女の子 名前 ランキング 2019。 2019夏にまつわる名前ランキング、1位の読みは「あお・あおい」

【2019年版】女の子のキラキラネーム50選一覧!愛される名前のコツは?

女の子 名前 ランキング 2019

大正時代に人気のあった名前は• 静子 「大正」に元号が切り替わった影響や、大一次世界大戦という時代背景から、女の子の名前には平和を願う意味が込められているように思います。 そして、昭和初期に人気のあった名前は• 洋子 この頃も太平洋戦争真っ只中という時代の中で、女の子の名前は平和を願ってつけられた名前が人気だったようです。 そして、昭和も後半になり、バブル全盛期になると• 愛 という名前が人気だったようです。 時代が平成になっても• 愛 という名前は人気があったようです。 美咲 という名前もランクインしてきました。 歴代の人気の名前を見てみると、時代と共に名前の表現は自由で多彩なものになってきたことがわかります。

次の

【2019年版】女の子のキラキラネーム50選一覧!愛される名前のコツは?

女の子 名前 ランキング 2019

人気の名前 2019年 順位 漢字 主な読み 前年• 17位• 10位 4位• 4位 4位• 3位 6位• 1位 7位• 5位 8位• 8位 9位• 7位 10位• 9位 11位• 23位 12位• 12位 13位• 11位 14位• 20位 15位• 21位 16位• 29位 17位• 6位 18位• 12位 19位• 19位 20位• 24位 21位• 18位 21位• 32位 23位• 14位 24位• 84位 25位• 55位 26位• 52位 27位• 22位 28位• 35位 29位• 37位 30位• 82位 30位• 15位 32位• 58位 32位• 26位 34位• 16位 35位• 51位 36位• 30位 36位• 47位 36位• 31位 39位• 41位 39位• 25位 39位• 42位 42位• 71位 42位• 45位 44位• 55位 45位• 46位 46位• 48位 47位• 32位 47位• 55位 49位• 67位 50位• 27位 51位• 39位 52位• 60位 52位• 34位 54位• 67位 55位• - 55位• 48位 57位• 60位 58位• - 59位• - 60位• 28位 61位• 58位 62位• 43位 62位• 46位 64位• 45位 65位• - 65位• 43位 65位• 72位 人気の読み 2019年 順位 漢字 主な読み 前年• 5位 4位• 1位 5位• 13位 6位• 4位 7位• 6位 8位• 9位 9位• 11位 10位• 16位 11位• 6位 12位• 10位 13位• 8位 13位• 20位 13位• 12位 16位• 13位 17位• 15位 18位• 17位 19位• 19位 20位• 18位 21位• 21位 22位• 24位 23位• 28位 24位• 33位 24位• 34位 26位• 25位 27位• 22位 28位• 39位 29位• 25位 30位• 25位 31位• 22位 32位• 32位 33位• 29位 34位• 30位 35位• 36位 36位• 53位 37位• 43位 38位• 53位 39位• 40位 40位• 41位 41位• 61位 42位• 31位 43位• 53位 44位• 48位 45位• 57位 45位• 64位 47位• 35位 47位• 56位 49位• 49位 49位• 51位 51位• - 51位• 45位 53位• 53位 53位• 37位 55位• 41位 56位• - 56位• - 56位• 37位 59位• 61位 59位• 45位 59位• 66位 59位• 52位.

次の

明治安田生命

女の子 名前 ランキング 2019

コズレが実施したアンケートをもとに2019年の女の子の名づけにどんな傾向があるのかを見ていきましょう。 2019年度は特に【愛】と【莉】を使った名前が目立ち、同率1位になっています。 【愛】については女の子の名前の超定番で、昔からずっと変わらず根強い人気を誇っています。 人を愛しそして愛される女の子になってほしいという思いを込めて選ばれることが多いようです。 それに愛に包まれた幸せな家族の絆も象徴しているようですね。 【愛】を使った名前はたくさんの組み合わせがありますが、アンケートで見られたのはこちらです。 漢字の意味はジャスミンで、白っぽい華麗でいい香りのする花のイメージは女の子の名前にぴったりともいえます。 2019年は実写版『アラジン』が公開されて話題を呼んだので、もしかしたらその影響もあるのかもしれませんね。 【莉】のつく名前の例もアンケートから見ていきましょう。 「莉緒」(りお) 「優莉」(ゆり) 「莉乃」(りの) 「明莉」(あかり) 【莉】を使った名前には元気ではつらつとした響きのものが多い印象ですね。 2019年女の子の名前 漢字ランキング 2019年のコズレの調査によるとこの年に一番人気だった漢字は【愛】(あい、あ、ま、な)と【莉】(り)になっています。 【愛】についてはこの漢字を絶対使いたかったといった声も見られます。 逆に【莉】は響きや画数を気にしてつけた人が多いようですね。 この2つに続いて3位に入ったのが【乃】(の)で続いて同率の4位になったのが【華】(はな、か)と【美】(み)ですよ。 ここにあげた5つの漢字を組み合わせるだけでもかなりたくさんの名前ができますね。 2019年女の子の名前 よみがなランキング 名前を実際声に出して呼ぶときのよみがなで見るとどんな名前が人気だったのでしょうか。 こちらも2019年のコズレアンケートから見てみると 1位「りお」(莉緒、理央、栞緒、など) 2位「えま」(瑛稀、笑愛、など) 3位「ゆうな」(優奈、結愛、など) という結果になっています。 そしてこれに続いて、 「いちか」(一華、一禾、など) 「さな」(彩那、紗菜、など) 「ひな」(陽葵、陽愛、など) 「ひまり」(陽葵、向葵、など) 「みお」(澪、など) 「ゆい」(結依、結、など) が続いています。 全体的に読み方で2文字の名前が多く、漢字のバリエーションが多いのと同時にひらがな書きにする人も結構いるようですね。 アンケートでも「玲那」や「伶華」という名前が挙がってきていました。 またスポーツ界で2019年に最も活躍した女性選手というと大坂なおみさんです。 海外系 アンケートを見ているとグローバル化の影響なのか外国風の名前が見られました。 ・りあな 両親が歌手のリアーナが好きだった為 ・大亜奈(だいあな) 世界に通じ、なおかつ美しいイメージの名前にしたかったという理由 ・える 美術家の名前にちなんでいる。 ・める おもちゃの人形のメルちゃんからつけたと聞きました。 ・步符里 ポプリちゃん。 かわいらしいイメージからつけたみたいです。 ・まいり アメリカっぽい名前を付けたくてマイリーを元に決めた ・セア 海好き無夫婦でSEAからセアとつけたと聞きました。 ・瑠那 イタリア語で月という意味 ・セレサ スペイン語で桜の意味 ひらがなよりカタカナで書いた方がしっくりくるような感じがして、響きも外国語っぽいですね。 漢字の読み方が個性的な名前 漢字を見ただけではなかなか読み方が想像できない名前もありましたよ。 ・悠(はるか) もともと男の子の予定だったらしくこの漢字を使いたかっものの、女の子だったのではるかと読ませたようです。 ・純愛(ぴゅあ) ・桜音(さくら) ・海(まりん) ・紅海(くみ) 紅のように何色にも染まることなく自分らしく海のように大きく育ってほしいという願いが込められています。 ・愛心(あいき) ・心幹(こえだ) ・麗心(うるは) 麗しい心の子に育つようにとのことです。 ・彩月(あずき) ・波亜都(はあと) ・海椛(うみか) ・麗笑(るうわ) 麗しく笑う姿が似合う女の子に育つようにという意味でつけられています。 夏の季節を感じる女の子の名前 夏を感じる名前はきらきら光る太陽や海など、明るくエネルギーいっぱいのイメージのものが多いです。 具体的にはどのような名前が挙がっているのかというとまずはやっぱり【夏】がつく名前です。 ・夏奈、夏菜、(なつな) ・夏海、夏美、(なつみ) ・夏樹、夏希(なつき) ・夏帆(なつほ) ・夏歌(なつか) ・琉夏(るか) ・千夏(ちなつ、ちか) ・小夏(こなつ) ・夏(なつ) このように夏がつく女の子の名前はかなりバリエーションが豊富ですね。 さらに同じ読み方でも使う感じによって印象が変わったり個性的になったりしますよ。 次に夏を連想させる名前というと【海】を使った名前や海にちなんだものを使ったものでしょう。 ・海音(うみね) ・七海(ななみ) ・渚(なぎさ) 海に関する名前は爽やかな感じがするだけでなく、海をまたいで活躍する女の子になってほしいという願いを込めてつけることもあるのではないでしょうか。 そしてもう一つ夏を代表するあの花にちなんだ名前も支持が高いです。 ・向日葵(ひまわり) ・向葵(ひまり) この他にも葉月(はづき)や皐月(さつき)など生まれた月にちなんだ名前もありました。 名前の漢字がポイント! 漢字は名前の意味を表し見た目のバランスや印象を決める重要なポイントですね。 「夫婦で使いたい漢字があったのでこれにしました。 」 「上の子と同じ漢字を使いたかった。 」 「愛という漢字を使いたくてそこから考えました。 あと画数と名字とのバランスを考えて決めました。 」 「子どもが出来るまで、夫婦の危機が何度かありました。 離婚を考えていた時に、子どもを授かることができて、子どもが私たち夫婦を結んでくれたと思い、結という漢字を使いたく、名前を決めました。 」 「祖父の名前の字を使いたい思いがありました。 男の子っぽくなってしまうと思い、違う名前を考えようと思ったのですが、パートナーがネットや雑誌で色々調べてくれて、画数も良く、意味合いも良かったので、その名前にしました」 「性別が分かる前から、男の子なら旦那さんの漢字から一文字、女の子なら私の漢字から一文字取りたいという旦那さんのこだわりがありました。 」 「旦那さんの付けたい漢字とわたしの好きな響きを合わせてつけた。 」 「親の名前からつけたい漢字を決めてから、苗字とのバランスで画数の良い漢字をいくつか候補に出していました。 将来のことを考えてあまりキラキラネームにはしたくないと話していました。 最終的には産まれてから赤ちゃんの表情を見て似合うと思う方にしました。 漢字が決まるとそれだけでぐんと名前が考えやすくなりますね。 画数がポイント! 名前の画数から占う姓名判断はあまりに有名ですが、苗字と合わせて運気のいい名前にしたいと考える人も多いようです。 また苗字とのバランスや書きやすさを考えた時にも、画数は重要になりますね。 「苗字の画数が多い方なので出来るだけ少ない名前の画数で姓名判断で良いもの。 反映させなかったのは付けたいと思った漢字を旦那に反対されて入れなかった。 」 「まず、音を決め、画数診断で良かったものの中から季節性や読みやすさなどを考慮して絞り込んだ。 海外でも発音されやすいことも考えた」 「呼びやすくて、漢字は画数もいいものを選びました」 「私の場合は画数を重視していたので、姓名判断のサイトですごく調べました。 当初考えていた名前は画数が良くなかったので諦めましたが、そのサイトでは自分の苗字に合うおすすめの名前がいくつか出るので、その中に『陽暖(ひなた)』という名前がありました。 漢字も読み方も暖かみがあるので、春生まれの娘にピッタリだなと思い、この名前に決めました。 今でもすごく気に入っている名前です。 」 響きがポイント! 重視したポイントで一番順位が高かった響き。 名前はやはり声に出して読んだ時にどんなふうに響くのかがとても大切ですよね。 「名前は主人が呼びたいという音の響きから決めたため、苗字と合う漢字の候補をリストアップし、苗字と合わせながら良いバランスのものを選びました。 」 「ずっと呼んでいく名前なので、響き、なんと呼んであげたいか、で決めました。 」 「呼ばれたときに響きがかわいいもの、秋らしいもの、読みやすいもの、また母親が平仮名なので。 」 「音の響きがきれいなもの、海外でも通用しそうなものを選びました。 なので、純日本的な名前を避けました。 」 「女の子のため、柔らかく、温かみのある音の響きにしたかった。 流行り過ぎておらず、古風な和の雰囲気が感じられるような音を探していたところ、満場一致で音がまず決まった。 そこから、画数も多少参考にしながら、漢字を探していった。 これまで漢字の意味を深く意識したことのなかった漢字であったが、調べていくうちに、とても良い意味だということを知り、とても良い名前に出逢えてように感じています。 」 「優しくて女の子らしい響きを重視しました。 」 聞き取りやすいことがポイント! 自己紹介した時にすっと覚えてもらえるよう、聞き取りやすい名前というのも結構大切です。 名前を何度も聞き返されるのってそれが毎回になると面倒だったりしますよ。 またさらに海外で呼ばれた場合の聞きとりやすさを考えたという声もいくつか見られました。 「海外の方にも発音しやすく、覚えやすいという点を重視して考えました」 「父親が韓国人なので日本と韓国どちらでも通用する名前が絶対条件。 漢字も考えましたが結局、字画で選んだ漢字の意味にとらわれないようにとゆう気持ちでひらがなにしました。 そのかわり字画は良くないです。 」 からかわれやすいを防ぐのがポイント! 小学校に行くようになるとクラスの子に名前でからかわれたりするのも珍しくありません。 ママやパパにも名前が原因でからかわれて嫌な思いをした記憶がある人も結構いるのではないでしょうか。 からかわれやすい名前ではないか考えながら候補を絞っていったという声もたくさんありました。 「女の子と分かっていくつか候補があったのですが、旦那が絆結と書いてきずはが良い!と言い出しました。 漢字は意味的にも良いと思ったのですが、将来友達にキズちゃんと呼ばれるようになった時、傷とゆう意味で虐められるのではないかと思い付けるのをやめました。 それで私の真とゆう漢字を取り、そこに暖とゆう漢字を足して子どもに」 「日本人ならではの名前にしたかった。 かわいくても、ぱっと読めない名前は可哀想なので選びませんでした。 」 「読み方の響きと、将来変なあだ名をつけられないようにと意識しました 漢字に意味をもたせました」.

次の