ポツン と 一軒家 愛知 県。 4週連続、視聴率20%越え!大人気テレビ番組『ポツンと一軒家』で愛知県にある一軒家を捜索!

ポツンと一軒家愛知県 国島征二さん世界的彫刻家の不思議な家!

ポツン と 一軒家 愛知 県

衛星写真を拡大すると見えてくる、 山奥にポツンと建つ一軒家に スポットを当てる番組。 森に囲まれている 建物は2棟? 道が確認できない 衛星写真で見つけた愛知県の ポツンと一軒家を目指し 最寄りの集落から捜索開始。 集落に到着し、 ポツンと一軒家 の主である シミズタツオさん 75歳の所へ辿り着いた。 その取材終了後、 シミズさんから ここよりもずっと 一軒家らしい 一軒家があると聞き調べてみると、 シミズさんの小屋から約3㎞先に 家があった。 そこに住むのは、世界的に有名な 芸術家で、アメリカのロサンゼルスから 移住してきた クニシマセイジさん という人らしい。 シミズさんが基礎工事をやられたそうで、 家の真ん中に石垣がドーンっと通って いるとかいないとかで、 シミズさんが 家まで先導してくれた。 ポツンと一軒家に辿り着いたが、 よく見ると壁が斜めに傾いている? その家は、壁も屋根も斜めに傾き、 シミズさんが言うように家の真ん中に 石垣が通っている。 ところが 家主は不在だったため、 シミズさんが取材交渉してくれて、 30分後に戻ってきてくれることに! ここは対象外でしょう 笑 という ポツンと一軒家の 主 クニシマセイジさん81歳帰宅。 Sponsored Links 1937年に名古屋市で生まれた セイジさんは、石や金属を利用した 彫刻作品で知られる芸術家で 美術館のほか、市内にある 東山公園の緑と風のフレームや、 碧南市 下山公園の 碧と風の輪、 岡部市 岡崎信用金庫に作品が 展示されている。 そしてその活動の場は世界で、 アメリカやオーストラリア、 ヨーロッパ等の10カ国以上で 個展を開催しているという。 20年間 アメリカで生活していたが、 60歳の時に夫婦で生まれ故郷の 愛知県に戻って、この山奥に 家を建てたという。 セイジさんは、アメリカに居た時に ニッタタカオさんというとっても ユニークな建築家の方に好きなように やって下さいと依頼して 設計してもらったそうです。 アメリカから帰って来た時に、 確認した セイジさんは吃驚して、 奥さんの第一声は、 これは住めないねだった。 奇抜なデザインの家の中を 見せてもらうと、石垣が 家の中を一直線に外まで 抜けているのがわかる。 その石は昔、石切り場があった所の 白御影石で、削岩機の跡も残っている。 垂直に立っている柱がなく、 慣れるまで数日、眩暈がする等で 大変だったそうだ。 室内には絵を描いたり、 模型を作ったりする場所があり、 石の工場とか鉄工場、 鋳造工場で作品作りをする。 Sponsored Links 日本でおおよそ加工した巨大な石を アメリカなど外国へ船で輸送し、 現地でくみ上げて作品に 仕上げるそうだ。 アメリカへ渡るきっかけとなったのは、 ニューヨーク州立大学の 先生と セイジさんの作品との出会いがあり、 ニューヨークで展覧会をやらないか? という呼びかけがあってからだった。 37歳 ニューヨークで初個展がきっかけで 渡米し、活動拠点をアメリカに移った。 日本の山奥に移住を決めた理由は、 自然をいつも意識した作品作りを しているので、素材として石の素材は 人工的に作られたものではなく、 大変魅力的な素材になっている。 自然の中で自分がどうあるべきかを 意識したのが、ここに引っ越して来た きっかけの1つとのこと。 名古屋、東京、ニューヨーク、 ロサンゼルスと大都会ばかりで、 極端に言えば緑がない世界。 憧れでもある緑の多い所、 あまり人が居ない所に 住んでみたいと感じた。 自然から発想を得て自然素材を 使って作品を生み出す セイジさん、 地層をイメージした作品は、 石膏の模型の中に石や枝の型で 鋳造したブロンズのパーツを 置いて試作。 いくつものパーツを組み立てた パズルのような作品なので 展示する際も、何十通りの方法が 考えられるという。 冬は道が凍り、 夫婦で 1㎞雪かきをしなければならない。 それでも 友人たちが訪れるための 倉庫が併設されたゲストハウスを 12年前に建築していた。 ここからでも発信できるので アメリカにはあまり戻りたい と思わず、不必要な物を排除して、 人間 本来ある姿はこうじゃないかな という生き方をしたいのだという。 Sponsored Links.

次の

ポツンと一軒家:愛知の山中に「過去例にないくらい」大規模な土地が…

ポツン と 一軒家 愛知 県

視聴率、4週連続20%越え! 大人気テレビ番組『ポツンと一軒家』 日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家。 衛星写真だけを手がかりに、その地へと赴き、地元の方々からの情報を元に、一軒家の実態を徹底調査。 どうして人里離れた場所にいるのかなど、人物の人生にも迫っていく人気番組『ポツンと一軒家』(ABCテレビ・テレビ朝日系列にて全国ネット放送中)。 前回(7月7日)の視聴率は、 20. 前回の放送()では、岩手県の一軒家が空き家であることが判明。 しかしながら、地元の方に別のポツンと一軒家まで案内をしていただくという、今までにない展開に、画面の中の捜索隊同様、ドキドキしたという方もいらっしゃるのでは? そこにあった一軒家では、湧き水を引き、薪でお風呂を焚き、こたつは練炭を使用する、昔ながらの暮らしをする父娘の穏やかな生活が紹介されると共に、東日本大震災での体験も語られました。 福井県のポツンと一軒家は、山仕事に行くための拠点として建てられる「出作り」 と呼ばれる家だったことが判明。 代々伝わる家業を継承し、胃腸薬などに配合される「黄連」という、漢方で使われる薬草を栽培されている、一軒家住人の暮らしが紹介されました。 放送中のSNSではリアルタイムで「練炭の堀りこたつ懐かしい」「出作りって初めて知った」「知識が増える!」など、さまざまな感想が呟かれていました。 探索過程を通じ、生き方について考えさせられたり、地域の暮らしについて学べたりと、さまざまな角度から楽しめる番組ですので、みなさんの中にも「番組のファンだ」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? Precious. jpのスタッフにもファンが多い本番組、今週の見どころは!? 7月14日の放送には、高杉真宙さんと朝比奈 彩さんが出演。 今回は、愛知県にあるポツンと一軒家が捜索されます。 「自給自足生活に興味があるんです」と語る高杉さん。 「ゆくゆくは狩猟免許を取りたくて…」と将来の夢も話しますが、朝比奈さんから「ウチのおじいちゃんは猟師だったんですが、すごく大変ですよ!」とまさかの「待った」の声が! 朝比奈さんの祖父母の家は、まさにポツンと一軒家とのことで「携帯電話もつながらないので、お仕事の連絡も遮断されてしまうんですよね。 いいところですが、不便なところも多いんです」と経験談を披露します。 高杉さん、その話にも興味津々の様子で耳を傾けます。 そんな最寄りの集落も、山を抜けた先にあり、道のりの険しさを伺わせます。 集落には立派な一軒家があり、その住人に話を聞くことに。 立ち寄った近所の人も一緒になって、衛星写真を確認してもらうと「定年退職して、このお家で住んでいる男性がいますよ」との有力情報を得る捜索隊。 一軒家までは「道なりに行けば着きます」とのことですが、曲がりくねった狭い道が続くようで…。 集落から教えてもらった通り、道なりに山道へと入っていく捜索隊は、「この先行き止まり」という注意看板を発見します。 捜索隊はこれまでの一軒家捜索の勘を働かせ「通行止めじゃないということは、まだ進むことは出来る?」、「行き止まりの手前に、家があるのでは?」と、不安になりつつも先へと進むことにします。 すると、細い山道の目前に大規模な山崩れの跡が! 幸いにも土砂は撤去され先へと進むことができますが、今にも土砂が崩れ落ちそうな山道が、蛇行するように続いていました。 安全を確認しながら、車一台分の細い山道をなんとか進む捜索隊。 4キロほど進むと、今度は美しく整備された林が続く山道へ入ります。 捜索隊がその整備された林を抜けると、それまでの険しい山道からは想像できないような、美しい田園風景が広がっていて…。 一軒家の数だけ、暮らしや語られる物語があります。 今回はどんな一軒家が登場し、どんな一軒家ストーリーが語られるのでしょうか? 気になる詳細は、ぜひ7月14日の放送でチェックしていただければと思います。 番組詳細• 13時点のものです.

次の

4週連続、視聴率20%越え!大人気テレビ番組『ポツンと一軒家』で愛知県にある一軒家を捜索!

ポツン と 一軒家 愛知 県

Contents• 愛知県のポツンと一軒家の主とは?予告:ポツンと一軒家 11月10日の「ポツンと一軒家」で二軒目に紹介される愛知県の家は、どんな家なのでしょうか? 愛知県でもう一軒のポツンと一軒家を発見! そこは世界で活躍している人のお宅だった! その活動内容とは? しかも、情報によると、その家は石垣が家を貫通しているという。 普通では考えられない不思議な一軒家に出演者も驚愕… 出典:ポツンと一軒家公式HP 二件目の「ポツンと一軒家」の主は、世界で活躍している有名人!!であり、石垣が貫通している家に住んでいるようです。 果たして有名人とは誰なのでしょうか?そして、 スポンサードリンク 愛知県額田のポツンと一軒家の国島征二さんの家の場所は?:ポツンと一軒家 今回の「ポツンと一軒家」は、1軒目の清水さんと同じ山に住んでおり、額田に住んでいるということになります。 「ポツンと一軒家」の主は、ロサンゼルスから帰ってきた彫刻家の国島征二さんという方の家でした。 出典:グーグルマップ 名古屋からは、1時間ほどの距離にある場所になります。 1軒目の清水さんとは、仲が良く、清水さんが国島さんの家を手伝ったようです。 スポンサードリンク 愛知県額田のポツンと一軒家の国島征二さんの家が凄い:ポツンと一軒家 「ポツンと一軒家」の愛知県額田郡にある国島征二さんの家は、屋根が斜めに傾いており、石垣が家を貫通していました。 なぜ、こんな家を建てたのでしょうか? スポンサードリンク 愛知県額田のポツンと一軒家の国島征二さんの家が傾いている理由は?:ポツンと一軒家 「ポツンと一軒家」の国島征二さんは、アメリカのロサンゼルスから日本に帰ってきたときに、愛知県の山奥に住むことを決めて、友人の建築家に依頼しました。 それが、新田鷹雄さんという方です。 国島さんが家に帰ってきたら、傾いていたようです。 この家は、垂直に立っている柱がなく、建てる際にも、別の場所で仮組してから、持ってきて、建てたようです。 国島征二さん自身も、最初この家に入った時は3日間ほど、目まいがしたようです。 スポンサードリンク 愛知県額田のポツンと一軒家の国島征二さんがポツンと一軒家に住む理由は?:ポツンと一軒家 「ポツンと一軒家」の国島征二さんは、出身地が名古屋で、東京、ニューヨーク、ロサンゼルスと移住しました。 国島征二さんは、そんな環境で生活してきたため、緑に対するあこがれが強く、人里離れた場所に住みたいと思っていたようです。 さらに、芸術作品を作っていくにあたり、自然とのつながりを感じ、ポツンと一軒家に住むことを決めたようです。 しかし、住んでいくにつれ、1キロの雪かきなど、自然の厳しさも痛感したようです。 しかし、人間らしい生活をしたいと考えており、外国とも繋がって展覧会も開けており、アメリカに戻りたいとは思ってもいないようです。

次の