サイレント マジョリティー ダンス。 欅坂46 サイレントマジョリティー 歌詞

サイレントマジョリティーの平手友梨奈のダンスの振り付けを解説!

サイレント マジョリティー ダンス

平手 友梨奈ちゃんがメチャクチャカッコいい ね?すごくいい曲でしょう?特にセンターの平手 友梨奈ちゃんがカッコイイ。 ハイライトはなんといっても1番サビでメンバーが行進して作った道を平手 友梨奈ちゃんがさっそうとポーズを決めながら歩くシーン(このシーンはモーゼの十戒をあらわしているらしい)です!意思の強そうな瞳に惚れてしまいそう。 軍服と強い指導者的ダンス そして次にサイレントマジョリティーで目をひくのが「軍服のような衣装」と「センター平手ちゃんの強い指導者的なダンス」。 欅坂46の衣装はこれまでのAKBグループを踏襲して学校の制服になっていますが、軍服のようなアレンジがされています。 センター平手ちゃんの振り付けも女の子らしいかわいい感じではなく、軍隊を率いる強い指導者のようなポーズを決めます(ハッキリいってヒトラー的)。 しかしこれがまたカッコいい。 サイレントマジョリティーはもともとは「僕らの革命」というタイトルだったことからもこの演出が頷けます。 さらにこの旧タイトルは「我が闘争」との対比もバッチリだ。 尾崎豊のような強いメッセージ性 最後に特筆すべきはまるで往年の尾崎豊を思わせる強いメッセージ性のある歌詞です。 アイドルなのに恋愛一切関係ない強いメッセージソングでデビューとはいうのもとても意表つかれるものがあります。 そしてこの歌詞の意味について考察したいというのがこの記事を書いた動機です。 サビでのトリッキーな転調 欅坂46のサイレントマジョリティーは歌詞だけでなく音楽的にもおもしろい仕掛けがしてあります。 Bメロからサビへの転調が非常にトリッキーにもかかわらず自然に聞かせるスゴイ技が使われているらしいです(といってもまた聞きなので私は詳しく解説できないのですが)。 音楽に詳しい人が研究すると楽しいのでは? 欅坂46「サイレントマジョリティー」の歌詞の意味について考察 ここからは欅坂46「サイレントマジョリティー」の歌詞の意味について考察していきます。 というのもよく聞くとどういう意味なのかわかりづらいと思うんですよね、この歌詞は。 欅坂46サイレントマジョリティーの意味 まずこの欅坂46のデビュー曲の歌詞の意味をわかりづらくさせているのは曲名にもなっている「サイレントマジョリティー」という単語だと思う。 「サイレントマジョリティー」という言葉は教科書的・Wikipedia的意味でいうと 発言はしないが現体制を支持している多数派 引用元: という意味だ。 歌詞の中に「どこかの大統領が~」とあるがこれはニクソン大統領のことを指している。 ただし「サイレントマジョリティー」を教科書どおりの意味だと解釈すると、欅坂版のサイレントマジョリティーはミスリードしてしまうだろう。 この子たちは何か政治的な主張をしているのか?と。 結論からいってそういう意図はないと思う。 欅坂におけるサイレントマジョリティーは政治的意味よりも字面どおり「何も発言せずに周りのいいなりになる人」くらいの意味だと解釈すべきだろう。 さらにマジョリティーは「群れている」程度の意味だと思うと理解しやすい。 この解釈で間違っていないことは平手 友梨奈ちゃんのブログで以下のように書いていることからも間違いないだろう。 サイレントマジョリティーの意味は【物言わぬ多数派】です。 引用元: ここで欅坂のサイレントマジョリティーの歌詞からサイレントマジョリティーの特徴を挙げてみる。 選ばない人• 発言しない人• 行動しない人• 大衆に流されていく人• 大人のいいなりに生きる人• 群れている人• One of them• アキラメテしまっている人 欅坂46はこんな生き方で楽しいか?目が死んでないか?と訴えているのである。 NO(それはやりたくない、オレはこれがやりたいんだ)を言おう。 言わなければYESということにされてしまうんだと。 やりたいことはやりたいって叫べ。 君にはその権利が「自由」があるんだ。 だから叫んでくれ。 見栄とプライドに縛られたくだらない大人に支配されるな、One of them成り下がるなと力強く訴えているのである。 そしてモーセの十戒のごとく奴隷を先導して開放しようとしている。 サイレントマジョリティーは自由に生きたい人へのエール 以上の考察から、欅坂46のサイレントマジョリティーが「やりたいことを心に押し込めて、周りのすすめに黙って(サイレントに)群れている(マジョリティー)人」という意味だということを理解してもらえたと思う。 ということは欅坂46のサイレントマジョリティーは現時点で自由に生きられていないと感じている人に向けた応援ソングだということだ。 僕はこの点に大いに共感する。 僕はこれからはみんなが自由に生きることができる時代になるんだって信じている。 もう組織の人間が合わせる必要はなく、均質な人間になる必要もない、そんな時代がすぐそこまで来ているって信じてる。 だけどまだ時代はそこまで至っていないとも思う。 これからは自分自身とできるだけ多くのひとが自分の好きなように自由に生きられるように行動し、発言しなければいけないなと欅坂46に背中を押されたんだ。 だから何かそんなことをこれからもブログに書いていく。 欅坂46のサイレントマジョリティーはそんな僕のテーマソングなのだ。 なぜ欅坂46がサイレントマジョリティーを歌ったのか? 最後に「なぜ欅坂46がサイレントマジョリティーを歌ったのか?」を考察してこの長い考察を締めくくろう。 秋元靖さんは歌い手をよく見て歌詞を考えるらしい。 だからある歌が与えられたということはその歌は絶対に当事者と関係のあるはずだ。 僕はこう推測する。 欅坂46のメンバーはすごく大人のいうことを従順に聞く子たちだったのではないか?アイドルの型にハマりすぎていたのではないか?だから秋元康は「自分の意見を言って欲しかった」んじゃないかと。 そしてこの秋元氏のメッセージをもっとも受け止めたのがセンターの平手 友梨奈ちゃんなんじゃないかと思う。 彼女の目は神がかっている。 本当に強い意志を感じる。 この世界(芸能界)は群れたってはじまらない。 だから平手 友梨奈はこれからも欅坂46を引っ張っていくに違いないのだ。 欅坂46のサイレントマジョリティにおいて「僕」とは秋元康、「君」はほかでもない欅坂46のメンバー1人1人に違いない。 そう思うと僕はなぜか涙を禁じ得ない…というところで筆をおきたいと思います。

次の

欅坂46サイレントマジョリティーの意味&センターやフォーメーション・PVの秘密を徹底解説

サイレント マジョリティー ダンス

2017年の 紅白歌合戦で ウッチャンナンチャンの 内村光良さんと 欅坂46がコラボすることで話題となっています。 2億4千万の瞳 紅白コラボの意味は?登美丘高校ダンス部、日村に勝るか 楽曲は「 不協和音」という曲ですが、これが 本格ダンスのようで、練習に励んでいた ウッチャンが 左足を負傷したという情報が29日にニュースで報道された。 これまで様々な アクションや 過酷なロケをやってきていると思いますが、今回激しいダンスも相まって内村さんもあまり無理できない年齢となったってことを再認識する形となった気がします。 そんな中で気になるのは、 けやき坂46のダンスは本格ダンスで激しいことや難しいことで有名ですが、それって業界内のプロユニットと比較してどんなレベル何でしょうか?ってことですね。 リサーチしてみました。 欅坂46のメンバー基準でのダンス難易度とは? 私個人としては ダンス難易度としてもこの楽曲「 不協和音」が上位であると思います。 1年前に公開された2016年の「 サイレントマジョリティー」と比較してもダンス技術自体が向上し、それに伴い難易度を向上させることが可能となり『 不協和音』であののようなダンスが可能となったと思っています。 正直キレとしては「もう少し!」って言いたくなく部分を感じた方が一部いらっしゃると思います。 恐らくこれが「ダサい」「下手」「変」といったような一般評価に絡んでくると思います。 これは視点の問題であくまでアイドルですのでそこまで求めていないっていう人がほとんどだと思いますのでご容赦願いたいというのがきっと本音ですね。 というか、正直その視点でみれば簡単ではないダンスを歌いながら踊っている訳ですから上出来も上出来ですごく応援したくなります。 当然あれだけの人数いて上手い順にメンバーを並べれば実力差はないはずがないので、トップの数名を目立たせることと、下位メンバーのレベル底上げが課題と思われますね。 私にはできない努力ですので、ぜひこれからも努力する彼女たちを応援していきたいと思います。 Sponsored Links プロダンスユニットと比較したレベルとは? 欅坂46自体はダンス推しのアイドルであることは上記でわかったため言うまでもありませんが、気になるのは、その他プロで有名な ダンスユニットと比較したレベルってどのくらいなのってことです。 例えば、その代表格といえば『 perfume パフューム 』や『 E-girls イーガールズ 』でしょうか。 私のど素人感覚で見てもその差はやはりあるとしか言いようがないですね。 ですが、間違いなくその技術・難易度は進化し続けていますので、このまま続けて行けばその差は徐々に埋まっていくことは間違いありませんよね。 欅坂の多くの曲の 振付師は ダンスアーティストTAKAHIRO(タカヒロ さんであり、この方ソロダンサーとして アメリカ・ニューヨークの アポロシアターで認められた人物です。 それも マイケルジャクソンの歴代優勝記録を破り 9大会連続優勝記録を保持しているというから驚きです。 そんな方が指導しているけやき坂ですので、レベル向上の加速度もすごいと思います。 環境に恵まれていると思いますので、迫力のあるダンスでこれからも私たちファンを魅了してくれる楽曲を楽しみに待っています。

次の

サイレントマジョリティー (曲)

サイレント マジョリティー ダンス

情景を浮かべさせて世界観に引き込んでいきます。 人が溢れた交差点… 渋谷のスクランブル交差点を彷彿とさせます。 実際にMV撮影場所も渋谷近辺の工場らしく、意図された演出であることは間違いありませんね。 似たような服を着て… 学生、就活生、サラリーマン。 同じような制服やスーツを身にまとった人間たちが歩みを揃えている 似たような表情で… この一文はどうしてもサラリーマンの朝の 暗い表情を浮かべてしまいます。 「違うこと・・何がおかしいの?」 という、彼女たち 子供たち の純粋な疑問を唱えています。 大人世代が自分たちの歩んできたレールの先から、子供たちを振り返り、このレールの上から逸れるな。 列を乱すなと説いている。 けれども彼等もその ルールの意味を知らない。 形だけのルールが先走り、疑いを持つ心を奪われ、ただ従い、周りと同じ生き方をすることを正とされてきた大人たち。 ルールに支配され、死んだ目をしている大人たち。 冷静に観察する子供たちがいます。 さらに、彼女たちの服装とダンスに注目してみると、制服のようであり、軍服のようなボタン配列、敬礼のポーズや行進のダンスが目に留まります。 大人に支配されそうになる子供たちを軍隊や独裁国家に紐づけた演出がされており、 日本の歴史、錯覚、軍意識を彷彿とさせられるこの歌詞と演出には恐怖まで覚えます。 MVで制服を着て力強く踊っている彼女たちを見ると、何やら教育、学校と関わりのある意味を持っているようにも見えます。 個性を無くし、みんなと同じであることを正としてきた日本の教育方針に、歴史に、疑問を唱えているような怖さまで覚えます。 群れ、流され、声を上げない者たちはいないものと同じだと扱われてしまう。 ある意味独裁のような現実を突きつけています。 やはり国家や政治、 歴史への批判の意味が見え隠れします。 人に任せるな。 」 選挙のことでしょうか。 年問題になっている若年層の投票率の低さを意味しているように取れます。 欅坂46の平手友梨奈がひとりダンスを練習するシーンが複数回映されます。 「君は君らしくやりたいことをやるだけさ One of themに成り下がるな」 ここでのthemとは誰を意味するのでしょう? この歌詞とMVから推測するに、欅坂46のメンバーが主語に変化したようにも取れます。 「自分の夢の方に歩けばいい見栄やプライドに繋がれたような つまらない大人は置いて行け」 見栄やプライドに繋がれた大人とは、誰のことでしょう。 主語がメンバーだとして、誰のことを言っているのでしょう。 親?家族?友達?業界の大人たち、、、? 彼女たちが歩んできた道は並大抵の道ではないと思います。 家族からの反対、友達からの否定、大人たちの理不尽や誘惑、プライド。 あらゆる黒い部分を見てきた彼女たちだけれど、自分の夢のために押しつぶして一人練習に励む。 そんな強さとこの曲の力強くも明るいサビの曲調が相反する部分でもあり、 裏に隠している真意が見え隠れします。 「誰かの後付いて行けば 傷つかないけれど」 敷かれたレールの上を歩く人たちの心の声を伝えています。 たしかに同じことをしていれば群れに隠れられる。 傷つかない。 けれどもそれは、あなたのことを 誰も見ていないことと同じです。 群れの総意だと、マジョリティーの総意だとまとめられてしまう。 それはつまり、 声 意思 のないマジョリティー。 サイレントマジョリティーなのです。 欅坂46「サイレントマジョリティー」ラスサビ 歌詞の意味は? 私たちには自由がある。 支配しようとする、国、大人、教育、歴史、様々な思惑があるけれど、そんな事よりも自分は自分の人生を生きているんだ。 自分の人生は自分で切り開くものだから諦めないで! 最後はそんな風に、 力強く励ましているように聞こえます。 欅坂46「サイレントマジョリティー」歌詞の意味を考察! まとめ いかかでしたか? 一見、力強く、夢見る若者を励ます明るい曲のように聞こえる「 サイレントマジョリティー」。 しかし歌詞を考察してみると、奥には本当の意思が隠されていることがわかりました。 国家、教育、労働、大人になるということ、、、。 まだ若い彼女たちだからこそ、あえて、より強く伝えられることがあるようにおもいます。 群れの中で息を潜め、レールの上を歩んで大人になったあかつきには、 自然と夢を諦め自分の人生を唯一無二のものにできないまま、 死んだ目をした大人になってしまう・・。 そんな 哀しい人間たちを救いたいという救済の歌なのかもしれません。 あなたの目は、どうでしょうか? 気づけばあなたも、 サイレントマジョリティーの一片にはなっていませんか?.

次の