インド 遊園 地 事故。 遊園地で起きた 悲惨すぎる事故 TOP5

事故の一覧

インド 遊園 地 事故

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年5月) 事故現場からはとが回収され、解析が行われた。 フライトレコーダーの記録によると、事故機は途中まで通常通りの着陸経路を飛行していたが、高度2100フィート(ILSによる誘導を受け始めるまで維持するべき高度)まで降下しても水平飛行に移らず、事故機はまるで空港が墜落地点(空港の滑走路端から23キロメートルも手前)にあるかのような飛行経路で降下を継続していた。 また、ボイスレコーダーに残された会話によれば、墜落数秒前まで3人のパイロットはまったく異常に気づいておらず、操縦を担当していたは目視したヤムナー川の護岸工事の照明をの照明だと思い込んでいたようである(しかし、当日は砂塵により視界はあまり良くなく、進入前にその旨を確認し合っている)。 「ギアダウン」、「フラップ35、フルダウン」と報告する声が残っている一方、規程上は行わなければならないはずの降下1000フィート毎の高度確認をする声はなく、高度が異常に低下していることにまったく気づいていなかったと推測されている。 また、「ファイナルフラップ」の読み上げに続いて、「セットー、だけど降りてないね」とも聞き取れる声が記録されていた。 このような状況のため、着陸を継続するかするかを決意する高度である「デシジョン・ハイト」を過ぎても誰もそれを指摘せず(本来は声を出して知らせるべき高度である)、墜落9秒前、副操縦士が「ランウェイ・イン……ゴーアヘッド」と着陸する確認を取り、墜落7秒前に地上まで35メートルの高さになってからが「デシジョン・ハイト」と普通に声をかけるような状態だった。 墜落5秒前に機長が滑走路が無いことに気付いて「パワー、パワー」と慌てた言葉を叫び、墜落2秒前にエンジンが推力を上げ始めたがもはや遅く、機体はの対岸水際に一旦主車輪が接地して(現場調査で接地跡が確認されている)再び浮き上がった直後、護岸工事中のに激突した。 事故原因 [ ] 原因は、当該機が異常に高い降下率で進入降下していたことに運航乗務員が墜落寸前まで気付かなかったことである。 異常降下した原因は明確でないが 、パイロットが規定の方式を遵守しなかったこと、灯火などを視認する前に計器表示を参考にしなかったこと、機長と副操縦士のどちらも経験が浅かったこと、機長の判断で副操縦士に本来の任務をさせずアプローチを行わせていたこと、パイロットがこの空港にも航法施設にも詳しくなかったこと、着陸チェックリストが実施されなかったことなどが挙げられ、これらのミスは規律がおろそかだった結果だとされた が、運航乗務員が計器指示を十分クロスチェック(相互確認)していれば本事故は避けられた可能性があった という。 また、機長以下乗員が前夜宿泊していたので、飲酒しながら徹夜でをしていたとの目撃証言があり 、その結果として運航乗務員たちの判断力が悪化し、事故の遠因となったとの指摘もある。 なお、事故後ただちに現地に急行した日本航空の救援機の機長が、ニューデリーのILS誘導電波の異常を報告したことから、日本航空が各国の航空会社に問い合わせたところ、自社のパイロットを含めていくつかの航空会社からILS誘導電波の異常について報告を得た。 審判ではILS誘導電波の異常を経験したインディアン航空の機長や副操縦士をはじめ、何社かの外国人パイロットが証言を行っている。 犠牲者 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年5月) 犠牲者の中には、乗客としての治療に大きく貢献したが含まれていた。 また、としてののである吉河信子もいた。 激突地点の土手では護岸工事が行われており、その場にいた作業員4人のうち3人が墜落の直撃を受け、即死した。 残りの1人はなんとか逃げ延びたものの、重い全身熱傷を負ったために死亡した。 その後 [ ] 相次ぐ事故 [ ] この1972年に日本航空は大きな事故を連続して起こしている。 発行きのDC-8が滑走路を逸脱し、離陸に失敗。 - ニューデリーでDC-8が墜落。 本項の事故• 概要は上の羽田での事故とほぼ同じ。 - 相次ぐ事故、特に1年に2回も墜落事故を起こしてしまったため、日本航空は各方面から非難を浴びることになり、同社の業績にも悪影響を及ぼすこととなった。 審判 [ ] インドでは、国際的な航空機事故の調査については、ニューデリー高等裁判所に命じて裁判形式で行うという独特の方式をとっており、公判は公開されると共に公判資料もすべて公表された。 そして、第三回法廷では回収されたの音声が流され、その音声はも入手した。 この録音はが保管している。 審判にて、日本航空は「ニューデリー空港の計器着陸装置が整備不良の状態にあり、事故機はそれが出すゴースト・ビームに乗ったために墜落した」と主張した。 一方、事故調査官は事故機のフライト・ディレクターの切り替えスイッチ(ILSを受信するかVORを受信するか選択するもの)がVORを受信するモードになっていたことから、「フライト・ディレクターが実際はVORを受信していたのに、パイロットはILSを受信しているとと誤解したために墜落した」と主張した。 日本航空は、当該スイッチは事故の衝撃で切り替わったものであると反論したが、審決では「フライトディレクターの位置にかかわらず、乗員がオペレーション・マニュアルのとおりに行動し、機外の状況を目視で確認していれば墜落を避けられたはずである」として、調査官の見解を採用した。 空白の110秒 [ ] 、NHKはドキュメンタリー『 空白の110秒』を放送した(「110秒」とは、事故機が管制と行った最後の交信から墜落までの時間を指す)。 これは、上記のボイスレコーダーの音声から墜落時の状況を分析するというもので、当時に在籍していたにより音声分析が行われた。 この番組では、遺族から提供された搭乗員の肉声を比較することにより、機内の会話の主を特定した。 そして、上記の「幽霊電波」説のほか、との切り替えスイッチを切り替え忘れたためにILSではなくVORを受信した結果、進路を誤った、という説と共にパイロットのミス説が紹介されている。 同番組は第26回・テレビドキュメンタリー部門、そして第13回・昭和48年度を受賞した。 その後、の『』、との『』で同番組の再放送が行われた。 なお、全国の放送センターでも視聴が可能である。 その他 [ ]• 当時の現地では砂嵐と砂塵がひどく喋ることもままならないため、日本航空も報道関係者も大量の目薬と粉塵用の眼鏡を緊急輸送するように要請している。 には、の知人が住職を務めていたで保管されていた事故機の部品の一部が日本航空に返還されたが、日本航空の調査で事故機の残骸ではなかったことが判明した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] 出典 [ ].

次の

日本航空ニューデリー墜落事故

インド 遊園 地 事故

詳細は「」を参照 昇降機・輸送機など [ ] エレベーター [ ]• (大正11年)12月31日 - のの従業員が、貨物用運搬中エレベーターに接触し死亡。 (昭和2年)5月19日 - 東京都にあるの女性従業員が、乗降口から転落死。 (昭和29年)1月 - にあるのエレベーターで、客を満載して8階から下降中ドアが開き、43歳の男性客が、エレベーターのかご部分と建物に挟まれる事故が発生。 (昭和30年)6月29日 - の柵原鉱業所で入坑用エレベーターのワイヤーロープが断裂、4人が死亡。 (昭和38年)9月1日 - 東京都にあるの患者用エレベータのドアが故障、19人が40分間にわたり閉じ込められる。 (昭和41年)9月10日 - のスポーツセンターのエレベーターで小学生2人が暴れて遊んでいたことから急停止、1人が非常口から脱出を試みるも転落し重傷。 (昭和51年)• 6月18日 - 愛知県名古屋市の自宅兼自社ビルでエレベーターが違った階に止まり、開いたドアから女性が転落死。 6月20日 - 東京都の団地で幼児2人が誤って非常停止ボタンを押して急停止、非常口から脱出を試みるが転落して1人死亡。 (昭和57年)12月4日 - 東京都にあるの展望台直通エレベーターが57階付近で突然停止、28人が1時間45分にわたり閉じ込められる。 (昭和59年)8月8日 - 神奈川県の天王町店(現・イオン天王町店)で乗降扱い中に突然かごが作動し、乳母車を引いて降りようとした主婦1名がカゴと建物の間に挟まれ死亡。 事故を起こしたエレベーターは前日に点検したばかりだったが、その後の調査で設計の不備から安全装置が作動しなかったものと判明した。 事故後エレベーターは撤去されている。 なお、このエレベーターは社製であった。 (平成6年) - の神戸会館の貨物搬送用エレベーターが2階部分で停止、手動で作動させようとしたところワイヤーが断裂し、エレベーターが1階部分まで落下。 乗っていた4人のうち、3人が軽傷・1人が重傷。 (平成11年) - の飲食店が入居しているビルでが滑車に挟まりエレベーターが停止、乗っていた70歳の女性が一晩中閉じ込められ、翌日昼ごろに救出された。 (平成16年)10月23日 - 東京都にあるでエレベーター6機がのによって損傷。 (平成18年) - 東京都港区にある23階建ての住宅「シティハイツ竹芝」で高校2年生がエレベーターのかご部分と建物の天井との間に挟まれる事故が発生。 事故が発生したエレベーターの製造元であるのずさんな体質が明らかになり、全国的に不祥事として報道された。 (平成19年) - 東京都港区にある六本木ヒルズでワイヤーロープ破断からボヤが発生。 (平成24年) - にある金沢駅前支店で、清掃作業員の女性が、かご部分とエレベーター床に挟まれ死亡。 このエレベーターは2006年に事故を起こしたシンドラー社製であった。 エスカレーター [ ] 「」も参照• (昭和32年)7月28日、8月1日 - 東京都にあるのエスカレーターのステップがつかえて縦に断裂、けが人はなし。 (昭和38年)3月11日 - 神奈川県にあるの船内エスカレーターで右側手すりだけが停止、見学中の中学生19人が将棋倒しとなり負傷。 (昭和41年)• 3月21日 - ののエスカレーターで、4歳の幼児が転んだはずみで服を巻き込まれ首の骨を折って死亡。 6月1日 - 東京都のビルのエスカレーターが点検・清掃中に急作動、作業員1人がステップに首を挟まれて死亡。 (昭和43年)4月14日 - にあるで展示中の製エスカレーターが突然停止して逆方向に作動、7人が負傷。 (昭和48年)1月12日 - 東京都にある上板橋店のエスカレーターで幼児がベルトと床の間の隙間に首を挟まれ、一時重体。 (昭和59年)12月7日 - 東京都の地上出口エスカレーターでベルトが急停止、ステップは作動したため乗っていた小学生ら28人が転倒し負傷。 (平成元年) - で開催されていたのメイン会場でエスカレーターの手すり部が停止し、博覧会に見学に来た小学生36人が転倒・負傷。 翌日にも事故を起こしたエスカレーターが再び停止し、主催者側は20日から2日間かけて会場内の全エスカレーターを停止し検査する事態になった。 (平成20年)• 5月 - のので、エスカレーターが急停止して14人が負傷。 8月 - 東京都ので、開催中に西ホールの1階から4階を結ぶ上りエスカレーターが急停止し、下り方向に逆走した。 乗っていた約120人のうち60人が転倒し10人が軽いけが。 (平成26年) - 神奈川県のの上りエスカレーターが急停止の後に逆走し、11人が重軽傷を負った。 自動ドア [ ]• (昭和50年)5月5日 - にあるの2階正面口の回転ドアで、幼児がドアと外枠の間の隙間に挟まれ重傷。 (平成16年) - 東京都・港区にある2階正面口の自動回転ドアに、6歳児が挟まれて死亡。 家財道具・ごみ屋敷 [ ]• - の邸で家財道具に埋もれていた形で兄弟が遺体として発見。 検死によって兄は・弟は防犯用の落とし穴に落ちたと結論づけられた。 - で、の会社員が積み上げていた蔵書の下敷きに遭い。 蔵書数は500キロあったという。 - の女性会社員が、で崩れた蔵書を収納していたプラスチック容器類の下敷きになり窒息死。 - の会社員が、地震で崩れた蔵書などで身動きが取れずで死亡。 - で深夜に住宅火災が発生し全焼、焼け跡から住民の無職男性が遺体で発見された。 全焼した家はとして近隣住民ともトラブルを生じており、同年3月末に市当局がで散乱していたごみなどの撤去を行ったばかりだった。 (昭和33年)• - の(東宝劇場)で「アイヌ恋歌」上演中に事故があり、出演中の所属児童俳優2名(15歳、9歳)、所属俳優1名(16歳)計3名が死亡、16人が負傷。 - ので、出演中のに所属するがにを挟まれて仕掛けに巻き込まれ、衣装の金属製ベルトでを切断され死亡。 が原因の上演中劇場事故による日本国内唯一の死者。 (昭和35年) -。 (昭和53年) - ので行われたのコンサートにて、聴衆がステージ前方に殺到し、観客1名が死亡。 その後の日本のロック・コンサート会場の警備体制を大きく変更する契機になった。 (昭和56年)11月 - の特設広場で行われたショーで、演出用の花火や爆竹の導火線の火花が怪獣の着ぐるみに引火して火だるま状態になり、すぐに消し止められたものの中に入っていたスーツアクターの大学生が全身に火傷を負い焼死。 この事故を契機に特撮ヒーロー物の舞台ショーでは爆竹や火薬類が使用禁止となった。 観客にはけが人はなく、むしろ演出の一環だと思って拍手喝采であったという。 (昭和62年) -。 (昭和63年) -。 (平成元年) - 東京都のでミュージカル「」「」のフライング舞台技術者だった男性が、早朝帰宅直後に心臓発作を起こし、で死亡。 (平成6年) - 東京都・新宿区の新宿コマ劇場で舞台の照明器具の撤去作業をしていた舞台照明会社の男性社員が、握っていたロープとともに約7メートル吊り下げられ、ロープを離して床に転落、首の骨が折れ間もなく死亡。 (平成8年) - の大ホールで、舞台照明をローリングタワーにて調整中に照明技師が転落し死亡。 (平成11年) - 東京都ので「新ピーターパン」中に、アメリカ人技術者通訳の女性がセットに引っかかった袖幕を取り除こうとしてに気づかず、15. 7メートル下に転落して頭部打撲で死亡。 (平成13年) - さくらホールで装置を定期点検していたメンテナンス会社「横浜技術サービス」の社員ら5人が舞台とセリの間にはさまれ、1人が頭蓋骨骨折で即死、その後2人が病院で死亡、2人が重傷。 (平成24年) - の郊外で行われる予定だったの野外コンサートで使用するステージが開演前に突然崩壊。 コンサートスタッフの男性1人が死亡し、3人が負傷。 シルク・ドゥ・ソレイユのショーとしては初めての死亡事故となった。 遊具・遊園地設備事故 [ ]• (昭和24年) - ので雑踏に押された幼児が、豆汽車に轢かれて死亡。 (昭和38年) - 東京都ので、父親に抱かれた生後7か月の男児がローラーコースターから3メートル下に転落して死亡。 (昭和39年) - 東京都のプールで準備体操せずに泳いだ小学生が、を起こして死亡。 (昭和40年) - のにある(の前身、娯楽センターは1979年閉鎖)ので、遠足に来ていた5歳の女児が3歳の弟と観覧車に乗っていた際、誤ってゴンドラのドアを開けてしまい、5歳女児がゴンドラから転落して死亡。 (昭和42年) - ので、に乗っていた33歳主婦の長髪がエンジンシャフトに巻きつき、背板に頭を強打して首の骨を折り即死。 (昭和46年) - 東京都ので、に乗っていた13歳の男子中学生が、首に巻いていた長さ1. 5メートルのの端が走行中に車軸に巻きつき、マフラーが引っ張られる形で首が絞まって即死。 (昭和46年) - ので、アルバイト中の16歳高校生がの乗客が落とした財布を取ろうと線路内に入った際、高速で突っ込んできた4両編成のジェットコースターに撥ねられて死亡。 (昭和47年) - ので、当時未完成で立ち入り禁止になっていたジャンボすべり台で遊んでいた11歳の男児が勢い余ってカーブでコースを逸脱して転落、5メートル下にあった岩に頭を強打して死亡。 なお、このすべり台は老朽化のため3月に撤去されており現存しない。 (昭和48年) - の中庭の噴水池で、親の買い物中に1人で遊んでいた3歳女児が水死。 (平成4年) - 東京都練馬区のとしまえんで、開園前にフライングカーペットの試運転をしていた58歳男性作業員が遊具と床の間に挟まれて死亡。 (平成7年) - (現・)のの回転式大型ゴンドラ「レインボー・アトラクション」で、制限を満たしていた小学1年生の少女が安全バーをすり抜け10メートルの高さから転落し死亡。 (平成14年) - ので遊戯用車のバギーカーに乗っていた仙台市の26歳の会社員の女性が、エンジン部分の歯車にマフラーを巻き込まれ窒息死。 (平成15年) - ので10時50分ごろ、走行中のジェットコースター、スチールドラゴン2000の車輪88個のうち半分に相当する44個が落下し、乗客1名とコースター下のプールサイドにいた客1名の計2名が重傷となる事故が発生。 事故1か月前の定期点検の際に請け負い業者が車輪の部品を不要な部分にまで取りつけていたことが原因と見られている。 2006年8月12日より試運転を重ね、同年9月3日より営業を再開した。 (平成15年) - のでが脱輪事故を起こし、2004年2月18日まで運転を中止した。 時速5キロと低速で走行中だったため、けが人はいなかった。 (平成17年)• 東京都ので、男性がの機「ビバ・スカイダイビング」から転落し死亡。 - 東京都ののアトラクション「地獄旅館」で、開園前に旅館内にある演出物の点検を行っていた女性アルバイトが、誤作動を起こした装置に挟まれ意識不明の重体。 (平成18年) - ので、小学校2年生の女児が給水口に吸い込まれた。 約6時間後に発見され、病院に搬送されたが、死亡が確認された。 (平成19年) - のの「風神雷神II」で車軸が折れ脱線。 乗客1名死亡、約20名が重軽傷。 事故後、エキスポランドは8月9日まで休園、翌10日に「風神雷神II」を除き営業を再開したが、事故の影響で客足が減少したため、同年12月10日をもって再度休園し、そのまま閉園となった。 (平成20年) - 東京都練馬区のとしまえんのフライングカーペットに乗っていた高等部1年の男子生徒が自ら安全バーから抜け出し、地上に落下して重傷。 (平成23年) - 東京都のの「」に乗っていた男性が8メートルの高さから投げ出され転落死。 (平成24年) - 千葉県・浦安市のので8席中1席の安全バーが上がった状態のまま発車し、この席に座っていた男性1名が身の危険を感じて降りようとした際、右足を捻挫するなどの軽傷を負った。 パーク内のアトラクションによってゲストが負傷する事故は、東京ディズニーリゾートでは開業して初めて。 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは同アトラクションを当面の間休止した。 6月4日、オリエンタルランドは事故の原因を従業員の操作手順ミスと発表し、同社はマニュアルの見直しを進めるとともに、役員報酬について1か月10 - 30パーセント減額することを決定した。 6月12日、安全が確認されたため6月14日に運営再開することを発表した。 なお、安全確認を徹底するためにシングルライダーは当面休止となっている。 令和元年 - 栃木県・那須町ののクライミングアトラクション「ノボランマ」で男性1名がおよそ5メートルの高さから落下し、頭を強く打って死亡。 スポーツ [ ] フォーミュラ1 [ ] 「」および「」も参照• (大正13年)12月27日 - の国鉄で、構内岸壁で荷役中の火薬()10トンが爆発。 死者行方不明者94名、負傷者300名以上。 (昭和14年)3月1日 - 枚方町(現・)の陸軍で砲弾解体中に発火し、弾薬に引火して爆発。 死者94人、負傷者602人。 (昭和20年)• 4月23日 -。 (現・)で起きた爆発事故。 最大の戦災となった。 死傷者424人、倒壊焼失家屋431戸。 11月12日 -。 添田の二又トンネルで、旧陸軍の隠していた火薬約532トンを米軍が焼却処分しようとしたところ爆発。 山ひとつと多数の民家が吹き飛び、死者147人、負傷者149人。 (昭和30年)• 2月4日 -。 の建設現場にて爆発事故。 死者19名、負傷者多数。 8月2日 -。 の火薬工場で爆発事故。 死者3名、重軽傷者19名。 (昭和34年)12月11日 -。 神奈川県・横浜市ので4トンを積んだがに遭い爆発。 半径500メートル内にあった民家31棟が全壊した。 (昭和38年)11月9日 -。 福岡県で発生した戦後最大の炭鉱事故。 (昭和39年)7月14日 -。 東京都に貯蔵されていたが暑さのため自然発火。 19人が死亡、114人負傷。 貯蔵品の中にが約2トンあり、それが誘爆して被害拡大。 (昭和45年)4月8日 -。 での工事中にガス漏れし引火。 が被害を拡大。 (昭和55年)8月16日 -。 静岡県で発生。 メタンガスに引火し爆発したため、都市ガス管が破損しガスが漏れ、さらに大きな爆発が発生したとされる。 死者15人、負傷者223人。 が適用される事態になった。 (昭和58年) -。 静岡県の施設で発生。 死者14名、負傷者27名。 事故の原因は模様替えの際、作業員が末端のガス栓を閉め忘れて31か所の器具を撤去したため。 営業再開後一斉にガス漏れが発生し大爆発となった。 (平成17年) - 大阪府・枚方市の産廃収集運搬業「大宝化成」と同「大昭産業」付近で爆発があり2人が死傷した。 爆発は同じ敷地内にある両社の工場のうち、大昭産業の工場で発生。 作業中、工場内の可燃性の産廃が何らかの原因で引火、爆発した。 (平成19年) -。 東京都で発生。 死者3名、重傷者3名。 温泉の汲み上げの際に混入する天然ガスが充満し、何らかの原因で引火した疑い。 この施設には、天然ガスを分離する装置の設備変更や「ガス検知器」が設置されていなかったなどの問題点が明らかになった。 (平成20年) - 大阪府枚方市の枚方第二清掃工場(東部清掃工場)作業員が爆風で飛ばされたが、けがはなかった。 清掃工場の設備は焼却主灰貯留槽が変形して裂け、点検用の通路も変形した。 (平成21年) - 大阪市のの工場で、三フッ化ホウ素ガスを造る直径約3. 2メートルの鉄製タンクが爆発、近くで作業をしていた従業員4名が死亡した。 (平成24年) - の姫路製造所で、アクリル酸混じりの廃液を貯蔵するタンクの温度が異常上昇し爆発。 隣のアクリル酸タンク、トルエンタンクにも延焼した。 なお、この爆発火災で消火活動を行っていた網干消防署の消防隊員1名が爆発に巻き込まれ殉職。 そのほか、活動中の消防隊員、警察官、作業員など20名以上が負傷した。 また、消火に当たっていた数台にも延焼した。 (平成25年)8月15日 -。 の「」で露店で使用されていた発電機に給油中、容器からガソリンが噴出し即座に爆発火災に至った。 見物客ら59人が負傷、のち3名が重度の火傷により死亡。 (平成26年)8月1日 -。 ので住民からのの通報に対処中、地下に埋設されていたから漏れたガスが爆発。 被害は2 - 3キロの広い範囲に及び、30名が死亡、2名が行方不明。 (平成27年)6月27日 -。 台湾ののウォーターパーク「八仙楽園」でがあり、15人が死亡、400人以上が負傷。 花火事故 [ ]• (昭和25年) - で爆発、10人が死亡。 (昭和30年) -。 近辺の花火問屋で爆発、住民18人が死亡。 上記日本カーリット工場爆発事故の前日に発生した。 (昭和33年) -。 の丸玉小勝花火製造所が爆発し、作業員ら13人が死亡。 同社の関連工場は(昭和28年)(死者21人)、(昭和31年)(死者1人)と続けて爆発事故を起こしており、社長と工場長を違反でした。 (昭和34年) -。 (現・)の内山煙火製造所で爆発、経営者夫婦と従業員、付近で爆風に巻き込まれた小学生の計7人が死亡。 (平成元年) - ので打ち上げが行われていたで爆発、花火師2人が死亡。 (平成4年) - (現・)の煙火製造工場内倉庫、薬品庫で爆発が発生。 工場内で3人死亡、負傷者58名。 (平成15年) - の南国花火製造所で、花火の詰め作業を行っていた最中に爆発。 作業員10人全員が死亡。 (平成20年) - の「津野町夏祭り」で暴発、10人が重軽傷。 火災事故 [ ] 「」も参照 車両火災 [ ]• (昭和42年) - の側入口より40メートル地点で大型トラックがエンジンのを起こし、積載していた製品に引火。 死者はなかったものの、車輌13台が焼失した。 (昭和54年)7月11日 -。 の内で乗用車2台とトラック4台による追突事故が発生、事故車両に可燃物を積んだトラックが含まれていたこともあって65時間にわたって延焼、173台もの車両を焼失した。 人的被害は死者7名、負傷者2名。 (平成20年) -。 の下りとの合流地点を走行していたタンクローリーがカーブで横転・炎上した。 死者はなかったが、の路線部は甚大な被害を受け、単独車両による事故としては国内史上最大規模の損壊事故となった。 (平成28年) - のでからしていた車列にトラックが衝突、12台が玉突き状に衝突した上に5台が焼失し2人が死亡、71人が負傷した。 電気事故 [ ]• (大正15年) - で電気会社の作業員8人が、風に煽られて高圧電線と接触・感電。 (昭和4年) - (現・)で工員2人が感電し1人死亡、一帯が40分間停電した。 (昭和25年) - 千葉県富里村(現・)で漏電していた電柱に犬を繋いだ中学生が感電、救助しようとした家族3人も巻き込まれ父親が死亡。 (平成11年) - で航空自衛隊の航空機が墜落、高圧送電線を切断。 首都圏約80万世帯が停電。 (平成18年) -。 東京都と千葉県の間を流れるで、船が東京電力の高圧送電線に接触し損傷。 東京都心部など139万軒以上が停電。 (平成20年) - にある構内で、16歳の少年が特急電車の屋根に登り感電、重症。 (平成26年) - にあるで、海水浴帰りの高校生男女8名のうち、男子高校生1名が持っていた長さ約5メートルの製のを振り回して遊んでいるうちに誤って架線に接触させ感電、両手両足に重い火傷を負い重傷。 2014年(平成26年) - に停車中の新幹線電車に25歳の無職男性がよじ登り、架線に触れて感電し火傷を負うなどして死亡。 (平成27年) - で漏電したに7人が感電し2人死亡。 2017年(平成29年) - 南部の都市で、人々が衛星放送でサッカーヨーロッパリーグを観戦していた建物に高圧線が落下し、少なくとも7人が死亡、11人が負傷して病院に搬送された。 群集事故 [ ] 「」および「」も参照• (4年) - 現在ののの落橋事故。 死者440人、負傷者・行方不明者を入れると1,400人以上。 「永代と かけたる橋は 落ちにけり きょうは祭礼 あすは葬礼」 ()• - ので、皇帝即位記念に配給された食物を求める人々が将棋倒しとなり、1,389人が死亡。 (明治30年) - にかかるの崩壊事故。 両国川開きの花火を見ようと詰めかけた見物人の重みで欄干が壊れ、見物人が川に落ちた。 死傷者数十名を出し、花火は中止となった。 (明治36年)12月30日 - のの火災。 逃げ惑う観客がパニックとなり、焼死者の他に多くの圧死者を出した。 火災全体で602人死亡。 (昭和9年)1月8日 -。 ので発生した入隊の見送り客による群衆雪崩事故。 (昭和21年)3月9日 -。 ので行われた試合で将棋倒しが発生し33人が死亡、400人以上が負傷。 (昭和22年) - のの見物を終えた群衆が方面に殺到し、6人が圧死。 (昭和23年)• - ので、前身にあたる「川開き」の見物に集まった群衆が殺到、欄干が落下し群集が転落した。 - ので、プロ野球の創設15周年記念無料オープン戦(対戦は、、の3球団からの選抜チーム)観戦に集まった群衆を時間を繰り上げて入場させたところ、将棋倒しが起き死者2名、重軽傷者29名が発生した。 (昭和25年) - ので、プロ野球公式戦観戦に集まった群衆を時間を繰り上げて入場させた際、入口のトンネルでの転倒により将棋倒しが発生、3名が死亡した。 (昭和29年) -。 東京都のでのに集まった群衆がとなった。 (昭和31年) -。 のでに集まった参拝者が将棋倒しとなり、124人が死亡した。 (昭和34年) - のにあるでに開催された野外市民コンサートの途中で突然の豪雨が降り、これにより3万人もの観客が屋根のある出口付近に殺到。 67名が圧死した。 犠牲者の大半は子どもだった。 (昭和35年)• - 韓国のにての客で混雑していたで列車に乗ろうとした乗客が将棋倒し、31人が死亡。 3月2日 -。 の体育館で行われた『』公開録音の開門時に殺到した観客が将棋倒し、12人が死亡・14人が重軽傷。 主催したラジオ関東(現・)が、会場の収容定員を上回る招待券を出していたことが原因。 (昭和36年) - (現・)の松尾鉱山小学校で行われた祝賀会のあとで、映画鑑賞会へ向かう小学生などがとなり10人が死亡、10人が負傷。 (昭和39年)5月24日 -。 ので行われたサッカーの国際試合の判定を巡って観客が暴徒化し、警官隊が鎮圧のため催涙弾を使用。 出口に殺到した観客が将棋倒しとなり319人が死亡、500人が負傷。 (昭和42年) - ので一般開放していたで、観客の1人が転倒したことから観客が将棋倒し。 女性1人が死亡し、27人が負傷。 (昭和46年)1月2日 -。 ので行われた対のサッカーリーグ戦の試合後、出口へ向かう観客が階段上で将棋倒しとなり10数メートル下まで転落。 66名が死亡、負傷者約200名。 (昭和48年) - にあるでNETテレビ(日本教育テレビ。 現・)の公開録画が行われたが、開門時に殺到した観客が将棋倒しになり11人が重軽傷を負った。 会場の収容定員を上回る招待券を出していたことが原因。 (昭和51年) - の複数の販売所で買い求めに集まった客が殺到。 との会場で各1名が死亡、全国で40名以上が負傷。 この事故を受け、翌年より購入は往復はがきによる申し込み制に変更された(1995年まで)。 (昭和54年) - の開催中ので、入場券売り場前にいた群衆が販売が開始されたと思いこんで殺到、倒れた小学生2名が死亡。 (昭和57年)• の(現・イオンフードスタイル新松戸店)で当時大ブームだったアニメーション番組『』のを購入するため、開店と同時にエスカレーターに殺到した小中学生250人による将棋倒し事故が発生した。 のレーニン・スタジアム(現・)で発生した将棋倒し。 公称の死者は66人と発表されたが、後年、死者340人超と推定されている。 (昭和60年)5月29日 -。 のにあるヘイゼル・スタジアム(現・)で、暴徒化したサポーターが相手チームの観客席になだれ込み、老朽化した競技場の一部が崩壊。 死者39名、負傷者400名以上を出す大惨事になった。 (昭和62年)• ので行われたロックバンドのコンサート中に観客がステージ前に殺到、に。 死者3名重軽傷者27人。 LAUGHIN' NOSEは引責謹慎。 担当していたラジオ番組も降板した。 - ()。 のにある陸家嘴で自転車に乗った乗客らが殺到、将棋倒しとなり66人が死亡、30人近くが重軽傷。 現場は2014年に起きた群集事故(後述)と至近距離にあり、27年後に同様の事故が発生したことで、このときの教訓が生かされなかった。 (平成元年)4月15日 -。 イギリスのにあるで、立見席に観客が詰め込まれ、圧死者96人、負傷200人以上のイングランドサッカー史上最悪の事故となった。 これ以後、イギリスのスタジアムから立見席が廃止されることとなった。 (平成2年) - ()。 の大巡礼の群集がからミナへ通じるトンネル内で将棋倒しを起こし、1,426人が死亡。 ハッジでの群集事故としては当時史上最悪のものとなった。 事故発生地点は(左)と(右)の境界• (平成5年)1月1日 - ()。 午前0時過ぎ、のランカイフォン(蘭桂坊)にて新年を迎える人々が揉み合い状態になりとの境界地点で将棋倒しが発生、1人を含む21人が死亡し62人が重軽傷を負った。 (平成13年)7月21日 -。 兵庫県の花火大会後に付近ので発生した事故。 (平成15年) - にあるで行われた対戦の終了後(試合は阪神が7-2で勝利)にがグラウンドに乱入し中日ファンを挑発、中日ファンもグラウンドに乱入し乱闘となった。 その際に防犯用の唐辛子系催涙スプレーとみられるものが噴射され、観客53人が目やのどの痛みで治療を受け、うち31人が病院搬送、7人が入院する事態となった。 この一件以降、中日は阪神との主催地方試合の開催を(平成25年)まで行わなかった。 (平成17年)• ので巡礼者が移動中、の流言が流れパニックとなる。 将棋倒しにより965人が死亡。 - 韓国のの競技場で行われたコンサートで将棋倒しが発生、11名が死亡し70名あまりが負傷。 (平成20年) - のので将棋倒しとなり、約150人が死亡、50人以上が負傷。 (平成22年)• - ので芸能人が見られるとの噂が立ち、人々が殺到して将棋倒しとなる事故が発生。 - ので行われたで、2つのルートから会場に入ろうとする人と、会場に入れずに帰ろうとする人が一か所に押し詰められる状況となり、21人が圧死、500人以上が負傷した。 この結果、ラブパレードは廃止されることとなった。 - ので、年中行事「水祭り」で夜に行われたボート競技に集まった見物客が、にかかる橋の上で倒れるなどして、345人以上の死者と、300人以上の負傷者が生じた。 この日は祭りの最終日で、全国から300万人以上の観客が集まっていた。 (平成26年) -。 上海市ので年越しを迎えようとした市民が、広場の階段で揉み合い状態になった挙句に転倒。 36人が死亡、47人が負傷した。 (平成27年) -。 ハッジに訪れていた多数の巡礼者が将棋倒しとなり2,181人以上が圧死。 ハッジでの群集事故として1990年の事故を上回り史上最悪となった。 自然災害 [ ] 火山災害 [ ] 「」および「」を参照 土砂災害 [ ]• (13年) - (北部)のがによって山腹が崩落。 大量の土砂が近くにあったおよび城下町を埋没させた。 これによって城主以下の一族郎党や領民たちが死亡し、日本史的にも類を見ない「天変地異による大名家の滅亡」となった。 (大正15年) ー (現・)で大雨からが発生、家屋21戸が流出し24人が死亡。 2年後のにも、同様の土石流災害による被害を被った。 (昭和10年) - 日立町(現・)で折からの豪雨で山腹が崩落、斜面を造成して建てられていたの鉱夫住宅が巻き込まれ30人が死亡。 (昭和10年) - の北海道硫黄・小串鉱業所一帯が崩壊、鉱業所や事務所・鉱夫住宅や学校の分教場が埋没し245人が死亡。 (昭和28年) - のが崩落し別院などが埋没。 投宿していた(現・)町長夫妻や学童など28人が死亡。 (昭和36年) -。 のが折からのによる豪雨で、山裾を流れていた小渋川対岸まで被害が及び42人が死亡。 (昭和38年) - ののの周囲の山で大規模な地すべりが発生。 ダム湖の水が溢れ、下流の村落が飲み込まれる。 死者2,125人。 (昭和40年) - 神奈川県(現・川崎市久末)で住宅地裏に廃棄されていたの山が突然崩壊し、4万立方メートルの石炭灰が住宅15棟を飲み込み60人が生き埋め、24人が死亡した。 (昭和41年) -。 にてによる豪雨で大規模崩落が発生。 (現・)根場集落を襲い94人が死亡・行方不明。 またのでも山津波から旅館9軒が倒壊し、宿泊客など32人が死亡。 (昭和43年) -。 岐阜県ので、2台のバスが集中豪雨に伴う土砂崩れに巻き込まれて増水していた飛騨川に転落。 死者104名。 (昭和46年)11月11日 -。 神奈川県・川崎市ので・通商産業省(現・)・が合同して行った斜面崩落実験が、当初想定以上の崩壊を起こす。 実験の関係者や取材陣が巻き込まれ、15人が死亡。 (昭和47年) -。 (現・)の追廻山がによる集中豪雨から断続的に崩壊。 最初の小崩壊で巻き込まれた員を捜索していたところに大規模な崩壊が襲い()、救援活動にあたっていた関係者やの駅員さらには駅に停車中の列車の乗客・乗員など60人が死亡。 (昭和53年) - (現・)で雪解け水から河岸一帯の地盤が緩み、が発生。 断続的に地滑りが発生し、救助隊も巻き込まれる二次災害も発生した。 (昭和60年) -。 ので集中豪雨から地すべり発生。 が寸断され、中腹にあったが崩壊し26人が死亡。 (平成11年) -。 の活発化による豪雨からの崩壊による土石流がとを中心に発生。 下だけでも31人が死亡し、1人が行方不明。 (平成18年)2月17日 - ので地震の後に地滑りが発生し、村一つを飲み込む。 50人の死者を確認、また約1,500人が行方不明となった。 (平成21年) - の小林村(現・)で、台風によって山が崩壊()。 大量の土砂が村を埋没させた。 これにより491人が行方不明となった。 (平成25年) - 東京都のからの噴出物からなる地盤がによる大雨によって崩落。 元町地区を中心に建物が損壊し、47人が死亡・行方不明となる。 (平成26年) -。 と一帯で局地的豪雨により土石流が発生。 水没事故 [ ]• (大正4年) - 沖を採掘していたで落盤から海水が流入し水没、235人が死亡・行方不明。 (大正10年) - の坑道が落盤し周防灘の海水が流入、34人が死亡。 坑道は閉鎖され、の一部として採掘が続けられた。 (昭和13年) - の建設現場が折からの豪雨で水没、作業員1人が死亡。 (昭和17年) - 長生炭鉱の坑道が落盤し海水が流入、183人が死亡。 (昭和35年) - で、による中元寺川の増水から河底を採掘していた上尊鉱業豊州炭鉱が落盤。 川の水が大量に流れ込み坑内が水没、67人が死亡。 (昭和40年) - の工事現場で潜函工法作業中のところ圧縮空気を送っていたポンプが故障、が水没し作業員6人が死亡。 (昭和44年) - に架かるの基礎工事作業中に水止めの鋼矢板が崩壊して水没、の作業員8人が死亡。 (昭和51年) - 東京都室町での工事現場で、の水が流入。 や建物にヒビが入る被害が出て、同地域一帯での工事は2か月以上中断した。 - のにて、湖底下の塩坑に水が流入。 島やメキシコ湾の海水も巻き込んだことで、湖がと化した。 (平成3年) -。 の放水路トンネル建設現場に氾濫したの水が流れ込み、作業員7人が死亡。 (平成20年) - 東京都の下水道工事現場で、工事中の下水道内で急激な増水により5人が流されて死亡。 落雷事故 [ ] 「」も参照• (昭和30年) - でキャンプ中のテントに落雷。 4人死亡、5人負傷。 の上空を飛行中の旅客機が落雷のため空中爆発し墜落。 81人死亡。 (昭和42年) -。 の2年生の登山パーティーが登山中に雷雨に遭遇、避難中に落雷の直撃を受け11人死亡、13人負傷。 (昭和56年) - の秋川渓谷でキャンプ中に落雷。 1人死亡、2人負傷。 (平成2年) - で開催中のスーパーバイク世界選手権で、午後のレース待ち時に雷雨。 主催者の用意したテントに入りきれなかった一部観客が松林で雨宿りしていたところに落雷が直撃、15人が負傷。 (平成8年)• - (現・)で風呂場付近の落雷が原因で火災が発生、小学生2人が焼死、4人負傷。 - でサッカーの試合中に落雷、頭部に直撃を受けた高校サッカー部男子生徒(当時16歳)が両眼失明、下肢機能全廃、上肢運動能力減弱、言語障害の重度後遺障害を負う。 試合を主催した市体育協会などが3億円の賠償金を支払うことになった。 (平成17年) - のの火薬工場に落雷、直後に大爆発。 作業員19人が死亡、10人負傷。 (平成19年) - 中国の重慶市の小学校校舎に落雷。 避雷工事が未実施の校舎で窓から2教室内に雷が侵入、窓近くの壁に体を接して着席していた学童7人が死亡、44人が負傷。 (平成25年) - で5日から翌にかけてによる天候悪化から落雷が多発、子ども9人を含む32人が死亡。 (平成26年) - で野球部所属の男子生徒投手(当時17歳)が試合中、ピッチャーマウンドで落雷を受け死亡。 洞窟事故 [ ] 「」も参照 異物混入 [ ]• - ()。 ので屋台で売られていた菓子にが混入、児童ら200人以上が死亡しイギリスで食の安全に対する法的整備が進むきっかけとなった。 - ある業者がの嵩増し用にを混入。 30名がメタノールの中毒で死亡し、など多くの被害者を生んだ。 が製造した粉ミルクにヒ素が混入。 結果、1万3,000名もの乳児がヒ素中毒になり、130名以上が中毒死、多数に後遺症が残った。 食用油脱臭のために熱媒体として使用されていたが配管作業ミスによる配管部から漏れて混入し、加熱によりに変化。 結果、多数が健康被害を受けた。 - ()。 やから輸入されたで消毒済みのやの種子が誤って食用に供せられ、公式発表で650人が死亡。 実際にはその10倍以上もの死者が出たと推定される。 - ()。 に有毒な工業用の油が混入、全土で2万5,000人が発症し、600人が死亡。 - にて露天商が販売していたの揚げ物に誤って系の農薬が混入し、小学生ら27人が死亡し100人以上が入院。 食中毒 [ ] 詳細は「」を参照 製品・機器・器具事故 [ ] に絡む事故。 一酸化炭素中毒事故 [ ]• (昭和37年) - の畔の別荘で、準工業用の調整器を取りつけていたことから、が発生。 泊まりに来ていた10人が一酸化炭素中毒死。 (平成17年) -。 松下電器産業(現・)が販売した使用による一酸化炭素中毒事故で死亡者が出たことが発覚。 対象機種の引き取りもしくは点検修理を継続して告知している。 (平成18年) -。 パロマ工業(現・)が製造した屋内設置型のFE式瞬間湯沸器で、不完全燃焼による一酸化炭素中毒事故が多数発生していたことが経済産業省により発表され、最終的に28件、21人が死亡していた。 前述のパナソニック同様、点検・回収作業の告知を継続して実施している。 (平成20年) - の製パン店「石窯パンの店 ベーカリーファクトリー ゴッホ」で、強制排気装置をアルバイト店員が誤って止めたために、客と従業員計12人が一酸化炭素中毒となった。 発煙・発火・破裂事故 [ ]• (平成13年) - 、において、発煙・発火事故 (2001年(平成13年)8月から2003年(平成15年)4月)。 交通事故 [ ]• (平成12年) - (平成16年) -。 製の自動車に構造的欠陥があったにもかかわらず同社はリコールを隠蔽し、脱輪などに起因する人身事故が数十件発生。 建造物崩壊 [ ] サウスフォークダム崩壊によるジョーンズタウン市街地の被害• のにて醸造中の樽が破裂して大量のビールが噴出、2棟が全壊し9人が死亡。 イギリスのにあるが嵐に襲われ、走行中の列車を巻き込んで崩壊。 75人が死亡した。 - ののが激しい雨のため崩壊し、2,209人の死者を出す大惨事となった。 アメリカ合衆国のにあった糖蜜貯蔵用の貯槽(容量約870万リットル)が崩壊し、糖蜜の津波(高さ2. 5 - 4. 5メートル、時速60キロ)が市街地に押し寄せた。 21人が死亡、150人以上が負傷した。 - アメリカ合衆国の海峡に架かるが、当時いまだ耐風設計技術が未熟だったことにより施工中から風により激しく揺られ、竣工後間もなく落橋。 死傷者はなかった(ただし、橋上の車にいた犬が死亡している)。 (昭和30年) -。 の安倍鉱業でからが崩壊。 麓の45戸を押し潰した。 - フランスののにあったが大雨で湛水中に基礎地盤の地すべりが発生しダム本体が崩壊、下流の村を巻き込む水害となり死者421人。 (昭和50年) - ので豪雨に伴い流域の河川が増水、、など大小合わせて62か所のダムが連鎖的に決壊。 流域の住民や救援活動を行っていた軍兵士ら1,827人が死亡、全体でも推定2万6,000人が死亡したといわれている。 ののにあった空中通路が設計のミスにより崩壊。 ダンス大会に集まっていた人々を直撃し、114人が死亡した。 (昭和61年) - ので、設計ミスから建物が倒壊。 33人が死亡。 (平成元年)• 玉川の脇の岩盤が崩壊。 現場を走行中のマイクロバスを押し潰し、バスに乗っていた15人が死亡した。 の(ファンヘブクト)の(クムチョングン)を流れる礼成江(レソンガン)で工事中の橋が崩壊し、橋上で工事中の軍人500人以上が死亡。 金日成の誕生日までに完成せよとの指示を受け、無理な短縮工事をしたことが原因。 (平成6年) - のにあるが手抜き工事のため崩壊し、橋を通行中の乗用車やスクールバスが巻き込まれ、32人が死亡した。 (平成7年) - 韓国のソウル特別市にあるが営業中、突然5階建ての建物の半分が崩壊し、死者502人を出した。 (平成8年) - のにある平側坑口の約44メートルで岩盤が崩落して、乗用車1台と路線バス1台が下敷きになった。 20人が死亡。 - アメリカ合衆国ので建設中のが生の流し込み作業中に崩落、1人死亡、10人が重軽傷。 橋の構造や作業に問題はなかったが、乾燥した状態よりはるかに重い生コンクリートの重量に耐えられなかった(同様の事故は以前にも発生している)。 - イスラエルのにあった4階建てのベルサイユ結婚式場で、結婚式の最中に3階の大部分が1階まで崩落して23人が死亡し380人が負傷。 違法工事が原因だった。 - アメリカ合衆国の中心街の、のが崩壊し、オペレーターが重傷を負った。 のちの調査で建設計画のから構造上の欠陥が発見されたが、毎年定期検査を行っているにもかかわらず38年間崩落するまでその部分は問題とはならなかった。 アメリカ合衆国のにある - 間を結ぶ35W号線が崩落。 ラッシュアワーと重なり60台以上の車が転落、9人が死亡、4人が行方不明。 - のにて完成間もない5万人規模のの屋根が崩落。 競技などは開催されていなかったため死傷者は出なかった。 のにあるで天井板のコンクリート板がおよそ110メートルにわたって落下。 3台の車が巻き込まれ、9人が死亡。 ので建設中の7階建てビルが突然倒壊。 74人が死亡した。 の近郊の8階建ての商業ビルが崩壊。 死者1,127人、負傷者2,500人以上。 のにあるスーパーマーケットの屋根が突然崩壊。 二次被害の犠牲者も合わせて死者50人以上。 - の平川区域の23階建てのアパートが建設中に崩壊。 すでに入居中の労働党や軍関係者、新興資本家勢力ら多数の死者を出した。 - のにある、5名が死亡した、12名が負傷 その他 [ ] 放送事故 [ ] 詳細は「」を参照• (昭和63年) - の新入生歓迎会で、同大学の新入生が約5合を一気飲みして急性アルコール中毒になって死亡。 (平成3年) - の学園祭で一気飲みコンテストに参加した、他大学の学生がとなり死亡。 - アメリカ合衆国のでラジオ局が主催した大量の水を飲むことを競うイベントにて、7. 6リットルの水をトイレに行かずに飲み干した28歳の女性がにより死亡。 (平成20年) - 小平国際キャンパス内の自治学生寮で行われた新入生歓迎コンパに参加していた同大1年の男子学生が急性アルコール中毒で死亡。 一気喰い [ ] 食料品を一気に食べることなどにより、中毒やになりする事故。 (平成14年) - (現・)の中3男児が、友人らとの早食い競争でパンをに詰まらせ窒息死。 この事故は同年に報道されたが、これをきっかけに、当時放映されていたを題材とした番組が制作をとりやめた。 (平成20年) - で小6男児が給食パンをのどに詰まらせ窒息死。 誤食・誤飲事故 [ ] 乳幼児や高齢者に多く、食料品や飲料品以外のものを食べたり飲んだりして窒息や中毒を起こす事故。 誤食・誤飲には、、、お金、薬などがある。 「」および「」も参照• のの農薬工場で爆発が発生。 が飛散し周辺住民や家畜が被曝。 8月 - のにあるでウイルスが漏洩。 大学職員のが天然痘に罹患し死亡(天然痘による世界最後の死者)。 - のスヴェルドロフスク(現・)の生物兵器研究所において、炭疽菌の流出事故が発生。 詳細は「」の「スヴェルドロフスクの研究所事故」を参照。 のの化学工場からが流出し、数か月以内に3,500人以上、最終的には1万5,000人から2万5,000人が死亡したともされる。 9月 -。 ので廃病院に放置されていた放射線治療用機器から放射線源が盗み出され、放射線源と気づかれないまま解体業者に引き渡され放射性物質が漏出。 同年12月までに249人が汚染され、20人が入院治療を要し、4人が死亡した。 のの化学工場からが漏出。 5人が死亡、消防隊員・周辺住民合わせて4,000人あまりが診察または治療を受けた。 また、農地や家畜への被害のほか、500台以上の自動車の腐食が報告された。 リング禍(格闘技の試合中における事故) [ ]• 「買物客はさまれ死亡、名古屋の百貨店で、エレベーターのドア開く」『 大阪版』1954年(昭和29年)1月5日(大阪府立中央図書館所蔵)• J-CASTニュース ジェイ・キャスト. 2006年6月8日. 田才益夫. 2017年9月24日閲覧。 東京法律事務所. 2017年9月24日閲覧。 CINEMATODAY Inc.. シネマトゥデイ. 2013年11月12日閲覧。 朝日新聞東京本社版1967年10月23日付朝刊15面、「死のゴーカート遊び」「母親、髪を巻込まる」「むきだしのエンジン」「カバーさえあれば」「故障していた監視用テレビ」• 国立公文書館 アジア歴史資料センター. 2019年9月9日閲覧。 MSN産経ニュース 産経デジタル. 2008年8月16日. の2009年3月8日時点におけるアーカイブ。 海難審判庁 2006年9月22日. 2006年10月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年6月6日閲覧。 FNNニュース フジニュースネットワーク. 2008年8月2日. の2008年8月11日時点におけるアーカイブ。 きままに備忘録and TIPS きままに備忘録. 2014年7月26日. 2016年5月26日閲覧。 2015年6月8日. 2015年6月8日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年10月20日閲覧。 2015年7月26日. 2020年2月6日閲覧。 AFP AFP. 2017年4月21日. 2017年4月21日閲覧。 ・第97回(江戸の大事故)、2014年2月10日放送• 』 青春出版社〈青春文庫〉、2004年3月20日、186-188頁• 沢柳政義『野球場大事典』大空社、1990年、p. 288• 沢柳政義『野球場大事典』大空社、1990年、p. 292。 これとは別の群衆がフェンスを乗り越えようとぶら下がった際にフェンスが転倒し、合計41人の重軽傷者を出している。 YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2008年11月4日. なお、松本市での死者の死因はである。 阪神球団主催の中日戦については、高校野球期間中を中心に関西圏・岡山県での開催が行われた。 寒川旭『秀吉を襲った大地震』平凡社新書、2010年• 寒川旭 『地震の日本史』 中公新書、2007年• YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2008年9月17日. の2008年9月20日時点におけるアーカイブ。 しんぶん赤旗 2005年2月• アプライアンス社. パナソニック 2008年10月1日. 2017年9月24日閲覧。 パロマ. 2017年9月24日閲覧。 MSN産経ニュース 産経デジタル. 2008年8月13日. の2009年1月29日時点におけるアーカイブ。 日立アプライアンス 2008年2月18日. 2013年6月6日閲覧。 TVBS 2019年10月2日. 2019年10月2日閲覧。 毎日jp 毎日新聞社. 2008年10月21日. の2008年10月21日時点におけるアーカイブ。 Report. IAEA. 1988. 外部リンク [ ]•

次の

遊園地で起きた最悪のジェットコースター事故9選…恐ろしすぎる…

インド 遊園 地 事故

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年5月) 事故現場からはとが回収され、解析が行われた。 フライトレコーダーの記録によると、事故機は途中まで通常通りの着陸経路を飛行していたが、高度2100フィート(ILSによる誘導を受け始めるまで維持するべき高度)まで降下しても水平飛行に移らず、事故機はまるで空港が墜落地点(空港の滑走路端から23キロメートルも手前)にあるかのような飛行経路で降下を継続していた。 また、ボイスレコーダーに残された会話によれば、墜落数秒前まで3人のパイロットはまったく異常に気づいておらず、操縦を担当していたは目視したヤムナー川の護岸工事の照明をの照明だと思い込んでいたようである(しかし、当日は砂塵により視界はあまり良くなく、進入前にその旨を確認し合っている)。 「ギアダウン」、「フラップ35、フルダウン」と報告する声が残っている一方、規程上は行わなければならないはずの降下1000フィート毎の高度確認をする声はなく、高度が異常に低下していることにまったく気づいていなかったと推測されている。 また、「ファイナルフラップ」の読み上げに続いて、「セットー、だけど降りてないね」とも聞き取れる声が記録されていた。 このような状況のため、着陸を継続するかするかを決意する高度である「デシジョン・ハイト」を過ぎても誰もそれを指摘せず(本来は声を出して知らせるべき高度である)、墜落9秒前、副操縦士が「ランウェイ・イン……ゴーアヘッド」と着陸する確認を取り、墜落7秒前に地上まで35メートルの高さになってからが「デシジョン・ハイト」と普通に声をかけるような状態だった。 墜落5秒前に機長が滑走路が無いことに気付いて「パワー、パワー」と慌てた言葉を叫び、墜落2秒前にエンジンが推力を上げ始めたがもはや遅く、機体はの対岸水際に一旦主車輪が接地して(現場調査で接地跡が確認されている)再び浮き上がった直後、護岸工事中のに激突した。 事故原因 [ ] 原因は、当該機が異常に高い降下率で進入降下していたことに運航乗務員が墜落寸前まで気付かなかったことである。 異常降下した原因は明確でないが 、パイロットが規定の方式を遵守しなかったこと、灯火などを視認する前に計器表示を参考にしなかったこと、機長と副操縦士のどちらも経験が浅かったこと、機長の判断で副操縦士に本来の任務をさせずアプローチを行わせていたこと、パイロットがこの空港にも航法施設にも詳しくなかったこと、着陸チェックリストが実施されなかったことなどが挙げられ、これらのミスは規律がおろそかだった結果だとされた が、運航乗務員が計器指示を十分クロスチェック(相互確認)していれば本事故は避けられた可能性があった という。 また、機長以下乗員が前夜宿泊していたので、飲酒しながら徹夜でをしていたとの目撃証言があり 、その結果として運航乗務員たちの判断力が悪化し、事故の遠因となったとの指摘もある。 なお、事故後ただちに現地に急行した日本航空の救援機の機長が、ニューデリーのILS誘導電波の異常を報告したことから、日本航空が各国の航空会社に問い合わせたところ、自社のパイロットを含めていくつかの航空会社からILS誘導電波の異常について報告を得た。 審判ではILS誘導電波の異常を経験したインディアン航空の機長や副操縦士をはじめ、何社かの外国人パイロットが証言を行っている。 犠牲者 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年5月) 犠牲者の中には、乗客としての治療に大きく貢献したが含まれていた。 また、としてののである吉河信子もいた。 激突地点の土手では護岸工事が行われており、その場にいた作業員4人のうち3人が墜落の直撃を受け、即死した。 残りの1人はなんとか逃げ延びたものの、重い全身熱傷を負ったために死亡した。 その後 [ ] 相次ぐ事故 [ ] この1972年に日本航空は大きな事故を連続して起こしている。 発行きのDC-8が滑走路を逸脱し、離陸に失敗。 - ニューデリーでDC-8が墜落。 本項の事故• 概要は上の羽田での事故とほぼ同じ。 - 相次ぐ事故、特に1年に2回も墜落事故を起こしてしまったため、日本航空は各方面から非難を浴びることになり、同社の業績にも悪影響を及ぼすこととなった。 審判 [ ] インドでは、国際的な航空機事故の調査については、ニューデリー高等裁判所に命じて裁判形式で行うという独特の方式をとっており、公判は公開されると共に公判資料もすべて公表された。 そして、第三回法廷では回収されたの音声が流され、その音声はも入手した。 この録音はが保管している。 審判にて、日本航空は「ニューデリー空港の計器着陸装置が整備不良の状態にあり、事故機はそれが出すゴースト・ビームに乗ったために墜落した」と主張した。 一方、事故調査官は事故機のフライト・ディレクターの切り替えスイッチ(ILSを受信するかVORを受信するか選択するもの)がVORを受信するモードになっていたことから、「フライト・ディレクターが実際はVORを受信していたのに、パイロットはILSを受信しているとと誤解したために墜落した」と主張した。 日本航空は、当該スイッチは事故の衝撃で切り替わったものであると反論したが、審決では「フライトディレクターの位置にかかわらず、乗員がオペレーション・マニュアルのとおりに行動し、機外の状況を目視で確認していれば墜落を避けられたはずである」として、調査官の見解を採用した。 空白の110秒 [ ] 、NHKはドキュメンタリー『 空白の110秒』を放送した(「110秒」とは、事故機が管制と行った最後の交信から墜落までの時間を指す)。 これは、上記のボイスレコーダーの音声から墜落時の状況を分析するというもので、当時に在籍していたにより音声分析が行われた。 この番組では、遺族から提供された搭乗員の肉声を比較することにより、機内の会話の主を特定した。 そして、上記の「幽霊電波」説のほか、との切り替えスイッチを切り替え忘れたためにILSではなくVORを受信した結果、進路を誤った、という説と共にパイロットのミス説が紹介されている。 同番組は第26回・テレビドキュメンタリー部門、そして第13回・昭和48年度を受賞した。 その後、の『』、との『』で同番組の再放送が行われた。 なお、全国の放送センターでも視聴が可能である。 その他 [ ]• 当時の現地では砂嵐と砂塵がひどく喋ることもままならないため、日本航空も報道関係者も大量の目薬と粉塵用の眼鏡を緊急輸送するように要請している。 には、の知人が住職を務めていたで保管されていた事故機の部品の一部が日本航空に返還されたが、日本航空の調査で事故機の残骸ではなかったことが判明した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] 出典 [ ].

次の