尾崎 豊 ダンス ホール 歌詞。 尾崎豊 ダンスホール 歌詞&動画視聴

ダンスホール/尾崎 豊の歌詞

尾崎 豊 ダンス ホール 歌詞

シェリーはその曲名のまま、シェリーという女性 ? に向けて歌われている曲です。 歌詞の9割にシェリーと言う言葉が入っているのではないでしょうか。 ではそのシェリーとは一体誰のことでしょう。 尾崎豊自身は明言していない 一説には母親への気持ちを歌った歌ですとか、奥様の繁美さんへの曲ですとか、はたまたイギリスの詩人メアリー・シェリー、パーシー・ビッシュ・シェリーのどちらかという説。 歌詞全体を読むとどれも違って読めます。 母親に対してだったら少し異常な様な気もしますし、 繁美さんとは出会っていないときに発表されていますし。 詩人に至っては 転がり続ける 俺の生きざまを 時には無様なかっこうでささえてる シェリー 優しく俺をしかってくれ そして強く抱きしめておくれ おまえの愛が すべてを包むから この部分で違うかな、と。 実際、尾崎豊がシェリーのモデルを明言していません。 ただ、奥様の繁美さんによると 「尾崎豊がお付き合いしていた元・交際相手」 という話があるようです。 それがもし本当であるならば、よほど思い入れのある女性だったのでしょうね。 また、尾崎豊と交流のあった知人からは「高校生の時にお付き合いしていた女性である」という証言もあるようです。 しかし、本当のことはこれから先も明らかになることはないでしょう。 若くして苦悩し前に進む もし元・交際相手だったとしたら、よほど悔いの残る別れ方をしたのでしょう。 そして、その彼女に懺悔するかのように、今の彼の現状を訴え、許しを願っているかのように聞こえます。 しかし救済を願っている訳ではなさそうです。 苦悩し、後悔し、それでも前に向かって進んでいく姿が目に浮かびます。 苦しみながらそれでも歌い続ける、シェリーは尾崎豊がどんな人間なのか、その内面を一番強く映し出されている名曲かもしれません。

次の

歌詞 「ダンスホール」尾崎豊 (無料)

尾崎 豊 ダンス ホール 歌詞

シェリーはその曲名のまま、シェリーという女性 ? に向けて歌われている曲です。 歌詞の9割にシェリーと言う言葉が入っているのではないでしょうか。 ではそのシェリーとは一体誰のことでしょう。 尾崎豊自身は明言していない 一説には母親への気持ちを歌った歌ですとか、奥様の繁美さんへの曲ですとか、はたまたイギリスの詩人メアリー・シェリー、パーシー・ビッシュ・シェリーのどちらかという説。 歌詞全体を読むとどれも違って読めます。 母親に対してだったら少し異常な様な気もしますし、 繁美さんとは出会っていないときに発表されていますし。 詩人に至っては 転がり続ける 俺の生きざまを 時には無様なかっこうでささえてる シェリー 優しく俺をしかってくれ そして強く抱きしめておくれ おまえの愛が すべてを包むから この部分で違うかな、と。 実際、尾崎豊がシェリーのモデルを明言していません。 ただ、奥様の繁美さんによると 「尾崎豊がお付き合いしていた元・交際相手」 という話があるようです。 それがもし本当であるならば、よほど思い入れのある女性だったのでしょうね。 また、尾崎豊と交流のあった知人からは「高校生の時にお付き合いしていた女性である」という証言もあるようです。 しかし、本当のことはこれから先も明らかになることはないでしょう。 若くして苦悩し前に進む もし元・交際相手だったとしたら、よほど悔いの残る別れ方をしたのでしょう。 そして、その彼女に懺悔するかのように、今の彼の現状を訴え、許しを願っているかのように聞こえます。 しかし救済を願っている訳ではなさそうです。 苦悩し、後悔し、それでも前に向かって進んでいく姿が目に浮かびます。 苦しみながらそれでも歌い続ける、シェリーは尾崎豊がどんな人間なのか、その内面を一番強く映し出されている名曲かもしれません。

次の

尾崎豊 ダンスホール 歌詞&動画視聴

尾崎 豊 ダンス ホール 歌詞

1985年3月21日リリースの2枚目のアル バム「回帰線」の収録曲で、11枚目のシ ングル「I Love You」のカップリング 曲です。 既にデヴュー前には創られていた曲で、 オーデションでも歌われたことでも有 名です。 また1982年6月6日に起こった新宿のデ ィスコから女子中学生2人が連れ去られ 暴行された事件をモチーフにしていると いうことでも知られていますね。 1980年代前半は今のうようにインター ネットもスマホもない時代で、人と繋 がるには、外に出ないといけませんし、 加えて発散するためには、ディスコや ゲームセンターに行くことなどが、若 者の大半だったのでしょう。 だから誤 解を恐れずに言うと、そういう場所が 不良の溜まり場になることも多かった でしょう。 そんな時代を背景にして出来たのが、 この「ダンスホール」です。 背伸びす る若い女の子のダンスホールではしゃ ぐ様子や、でも実際は辛い内面を歌詞 にしてありますね。 女の子が「 気取って水割り飲みほして 慣れた手つきで 火をつける」という歌 詞からは、精一杯大人ぶっている様子 が伺えます。 でもただ、大人びた振りをしているだ けでなく、「 こんなものよと 微笑んだ のは たしかに つくり笑いさ 」、「少 し酔ったおまえは 考えこんでいた」、 「 金がすべてじゃないなんて きれいに は言えないわ」という歌詞からは、若 いわりに苦労や辛酸を舐めてきたんだ なと感じさせられますね。 そして「 あくせくする毎日に 疲れたん だね 俺のが胸で眠るがいい そうさおま えは 孤独なダンサー」と、女の子の生 きる事の辛さや孤独感を理解してあげ ている優しい感じが、よく出ています。 尾崎豊の温かく見守ってあげる、大人 の包容力のようなものが感じられる歌 詞だと思います。

次の