早坂 愛 アイコン。 最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』169

『かぐや様は告らせたい』、早坂さんがくっそ可愛い件

早坂 愛 アイコン

インターネットが壊れた!かぐや様はITオンチ 女性従業員浴場を勝手に「貸し切り」にした早坂のサービスシーン開幕? とはならず、かぐやの「インターネットが壊れた」という衝撃ニュースで早くも終了(泣)。 どうやら画像の文字を入力する認証画面を見て「文字化け」と勘違いした模様。 「パスワードって銀行のでいいの?」とか言ってるし。 ITオンチのかぐや様は駄菓子屋のおじいちゃんと互角の勝負ができる、今時珍しいアナログ人間だったんですね。 迷惑メールを送ったらきっと「こうかはばつぐん」でしょう。 早坂の助力でなんとかツイッターのアカウントを作成したかぐや様、さっそく藤原書紀のアカウントをチェック。 遊びと勉学のメリハリが大切、とか言ってたくせに海外旅行しかしてへんやんけ! アニメ絵アイコンの石上会計のアカウントを早坂に説明されるも「そっちは興味ないわ」とバッサリいくかぐやの無関心さがいいよいい。 ITオンチバンザイ 今度のかぐや様、ツイッターの非公開アカウント(鍵アカ)を見て「アク禁」になったと勘違いした模様。 微妙に単語の使い方違うところがいいよいい。 そんなかぐやに早坂はツイッターを家にたとえてわかりやすく解説。 そのたとえに乗っかって、かぐやの脳内で繰り広げられる「承認リクエスト中」の描写がこれまた面白い。 早坂に「新手のバカ」呼ばわりされるのも無理はない。 でも、たかがツイッターのフォローをするという簡単な行為ひとつにここまで想像力を働かせられるかぐやは本当に「お可愛いヤツ」ですよね。 このまま素直にフォロー・・・はせず、自分も鍵アカにして会長からフォローさせようと考えるかぐやもまた「お可愛いヤツ」だと思う。 そんなかぐやに呆れた半裸の早坂は三度目の浴場へ。 今度の設定温度は47度! 素直になれないかぐやと会長をちょっぴり羨ましく思うのも束の間。 「早坂!すぐ来て!」 なんだこれ?藤原書紀のラーメン戦記 海外で遊び呆けて日本へ帰還した藤原書紀。 そして一人のサラリーマンと唐突に勃発したラーメン戦争。 ラーメン通の中年サラリーマンが脳内で繰り広げるラーメンを美味しく食べるセオリーや最適解を知ってか知らずかことごとく突破してしまうのがいかにも藤原書紀らしい。 いつもとは違うポニーテールにしてラーメンに臨む藤原書紀の食べっぷりが良くって、私は今めちゃくちゃラーメン食いたい。 最初は小娘とバカにしていた中年サラリーマンでしたが、ニンニクを忌避することなく若さに物を言わせて汁まですべて飲みきる藤原書紀をいつの間にか応援してしまうのがなんとも心地いい。 知らぬ間にラーメン戦争に勝利した藤原書紀は中年サラリーマンのサムズアップに気づくこともなく店をさっそうとあとにします。 ラーメンスイッチが入った藤原書紀は全国のラーメン通の頂点に立てるかもしれない。 そして私はラーメン食いたい。 二人の考えることは同じ。 それが尊い。 かぐやへのメールを書いては消し、書いては消しを繰り返す初恋乙女・白銀会長。 かぐやはかつて会長から始めてもらったメールを何度も何度も見てはニヤニヤ。 鍵までかけて保護するかぐやをからかう早坂は今日もそれなりに楽しそうだ。 二人の我慢はもう限界。 直接遊びに誘うことはできないけど、なぜか学校へと向かう会長。 すでに生徒会室に来ているかぐやは会長の椅子にすわって「会いたい」とつぶやく。 夏なのになぜか学ラン着用で駆けつけた生徒会室にはかぐやの姿はなし。 早坂のいうとおり、ほんの少し素直になることができれば、メールなりツイッターなり電話なり、いつでも簡単に話もできるし遊ぶ約束もできるのにね。 でも二人してここまで考えることが同じ、というのもはたから見るとなかなか尊いものがあると思う。 「夏休み、早く終わればいいのにな」 二人とも、ほんとお似合いだわ。 いい妹だわ 一方、京都本邸へ呼び出されたかぐや。 かぐや あ、お、お父様 父親 ああ、いたのか ご苦労 かぐやに対する父親の態度に心底ムカついた早坂の独り言が痛烈。 早坂 こんな場所まで呼び出してこれだけですか? くたばれクソジジイ・・・!! 早坂の怒りの根はかなり深そうです。 特に「くたばれクソジジイ・・・!!」というセリフは早坂にしてはめずらしくかなり感情が乗ってましたね。 私も父親の態度にムカついていたので、この早坂の言葉で少しだけ溜飲が下がる思いでした。 かぐやのお付きが早坂で本当によかった。 「大丈夫」と自分に言い聞かせるかぐやがとても痛々しくて、健気で、とても心配です。 会長にはぜひ花火大会でかぐやにいい夏の思い出を作ってあげて欲しいですね! まとめ アニメ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」第11話を視聴した感想について書きましたが、いかがだったでしょうか? 前半のエピソードは、ITオンチのかぐやのおバカっぷりと、お風呂に入ったり出たりを繰り返す早坂の受難おもしろセクシーコントで随分と飛ばしてましたね。 かぐやは少し理性が壊れたくらいが一番面白いかもしれない。 藤原書紀のラーメン戦争はラーメン四天王を撃破するまで続くのか? 少し気になるところです。 後半になるにつれ、思いは一緒なのにすれ違いで会えない二人のもどかしさ、かぐやの決して幸せとはいえない暗い過去など、しんみりとしたムードが漂う展開となってしまいますが、それだけ次の花火大会への期待感が高まるともいえるでしょう。 次回の花火大会がとても楽しみです。 以上、アニメ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」第11話の感想でした! アニメ『かぐや様は告らせたい? ~天才たちの恋愛頭脳戦~(第2期)』感想 2020年4月~• 『早坂愛は防ぎたい』 『生徒会は神ってない』 『かぐや様は結婚したい』 『かぐや様は祝いたい』• 『かぐや様は聞き出したい』 『かぐや様は贈りたい』 『藤原千花は確かめたい』• 『白銀御行は見上げたい』 『第67期生徒会』 『かぐや様は呼びたくない』• 『早坂愛はオトしたい』 『かぐや様は告ら"れ"たい』 『伊井野ミコは正したい』• 『白銀御行はモテたい』 『柏木渚は慰めたい』 『白銀御行は歌いたい』 『かぐや様は蹴落としたい』• 『伊井野ミコを笑わせない』 『伊井野ミコを笑わせたい』 『かぐや様は呼ばれない』• 『伊井野ミコは抑えたい』 『かぐや様は怯えない』 『かぐや様は診られたい』• 『そして石上優は目を閉じた 2 』 『かぐや様は触りたい』 『かぐや様は断らない』• 『白銀圭は話せない』 『白銀御行は踊りたい』 『大仏こばちは取り締まりたい』 『白銀父は聞き出したい』• 『そして石上優は目を閉じた 3 』 『白銀御行と石上優』 『大友京子は気づかない』 アニメ『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(第1期)』感想 2019年1月~3月• 『映画に誘わせたい』 『かぐや様は止められたい』 『かぐや様はいただきたい』• 『かぐや様は交換したい』 『藤原ちゃんは出かけたい』 『白銀御行は隠したい』• 『白銀御行はまだしてない』 『かぐや様は当てられたい』 『かぐや様は歩きたい』• 『かぐや様は愛でたい』 『生徒会は言わせたい』 『かぐや様は送らせたい』 『白銀御行は話したい』• 『かぐや様はこなしたい』 『白銀御行は見せつけたい』 『かぐや様は差されたい』• 『石上優は生き延びたい』 『藤原千花はテストしたい』 『かぐや様は気づかれたい』• 『白銀御行は働きたい』 『かぐや様は入れたい』 『かぐや様は堪えたい』• 『かぐや様は呼ばせたい』 『白銀御行は負けられない』 『そして石上優は目を閉じた』• 『かぐや様は送りたい』 『藤原千花は見舞いたい』 『四宮かぐやについて 1 』• 『かぐや様は許せない』 『かぐや様は許したい』 『白銀御行は出かけたい』• 『早坂愛は浸かりたい』 『藤原千花は超食べたい』 『白銀御行は出会いたい』 『花火の音は聞こえない 前編』• 『花火の音は聞こえない 後編』 『かぐや様は避けたくない』.

次の

かぐや様は告らせたい176話感想 早坂が早坂をやめる日

早坂 愛 アイコン

この記事では『かぐや様は告らせたい』に登場するキャラクター「早坂愛」の可愛い画像をひたすら集めました。 2019年1月より放送スタートした『かぐや様は告らせたい』というアニメ。 勉強はできるけど恋愛経験はゼロの天才男女2人が「いかにして相手に告白させるか」という頭脳戦を繰り広げていく様子を描いた作品ですね。 斬新なテーマと濃すぎるキャラクターたちで話題を集めましたが、中でも個人的にとても気に入ったのが「早坂愛」というキャラクターです。 名前 早坂愛 職業 秀知院学園高等部2年、四宮かぐやの侍女 誕生日 4月2日 血液型 AB型 本作における主人公「四宮かぐや」の侍女を務める金髪碧眼の美少女。 クールかつミステリアスな雰囲気が印象的で、主要キャラクターたちの集まりでもある「秀知院学園生徒会」のメンバーではないにもかかわらず異様なほどの存在感を放っていたように感じます。 アニメ1期においてはそれほど登場シーンが多かったわけではありませんが、出てくる時は必ず何かしらの活躍で結果的にかぐやと白銀の不器用な恋愛をサポート。 そういった有能なところにもついつい惹かれてしまいました。 性格もかなり現実的というか、世間一般の感覚に近いため、何かとぶっ飛んだ一面を持つ主要キャラクター達に対するアクセントとして良かったです。 まさに「視聴者の代弁者」とも呼べる存在であり、僕らがツッコみたくて仕方の無い事をかぐや達にズバズバと言ってくれるところも面白い。 また、実は状況に応じていくつもの顔や性格を使い分けているらしく、時にはギャル、時には清楚なメイドなど様々な表情を見せてくれるところも飽きずに楽しめましたね。 とにもかくにも、個人的には『かぐや様は告らせたい』における一番の推しキャラになったので、特に可愛いと思ったショットをまとめていきたいと思います。 初登場シーン 本編における初登場シーン。 最後の最後に四宮別邸にて出てきました。 恋愛に対して不器用なかぐやの話を聞いて「やれやれ」といった感じの表情。 第2話「 かぐや様は交換したい」 電気屋にて かなり地味な出演ですが、白銀がスマホを買った電気屋にて彼女の姿が。 どうやらかぐやが白銀にスマホを持たせるために仕向けた差し金のようです。 第3話「 かぐや様は歩きたい」 かぐやの徒歩登校をアシスト かぐやを乗せるための車のエンジンルームに猫が侵入し、送迎ができなくなってしまったシーンにて。 これを機に徒歩で学校へ向かおうとするかぐやですが、運転手から「(危険ですので)せめて早坂と一緒に…」と言われます。 ただ、かぐやは一人で歩きたかったようで、早坂に対しアイコンタクトを送信。 その意図を察した彼女は「私の着替えを待っていたら遅刻ギリギリなので、お一人で向かわれた方がよろしいかと…」と速やかにかぐやのフォローに回りました。 視線だけで相手の考えがわかるとか、長年侍女として仕えてきたのは伊達じゃないんだなと。 第4話「かぐや様は送らせたい」 かぐやに白銀への電話を促す 晴れて白銀との連絡先交換に成功したかぐや。 しかし、いくら待てど向こうからのメールが来ません。 買い出しの予定も近づいており、連絡を取る必要があるのはわかっていても、自分からは決してメールを送りたくない…。 そんな時、早坂愛は「(気になるなら)メールではなく電話にしてはいかが?」とかぐやの背中を後押しします。 この思い切りの良さがカッコいいですよね。 この子がいなかったら一生かぐやの恋愛は前へ進めなそう。 第6話「かぐや様は気づかれたい」 ギャル坂 ギャルに擬態した早坂愛。 かぐやとの主従関係をバレないようにするため、学園内では人当たりの良いギャルを演じているようです。 これまでのクールなイメージが一転したので初見時はかなりビックリしました。 でもやっぱり可愛い。 ただ、その後かぐやと接するシーンでは瞬時にいつもの早坂愛へシフト。 雨合羽着てても美しい。 スミシー・A・ハーサカ ハーサカちゃん 暴風雨に襲われた事で風邪を引いてしまったかぐや。 四宮別邸へお見舞いに訪れた白銀の前にメイドの恰好をした「スミシー・A・ハーサカ」として登場。 片言の日本語調であれこれと理論を振りかざし、白銀に対してかぐやを襲うように誘導するシーンは笑ってしまいました。 第11話「早坂愛は浸かりたい」「白銀御行は出会いたい」「花火の音は聞こえない 前編」 入浴シーン ついにやってきたメイン回。 日々の疲れを癒そうとお風呂へ入ろうとするも、インターネットに挑戦しようとしたITオンチのかぐやにたびたび助けを求められてなかなか叶わず…。 結局、彼女にとって休息の時はありませんでした。 さすがはアイルランド人とのクオーターという事もあり、スレンダーでスタイルも良さそうです。 かぐやに進言 貴重な夏休みにもかかわらずいまいち進展しないかぐやと白銀。 それを見かねた早坂は「もういっその事、自分の方から誘ってみては?」と進言します。 くたばれ、クソじじい 残り少ない夏休み、千花たちとの買い物の予定が入っていましたが、父親に京都の本邸まで呼び出された事により泣く泣くキャンセルする事態になってしまいます。 しかし、父親はわざわざ呼んだ娘に対して非常に素っ気ない態度。 そこで早坂の口から飛び出たのは「くたばれ、クソじじい」という言葉。 そして、落ち込むかぐやのもとに寄り添います。 これまで基本的にポーカーフェイスで何を考えているのか掴みにくかった早坂がかなり強めの感情を露わにした事に正直驚きましたが、自分としてはここで一気に彼女の事を好きになりました。 今までのどのシーンよりも「頼りになる姉」感が強かったですね。 てか、黒スーツの早坂カッコ良すぎる…。 第12話「花火の音は聞こえない 後編」「かぐや様は避けたくない」 かぐやを花火大会へと送り出す 待ちに待った花火大会の日がやってきましたが、またしても障害が…。 「人込みの中では護衛がままならない」と黒服の人から外出を禁じられてしまいました。 しかし、かぐやは諦めたくない様子。 そんな彼女を送り出すため、自らがかぐやに変装する事で黒服の人の目を欺きます。 声も姿もだいぶ似せた感じで、偽かぐやもGOODでした。 ギャル坂、再び 最終話のラストシーンにて、友人ととものダンスを踊るギャル坂の姿が…。 最後の決めポーズが最高に可愛かったです。 クールな表情もたまりませんが、笑顔も素敵な女の子でした。 個人的な感想 以上、早坂愛のクールで可愛い画像まとめでした。 彼女が登場した回はもれなくカバーしているつもりですが、もし見落としている部分があればまた後ほど追加していきたいと思います。 正直、最近視聴したアニメ作品に登場するキャラの中でも断トツで魅力を感じましたね。 見た目の可愛さはもちろん、その内面も独特な世界観を放っていて強く惹かれてしまいます。 どちらかと言えばサブキャラクターに位置付けされるであろう彼女ですが、少ない登場回数に対して視聴者に与えた印象は大きかったと思います。 実際、コアなファンも多いみたいですし。 おそらく、早坂がいなければ2人の関係は進展しない部分もあったでしょう。 もし2期があるのであれば、引き続き活躍に期待したいですね。 というか、絶対に2期やってくれ…。

次の

四宮かぐや、藤原千花、早坂愛etc…『かぐや様は告らせたい』女性キャラクターのイラスト集

早坂 愛 アイコン

スポンサーリンク 四宮家別邸の使用人ルール ルーティンを紹介する前に、まずはざっと四宮家別邸の使用人ルールについておさらいです。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」169話より引用 かぐやが住む四宮家別邸の従業員は20人程度で、本邸のある京都からの来客も多く、常に万全を期す必要があります。 使用人は呼び立てられない限り決して主人やゲストの前に姿を表してはいけません。 このルールは結構大変ですよね…。 また、掃除を怠ったり、食器に曇りがあったりすれば誰かに首が飛んでしまうという、レベルの高い恐ろしい職場です。 そんな中で、早坂は最も古株の使用人です。 誰かの首が飛ばないよう、細心の注意を払って監督しているんです。 スポンサーリンク 早坂のルーティン ー朝ー AM6時、出勤時間です。 といっても早坂は住み込みなのでドアを開ければそこは職場です。 早坂の朝は大忙しです。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」169話より引用 料理長との昼食・夕食の相談、ゲストがいればゲストの好物やアレルギーの確認発注も行います。 それが終われば庭師への指示です。 四宮家の顔ともなる庭は、季節毎にデザインを変え、時には造園家へも発注します。 もちろん、その予算確認までも早坂の仕事なのです。 AM7時、かぐやの起床までにこれだけの仕事を済ませていたんですね! かぐやの着替えを手伝い、スケジュールを確認、朝食 使用人は同席を許されない 、そしてかぐやが登校したのを見届けます。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」169話より引用 それからようやく自分の朝食です。 しかも、簡素なサンドイッチを片手に仕事は続けます。 早坂も学校に向かうため、車での移動中は郵便物の確認をします。 返信内容を考えるのも仕事です。 移動中は草案をスマホに打ち込みながら過ぎていきます。 スポンサーリンク 早坂のルーティン ー昼ー 学校でももちろん休んでいるわけではありません。 かぐやの様子を見守りながら、クラスメイトから情報収集を行います。 かぐやを守るためには大切な仕事ですよね。 そして、かぐやの周囲にあるトラブルに目を光らせています。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」169話より引用 負け犬と書かれたダンボールに入る藤原と伊井野、その背後にはかぐやがSALEというプラカードを持って立っています。 許可なく立ち入れば叱咤されます。 かぐやと御行にとって、生徒会室はとても大切な場所であることがわかりますね。 スポンサーリンク 早坂のルーティン ー夜ー 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」169話より引用 ゲストが来る日の夜は、早坂たち使用人の忙しさは朝以上です。 かぐややゲストの前には呼ばれない限り姿を現すことは許されないので、影でつつがなくおもてなしができるように動いているんですね。 かぐやとはアイコンタクトで動き、ゲストの帰りのお土産には大きな花束まで用意します。 もちろん、花の選定まできっちり早坂が行っています。 アイコンタクトができるほど、かぐやと早坂は親密になっているんですね。 こうして早坂の1日を見ていくと、とても17歳の少女が行う仕事ではありません。 でも早坂自身が疑問に思うことはありませんでした。 生まれた時から生粋の使用人として生きてきた早坂にとって、ただのルーティンに過ぎなかったのです。 スポンサーリンク 早坂、最後の仕事 毎日、毎日、ルーティンは繰り返されてきました。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」169話より引用 かぐやの使用人になってから十数年…。 早坂は毎日、罪悪感に押しつぶされそうでした。 使用人としてのハードな仕事が苦なわけじゃありません。 夜の大切な2人の時間、それがかぐやを裏切っているようで、苦しかったのです。 「かぐや様 とても大事なお話があります」 「今回の修学旅行を以って私はこの仕事をやめます」 …翌朝、修学旅行の日を迎えました。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」169話より引用 早坂から離れないかぐや…。 早坂はこれが自分の最後の仕事だと気づきました。 この可愛い甘えん坊の手を振り払うことこそが…。 スポンサーリンク 『かぐや様は告らせたい』ネタバレ169-170話のまとめ 今回のお話は早坂の1日についてでした。 四宮家はお金持ちすぎるのでちょっとズレてると思ってましたが、ちょっとではなく相当ズレていることがわかりましたねw とても高校生がやる仕事量ではありません。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」169話より引用 でも1番、早坂にとって残酷なのは、かぐやのスパイをさせられていることですよね。 だから、使用人をやめることは寂しさ以上に安堵もあるのでないでしょうか? かぐやの様子を見ていると、早坂への依存は強く、一筋縄ではいかないでしょう…。 楽しいはずの修学旅行は波乱の幕開けとなりそうです。

次の