ポケットwifi レンタル docomo。 無制限!docomoユーザーにおすすめのポケットWiFiはこれ!

【最新】新料金プランでドコモのポケットWiFiがおすすめになった理由

ポケットwifi レンタル docomo

どうも!WiFiレンタルおすすめ. info編集部・国内調査員のオッカムです。 今回は 「 ドコモ回線のポケットWiFiレンタル」について、調査しました。 ドコモ公式のポケットWiFiレンタルについては、についての記事をご覧ください。 国内キャリアとしては有名なドコモですが、WiFiレンタルではどれくらい使われているのでしょうか? 結構気になることが多くあったので、 国内ポケットWiFiレンタルにおけるドコモ回線の立ち位置や、ドコモ回線の長所、おすすめのサービスなどをひとまとめに記事にしていきたいと思います。 それでは、まずは ポケットWiFiレンタルにおけるドコモ回線の誤解について、話を進めていきましょう。 ドコモのポケットWiFiレンタルに関するよくある誤解 「自分のスマホがドコモだから、ポケットWiFiレンタルも同じドコモ回線を選ばないといけない」 「ドコモのスマホを使ってるし、ドコモのポケットWiFiレンタルなら割引とかあるんじゃないかな?」 もしかして、あなたはそういう風に考えていませんでしたか?ポケットWiFiレンタルの回線について、 結構な方が誤解されています。 「別に知ってるよー。 」という方も、短い話ですのでお付き合いください。 スマホのキャリアは関係ない 実際のところ、 スマホのキャリア回線とポケットWiFiの回線は全く関係ありません。 なので、絶対にドコモ回線を選ばないといけない理由はないです。 また、ドコモのスマホを契約していても、 特別に割引があるといったこともありません。 なんでこんな話をするのかと言うと、 誤解もなく事情を知った上で選んでもらったほうが、後悔することが無いからです。 少しでも「知らなかった」ということが無いように必要な情報は全てお伝えできればと思います。 さて、必ずしもドコモ回線を選ぶ必要はないと知っていただいた上で、 「じゃあ、ドコモ回線を選ぶ理由はなんなの?」という話に進めていきましょう。 サービス内容が変わり、下記に紹介しているポケットWiFiはドコモ回線ではなくなってしまいました。 これにより、ドコモ回線を選ぶ理由がなくなってしまったので、安くてエリアの広いソフトバンク回線のポケットWiFiレンタルをおすすめします。 つまり、単純に言えば、利用予定先で電波が対応していればドコモ回線を選ぶ理由になるんですね。 なので、まずはあなたの予定先でエリアが対応しているか、ドコモの公式サイトで確かめていただければと思います。 大まかな住所を入力するだけでわかるのでご安心ください。 また、ドコモ回線のポケットWiFiレンタルは 電波強度・通信速度が安定しているという特徴もあります。 ただし、 レンタルプランを選ぶうえで少し気になる点も…。 それでは、ドコモ回線でレンタルプランを選んでいく段階へと進みつつ、気になる点についても見ていきましょう。 ドコモ回線でレンタルプランを選ぶ場合、何を選ぶべきなのか、一つ一つ見ていきましょう。 ポケットWiFiルーター ドコモ回線でレンタルできるポケットWiFiルーターは以下の2つ。 レンタルできるドコモ回線対応ルーター ルーター 通信速度 E5383 下り最大:300Mbps 上り最大:50Mbps E5577 下り最大:150Mbps 上り最大:50Mbps 性能で選ぶのであれば 「E5383」一択です。 「E5577」は動画視聴などには少し物足りない性能となっています。 気になるポイントを挙げると、対応ルーターが少ないことですね。 ソフトバンク回線では5つのルーターがレンタルできます。 ただ、ドコモ回線でおすすめポケットWiFi「E5383」に関しては、 動画視聴やSNSの利用にも十分な通信速度を誇るので、「E5383」を選ぶのであれば問題ありません。 容量 次に容量ですが、そもそも 自分に必要な通信容量がわからないと選べないですよね。 この中で、 カシモバの「E5577 7GB」はおすすめできません。 5日間までのレンタルであれば一日料金が安くてお得に見えますが、ソフトバンク回線では更に安くて性能の高いプランが用意されています。 ドコモ回線で最もおすすめなのは、WiFiレンタルどっとこむの 「E5383 12GB」。 その他回線のプランと比較しても、料金と容量のバランスが取れた 非常にコスパの高いポケットWiFiレンタルプランです。 1日料金が1,400円となっているので少し驚かれるかもしれませんが、これは 1週間以上レンタルする前提での料金設定になってます。 以下の料金表をご覧ください。 長期レンタルで本領を発揮するプランということですね。 ちょっと長くなってしまったのでここまでをまとめると、以下のようになります。 ドコモ回線はE5383の1週間以上のレンタルプランがおすすめ• WiFiレンタルどっとこむ WiFiレンタルどっとこむは国内最大手のポケットWiFiレンタルサービス。 利用者数800万人を超える人気のサービスです。 ドコモ回線のほか、ソフトバンク回線のポケットWiFiについても豊富に扱っており、 満足度もかなり高め。 口コミ・評判などを見れば信頼できるサービスであることがわかります。 別記事にて、WiFiレンタルどっとこむのサービス内容や口コミ・評判などを一から十まで徹底的に調査してあるので、気になった方はチェックして見てください。

次の

ポケットWi

ポケットwifi レンタル docomo

ポケットWiFiのレンタルサービスを行っている業者は沢山あって何処からレンタルしたら良いのかわからないと言う人多いですよね。 レンタルWiFiの場合、 短期レンタル向け・長期レンタル向けの業者があったりと 、利用期間・利用目的に応じて選ぶ業者は変わってきます。 このページでは、貴方にあった最適のレンタルWiFiが見つかるように利用用途別に紹介しています! ポケットWiFiのレンタルについて ポケットWiFiをY! mobileやUQ WiMAXから契約すると2年~3年といった長期契約になってしまいますが、 レンタルWiFiの場合は業者によって違いますが1日~1ヶ月単位で契約することができます。 最近でよく使われている例として• 光回線の開通までレンタルWiFiを使う• 自宅のWiFi代わりに利用• スマホが通信制限になるからレンタルWiFiで補う 上記のように利用方法は人それぞれですが、 レンタルといういつでも解約できる面を考えると便利ですね。 レンタルの特徴は、契約期間を気にせず使えることです。 スマホの通信料金が高いので、とりあえずレンタルWiFiを使うと言う人も増えています。 ポケットWiFiレンタルのデメリット レンタルWiFiのデメリットは、大きく分けて3つあります。 端末が壊れたら高額の請求が!?• 本人確認書類の提出が必要な場合がある• 初期費用が高い業者がある 特に注意したほうが良いのは、レンタル端末を壊してしまったときです。 詳しくみていきましょう! 1.端末が壊れたら高額の請求が!? ポケットWiFiのレンタルの場合、当然ですが 端末はレンタル品です。 そのため、落下・水没等で壊してしまった場合弁償しないといけません。 弁償金として18,000円~40,000円と業者によって値段が違いますが、高額の請求が来ますので気をつけてください。 高額の弁償金が嫌という人には「安心保障サービス」が月額500円~600円にて申し込みができます。 安心保障サービスに加入していれば、モバイルルーターが故障しても無料もしくは最大1万円の支払いですみます。 ただし、毎月支払わないといけないからお財布と相談して申し込んでね! 2.本人確認書類の提出が必要な場合がある レンタル業者によっては、本人確認書類の提出が必要な場合があります。 正直言ってちょっと手間ですし、 運営元が知らない会社名だと自分の個人情報を渡すと言うのは抵抗がありますね。 最近では、本人確認書類提出不要のポケットWiFiのレンタルも増えてきましたので、 本人確認書類提出が嫌と言う人は、その業者を避けて提出不要の業者と契約した方が良いですね! 3.初期費用が高い業者がある レンタルWiFiは初期費用が0円の業者から7,000円~8,000円を請求してくる業者もあります。 どの業者も初期費用はホームページに記載してありますが、 ウッカリ見落としてしまうと大変です。 クレジットカードの引き落とし明細を見たら高額の請求が来ていたという話も聞いたことがあります。 通常は契約事務手数料で3,000円前後となっておりますので、 それ以上に高い場合は警戒をしつつ、必要であれば納得の上契約をしてください。 レンタル方法は大きくわけて3種類• 短期レンタル向け、1日単位で契約可能(料金高い)• 長期レンタル向け、1ヶ月単位で契約可能(料金安い)• 3ヶ月、半年、1年間等のレンタル予定期間を一括で支払う 料金安い) レンタルWiFiには、短期レンタル(1日単位)から長期レンタル(1ヶ月単位・1年単位・2年単位)での契約があります。 料金は短期レンタルよりも長期レンタルの方が安く使える業者が多いです。 短期レンタル向け、1日単位で契約可能(料金高い)について 1日単位で契約できるレンタルWiFiは高額です。 契約時に利用期間を申請してレンタルする場合が多いです。 相場としては、 1日辺り300円~500円ですが、1ヶ月使ってしまうと10,000円前後になりますので、 1ヶ月以上の利用は長期レンタルと考えてください。 短期レンタルWiFiの利用用途としては、• 病院の入院時• 光回線の開通までの間• 旅行で必要• 電波が入るか試してみたい 等々他にも利用ケースは考えられますが、 大体2週間以内の使用を目的としたレンタルを短期レンタルと考えてください。 短期レンタルは料金が高いから注意してね! 長期レンタル向け、1ヶ月単位で契約可能(料金安い)について 今大人気のレンタルWiFiのプランは1ヶ月単位です。 特徴的なのは全体的に月額料金が安く、月間無制限のプランが3,200円、3,300円と言った格安の料金でお使いいただけます。 長期レンタルWiFiの利用用途としては、• 自宅の回線代わりに• スマホが通信制限になるから代わりに• 長期出張でWiFiが欲しい 長期レンタルWiFiは全体的に料金も安く使えます。 3ヶ月、半年、1年間等のレンタル予定期間を一括で支払う 料金安い) 一部のレンタルWiFiで行われているサービスですが、 当サイトではおすすめしていません。 2年分一括払い等ありますが、「 果たしてそこのレンタル会社は2年後残っているのでしょうか」という疑問により一括払いは推奨していません。 【国内版】おすすめレンタルWiFi5選 ポケットWiFiのレンタルを5つ紹介します。 利用用途、利用期間に応じてレンタル先を選んでくださいね! 【長期利用】1ヶ月単位で契約可能な激安WiFi「縛りなしWiFi」 当サイトからの申し込み数NO. 1の「縛りなしWiFi」です。 契約期間は1ヶ月毎の自動更新となっているため、解約申請をしない限り継続されます。 縛りなしWiFiの特徴は• 月額料金が安い(月額3,300円)• 初期費用1,000円• レンタルWiFiのため解約金なし• 契約期間の縛りなし• 月間無制限(WiMAX端末の場合3日で10GB、SoftBank端末の場合1日2GBの速度制限有) となっております。 WiMAXプランを選ぶと、月額料金が3,800円と少し高くなりますので注意してください。 但し、縛りなしWiFiは契約期間の縛りがありませんので(1ヶ月毎の自動更新)、いつでも気軽に解約する事ができます。 1ヶ月単位でのレンタルの場合「縛りなしWiFi」は安く、プランが複数用意されています。 注意事項としては、 端末を壊してしまった際の弁済金が39,800円と高額です。 安心保障サービスに入るか、物凄く大切に取り扱いましょうね! レンタルWiFiの中で料金は間違いなく安いよ!1ヶ月単位での契約だから、気軽に解約もできるよ!ポケットWiFiが気になってる人は縛りなしWiFiを試してみるといいね! 通常プランは在庫有!契約期間の縛りがないWiFi! 【短期利用7日からOK】Mobile Peace Mobile Peaceでは、レンタル期間7日間からポケットWiFiのレンタルに対応しており、 短期レンタルの人にもおすすめです。 なお、レンタル期間によって料金が変わってきます。 料金表を見ての通り、長期レンタルであれば、料金が安くなる仕組みになっております。 平日の午後2時までの申込で当日出荷だよ! 在宅ワークで急遽必要という人にもおすすめです。 特徴として、• 空港受け取り可• コンビに受け取り可• 5GB~無制限までプランが豊富• 当日発送可• 海外WiFiの取扱いも有• LINE でお得情報も!?• 法人契約可 となっており、入院したときや海外からの一時帰国等、短期間だけどレンタルWiFiが使いたいと言うときに 「WiFiレンタルどっとこむ」は低価格で利用できるのでおすすめです。 利用料金については、端末によって変わりますので詳しくは公式サイトでご確認ください。 申し込んで直ぐ届くというのは嬉しいサービスだね! ソフトバンクの4G LTE回線のため、エリアも広く繋がりやすいWiFiとなっております。 【1ヶ月毎の自動更新】WiMAX端末がレンタル可能「famifi」 famifi(ファミファイ)では、民泊施設向けにポケットWiFiのレンタルを行っていますが、現在は通常のレンタルも可能となっております。 famifiでレンタルできる端末は、2020年4月21日時点で 「WiMAXのWX03」のみとなっております。 WiMAX端末をレンタルしたいという人におすすめのサービスです。 月額料金も最初の 2ヶ月間は2,480円、 3ヶ月目以降は3,980円と格安でWiMAXを利用でき、契約期間の縛りもありません。 そうなんだよね!でも、 注意点があるから契約前に確認してね! 実はfamifiは、解約するときに「 解約事務手数料5,000円」が発生します。 そのため、他社と比較すると5,000円余計に支払わないといけませんが、 レンタルの在庫がどこもない中で、WiMAXのレンタルプランがあるという事を考えると「famifi」も選択肢としては有りです。 注意点としては、解約時に 解約事務手数料5,000円がかかります。 WiMAX端末のレンタル可能【DMMいろいろレンタル】 DMMいろいろレンタルでは、その名の通り色々レンタル可能となっており、• WiMAX:月額2,375円~• SoftBankポケットWiFi:月額2,880円~ という料金でレンタルする事が可能です。 契約できる期間は1ヶ月~6ヶ月となっており、 長期契約をすれば料金が安くなる仕組みです。 WiMAXの端末が多くあります。 他で在庫なしでも「DMMいろいろレンタル」なら見つかりやすいです。 NETAGEのレンタルWiFiの特徴としては、• 通信量月7GB~無制限と品揃え豊富• 料金が安い(最安値は1日370円、1ヶ月1,980円等)• 最短即日発送• 請求書発行可能(法人限定) となっております。 在宅勤務、テレワーク等で、自宅でポケットWiFiが必要という人にもおすすめです。 1日単位でのレンタルも可能ですし、 1ヶ月単位でのレンタルも可能となっております。 大きな特徴として、「英語」「中国語」での端末操作マニュアルが用意されていたり、日本語・中国語に対応したコールセンター(9時~22時)が用意されています。 そのため、 民泊経営者が民泊の設備の一環として「SPACE Wi-Fi」を契約することが多いです。 何か端末操作に不具合があっても、民泊利用者から直接SPACE Wi-Fiに問い合わせしてもらうことも可能ですから、経営者としては便利なサービスです。 支払い方法はクレジットカード払い、口座振替の2通りが選べます。 WiMAXをレンタルしたい方へ 2020年4月6日時点で、殆どのWiMAXのレンタルは在庫切れの状態です。 どうしてもWiMAXを使いたいという人は 「ビッグローブWiMAX」がおすすめです。 ちょっと待って!注意点もあるから必ず確認してね。 BIGLOBE WiMAXは 本体代19,200円(税抜)の費用がかかります。 本体代を支払っても良いという人であれば、「Biglobe WiMAX」はおすすめです。 さらに、キャンペーン中のためサービス開始翌月に 15,000円のキャッシュバックを受け取ることが可能です。 そのため本体代はかかりますが、キャッシュバックで15,000円が貰えますので端末代の負担は少ないです。 レンタルのWiMAXの在庫が不足している中で、どうしてもWiMAXを使いたいという人におすすめです。 申込手数料 3,000円(税抜) 月額料金 初月無料 月額3,980円(税抜) 本体代 19,200円(税抜) キャッシュバック 15,000円 WiMAXは月間無制限に通信を利用できますが、3日で10GBの速度制限があります。 直近の3日間で10GB超えた場合は、 翌日の18時~2時まで速度制限になります。 在宅ワークでネットが必要という人にもBIGLOBE WiMAXは人気です。 最短翌日発送!最新端末が19,200円で購入可能! まとめ ポケットWi-Fiのレンタルは利用期間、利用用途によって、最適のレンタル会社は変わってきます。 上記以外にも沢山レンタルWiFi業者はありますが、料金が高かったり、 無制限と記載してあるのに100GBで速度制限になってしまったりとおすすめできません。 他にも高額の初期費用を取られてしまったり、レンタルなのに解約金5,000円が必要だったり、ひどい業者が多いので注意してください。 当サイトでは、殆どが実際にレンタルして体験及び費用の確認をしております。 そのため、 このページで掲載しているレンタルWiFiは自身を持っておすすめできます。

次の

騙されるな!docomoのポケットWiFiをおすすめしない全理由

ポケットwifi レンタル docomo

おすすめのポケットWiFiはずばりWiMAX! 最安値で無制限使えるお得なキャンペーン情報もご紹介! スマートフォンや携帯電話などをドコモ(docomo)で契約している場合、当然のようにポケットWiFiもドコモで契約しようと考えている方も多いのではないでしょうか。 通信エリアの広さや通信速度などドコモのサービスは安心感がありますよね。 しかし、ポケットWiFiではドコモがNo. 1ではないんです!なぜなら、ポケットWiFiにはより安い料金で、無制限使える「 WiMAX(ワイマックス)」というおすすめ回線があるため。 そこで、当ページでは、ドコモのポケットWiFiとWiMAXを比較した上で、おすすめのWiMAX回線の魅力をご紹介。 またWiMAX回線のプロバイダの中でも、当社が運営するJPWiMAXがおすすめであるポイントをお伝えしていきます。 当サイトをご覧頂くことで、 「 より安く」「 より快適に」インターネット回線をご利用頂けるポケットWiFiを見つけて頂くことができます! 見出し• まずは確認!ドコモ docomo のポケットWiFiとは? au、ソフトバンク(Softbank)と並んで、大手通信キャリアであるドコモ。 iPhoneなどに代表されるスマホ以外に、ポケットWiFiも取り扱っています。 とはいえ、「ドコモのポケットWiFi」と聞いて、イメージが湧かないという方もいらっしゃることでしょう。 そこで、まずはドコモが提供するポケットWiFiについて、 基本的な情報から説明していきます。 ドコモのポケットWiFiとは? 現在、ドコモが取り扱っているポケットWiFiは「docomoモバイルWiFiルーター WiFi STATION N-01J」、そして2019年3月8日新発売の「docomoモバイルWiFiルーター WiFi STATION HW-01L」の2種類です。 一人暮らしの方はもちろん、ご家族でも自宅や外出先で、このドコモのポケットWiFiを利用することで、インターネット通信を楽しむことができます。 ドコモのポケットWiFiの強みは、やはりその 通信網。 大手通信キャリアということもあり、ポケットWiFi端末であるルーター機器があれば、海外を除く、国内の幅広い範囲でドコモの高速回線を利用することができます。 ただし、インターネットの利用が当たり前となった現在、各通信会社も通信可能エリアは広げてきています。 そのため、 ドコモに限らず通信エリアという観点では、どの通信会社も大差なくポケットWiFiを利用することができるでしょう。 ドコモのポケットWiFi契約プラン ドコモのポケットWiFiの契約プランは、ドコモのスマホを利用しているかどうかで異なります。 ドコモのスマホを利用している場合、していない場合それぞれのプランを見ていきましょう。 ドコモのスマホを 利用している場合 ドコモのポケットWiFiの契約プランは、ドコモのスマホを利用しているかどうかで異なります。 ドコモのスマホを利用しているのであれば、基本使用料にオプションでポケットWiFiを利用する契約プランです。 このプランは、 月額料金1,400円でポケットWiFi端末の使用が可能となります。 ただし、1つ 注意点も。 このポケットWiFiの契約プランの場合、パケットパックというデータ通信料を自分のスマホや家族などとシェアするプランとなっています。 つまり、 ドコモのポケットWiFiを持ったからといって、新しく通信可能容量が増えるわけではなく、月間の決められたデータ容量の中で分け合うという点は覚えておきましょう。 ドコモのスマホを 利用していない場合 一方、ドコモのスマホを契約していない場合のプランです。 こちらの場合は、月額1,400円に加えて、データ容量に応じたデータパックの料金が更に追加される契約プランとなっています。 無制限にデータ通信量を使えるというプランはなく、多くデータ容量を使いたい方は、その分 料金も高くなっていくシステムです。 つまり、データ量を使えば使うほど費用も増えてしまいます。 そのため、もしポケットWiFiを使って 格安で無制限にインターネットを楽しみたいという方には、ドコモのポケットWiFiはおすすめできません。 以上が、ドコモのポケットWiFiの基本的な情報となります。 ドコモのポケットWiFiの概要はご理解頂けたでしょうか。 ドコモと聞くだけで、安心感はありますが、 ポケットWiFiとなると、実は物足りないという印象を持たれる方も多いんです。 確かに、ドコモは幅広い範囲の通信網を持っていますが、先ほどもお伝えした通り、各通信会社も 通信網を広げており、大きな差はありません。 そのため、ポケットWiFiを契約する上で比較するべきポイントとなるのは、ずばり以下の2点です。 ポケットWiFiの通信速度• ポケットWiFiの月額利用料金 そこで、ここからはドコモのポケットWiFiと当サイトが運営するWiMAX回線、それぞれの速度と料金を、具体的に比較していきます。 あなたに、本当におすすめのポケットWiFiを見つけて頂くことができるはずです。 速度比較!WiMAXとどちらがおすすめ? まず、ポケットWiFiを選ぶ際に重要となるのが、 通信速度です。 どんなに手軽で持ち運びやすくても、肝心のインターネット通信が快適に進まなくては元も子もありません。 特に最近は、動画の視聴など大容量の通信をする機会も増えてきていることでしょう。 それらを快適に利用するために、どのポケットWiFiを選ぶのがベストなのか。 ドコモのポケットWiFiとWiMAXのポケットWiFiの通信速度を比較してみましょう。 ドコモとWiMAXの通信速度を比較 ポケットWiFiの速度を比較する上で、「上り」と「下り」という速度を測る指標が2種類存在します。 上りはメールの送信や、ファイルなどをアップロードする場合の速度。 一方、下りはインターネット検索をしたり、動画を見たり、ファイルなどをダウンロードする際の速度となります。 主に、 皆さんがインターネットを利用する場合、「下り」の速度を意識する場合がほとんど。 そのため、当サイトでもドコモ、WiMAXのポケットWiFiの下り速度を比較していきます。 速度制限なしの場合 まずは、ドコモのポケットWiFiとWiMAXのポケットWiFi、それぞれ速度制限にかかっていない状態の下り最大速度を比較していきます。 WiMAXのポケットWiFi 1,237Mbps LTE利用時 ドコモのポケットWiFi 1,288Mbps 最新ルーター 多少、速度に違いはあるものの、WiMAXもドコモのポケットWiFiも光回線並みの高速通信が可能となっています。 とはいえ、どちらもインターネットをする分には全く困らない通信速度。 そうであれば「速度を比較する必要はあるの?」と思われるかもしれません。 実は、ポケットWiFiの速度を比較する際に重要なのは「 速度制限時の速度」なんです。 速度制限になって、ポケットWiFi本来の役割を果たせないというのでは不便ですよね。 そこで、速度制限になってしまった場合の速度をドコモとWiMAXのポケットWiFiで比較してみましょう。 速度制限にかかっている場合 ドコモのポケットWiFiも、WiMAXのギガ放題プランの場合も、ある一定の条件を超えてしまうと速度制限になってしまいます。 重要になるのは、その時の速度。 普段は快適でも「 速度制限になって全くサイトが開かない!」なんてことは避けたいはず。 そこで、ドコモとWiMAXの速度制限時の速度を具体的に比較しました。 機種 速度制限の条件 速度制限時の速度 速度制限の期間 WiMAXの ポケットWiFi ギガ放題プラン 3日間で10GB以上 1Mbps 翌日18時から 翌々日午前2時まで ドコモの ポケットWiFi 契約プランで決められたデータ量を超えた場合 128Kbps 月末まで ドコモのポケットWiFiに8倍近い差をつけており、WiMAXの方が明らかに高速回線と言えるのではないでしょうか。 具体的に、WiMAXのギガ放題プランで出る 1Mbpsという速度は、youtubeの通常画質であれば問題なく見れる程度の速度。 速度制限になった場合でも、動画視聴ができるというのは 実質無制限でインターネット回線が利用できると言える程ですよね。 一方で、 ドコモのポケットWiFiの128Kbpsとは、スマホの速度制限と同等の速度。 インターネット検索さえも、不便に感じてしまう速度です。 ただし、ドコモの速度制限になる条件は契約プランによって様々。 逆に言えば、多く料金を払わなければ、すぐに速度制限になってしまうとも言えます。 その点、WiMAXの実質無制限ギガ放題プランであれば、3日間で10GB以上使わない限り速度制限にはなりません。 そうであれば、 無制限のWiMAXで高速かつ快適に使える方が良いということは明らかですよね。 今回のように、ポケットWiFiの通信速度を測る上で重要なポイントは2点あります。 【速度を比較するPOINT】 ・速度制限の速度を比較する ・速度制限になる条件を確認する 上記の比較ポイントから見ると、通信速度では、ドコモのポケットWiFiより WiMAXの方に分があると言えます。 ここまでは、ドコモのポケットWiFiとギガ放題プランを契約したWiMAXの速度を比較しました。 ドコモ、WiMAXどちらのポケットWiFiも速度制限にかかっていなければ、不便を感じる程の速度ではありません。 しかし、速度制限になってしまった場合に大きな差が出てきます。 ドコモのポケットWiFiの場合は、お金をかければ速度制限は避けられますが、 なるべく安い価格の方がもちろん良いですよね。 そうであれば、 明らかにWiMAXの方がおすすめです。 そしてここからは、速度以上に皆さんが気になるであろう月額料金について、WiMAXとドコモのポケットWiFiを比較していきたいと思います。 ドコモのポケットWiFiは高い?料金を比較! ここまでは、ドコモ、WiMAXのポケットWiFiの通信速度を比較してきました。 速度ではドコモよりWiMAXの方が優れていましたね。 しかし、いくら速度が速いと言っても、やはり気になるのは実際に支払う 月額料金なのではないでしょうか。 誰しも「 より安く、より良いサービス」が理想なはず。 それでは、ドコモのポケットWiFiとWiMAXどちらが安いのか。 ドコモとWiMAXのポケットWiFiについて、それぞれの料金を比較していきます。 ドコモのポケットWiFiの料金 最初に、ドコモの「モバイルWiFiルーター WiFi STATION HW-01L」を契約する場合の料金を考えてみましょう。 ドコモのスマホを持っている場合、典型的な料金プランは以下のようになります。 ドコモのスマホ契約プラン カケホーダイライトプラン 1,700円 データMパック(標準) 5,000円 SPモード 300円 合計 7,000円 このスマホのプランに加えて、ポケットWiFiを契約する場合、ドコモがおすすめするプランは以下のようなものです。 つまり、あくまで計算上にはなりますが、 ドコモのポケットWiFiの場合は、月額料金2,900円で15GBのデータ通信を行うことができます。 1GBあたり約200円で、インターネット通信を利用できるという計算ですね。 しかし、スマホと合わせて20GB以上使ってしまった場合には、先程お伝えした通り128Kbpsまで速度が落ちるので注意しましょう。 WiMAXのポケットWiFiの料金 一方、WiMAXのポケットWiFiの料金を見ていきましょう。 こちらはとてもシンプル。 当社が運営するJPWiMAXのギガ放題プランであれば、月額2,800円からポケットWiFiを利用することができます。 使用可能なデータ量は、前項目でもお伝えした通り、 実質無制限。 3日間で10GBを超えない限り速度制限なく利用することができます。 つまり、1ヶ月を30日とすると月間100GBまでは無制限で使える計算になります。 そうなると 1GBあたり約28円。 ドコモのポケットWiFiと比較すると、7分の1程の料金になる計算です。 仮に 速度制限になってしまったとしても、短期間であること、また普段インターネットを利用する分には全く困らない程度というのもポイント。 また、ドコモのポケットWiFiのような、データ容量をお手持ちのスマホと分け合うということもありません。 ドコモとは違い、お手持ちのスマホの契約プランに含まれているデータ容量に加えて、2,800円の利用料金で実質無制限のデータ容量を手に入れることができます。 WiMAXのポケットWiFi 実質無制限で 3. 465円 1GBあたり約33円 ドコモのポケットWiFi 15GBで2,900円 1GBあたり約200円 以上の結果を踏まえると、ドコモのポケットWiFiよりも安く抑えることができ、かつ無制限にインターネットを利用できる WiMAXのポケットWiFiの方が圧倒的におすすめであることは明らかですよね。 しかし、そんなWiMAXも、実はプロバイダによって料金やキャンペーン等で実質支払う金額には違いが出てきてしまうんです。 そして、その中でも業界最安値のJPWiMAX。 WiMAXプロバイダの中でも、JPWiMAXが現在注目されている理由について、ここから紹介します。 最安値でお得に使うならJPWiMAX! ここまでは、ドコモとWiMAXそれぞれのポケットWiFiの通信速度と月額料金を比較しました。 結果を受けて、ドコモのポケットWiFiより、 WiMAXのポケットWiFiの方がおすすめであることはご理解頂けたでしょうか。 事実、WiMAXのポケットWiFiは非常に人気が集まっており、 延べ3000万回線を突破しました。 とはいえ、WiMAXプロバイダというのは、数多く存在します。 その中でも、最速で受け取ることができる キャッシュバックと、お得な 月額割引の2つを同時に実現した 業界初のキャンペーンによって、JPWiMAXは最安値を実現。 JPWiMAXの魅力である、以下2つのポイントをそれぞれ紹介していきます。 最速のキャッシュバック• 確実でお得な月額料金割引 最速のキャッシュバック JPWiMAXが人気である1つ目の秘密は、より 確実かつ業界最速のキャッシュバックです。 実際に、WiMAXプロバイダはキャッシュバックなどのキャンペーンを行っていることが、非常に多いです。 しかし、そのキャンペーンには落とし穴がある場合も。 実は、キャッシュバックの受け取り自体は1年後と限定されており、その頃には忘れてしまっているケースや、申請期間が短かったり、オプション契約しないとキャンペーンが適用されず、 結局受け取りができなかったというケースが多いんです。 お客様のそのような声にお応えたしたのが、JPWiMAXです。 面倒な手続きは一切不要で、最短で端末到着日にギフト券10,000円分を受け取ることが可能。 受け取りまでの期間が空かない分、つい忘れてしまったという心配は全くありません。 加えて、オプションや機種指定といった受け取りの条件も一切なし。 どなたであってもキャッシュバックを「 最速」かつ「 確実」に受けることが可能です。 その結果、口コミでも評判が広がり、おすすめのWiMAXプロバイダとして注目を頂いております。 確実でお得な月額料金割引 JPWiMAXのもう1つの魅力は、確実でお得な 月額割引です。 JPWiMAXであれば、ポケットWiFi利用料金が通常であれば月額4,880円の所を、 最初の3か月は2,800円で利用可能です。 また、その後もしっかり毎月割引されるため、キャッシュバックを受け取った後も常にお得にWiMAXを利用することができます。 もちろん端末本体も無料です。 特別な手続きは一切不要で、月々の料金もお得におすすめのWiMAX回線を利用することが可能です。 実際に、キャンペーン金額を差し引いた、お客様の実質負担料金は、以下の通りです。 jp 1onepiece. jp」からの受け取りができるようにしてください。 なお、当社から領収書再発行はいたしませんので、ご了承くださいませ。 1~2営業日(土日祝日を除く)以内にご対応させていただきます。 以降のお支払いについては、ご利用の月の前月払いとなります。 ご注意事項• jp 1onepiece. jp」からの受け取りができるようにしてください。 なお、当社から領収書再発行はいたしませんので、ご了承くださいませ。 1~2営業日(土日祝日を除く)以内にご対応させていただきます。 以降のお支払いについては、ご利用の月の前月払いとなります。

次の