カウンセラー に なる ため に は。 心理カウンセラーになるには・仕事内容と全国の求人|スタンバイ

心理カウンセラーになるために今から役立つ経験【スタディサプリ 進路】

カウンセラー に なる ため に は

心理カウンセラーとは 心理カウンセラーは、相談者の話をよく聞き、共感したり要約したりといった対話を通して、相談者が自らの問題を整理し、自分自身で解決の方向性を見いだして自己成長できるよう支援する仕事です。 相手の話を聞くプロフェッショナルといえるでしょう。 相談者は、「病気」が原因となっている方や、カウンセリングによって解決できる「悩み」を抱えた人などがいます。 場合によっては、精神科や心療内科などの医師による治療が必要となることもありますが、悩みを解決したい人の場合には、カウンセラーが話し相手になることによって改善するケースもあります。 こうした幅広い課題に対処するため、心理カウンセラーはおもに「心理療法」と「カウンセリング」に取り組みます。 「心理療法」には、精神分析や行動療法などさまざまな手法があり、心理カウンセラーのほか臨床心理士がさまざまな療法に取り組んでいます。 一方、「カウンセリング」は、リスニングや対話を通して本人の回復をはかるアプローチといえます。 実生活における周囲や社会との関わりなど、日常的な問題を取り扱うことが多いです。 心理カウンセラーになるには 心理カウンセラーは職種名であり、資格保有者でなくとも心理カウンセラーを名乗って業務に従事できます。 しかし、プロとして活動している人は、何らかの心理資格を取得していることがほとんどです。 精神科の医師や臨床心理士、保健師などが心理カウンセラーの業務を行っている場合もあります。 心理カウンセラーになるためにもっとも確実なコースは、大学の心理学科・臨床心理学科・カウンセリングコース等で学んで、さらに大学院でカウンセラーとしての専門性を高めることであるといえます。 2018年に新設される「公認心理師」の国家資格も、今後は期待されるキャリアパスとなりそうです。 「公認心理師」は2015年に議員立法により成立した「公認心理師法」に基づき、2018年に初めて第一回国家試験が実施される資格です。 国家資格なので、これまで心理カウンセラーとして働いていた人も今後この資格を取得していくことが予想されます。 心理カウンセラーの仕事内容と活躍分野 ストレスに関わる問題を多く抱えた現代社会では、学校や病院、企業などさまざまなところで、心理にまつわる問題解決をサポートする心理カウンセラーの存在が求められてきています。 人が生活していれば、その生活の場の数だけ悩みがあります。 悩みを持つ人がいるところには必ず心理カウンセラーの活躍の場があると考えてよいでしょう。 学校 学校や教育センターなどの教育機関では、スクールカウンセラーが活躍しています。 スクールカウンセラーは、学校生活を送るうえで悩みを持っている児童や生徒をサポートしたり、育児で悩んでいる親の相談に乗ったりします。 また、児童のサポートで心理的負担の大きい教職員のカウンセリングを行うこともあります。 一般企業 一般企業にも、心理カウンセラーの活躍の場があります。 企業においてカウンセリングや研修などを行うことで、従業員が仕事や職場の人間関係の悩みを解決できるよう援助するとともに、健康で生産性の高い組織作りを支援します。 精神科などの産業医や臨床心理士、保健師などが心理カウンセラーの業務を行っている場合もあります。 医療機関 病院や診療所などの医療機関で働くケースもあります。 医療機関においては医師や臨床心理士が、フォローしきれない心の問題をサポートします。 患者とその家族のほか、医療従事者のメンタルケアも行います。 地方公務員 地方公務員として心理カウンセラーを務める「心理判定員」という職業もあります。 児童相談所や身体障害者更生相談所、知的障害者更生相談所、保健所、福祉センター等の地方自治体各施設において、心理に関する専門知識にもとづき、相談対応や診断面接、心理診断、集団療法などを行います。 独立・開業 心理カウンセラーとして経験や実績を積んだ後に、個人のカウンセリングルームを開設するなど、独立、開業をするケースもあります。 開業資金が安く抑えられる点や、手続きが簡単である点などから、比較的独立しやすい仕事であるといえます。 心理カウンセラーに関連する資格 心理カウンセラーの領域には、数多くの任意資格があり、さまざまな団体・スクールが、独自の考え方に基づき、独自の基準で、独自の資格を発行している状況です。 下記に、心理カウンセラーに関する代表的な資格を紹介します。 臨床心理士 公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格です。 資格取得者は、病院その他の専門施設で臨床心理士として働くことができます。 資格を取得するには、大学院の修士課程で臨床心理学に関する専門知識を身につけ、技能訓練を受けたうえで資格試験に合格する必要があります。 認定心理士 公益社団法人日本心理学会が認定する民間資格です。 大学において同学会が指定する単位を履修後、申請すると認定されます。 認定カウンセラー 日本学術会議認定の学術研究団体である日本カウンセリング学会が認定する民間資格です。 資格取得申請には、試験方式と推薦方式があり、それぞれ定められた条件を満たす必要があります。 プロフェッショナル心理カウンセラー 一般社団法人全国心理業連合会が公認する全国統一認定資格です。 資格取得には認定教育機関での専門知識学習および実習・研修が必要です。 認定教育機関は全国各地にあり、通学・通信から学び方が選べます。 臨床発達心理士 一般社団法人臨床発達心理士認定運営機構が認定する民間資格です。 資格の申請条件は、発達心理学隣接諸科学の大学院修士課程在学中または修了後3年未満、発達心理学隣接諸科学の学部を卒業してから臨床経験3年以上、研究機関での研究職をしているなどです。 満たしている条件に応じて筆記試験や面接などの審査が行われます。 心理カウンセラーの求人傾向 カウンセリングルームだけでなく、病院や歯科医院、薬局などの医療機関、教育機関、介護施設、一般企業など、さまざまな職場での求人があり、それに応じて常勤、非常勤、社員、アルバイト、パートなど多様な働き方があります。 心理職の資格でいちばん難易度の高い臨床心理士の資格を所持していると有利であるといえます。 資格者でなくとも心理カウンセラーを名乗って活動を行うことができるため、未経験からでも働くことは不可能ではありませんが、就職においては現場での心理カウンセリング能力が重視されます。 未経験の場合、電話カウンセリングやメール相談などをアルバイトとして行い、経験を積むとよいでしょう。 出典:.

次の

心理カウンセラーになるために必要な資格とは?

カウンセラー に なる ため に は

そのためには、セルフストレスマネジメントがしっかりできていることが重要です。 なぜなら、自分の気持ちが安定していないと人の話を聞くことは難しいからです。 人間ですから、ある程度の心理的な波は誰もがもっていますが、その波が激しすぎる人はこの仕事には向かないといえます。 性格的なものもありますが、自己鍛錬が必要です。 学生のうちからできることとして、常に気持ちを豊かに保つこと、安定的にできるような趣味をもつこと、自分が好きなことでリラクゼーションできる時間をもつことなどが挙げられます。 いつも自分がいっぱいいっぱいの状況では、人の話を聞く余裕はなくなってしまいます。 そうならないためにはどうしたらよいでしょうか。 学校と家の往復では、友人や先輩、先生ぐらいしかいない狭い世界です。 祖母や祖父と同居している人も少ない時代ですから、できれば、さまざまな分野や年齢の人との交流を学生時代に取り入れるようにしましょう。 積極的にボランティアをする、地域と連携した活動をおこなう、人とかかわるアルバイトをする、などはよい経験になります。 若いころに見たり聞いたり体験したりすることは、自分にとって将来のための貴重な財産になります。 特に力を入れておくとよい科目を挙げるとすると国語です。 心理カウンセラーとして語彙表現が多いことはとても大事です。 例えば、カウンセリング場面では相手に話してもらうことが中心となりますが、自分の気持ちをうまく伝えられない人が多くいるのも事実です。 そこで、カウンセラー側から言葉を出してあげる必要がでてきます。 すると相手は自分が話したことをさらに深く認識することができるので、語彙力が大事になるというわけです。 また、道徳は当然のごとく必要です。 人間力を磨くことはカウンセリングの基礎になります。 伝える手段として、パソコンの操作が必要になりますから、IT関連の勉強もしておくと有利です。 さらに、前述のセルフストレスマネジメントとして、好きなことをする重要性を認識しておきましょう。 お菓子作りやスポーツなどなんでもかまいません。 学生のうちにセルフストレスマネジメントができるようになれば、心理カウンセラーとして将来必ず役立つはずです。

次の

カウンセラーになるための4つの姿勢

カウンセラー に なる ため に は

心理カウンセラーになるには? それでは、心理カウンセラーになろうと思った場合には、どのような方法があるのでしょうか。 専門性を高めることが大切 心理カウンセラーというと、相手の相談に乗る人というイメージがあります。 しかし、心理カウンセラーは単に相手の話を聞き、アドバイスをしているだけではありません。 心理カウンセラーには、高度な心理学の知識や技術が必要です。 一見、ただ単に話を聞いているだけのように見えても、そこには様々な技術が必要になります。 また心理カウンセラーは、相手との会話だけでなく、行動や服装などから様々な情報を読み取ることがあります。 さらに、複雑な心理テストを行いその結果を分析することで、相談者の深層心理を読み解くことも必要です。 このように心理カウンセラーには様々な専門的な知識が必要になります。 そのため、専門性を高めることも大切です。 大学や大学院で学ぶ 心理カウンセリングの専門的な知識を学ぶためには、まず大学に進学して、専門教育を受けることが近道です。 学部や学科の名称は大学によって異なりますが、文系の学部を設置している大学の場合、多くは心理学の講座を設けています。 また、教育系の学部や社会学系の学部などでも専門性の高い学習を行うことができます。 また、大学だけでなく大学院に進学して心理学を学ぶことができれば心理カウンセラーとなる近道になります。 心理学の資格の中には、大学院修士課程や専門職大学院の修了が受験の条件になっているものもあります。 また、大学院によっては一定期間の心理臨床経験も必要となるため、心理カウンセラーとして働くときに非常に有利だと言えるでしょう。 一般企業、学校などに就職 大学や大学院を卒業したあとは、心理カウンセラーとして一般の企業や学校などに就職するというのが一般的です。 また、資格をとって医療機関に就職するという方法もあります。 さらに心理カウンセラーは、社会福祉施設や児童相談所、法務局の矯正局などでも必要とされている仕事。 そこでさらに実務経験を磨き、心理カウンセラーとして成長していきます。 心理カウンセラーに必要な資格は? 心理カウンセラーになりたいと思ったとき、気になるのがどのような資格が必要なのかということです。 では、心理カウンセラーになるためにはどんな資格が必要なのでしょうか。 心理カウンセラーは絶対に必要な資格はない 実は心理カウンセラーになるためには絶対に必要な資格というものは存在しません。 というのも、「心理カウンセラー」というのは正確な職業名ではないからです。 心理カウンセラーは心理学の知識や技術を用いて、相談者の悩みや不安を解決に導く人のことを指していますが、実際には活動の領域は非常に幅広いもの。 さらにメンタルヘルスに関心が高まる現代では、心理カウンセラーに対するニーズはますます高まっています。 そのため、心理カウンセラーとしてどのような職場で働くのか、どのような仕事をしたいのかによって必要な知識や技術も異なっていきます。 多くの民間資格、任意資格がある ただし、心理カウンセラーに絶対に必要な資格はないものの、心理カウンセリングに関しては多くの民間資格や任意資格が存在します。 心理カウンセラーの活躍の場としては、教育の現場や医療施設、一般企業など様々な場所がありますが、どの仕事を目指すかによって学ぶべき事柄は異なるもの。 そのため心理カウンセラーを目指す人は、専門知識が必要なため資格をとることが多いということができます。 たとえば、医療施設などでは臨床心理士の資格を条件にしているところもあり、心理カウンセラーの資格取得を考えた場合、関わりたい分野の資格を取るというのがおすすめの方法だといえるでしょう。 心理カウンセラーに関連する資格 それでは、心理カウンセラーに関する資格にはどのようなものがあるのでしょうか。 臨床心理士 臨床心理士は公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定を行っている資格です。 この臨床心理士はもっとも専門性が高い心理カウンセリングに関する資格と言われています。 臨床心理士はカウンセリングや心理テストなどの技術を身につけた心理学のスペシャリストで、地域社会での人的援助に関するコーディネーション能力やコンサルティング能力も求められる資格です。 資格を取得するには、協会指定の大学院を修了する、臨床心理士の要請を行う専門職大学院を修了する、医師免許を取得し二年以上の心理臨床経験が必要など、非常に高いハードルが設けられていますが、臨床心理士を取得することで心理カウンセラーとしての幅広い活躍につながります。 認定カウンセラー 認定カウンセラーは日本カウンセリング学会が認定を行う資格です。 活動の範囲は医療や福祉、教育、産業、司法関連と幅広い範囲にわたっているため、心理カウンセラーを目指す人にとっては重要な資格ということができます。 認定カウンセラーを受験資格には、試験方式と推薦方式の二種類があり、試験方式の場合には日本カウンセリング学会の養成カリキュラムで規定の単位数を満たしていることや心理学系の大学院を修了または大学院に在籍していることなどが求められます。 また、推薦方式の場合には、大学などで五年以上専任教員としてカウンセリング関係の授業を行っていることや、カウンセラーとして五年以上の実務経験があることなどが必要です。 なお、試験方式でも推薦方式でも、日本カウンセリング学会に在籍していることが必要です。 このように、認定カウンセラーも簡単に取得することができる資格ではありませんが、カウンセラーとしてのステップアップを目指すときの目標として考えるべき資格の一つだと言えるかもしれません。 メンタルケアカウンセラー メンタルケアカウンセラーは「メンタルケア学術学会」、「一般財団法人生涯学習開発財団」、「一般財団法人ヘルスケア産業推進財団」という三つの専門団体が共同で認定を行う民間資格です。 メンタルケアカウンセラーは、メンタルケアの入門的な資格で、心理学の基本やカウンセリングにおける基礎的な知識を身につけた人に与えられます。 資格取得のためには、メンタルケア学術学会指定の講座の受講が必要で、課題やテストに合格することで資格の認定が行われますが、自宅での受講も可能なので、カウンセリングについての資格取得を考えたとき、まず視野に入れておきたい資格ということができるでしょう。 プロフェッショナル心理カウンセラー プロフェッショナル心理カウンセラーは複数の団体によって行われる全国統一認定資格です。 資格には上級と一般の二種類があり、レベルに応じてカウンセリングのスキルを身につけることが必要です。 資格取得には認定教育機関でのプログラム履修などが必要になりますが、本気でカウンセラーを目指したいという人には最適の資格といえるかもしれません。 その他に必要な要素 心理カウンセラーとして働くためには、資格以外にも様々なスキルが必要となります。 カウンセリングスキル 心理カウンセラーにまず求められるのがカウンセリングのスキルです。 カウンセラーにとってカウンセリングは基本中の基本。 この技術と知識を身につけることが心理カウンセラーの第一歩です。 コミュニケーション能力 心理カウンセラーにはコミュニケーション能力も重要です。 といっても話が上手でなければならないというわけではありません。 心理カウンセラーは相手の気持ちを引き出す職業。 そのため、話しやすい雰囲気づくりや態度と言った点も大切です。 論理的思考 心理カウンセラーは論理的な思考の持ち主である必要があります。 単なる思い付きや感情論ではなく、どうすれば相手の問題を解決できるかといった論理的な考え方が求められます。 このほかにも、心理カウンセラーには誠実さや包容力、観察力なども必要です。 まとめ 心理カウンセラーは非常に専門性の高い仕事。 同時に、達成感と充実感のある仕事でもあります。 心理カウンセラーにあこがれているという方は、まずは資格の取得を検討してみてはいかがでしょうか。

次の