペーパーや熱帯魚用のソイルがオススメです。 キッチンペーパーは交換が簡単ですが土特有の浄化作用が無いため匂いがキツくなってしまうデメリットがあります。 また園芸用の土は妙な添加剤が入っていることがありカエルには適していません。 その点熱帯魚や爬虫類用のソイルは生体に優しい土ためオススメです。 木の枝や植物 ケージには 木の枝や植物を配置しましょう。 木の枝や植物を配置することでシュレーゲルアオガエルが落ち着く環境にすることができます。 餌 シュレーゲルアオガエルの餌は小さな虫類を与えます。 クモや羽虫などを捕まえてきても良いですがペットショップで売られている コオロギが手っ取り早くてオススメです。 コオロギをベースに与える場合は市販のカルシウム剤をまぶしたほうが長期飼育には良い結果をもたらします。 これを「 ダスティング」と呼びます。 ダスティングを行わず長期飼育していると骨を形成する栄養が不足するため、「 くる病」と呼ばれる骨の病気になってしまいます。 特に成長途中の子ガエルはくる病になりやすいので 必ずダスティングを行ってから餌を与えるようにしましょう。 慣れてくると人工飼料も シュレーゲルアオガエルは 人工飼料に餌付かせることが可能なカエルです。 コオロギを生きたままピンセットでつまんでカエルの目の前で動かしてみます。 日をおいたり何度かチャレンジしているとピンセットに慣れ、ピンセットが怖くないモノと認識させます。 さらに慣れてくるとピンセットが餌を運んでくると認識するようになりますのでピンセットで人工飼料をつまんで与えることができるようになります。 与える人工飼料はカメ用の餌である 「テトラのレプトミン」やツノガエル用のフードが栄養のバランスが良くオススメです。 コオロギの維持やダスティングが必要なくなるため手間はかなりかからなくなります。 餌は与えすぎないように 餌を与えすぎると肥満により「脱腸」という腸が飛び出す恐ろしい病気になるリスクが高くなります。 特に 人工飼料は肥満になりやすく注意が必要です。 コオロギも小さなものを与えるのが良いでしょう。 一度に与えすぎてしまうとそれだけ胃と腸にも負担がかかってしまい脱腸のトリガーになってしまいます。 カエルは自然下で小さな虫をチマチマ食べるような生活を送っていますので一度に与える量は少なくし、回数を多くするように与えるのがベストです。 関連 冬眠 気温が寒くなってくると餌を食べなくなり冬眠ムードになります。 餌を食べなり完全に動きが鈍くなったと思ったら 湿らせた水苔で埋めたプラケースに移して常温で越冬させます。 水をひたひたにすると体力を奪ってしまいますので湿らせた程度が丁度良いです。 テラリウムでの飼育 臆病なカエルのため飼育にはケージ内で 自然を再現するテラリウムが適しています。 山苔により湿度が保ちやすくなり、自然に近い環境でシュレーゲルアオガエルに落ち着いた環境を用意することができます。 またテラリウムで飼うと部屋のインテリアにもなるため飼育が楽しくなります。 テラリウムは意外と簡単に作れるため、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。 上記写真のテラリウム作り方!:.

次の

シュレーゲルアオガエル

シュレーゲル アオガエル 鳴き声

シュレーゲルアオガエル…北摂の生き物 シュレーゲルアオガエル…北摂の生き物 2013年6月15日…兵庫県川西市 説明をしたくないカエルです…?モリアオガエルとよく似ているからです。 よくニホンアマガエルとアオガエルのなかまの区別は書かれています。 アマガエルの目の前後には黒い帯のような部分があります。 アオガエルにはこれがありません。 しかし、アマガエルにもこの線のはっきりしないものがけっこういます。 口の先がとがっていればアオガエルのなかまです。 アマガエルは、鼻の先の部分が絶壁状になっています。 絶対にここを見ればシュレーゲルアオガエルとモリアオガエルの区別ができるというような方法は知りません。 よく虹彩の色がモリアオガエルは赤っぽいとありますが夜に見ると赤っぽいのですが昼は金色っぽく見えます。 シュレーゲルアオガエルも金色っぽく見えます。 やや緑がかっているときはシュレーゲルアオガエルの可能性が高いと考えていいと思います。 もっと違うのは大きさです。 シュレーゲルアオガエルの方がモリアオガエルよりもずっと小さいのです。 でも子どもは困ります。 体は全体としてシュレーゲルアオガエルの方が肌がきめ細やかで斑点のあるものはいません。 また、体の下半分、腹部はシュレーゲルアオガエルは白か模様が少しあってもだいたいが茶色っぽいことが多いようです。 モリアオガエルは腹部の模様はほぼ黒です。 またシュレーゲルアオガエルの方がやや透明感のある部分が多いように感じます。 2011年5月15日…大阪府池田市五月山 卵や鳴き声の区別は簡単です。 上の写真はシュレーゲルアオガエルの卵塊です。 ふつうは湿った地面の穴の中に産卵されます。 モリアオガエルは木からぶらさげます。 鳴き声はシュレーゲルアオガエルは水田に水を入れるころに美しい声で鳴きますが、モリアオガエルは夜や雨の日にしぼり出すな声で鳴きます。 2005年5月16日…大阪府池田市五月山 こちらも水田の横にあったシュレーゲルアオガエルの卵塊です。 以上の説明でもわかりにくいと思いますので、大阪自然史博物館の観察会で水田にいた間違いなくシュレーゲルアオガエルと思われるカエルの写真をのせておきます。 2018年5月19日…兵庫県川西市黒川トンボ池 兵庫県川西市黒川のトンボ池での作業中に見つけたしゅれーげーアオガエル卵塊の写真です。 かった草が少しかかっています。 作業で見やすくなったのかもしれません。 2010年5月16日…兵庫県川辺郡猪名川町 この3枚の写真は同一のカエルでシュレーゲルアオガエルのメスだと思います。 2016年7月23日…兵庫県川西市黒川 シュレーゲルアオガエルが葉の上で休んでいました。 兵庫県川西市黒川トンボ池の周辺でした。 2015年12月20日…大阪府池田市五月山 土の中でシュレーゲルアオガエルが越冬していました。 すぐに薄目を空けました。 初めて見たカエルの越冬です。 シュレーゲルアオガエルはモリアオガエルと区別が難しいので写真を載せておきます。 比較してみてください。 2018年5月18日…和歌山県産 シュレーゲルアオガエルの包接の写真です。 和歌山県のものです。 2018年5月18日…和歌山県産 シュレーゲルアオガエルを腹部側から見た写真です。

次の