アジ サビキ 仕掛け。 アジのサビキ釣り仕掛け(針など)とおすすめは?

アジのサビキ釣り(入門者向け)|釣り百科

アジ サビキ 仕掛け

小さな子供でも釣れる【サビキ釣り】 サビキ釣りとは、 サビキと呼ばれる釣り針に疑似餌を付けた胴突き仕掛けで、主にアミエビを撒き餌としながら、アジ、サバ、イワシなどの青魚を中心に狙う釣り方です。 単に 『サビキ』と省略して呼ばれることが多いです。 波止際(足下)から出すロッドの長さが釣りを行う範囲で、真っ直ぐ下向きに仕掛けを下ろすと、カゴに詰められたアミエビが海中に撒かれます。 アミエビは非常に高い集魚力のある撒きエサで、波止際を回遊するアジ、サバ、イワシなどを足止めするだけでなく、我先にと争うようにエサに食い付かせます。 その時、 エサに紛れている擬餌針にも食い付き、魚が釣れるという方法です。 サビキ釣りの対象魚(ターゲット) サビキ釣りのターゲット【アジ・サバ・イワシ】 すでに紹介しましたが、 サビキ釣りのメインターゲットは、アジ、サバ、イワシの青魚御三家ということになります。 3種類すべて混じって釣れる釣り場もあれば、イワシしかヒットしない釣り場や、アジしかヒットしない時期などもあります。 ただ、アミエビの集魚力は、周囲のありとあらゆる魚種を集める効果があると言っても過言でありません。 上記の青魚以外にも、サッパやコノシロ、サヨリなど青魚と同じように群れをなす魚、タイの幼魚(チャリコ)やベラ、アイゴの幼魚(バリコ)、時にはグレやチヌなどの上物も釣れたりします。 もちろん、釣れても嬉しくないフグやスズメダイ(オセン)、シマイサギの幼魚(ウリボウ)などのエサ取りと呼ばれる魚も盛んにヒットします。 そして、エサ取り以上に悩ましいのがボラが湧いている釣り場で、これが次々にヒットしてしまうと、その都度サビキ針が失われるので、ある意味天敵とも言えます。 他にもまだ釣れる魚はいますが、このようにサビキ釣りは、疑似エサの釣りでありながら、非常に多くの魚種に有効な釣法です。 サビキ釣りのシーズン(時期)と釣れる時間帯 まず、サビキ釣りのシーズン(適した時期)ですが、これはもちろん 青魚が湾内まで回遊する時期がベストです。 具体的には 初夏から晩秋がメインシーズンだと言え、この時期は基本的には湾内の浅場でも、水温が十分に高くなる時期です。 サビキ釣りは擬餌針の釣りということもあり、ターゲットの活性が十分高い時に向いています。 概ね釣果が安定するのは、 大きな群れが入りやすい7月~10月くらいと考えておけば良いでしょう。 もちろん、その前後でも釣れますが、潮の兼ね合いや、群れが小さいことで、その日その日で釣果が変わりやすくなります。 ちなみに、シーズン始めはサイズが小さく数釣りがしやすいですが、シーズン終盤になるとサイズは大きくなるかわりに釣り難しくなります。 次に サビキ釣りでよく釣れる時間帯ですが、これはやはり 朝夕のマズメ時になります。 特にシーズン真っ最中の朝マズメ、夕マズメは確実に獲物をゲットできる時間です。 場所によっては、終日釣れる(昼間でもポツリポツリと釣れる)ケースもありますが、シーズン終盤になるほどこの傾向は失われます。 秋口に入ってくると、陽が短くなるので、夜明け前に朝マズメのチャンスが終わったり、陽が沈んでから夕マズメを迎えたりと、時合を絞り込むのが難しくなります。 夜釣りができる釣り人なら、集魚灯を用いて半夜釣りで釣果を伸ばせますが、そうでなければ釣行時間には、ある程度幅を持たせてておく方が良いでしょう。 サビキ釣りのメインターゲットとなるアジについて、釣れる時期・時間・場所について詳しく紹介した記事を作成してありますので、初心者の方は是非ともご覧下さい。 サビキ釣りのタックル(釣り道具)とサビキ仕掛けの作り方 サビキを使った仕掛けには、いくつかの種類がありますが、ここでは最も一般的な2種類のサビキ仕掛けについて紹介します。 2種類のサビキ仕掛け【下カゴ式】と【上カゴ式】 サビキ仕掛けそのものは完成仕掛け(胴突き仕掛けタイプ)として販売されているので、それ以外に必要なものはロッド、糸付きリール、カゴ(サビキカゴかコマセカゴ)とオモリくらいです。 それでは、タックルの特徴をもう少し詳しく纏めておきましょう。 釣竿(ロッド)は磯竿を使うのが基本 ロッドは2号~3号の磯竿で、長さが3. 5m~4. 5mのものが使いやすいでしょう。 投げ竿や硬めのルアーロッドでも長さがあれば使用できますが、あまり硬い釣竿を使うと、アジやイワシの口は弱いので、口切れをおこしてバラす機会が増えてしまいます。 また、サビキはロッドを上下させて海中の仕掛けをしゃくり上げるので、あまり釣竿が重いと腕や手首に負担が掛かります。 安価なロッドは総じて重いのですが、出来るだけ250g程度までのものを使いましょう。 リールはスピニングリールを使用 2000番程度のスピニングリールが、手返しも早く使いやすいでしょう。 ナイロン製で3号~4号の道糸を巻いておきます。 リールに掛かる負担は大きく、エサのアミエビや釣った魚で汚れやすい釣りなので、高価なリールを使うのは避けましょう。 サビキ釣りで使うだけなら、安価なロッドとリールで十分です。 特にファミリーフィッシングで使用する方は、おそらく波止に竿を直置きすることも多く、すぐに傷だらけになってしまうので、高価なタックルを使用するのは避けましょう。 サビキ仕掛けとその作り方 図で紹介しているように、 サビキ仕掛けには 関西でよく使われる『下カゴ式』と、 関東でよく使われる『上カゴ式』があります。 下カゴ式にも上カゴ式にも、それぞれメリットとデメリットがありますので、その点を知っておきましょう。 下カゴ式は、仕掛けが扱い易く、エサのアミエビをカゴに詰めやすいというメリットがありますが、仕掛けの投入後はサビキカゴが底にあるため、撒き餌とサビキが同調させにくいというデメリットがあります。 上カゴ式は、上方からの撒き餌でサビキと同調させやすいというメリットがありますが、仕掛けを扱い辛く、エサのアミエビを詰めるのにも時間が掛かり、手返しが遅くなるというデメリットがあります。 もう一点、違うポイントは、 下カゴ式にはサビキカゴの底にオモリが内蔵されていますが、上カゴ式では仕掛けの底にオモリが必要となる点です。 魚の活性が高く食いが良い場合は、手返し重視で下カゴ式、逆に食いが悪い場合には上カゴ式でじっくり攻めるのが良いでしょう。 ただ、そうはいっても、現実はいずれかの仕掛けに絞って使われる方がほとんどなので、自分の好みで選べば良いと思います。 そして、使うサビキについて、これはターゲットの大きさによって変わりますが、 小型のアジ、イワシ、サバがメインなら針が6号、エダスが1号程度のサビキが標準的です。 それ以上のサイズの獲物であっても、針が8号でエダス1. 5号程度までと考えておきましょう。 サビキの疑似餌のタイプは、 ハゲ皮やサバ皮など魚皮を使ったものと、ゴム製のスキンタイプがあり、基本的に魚皮は、シラスに見立てたもの、スキンはエビに見立てたものになっています。 写真では左から順に、【サバ皮】、【スキンベイト(グリーン)】、【ハゲ皮】、【スキンベイト(ピンク)】、【オーロラ皮】となっています。 その日によって、ヒットしやすいサビキの種類は変わるので、 サビキ仕掛けは必ず複数種類を準備しておくようにしましょう。 サビキカゴは中で底オモリ8号~10号程度、コマセカゴを使う場合の底オモリはナス型の6号~8号程度で結構です。 サビキは釣果を左右する主要因なので、ここにはお金を掛ける価値が十分にあります。 なお、サビキ仕掛けの作り方は、完成仕掛けをパッケージから取り出し、スナップ付サルカンに道糸を結ぶ操作と、スナップにカゴやオモリを掛ける操作だけなので、特に難しいことはありません。 サルカンの結び方は、最も簡単なクリンチノットやユニノットで結べば良いでしょう。 まだこれから釣りを始める方で、 クリンチノットをご存知ない方は、今後使う機会が多く、必ず役に立つ結び方なので、この機会に覚えておきましょう。 サビキ釣りの方法(釣り場、エサ、コツ) それでは、具体的にサビキ釣りを行う時に、どのような場所を選んで、どのようにすれば釣れるのかを紹介しておきましょう。 サビキ釣りの釣り場所(ポイント) サビキ釣りを行う場所は、漁港や護岸などの一般的な堤防で、ある程度の水深があれば、何処でもOKです。 ただし、波止際で行う釣りなので、底が透け透けに見えているような浅い場所は向きません。 同じようにサビキ釣りをしている人がいる釣り場を選ぶのが、マキエの効果も高くなるので釣果が得られやすくなります。 サビキ釣りの釣り場(ポイント) 図で示したように、アジ、サバ、イワシなどの青魚は回遊魚として、春になれば沖から湾内へ入ってきます。 シーズンのスタートは、少し沖に離れた一文字(沖提)から始まり、水温の上昇とともに、魚の群れは湾内奥深くまで進み、 ベストシーズンや夜には漁港内の最奥にまで回遊してくるようになります。 シーズン中は湾内をグルグルと回遊して積極的にエサを捕食しますので、よほど運が悪く無ければ、一日のうちに必ずどこかで、釣果が得られる時間に出くわします。 そして、冬になり徐々に水温が低くなると、一部の居着きになるものを除き、大半の青魚は再び沖の深みへと帰っていきます。 アジ、サバ、イワシなどの青魚の場合は、波止のどこで釣りを行っても、釣れる時期や場所があります。 ただ、例えシーズン中であっても、釣果が得られやすいポイントというものが確実にあり、魚の活性の低い時には大きな差となります。 それは堤防や護岸沿いの中でも、潮通しの良い場所となります。 沖向きで潮の流れが大きい方が、少しサイズの良い魚が回遊していることが多いという特徴もあります。 漁港港内で釣りをする場合でも、潮の流れが変わるような波止のコーナー付近の方がは、エサも豊富に集まりポイントになりやすいです。 また、 夜釣りを行う場合は、常夜灯がある場所の近くもベイト(魚のエサとなる虫や小魚など)が集まるので、一級ポイントになります。 なお、テトラポッドが入った場所や、波止際が石畳になっている場所は、通常のサビキ釣りでは困難で、このような時には投げサビキ釣りという方法があります。 投げサビキ釣りの釣り方については、また別の記事で紹介します。 サビキ釣りで使うエサはアミエビ サビキ釣りで使うエサについて紹介しておきましょう。 サビキ釣りは、擬餌針で魚を釣るわけですが、その擬餌針を食い込ませるために、十分なマキエを撒いて、魚を集めなければなりません。 マキエに使えるエサには幾つか種類がありますが、その中でも ほとんどの釣り人に使われているのが 【アミエビ】と呼ばれる、サクラエビ科に属するエビの一種になります。 集魚力抜群の撒きエサ【アミエビ】 アミエビは冷凍ブロックで売られているものや、解凍済みでパッケージングされたものが販売されています。 おおよそ 1kg(16切り)で300円~500円程度であり、その金額には差がありますが、それなりの理由も存在します。 ここでは詳しく書きませんが、半日程度の釣りなら 国産の冷凍ブロックで2kgが600円程度のものを用意すれば良いでしょう。 なお、最近は常温保存が可能な、以下のようなアミエビも販売されています。 常温保存のアミエビと言えば、エビの形状が潰れてグチャグチャになったものが多かったのですが、このマルキューのアミ姫は、エビの形状も保てているので、マキエとしてしっかりと効果を発揮します。 インターネットでの購入もしやすく、常備しておくことで釣行当日にアミエビを用意する必要がなく、 サビキ釣りをしようと思った時にいつでも取り出して使えるというのは、大きなメリットです。 もしエサが余れば次の機会に使えるので、エサを無駄にせずに済むというコストメリットもあります。 サビキ釣りの釣り方のコツ サビキ釣りで行う、釣り竿や仕掛けの操作方法は至って簡単です。 上カゴ式と下カゴ式では気を付ける点が多少異なりますが、各ステップごとに簡単な説明を加えて紹介しましょう。 サビキ釣りのコツ 出典: step 1撒きエサをセットする まず、最初にサビキカゴにアミエビを詰めます。 スプーンやアミエビを詰める道具などがあり、これを使って詰めれば手が汚れなくて済みます。 下カゴ式の場合は、以下のような 【吸い込みバケツ】といって、カゴに手を振れることなく、簡単迅速にカゴ詰めできる釣具(便利グッズ)があります。 step 2仕掛けを下ろす ロッドとリースを操作して仕掛けを海中に下ろしていきます。 あまり勢いよく落とすと、アミエビが狙った水深(棚)に到達する前に、カゴから出て散ってしまうので気を付けましょう。 なお、この時狙った魚に合わせて、沈める棚を調整します。 上の図で示したように、 イワシは表層、サバは表層から中層、アジを狙うなら中層から底付近を狙うと良いでしょう。 浅い釣り場の場合は、層を意識する必要もなく、ごちゃ混ぜで釣れることが多いです。 step 3仕掛けをしゃくる ロッドを上下にしゃくり、カゴの中のアミエビを海中にバラ撒きます。 潮の流れが強い場合は、ある程度勝手に放出されますが、シャクリを入れと擬餌針が躍り誘いにもなります。 上カゴ式の場合は、カゴから出たアミエビが沈んでいくまでに潮の流れに乗って流されていくので、 仕掛けを入れている場所に擬餌針が来るように少しずつ移動させると効果的です。 下カゴ式の場合は、しゃくり上げた後、仕掛けが沈む段階でアミエビが撒かれるので、必ずしゃくり上げた位置よりも、深い位置へ擬餌針が来るように少し沈めて待ちましょう。 step 4魚を取り込む 魚のアタリは明確に『コンコンコンコン』と竿先から手元に伝わりますので、軽く竿先を上げて擬餌針に掛けます。 アジやイワシは口切れを起こしやすいので、勢いよく合わせてはいけません。 魚が針に掛かると暴れるので、これで残りの擬似針が踊り、その動きに吊られて他の魚も食いつくケースが増えますので、 すぐに仕掛けを上げずにマルチヒットを狙うのが釣果を伸ばすコツです。 ただし、魚が掛かってから仕掛けをしゃくり上げると、魚が仕掛けに絡みやすくなるので注意が必要です。 また、相手がサバの場合は暴れまくって、仕掛けをくちゃくちゃにしてしまう恐れがあるので、早めに取り込んだ方が良いでしょう。 step 5断続的な撒き餌で魚を居着かせる サビキ釣りで数釣るコツは、とにかく魚を散らさずに、釣れている時に手返しよく数を稼ぐことです。 魚を釣った後は、すぐにエサのカゴ詰めし、仕掛けを下ろす操作を繰り返しましょう。 集魚の状況が良く無い時は、時折、アミエビを上撒きすることも有効な手段となるでしょう。 魚の量が多く活性が高い時は、棚が上ずってくる傾向があることも合わせて覚えておきましょう。 サビキ釣りだけでなく、ウキ釣りでの使用も考えているのであれば、トップブランドのエントリーモデルがお勧めです。 上記と同じ2号4. これから本格的に釣りを始めようとしている方が、最初の1本として購入を検討するのに適した価格帯にもなっています。 頑健性も高く、使い勝手が良いので、長く愛用できる製品となってくれるでしょう。 サビキ釣りにお勧めのリール サビキ釣りでは、ロッドと同じようにリールについても高価な製品は必要ありません。 初心者にも優しい人気の安価なスピニングリールと、サビキ釣り以外でも長く愛用できるエントリーモデルのお勧め製品を、各1点づつ紹介します。 シマノのアリビオは、入門者向けのスピニングリールとしては大人気の製品で、発売から7年以上が経過した現在でも、前人未到のロングヒットを続けています。 ギア比5. 2、最大ドラグ力 kg :3. 0はある程度の大物釣りにも対応でき、ローラーベアリングだけでなく、ボールベアリングが1つ組み込まれ、AR-Cスプールも搭載されています。 特にパフォーマンスに優れた点はありませんが、3号150mのライン付きで3,000円程度と、何よりも圧倒的なコストメリットが最大のポイントです。 糸付きなのでラインを別途購入して巻く必要もなく、そのまますぐに釣りを始められるというのは、やはり初心者さんにとっては嬉しい仕様だと言えるでしょう。 ダイワの15レブロスは、上記のモデルだけでなく、 いずれのリールサイズにおいても、コスパ最強とも言える超人気のスピニングリールです。 様々な釣りに使えるエントリーモデルの万能リールで、製品選びに迷ったら15レブロスを購入すれば、まず後悔することはありません。 ここでは、サビキ釣りにベストな2000番を紹介しましたが、他の釣りでの兼用も考えているなら、ギア比4. 8(最大巻上長72cm)、最大ドラグ力4. 0kgの2500番を購入する方が良いでしょう。 エントリーモデルでも、基本的なダイワテクノロジーが組み込まれた製品となっていますので、長く愛用できることは言うまでもありません。 おすすめのサビキ仕掛け サビキについては、これを使えば間違いないというものはなく、使用する環境や条件によって、適切な仕掛けは変わってきます。 ここでは、管理人として比較的汎用的に使えると思う製品を2つだけ紹介します。 もう一点は、定番のハゲ皮サビキで、こちらは 仕掛け全長が96cmの5本針と、お子さんでも使いやすい仕様となっています。 針のカエシが無いので、安全性も考慮された製品です。 がまかつのハゲ皮サビキは、シーズンを問わず使える印象が強く、お子様向けの製品も多く販売されています。 先の製品と同じように、ラインナップの中で 汎用性の高い仕様は針6号・ハリス1号ですが、初夏のターゲットが小さい時期には、4号程度の小針を用いた方が釣果は上がるでしょう。 以上で、サビキ釣りの仕掛けと釣り方のコツについての紹介を終わります。 サビキ釣りは海釣りの中では最も釣果を得やすい釣りで、初心者のうちにアジ、サバ、イワシなどの青魚を釣ることで、釣りの楽しみを知る人も少なくありません。 また、釣った魚を持ち帰って美味しく頂けるというのも、この釣りの嬉しい点ではないでしょうか。 ファミリーフィッシングの場合は、魚嫌いのお子さんが、自分が釣った魚ということで、魚を食すようになってくれれば一石三鳥にもなるかもしれませんね。 サビキ釣りの経験がない方で、本記事を見て興味がわいた方には、是非ともこの面白い釣りを経験してみて欲しいと思います。 【関連記事】 icon-pencil-square-o icon-pencil-square-o.

次の

サビキ釣りでの仕掛けのサイズはどれくらいが良いでしょうか

アジ サビキ 仕掛け

堤防のサビキ釣りには、ウキサビキ(遠投サビキ)釣りという釣り方があります。 この釣り方は、アジが真下まで泳いでこない時に、投げたり、仕掛けを流すことで、広範囲を探ることができます。 仕掛けには、ウキサビキ(遠投サビキ)専用のウキが使われます。 ウキ止めの位置を変えることで、 浅い棚や深い棚を自由に攻めることができます。 仕掛けには、いくつかあります。 竿やリールなどは、すべて同じものでいけます。 上の2つの仕掛けは、潮の流れがほとんどなく、撒き餌が真下に落ちていくような時に最適です。 そうでなければ、 撒き餌と擬餌針が同調せず、アジが食ってこないためです。 潮が流れていて、撒き餌が横に流されるような時に最適です。 仕掛けにオモリが付いていないので、 撒き餌と仕掛けが同調しやすいです。 ラインは、常に張り気味にして流すようにします。 両仕掛け共に、キャストした後、竿をシャクって撒き餌を出し、当たりを待ちます。 竿先を上下に動かして、誘ってみてもよいです。 しばらくして当たりがなければ、仕掛けを回収して、これを繰り返します。 釣れなければ、ウキ下の長さを調整します。 参考動画 スポンサーリンク アジ釣り仕掛け 遠投カゴ釣りの仕掛けと釣り方のコツ ウキサビキ釣りに似た釣り方に、遠投カゴ釣りというものがあります。 一部を除いて、仕掛けはほとんど同じです。 仕掛けは、次のとおりです。 竿のおすすめは、 遠投用の磯竿です。 この釣り方はサビキ釣りではありませんので、サビキ仕掛けは使いません。 アジ以外に、マダイやチヌなどもターゲットとなります。 思わぬ大物が食ってくることがあります。 何が釣れるのかわからないだけに、サビキ仕掛けよりは ラインなどが大きめになっています。 また、仕掛けの針には刺し餌としてオキアミを付けます。 撒き餌は、オキアミでもアミエビでも構いません。 対象魚により、どちらを使うか決めてもよいです。 釣り方は、まずキャストします。 ウキ止めにウキが当たって、ウキが立ち上がるまで待ちます。 その後、竿をシャクって撒き餌を出します。 しばらく当たりを待ちます。 たまに誘いを入れてみてもよいです。 ある程度して当たりがなければ、仕掛けを回収し、エサの確認をします。 これを繰り返します。 参考動画.

次の

アジ釣りの仕掛け(サビキと遠投カゴ釣り)と釣り方

アジ サビキ 仕掛け

体形はやや扁平した流線型。 体色は、背面は青、または緑がかっており、腹部は銀白色となっている。 頭部から尾まで側線に沿って俗にゼイゴ、ゼンゴ、ジンダコなどと呼ばれる棘状の稜鱗 りょうりん が発達しているのが特徴。 成魚で体長30㎝前後に成長するが、まれに50㎝に達する個体もいる。 体色と体形は、浅場の岩礁帯を生活圏とする根着きタイプと外洋を回遊する回遊タイプで異なってくる。 一般に、根着きタイプは体高が幅広く、金色の体色をしており「キアジ」「キンアジ」などと呼ばれる。 主に根(海底にある岩場)まわりに棲息する豊富なエビなどを常食としているため、上質な脂が乗っていて食味もよい。 東京湾の黄金アジ、大分の関アジなどは、高級アジのブランド名にもなっている。 一方の回遊タイプは体色が青黒い色合いのため「クロアジ」「ノドグロ」などと呼ばれ、体形も全体に細長い。 海釣り施設とは、湾港などの岸壁や堤防に安全柵を設けて釣り人に開放している釣り場のこと。 多くの釣り人が利用できるように、専用の桟橋(さんばし)を設けている施設も少なくない。 足場がよくて、比較的安全に釣りを楽しめることから、とくに子供連れのファミリーやビギナーには最適の釣り場となっている。 そして、海釣り施設の最大の魅力は、とにかくコンスタントに魚が釣れること。 釣り堀のように定期的に魚を放流しているわけではないが、こういった施設は概して潮通しのいい場所にあり、しかも随所に漁礁(ぎょしょう)が沈められていることが多いから、さまざまな魚が集まってくるのだ。 また、広い駐車場、清潔なトイレ、釣りの仕掛けやエサなどの売店、休息ルーム、レストランなど、さまざまな設備が充実している施設が多いことも魅力といえる。 さらに、施設によってはアドバイザリースタッフが初心者に釣りのアドバイスをしてくれたり、定期的に釣り教室を開催しているところもある。 釣りが初めての人にとって、これらのサービスもとても心強いだろう。 現在では全国各地で海釣り施設が次々と誕生し、いずれも比較的交通の便のいいところにあり、バリアフリー化も進んでいるようだ。 海釣り施設の利用方法 海釣り施設を利用するには、多少の入園料が必要になる。 なかには入場無料という太っ腹な施設もあるが、たいがいは一人300〜1,000円ほど。 もっとも、これで一日タップリと釣りを楽しめるのだから、遊園地や映画館などと比較しても、かなりリーズナブルだ。 海釣り施設を利用するときには、基本的なルールも知っておきたい。 まず、共通なのがライフジャケット(救命胴衣)の着用。 これは自分で用意してもいいし、レンタル品を利用してもよい。 また、本格的な投げ釣りやルアーフィッシングなどの仕掛けを遠くに投げる釣り方は危険を伴うため、多くの施設で禁止されている。 さらに、使用できる竿の本数が限定されていることも多い(たとえば2本までとか)。 ちょっと注意したいのが、寄せエサ(「コマセ」ともいう)の利用について。 施設によっては、コマセをカゴに詰めて遠投する釣り方が規制されていることがあるので、これから紹介していくサビキ釣りが可能かどうかも事前に確認しておきたい。 これら以外にも、ひとりで広いスペースを占有するとか、大音量で音楽やラジオを聴くなどは自粛したいところ。 まあ、こういったことは常識的に判断できることだろう。 いずれにしても、施設ごとの特有のルールもあるので、あらかじめウェブサイトで調べたり、入場時に確認しておきたい。 サビキ釣りというのは、魚を寄せる効果のあるコマセエサを海中に拡散させて魚の群れを寄せ集め、それを「サビキ」と呼ばれる擬餌バリで釣り上げる方法。 ハリにエサを付けたり、仕掛けを遠くに投げる必要がなく、仕掛けを足元に投下するだけで魚が勝手にハリ掛かりしてくれるので、子供でも初心者でも手軽に楽しめるのがメリットだ。 サビキ仕掛けで釣れるのは、主に動物性プランクトンを捕食しているアジやイワシ、サッパなど。 彼らはつねに大きな群れで回遊しているので、いい条件に遭遇すれば短時間で大漁に恵まれることも珍しくない。 そのときばかりは大人も子供も、ビギナーもベテランも無我夢中。 ときには、ブリの子供や大型のサバがハリ掛かりしてエキサイトすることもある。 こうした理屈抜きのお祭り感覚で楽しめることも、サビキ釣りならではの醍醐味なのだ。 サビキ釣りの対象魚 海釣り施設は水深が深くて足場も高いことが多いので、自在にラインを出し入れできるリールをセットした竿(リール竿)がオススメだ。 竿の長さは2〜3m程度が使いやすい。 具体的には、釣具量販店で「万能竿(ばんのうざお)」とか「波止竿(はとざお)」などの名称で売られている竿を入手すればよいだろう。 価格は3000円前後とリーズナブルだ。 また、長さ2m前後のルアー竿を選んでもよい。 リールは、初心者でも扱いやすい「スピニング」と呼ばれるタイプの小型のものをセット。 これに巻くライン(ミチイトと呼ぶ)は、ナイロンの2号が基本だ。 ビギナーのうちは道具選びも迷うところなので、最初は釣具店のスタッフにサビキ釣りをすることと予算を伝えて、それに応じた竿やリールを選んでもらえばよい。 道具を買ったついでに、リールにラインを巻いてもらおう。 使用する道具とコマセエサ 4、再びベイルを戻せば、ラインが巻き取れる。 実際の釣り方 ポイントに到着したら、混雑時には迷惑にならない間隔をとって釣り座を決めよう。 そのとき、両隣にあいさつしておくと、お互いに気分よく釣りを楽しめる。 釣りを始める前にやることは、まずコマセブロックの解凍。 これは、バケツにくんだ海水にビニール袋ごと入れておけばよい。 釣り座のレイアウトは、コマセバケツを自分の正面に置いてクーラーボックスに座り、水くみバケツは自分の左側に置いておく。 手を拭くためのタオルは、足元に置いておけばOKだ。 タックルをセッティングし、溶けたコマセをコマセバケツに入れ直したら、いよいよ釣り開始だ。 その日の条件によって、魚が回遊してくるポイントは多少変わってくるが、最初のうちは魚を寄せ集めるつもりで、手返しよくコマセをマメに効かせ続けることが大切。 いずれ魚が寄ってくれば、竿先に「グングン、グン!」というアタリを感じることだろう。 サビキ釣りの場合は、自動的に魚がハリ掛かりしてくれるので、そのままリールのハンドルを巻いてくればよい。 以下、これら一連の流れを見ていこう! 【手返しはリズミカルに】 この釣りでは手返しよく投入を繰り返すことでコマセもよく効き、結果的に魚も集まりやすくなる。 ALL Rights Reserved.

次の