グッド ラック 出演 者。 グッとラック!

『グッとラック!』一人負け低視聴率でもTBSが打ち切れない理由

グッド ラック 出演 者

概要 [ ] (ANA)を舞台に、演じる若手の旅客機・新海元を中心に、恋愛と仕事に生きる人達を描く青春ドラマ。 共演に、、、など。 第1話放送後から、撮影に全面協力していたANAの株価が上昇。 ドラマ放送後、ANAはもとより、(JAL)など含めた航空業界への就職希望者が急増する現象が起きた。 この航空業界への就職ブームについては、当時のTBS系の報道番組の中で取り上げられた。 全話平均視聴率は30. キャスト [ ] 主要人物 [ ] 新海 元(しんかい はじめ)〈29〉 演 -。 物事に対して熱く向かっていき、純粋でまっすぐな性格。 物語序盤では規律主義の香田とは衝突していたが、物語が進むに連れ、お互いに打ち解け合い、師弟のように信頼し合う仲となる。 熱くなりやすい性格ではあるが、序盤にて香田と衝突しつつも香田を仲間と思っていたり、香田の判断力を尊敬する一面もある。 歩実とも最初は衝突することがあったが、徐々に打ち解け合い、後半にて恋人の関係となる。 愛車は。 香田 一樹(こうだ かずき)〈40〉 演 - 元の上司。 元外資系航空会社グランシェア航空のパイロットであり、12年前のが原因でパイロットを引退するつもりであったが、ANAにされ、研修後に及び運航監査官となる。 厳格な性格であり、決して感情に流されることはなく、冷静な判断力を常に持ち、失態を犯した者に対しては誰であろうと容赦なく制裁する。 そのような特徴から元に「サイボーグ」と呼ばれる。 また公明正大な人物であり、乗客を座席クラス関係なく同等のものとして扱う。 責任感も非常に強く、異動や謹慎処分にしつつも解雇にはしなかったり、前述の事故によって両親を亡くした歩実に毎年送金を続けていたり、後半にて自身を庇い事故に至った元に対する責任からパイロットを引退しようとしている。 元々は元と似た性格で熱くなりやすかったが、前述の事故により厳格な性格へと変わってしまう。 富樫とは元々恋人であり、前述の事故によって別れてしまうが、後半にて復縁する。 緒川 歩実(おがわ あゆみ)〈22〉 演 -。 12年前の航空機事故で両親を亡くしている。 さっぱりとしていて芯の強い性格。 姉がおり、二人で暮らしている。 航空機事故がきっかけで航空機に乗るのが怖くなっていた。 元とは対立していたが徐々に惹かれていき、後半にて元と結ばれる。 愛車はのカスタムモデル。 ANA(全日空) [ ] 富樫 のり子(とがし のりこ)〈38〉 演 - キャビンアテンダント。 後輩である元や歩実を可愛がっており、良き相談相手となっている。 豊富なキャリアを持ち、誠実な性格であるため周囲からの信頼も厚い。 香田の元恋人で、後半にて香田と復縁する。 太田 健三郎(おおた けんざぶろう)〈45〉 演 - チーフパーサー。 真面目で仕事熱心で、香田に対して少し反感を持っているが憎悪という程のものではなくクルーとしての能力や見識は香田の事を認めている。 深浦 うらら(ふかうら うらら)〈23〉 演 - 元にやたら言い寄ってくる。 同じく元が気にかけている歩実にライバル心を燃やす。 CAとしての腕は乏しく、ミスを仕出かすこともある。 香田の態度に苛立ちを覚え、香田を名誉毀損で訴えようとし、果てには彼女に同情した他のCAを巻き込んでボイコットを起こしたこともある(第5話)。 内藤 ジェーン(ないとう - )〈45〉 演 - (特別出演) 機長。 女癖が悪く人間的にもだらしなく見えるが、パイロットとしての腕はよく、後輩想いでもある。 安住 龍二郎(あずみ りゅうじろう)〈29〉 演 - (TBS) 副操縦士。 元の同期。 武藤 演 - 乗員室長 原田 美和子(はらだ みわこ)〈32〉 演 - 稲垣 千佳(いながき ちか) 演 - 片瀬 まひる(かたせ まひる) 演 - 庄司 恭子(しょうじ きょうこ) 演 - 真壁 桂子(まかべ けいこ) 演 - 堀田 ちよみ(ほった ちよみ) 演 - 紀田 ひろ子(のりた ひろこ) 演 - 阿部 貴之(あべ たかゆき)〈26〉 演 - 航空整備士。 歩実の先輩。 島村 孝司(しまむら たかし) 演 - その他 [ ] 新海 良治(しんかい りょうじ)〈71〉 演 - () 元の父親での店主。 家業を継がず家を出て行った元とは余所余所しくなっていたが、本当は元を気にかけており、時々帰ってくる元に助言をしたり、元が事故にあった時には誠や香田と共に逸早く病院へ駆けつける。 歩実が訪ねてきた時には緊張して上がってしまい、それを元に突っ込まれる。 その後、歩実に刺身や酒を振舞う。 新海 誠(しんかい まこと)〈16〉 演 - 元の弟、高校生。 元がパイロットになったために、実家の舟宿を継ぐ。 元が帰ってきた時には温かく迎える。 緒川 香織(おがわ かおり)〈26〉 演 - 歩実の姉。。 同居している妹のよき相談相手。 朴 美淑(パク ミスク)〈27〉 演 - 元の住んでいるマンションの隣人。 最終話での客室乗務員であることが判明する。 ゲスト [ ] 第一話「熱血パイロット空を飛ぶ」 [ ] 水島 公作(みずしま こうさく) 演 - 機長。 元が訓練生時代に担当した教官。 元とのフライトの際に腰を痛めたことをきっかけに引退を決意。 最後のフライトの後に自分の肩章を元に譲る。 伊藤 敦夫 演 - 乗客。 「ロサンゼルスでの契約が取れないと会社が潰れてしまう」と元などのクルーにそのままロサンゼルスに行くことを迫る。 白石整備部長 演 - 歩実が元と言い争ったことを叱責する。 第三話「緊急着陸」 [ ] 小倉 光喜(おぐら みつよし) 演 - 民自党の衆議院議員。 パニック発作の既往歴を持つ。 夏川 広樹(なつかわ ひろき) 演 - 歩実が乗るホノルル便の機長。 歩実の叔母 演 - 歩実の叔父 演 - 第四話「救出作戦」 [ ] 相馬 るり子(そうま るりこ) 演 - 久木田客室乗務一課長 演 - 如月 雪子(きさらぎ ゆきこ) 演 - キャビンアテンダント1 演 - 岸直美 特派員 演 - 中継リポーター 演 - (TBSアナウンサー) 第五話「ニアミス」 [ ] 熊川 哲也(くまかわ てつや) 演 - () 本人役。 第六話「夜間飛行」 [ ] 牛島 ミサ(うしじま みさ) 演 - 医師。 日本で手術を待っている少女を救うため、北京からの一刻も早い帰国を希望する。 元に滞在先のホテルで帰国便のチケットを電話でとってもらい 、元の操縦する飛行機に搭乗する。 第七話「さらば空」 [ ] 山上 達生(やまがみ たつお) 演 - 「グレートキャプテン」と呼ばれているほどのベテランパイロット。 昭和49年(西暦1974年)にの国内便に初乗務以来、28年間パイロット人生を全うした。 香田をANAへ誘い、教官を担当した師であったが、元との監査フライトにて、独善的な判断を行ったことから香田により「パイロット失格」との烙印を押される。 教え子である香田に引導を渡されたことから、引退を決意する。 健康診断担当の医師 演 - 第九話「約束守ってよ」 [ ] 成見医師 演 - 北村乗務本部人事部長 演 - 訓練飛行の教官 演 - 最終話「ラストフライト」 [ ] 中年男 演 - 勝田機長 演 - キャビンアテンダント 演 - (当時TBSアナウンサー) スタッフ [ ]• 脚本 -• 音楽 -• 演出 - 、、• 主題歌 - 「」• 演出補 - 、池辺安智、武藤淳、佐藤敦司、田中大二朗、菅野真由美• 技術 - 島崎孝雄• 撮影 - 須田昌弘、上村信夫、高柳知之、関毅• 映像 - 木部伸一郎、小高宏文• 照明 - 金子信男、鋤野雅彦、西綾乃、半田圭• 音声 - 清水昭人、植村貴弘、金澤康雄、仲山一也、尾崎佐千子• 音響効果 -• 編集 - 、井手和重• CG - 、田中浩征• タイトルCG - 保坂久美子• 美術プロデューサー - 石田道昭、青木ゆかり• 美術デザイン - 青木ゆかり• 美術制作 - やすもとたかのぶ• 装置 - 熊野憲治• 装飾 - 鈴木昌也、上原一晃• コスチューム - 武居守一、斉藤飛鳥、村田おりえ• ヘアメイク - 吉村美和、座喜味えり奈、大隣 望美• 持道具 - 若園聡子• イルミネーション - 坂本香織• 制作担当 - 片岡俊哉、綱島美恵、戸塚寛人• 制作主任 - 小宮伸之、後藤和弘、• 制作進行 - 後藤和弘、戸塚寛人• 記録 - 鈴木一美、原田靖子• 番組デスク - 小澤通子• 編成担当 - 山田康裕• 番組宣伝 - 、藤田千春• 音楽プロデューサー - 、渡邉朋子、徳山竜法• 医療監修 -• 協力 - ANA、(現・)、一部(羽田空港)、、、• プロデュース - 、• プロデュース補 - 、相場恵理子、東義勝• 制作 -• 製作著作 - 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 FLIGHT 01 2003年1月19日 熱血パイロット空を飛ぶ 土井裕泰 31. ドラマ中で登場するANAマネージメントセンターの外観やロビーなどは一般のビジネスビルを使用した。 ブリーフィングルームはスタジオ内のセットである。 なお、キャビンアテンダントルームなどは実際ののオフィスで撮影されANA社員もエキストラとして撮影協力している。 元(木村拓哉)が乗っている愛車の・のナンバーは「は16-10」で『パイロット』と読める。 5話の収録で堤真一が同じ場面(「今日は X線検査場が混雑している」というセリフを言う場面)で言えなくなってしまうNGを5回(4連続で噛む、その次はにやける)も出し、の伝説となった。 続く6回目でやっと成功したものの、今度は竹中がアドリブの歌詞でNGを出し、堤と木村に責めを受けた(特に5連続でNGを出した堤は「やっと言えたのに! 」と大激怒した)。 周辺にある機体撮影スポットとして航空機マニアに人気の「」の展望台が舞台として使用された。 ドラマの最終回に登場する元と緒川のキスシーンは、設定上はハワイとされているが、実際の撮影場所はワイキキビーチの友好姉妹浜となっているのである。 ドラマ本編では元(木村拓哉)が複数機種の操縦を行っているが、実際は機種ごとの免許が必要である。 機種によって操縦が異なるため、操縦する際はその都度機種変更訓練を受け機種変更試験に合格しなければならない。 そのため、と(第1話)を掛け持ちをすることはありえない(ベテランパイロットであれば機種変更の描写を割愛したという解釈も不可能ではないが、副操縦士になりたての元が機種変更を行っているとは考えにくい)。 第6話「夜間飛行」では話の設定上成田への到着時刻は1:30となっているが、近隣住民への騒音被害を最小限に抑える為、実際は当時の成田空港は22:00以降は条例により離着陸禁止となっており、この話の内容のようなことは実際にはありえない。 2013年7月現在は基本的に23:00まで、悪天候などやむを得ない場合に限り離着陸を午前0時までに離着となっている。 放送から10年後の12月末にDVDより映像が高画質かつリマスター化されたBOXが復刻発売された。 また、木村・柴咲が再共演した『』の放送にあわせ、TBSほか一部系列局においてBOX発売前に再放送が実施された。 オープニング曲の「Departure」は、プロボクサーのの入場テーマ曲として使用されている。 脚注 [ ]• コトバンク• 3話では急病人の為に成田に引き返した香田の判断を後々考えたり、5話では香田と深浦との間でのトラブルにおいて香田を庇ったり、同じく5話で香田の「他人への心配よりも自分のことをまず考える」という考えに理解を示す• 竹中自身は、でに放送された「ボイスレコーダー〜残された声の記録〜ジャンボ機墜落20年目の真実」で、の調査に関わったのパイロットである役を演じている。 当時は、による航空券購入は一般的でなかった。 テレビPABLO 2017年3月21日. 2017年7月24日閲覧。 例外として、に成田空港A滑走路でのがが発生した際は、A滑走路が事故機によって封鎖された事から、少しでも多くの航空機を発着させるべく、B滑走路の運用を24日午前3時まで延長している。 関連項目 [ ]• - かつて同じくTBS系列で放映された航空ものの連続ドラマ(協力会社は)。 関連商品 [ ]• GOOD LUCK DVD-BOX&Blu-ray-BOX 外部リンク [ ]• - (2004年6月3日アーカイブ分) 前番組 番組名 次番組.

次の

グッとラック見逃し 動画 フル 無料配信視聴 再放送/立川志らく/TBS 2019年9月30日~初回放送|シネマVODファン

グッド ラック 出演 者

月額 1,017円 税込 !一日あたり 約34円• 初回は2週間の無料体験あり!• 話題のドラマも見放題で楽しめる! レンタル作品も有り!• 最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。 【第1話~全話まとめて】ドラマ「 GOOD LUCK!! グッドラック 」動画リンク 違法アップロードサイトで 動画の視聴は危険です。 違法アップロードの作品を視聴する場合には リスクが伴うことを知っておく必要があります。 再生すると ウィルスが仕込まれていたり、 再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。 無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところですね。 ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、 それでも見たいという場合は自己責任でお願いします。 最新の配信状況については「Paravi」公式サイトにてご確認ください。 ドラマ「GOOD LUCK!! 引用: ドラマ「GOOD LUCK!! グッドラック 」あらすじ ドラマ「 GOOD LUCK!! グッドラック 」は2003年1月から放送されたドラマで、 木村拓哉さんが主演、ヒロイン役は柴咲コウさんです。 子供の頃からの夢を叶えて副操縦士として働き始めた新海元(木村拓哉さん)。 フライト中に機長の調子が悪くなり、新人副操縦士の新海が操縦桿を握ることになり・・・。 機体をバウンドさせながらもなんとか着陸するも、着陸を見た整備士の緒川歩実(柴咲コウ)から「ヘタクソ!」と言われてしまいます。 そして新海の着陸は「素人以下」だといわれて上層部から事情聴取をされ、1週間の謹慎処分を受けることに。。。 その後新海と緒川は時にはぶつかり合いながらも、少しずつお互いを知っていくことになり・・・。 木村拓哉(新海 元 役)• 柴咲コウ(緒川 歩実 役)• 堤真一(香田 一樹 役)• 黒木瞳(富樫 のり子 役)• 段田安則(太田 健三郎 役)• 竹中直人(内藤 ジェーン 役)• 安住紳一郎(安住 龍二郎 役)• 内山理名(深浦 うらら 役) ドラマ「GOOD LUCK!! にしても今見たら豪華キャストだな黒木瞳 堤真一 いかりやちょうすけ 竹中直人 柴咲コウ 豪華過ぎだろ 笑 そしてキムタク若い 笑 — 闇部署ムカン@女子鉄 ja787mikan 主演の木村拓哉さんをはじめ、 ヒロイン役の柴咲コウさんに、上司役の堤真一さん。 ドラマの中ではそんな航空業界を垣間見ることができ、ドラマを観て航空業界へ就職したい!という希望者が急増したほどです。 』(2003) 木村拓哉(当時30歳) 柴咲コウ(当時21歳) — MASSARTHUR gsamiazpy 木村拓哉さん演じる新海元と、柴咲コウさん演じる緒川歩実。 あまりいい出会いとはいえなかった2人ですが、職種は違えど同じ会社に勤めていることもあり、徐々に距離が縮まっていきます。 そんな 2人の恋愛の行方は、どうなっていくのでしょうか? 夢を叶えることはもちろん、恋愛の行方も目が離せません! キムタクにパイロット、とても良く似合ってました。 航空関係のストーリーは好きだし、パイロットとCAじゃなくて、整備士っていうところがすごくツボでした!最終回までほんとにあっという間だったので、続編も見たかったなぁ・・・。 木村拓哉さんのパイロット姿はもちろん、女性整備士として活躍している柴咲コウさんの姿もとても人気があり、実際に整備士になりたい!と思う人が続出するほどの魅力でした。 「見たことがないけれど、見てみたい!」もしくは「久しぶりに見てみたい!」という方は、動画配信サイトを利用すると、見逃したドラマも実質無料で視聴することができます。 良かったら試してみてくださいね。

次の

「GOOD LUCK(グッドラック)」動画【第1話~最終回まで】見逃しドラマを無料でフル視聴しよう!(木村拓哉、堤真一、柴咲コウ、内山理名)

グッド ラック 出演 者

9月30日から放送がスタートした立川志らくMCの情報番組「グッとラック!」(TBS系)の視聴率が苦戦している。 10月9日の放送では、ついに1%台に突入してしまったという。 「同番組の初回は、2. 9%という前番組『ビビット』とそこまで変わらない数字でスタート。 しかしその後は、ジリジリと視聴率を下げていき、9日の放送では1. 9%を記録してしまいました。 この先も上昇する見込みがないため、一部では視聴率測定不能の0%まで落ちるのではないかとも噂されています」(テレビ誌記者) そんな「グッとラック!」には、立川志らく以外に国山ハセンアナや新人の若林有子アナが出演。 特にハセンアナはイケメンなだけに主婦層の支持を集めそうだが、たまに空気の読めない発言をする時もあるという。 「立川志らくが濃いキャラなためTBSは脇にフレッシュな人材を投入し、バランスを取ろうとしたのかもしれません。 しかし若林アナは原稿読みの際、噛みまくりの棒読みで、視聴者から『まだ高校の放送部レベル』とイジられているほど。 さらに国山アナも番宣で菜々緒が出演した際、ドラマの感想について『これ言っちゃいますけど、菜々緒さんのスタイルが抜群! 本当にスタイルが抜群ってのも魅力で…』と発言。 サラッと褒める程度ならばよかったのですが、彼はドラマのストーリーよりも、菜々緒の体に関する魅力を興奮気味に熱弁したことで、周囲から『ハセンさん、前のめり。 前のめりすぎる…』と止められる事態となりました」(前出・テレビ誌記者) 今回のハセンの言動には、番組を見ていた一部の女性視聴者からも「ハラスメントっぽい」と引かれてしまうこととなった。 メインMCの立川志らくばかりに辛辣な意見が集まりがちだが、他にも問題は山積みなのかもしれない。

次の