不動産営業 年収。 賃貸営業の給料。こんな感じでしょ。

不動産営業の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

不動産営業 年収

実は稼げない?不動産会社の平均年収は・・ DODAの転職者データの発表によると建設/プラント/不動産 全体の平均年収は 418万円とされています。 建築・プラントの年収を差し引き、正確に不動産の業種だけの平均年収にすると以下の通りになります。 平均年収 不動産管理 418万円 不動産金融 486万円 不動産仲介 400万円 土地活用 447万円 住宅ハウスメーカー 428万円 合計 435. 8万円 建築・プラント業界の年収を抜くと、若干は高くなりましたが、日本の平均年収と比較しても驚くほど高くないですよね。 全業界平均年収 不動産業界 420万円 435. 8万円 不動産会社の求人票を見ると• 1,000万円プレーヤー多数• 20代で年収3,000万円達成 といった会社も多いので、不動産業界の意外と低い平均年収を知るとビックリする方も珍しくありません。 不動産業界の平均年収400万円台の理由を紐解いてみた さていよいよ不動産業界の 平均年収が435. 8万円の理由を紐解いていきたいと思います。 まず不動産会社と聞くと、営業マンが注目されがちですが、 年収調査は 不動産従事者全員が対象となります• 営業職• マーケティング職• 事務職• アシスタント職• 経理職• クリエイティブ職 と様々な職種の平均年収であることはいうまでもありません。 では営業マンだけであれば平均年収がグっとあがるかといえばそんなことはありません。 不動産営業マンの平均年収は2:6:2の法則で説明がつきます。 みなさんは 2:6:2の法則をご存知でしょうか。 2:6:2の法則は、• 生産性が高く・会社への貢献度が高い人材2割• プラスでもマイナスでもない人材6割• 生産性が低く、会社にとってマイナスの人材2割 と、自然発生的に上記のようなグループ分けになることを指します。 豆知識 2:6:2の法則は「パレートの法則(8:2の法則)」の派生であるという説があります。 実際に不動産営業マンの平均年収も 2:6:2の法則で説明がつきます。 注目されているのはいつも上位2割の年収です。 上記の表はあくまでも例ですが、決して非常に極端な例ではありません。 中小の不動産営業マンは「基本給が低く設定されている」ケースが多く、中には「完全歩合(フルコミッション)」の会社もあるので、売り上げがまったく上がらず、年収200万円台の営業マンはたくさんいます。 特に地方に行くと最低賃金も低いので、不動産の営業マンといえども稼いでいる人は稀な存在といえるでしょう。 【参考】ある不動産仲介営業マンの年収 今年の年収は300万円程度です。 不動産は営業力もさることながら、かなり案件に依存しますので運も大切な要素だと思います。 ちなみに昨年の年収は650万円程度です。 不動産業界は数字をあげてナンボの世界ですので、その年によって年収にかなりばらつきが出るのも特徴といえます。 大手不動産会社の年収が高すぎる 不動産会社の平均年収は2:6:2の法則の説明がつきます。 しかし不動産業界の年収が高いというイメージは「大手不動産会社の年収が高いため」というのも覚えておいたほうがいいでしょう。 プレジデントオンラインでは証券取引所に登録され、不動産業に分類されている企業127社を対象に平均年収をリサーチしました。 トップ5は以下の通りです。 平均年収 ヒューリック 1,530万円 日本商業開発 1,368万円 三菱地所 1,229万円 東急不動産HD 1,194万円 三井不動産 1,112万円 平均年収高すぎますよね。 全国に 宅地建物取引業者は120,000社ありますので、こうした企業は一部であることを理解しないと、不動産業界がとにかく稼げるというイメージだけが先行してしまいます。 中小不動産会社でも営業力を磨けばしっかり年収を上げることができる とはいっても中小企業が年収がただ低いのかといわればそんなことはありません。 営業力を磨けば年収1000万以上は目指せます。 大手は「固定給は多い」ですが「インセンティブは低い」ので、 青天井で稼ぎたいのであれば、中小不動産のほうがはるかに可能性があります。 不動産業界で働いて、高い年収を目指すことは中小企業でも十分に可能ですので、他社の平均年収を気にせずしっかりと地に足をつけて営業スキルや経験を積む必要があります。 まとめ 今回は「不動産業界は稼げない?平均年収400万円台の理由を紐解いてみた」というテーマでご紹介いたしました。 話がいろいろと横道にそれた部分もありますので最後にまとめたいと思います。

次の

不動産業界は実は稼げない?平均年収400万円台の理由を紐解いてみた

不動産営業 年収

まずは、不動産業界の平均年収を調べると共に、他の業界と比べて年収が高いのか、低いのかを確認してみたいと思います。 順位 職種分類 全体 男性 女性 1位 IT/通信 461 488 391 2位 総合商社 461 510 375 3位 メーカー 456 489 366 4位 メディカル 450 529 363 5位 金融 446 535 365 6位 建設/プラント/不動産 418 449 344 7位 インターネット/広告/メディア 412 451 365 8位 専門商社 406 438 341 9位 サービス 376 411 332 10位 小売/外食 355 388 308 その他、紹介されている業界の中では 10業種中6位という結果でした。 不動産に関しては平均より下という結果になってしまっていますが、営業職を希望される方は成績次第でもう少し高い給料を貰える可能性があります。 それぞれについて、簡単な業務内容と合わせてご紹介していきたいと思います。 不動産金融 最も給料が高かったのが不動産金融のお仕事です。 一口に不動産金融と言っても仕事の幅は広いですが、主に投資用マンションの販売などが該当します。 扱う金額が大きくなることから、 平均年収は群を抜いて高い結果となりました。 なお、年代ごとの平均年収は以下の通りです。 20代:400万円• 30代:587万円• 40代:727万円• 50代:データなし ディベロッパー 2番目に平均年収が高かったのがディベロッパーです。 マンションや商業施設を開発する仕事で、特に財閥系のディベロッパーは 新卒で東大、京大卒レベルでないと厳しいレベルの難度の高さです。 20代:400万円• 30代:587万円• 40代:727万円• 50代:~701万円 土地活用 3番目に平均年収が高かったのが土地活用のお仕事です。 土地を持っている地主さんに対し、 賃貸用マンションや老人ホームの建築などを提案します。 こちらも取り扱う金額が大きいことから、平均年収は高くなっていますが、実際の年収は成績次第です。 20代:381万円• 30代:506万円• 40代:540万円• 50代:~645万円 ゼネコン、サブコン 4位にランクインしたのがゼネコン、サブコンです。 大規模な商業施設やマンションなどを設計、施工します。 ディベロッパーと同じく、安定性が高い業種です。 20代:370万円• 30代:465万円• 40代:532万円• 50代:~602万円 ハウスメーカー 住宅の設計、施工を行います。 営業職であれば 成績次第で大きく年収を伸ばせます。 一方、設計職など他の職種では平均年収程度の年収を得ることはできますが、歩合で大きく増えることはありません。 20代:369万円• 30代:480万円• 40代:538万円• 50代:~558万円 設備管理/プラント 設備やプラントの管理を行う仕事です。 ゼネコンやハウスメーカーなどに対する営業等を担いますが、他の不動産営業の仕事のように歩合が大きい給与制度にはなっていないのが一般的です。 20代:361万円• 30代:453万円• 40代:502万円• 50代:~621万円 建設コンサルタント 建物を建築する際、ゼネコンやハウスメーカー、設計事務所等に対して 技術アドバイスをするお仕事です。 技術を極めていけば手に職をつけることができるでしょう。 20代:354万円• 30代:430万円• 40代:511万円• 50代:~592万円 不動産管理 オーナーから預かった 賃貸マンションの管理や 分譲マンションの管理組合に対して助言などを行う仕事です。 土日休みで残業もあまりないことが多く、年収も低くはありませんが、他の不動産営業の仕事と比べると歩合で大きく給料が伸びるといったことはありません。 20代:349万円• 30代:449万円• 40代:497万円• 50代:~518万円 不動産仲介 買主と売主の間にたって売買契約をまとめる仕事で、物件価格に応じた仲介手数料の累計額によって給料に大きな差が出るのが一般的です。 20代:353万円• 30代:456万円• 40代:503万円• 50代:~506万円 設計事務所 住宅やマンション、施設などを設計する仕事です。 技術職のため、頑張り次第で給料が大きく伸びるといったことはあまりありません。 20代:323万円• 30代:421万円• 40代:488万円• 50代:~549万円 設備管理/メンテナンス 建物の設備管理やメンテナンスを行います。 年齢を重ねてもあまり給料に違いがありません。 20代:336万円• 30代:406万円• 40代:444万円• 50代:~437万円 内装/インテリア/リフォーム 建物の内装やインテリア、リフォームをする仕事です。 営業職の場合、成績次第で歩合がつくこともありますが、他の不動産の営業職と比べて扱う金額が小さくなることが多く、大きく収入を伸ばすことはできない会社もあります。 20代:325万円• 30代:405万円• 40代:470万円• 50代:~516万円 不動産業界で高収入を得られるかどうかは努力次第 不動産業界の平均年収は、 全体で見ると平均以下であることが分かりました。 ですが、不動産金融や土地活用の仕事やハウスメーカー、不動産仲介の営業職であれば、 成績次第では20代で年収1,000万円を達成することも珍しくありません。 また、ディベロッパーやゼネコンに就職すれば比較的高い年収を安定して受け取ることができますが、就職することが難しいのが一般的です。 以上のように、ご自分の興味のある仕事について、 イメージだけでなく、実際の仕事内容と平均年収を把握しておくことが大切です。

次の

不動産で副業するなら?営業が良い理由と年収1000万の稼ぎ方 | 副業・兼業.com

不動産営業 年収

斬新な働き方 不動産営業として長く働くための スタイルには色々とあります。 その中で、「 平凡な営業マンに徹する」という スタイルについてご紹介しておきたいと思います。 頑張った結果が平凡なのではなく、一度実力をつけた人が意図的に平凡に徹するという働き方です。 『 能ある鷹は爪を隠す』というプレイスタイルです。 大手不動産会社には、このような スタイルで働く人が結構いました。 わざわざ実力を温存する理由には、以下のような複数の要因があるようです。 年齢的に仕事量を抑えたい• ノルマさえ達成すればいい• トップになる夢を叶え終わった• お金が貯まったので、適度な年収で良い• 体力的にしんどくなった このスタイルの仕事量 悪く言えば、 ハングリー精神の衰えといったところでしょうか。 それでも、基本的な技術は高いので、平均的な成績は比較的簡単に出せます。 私は、平凡な業績しか出さない営業マンには、2種類いると思います。 能力的にそれ以上伸びないタイプか、あえて平凡に働く 能ある鷹タイプです。 両者を比べても、仕事量としては 能ある鷹タイプの方が少ないはずです。 顧客選別ができ、最短手順で契約まで到達できるからです。 ですから、仕事量としてはかなり余裕が出るでしょう。 見た目は暇そうにしていますが、それなりに売るので会社としても手放せない存在なのです。 スポンサーリンク このスタイルの年収は? 平凡な成績とは、建売の契約本数で言えば、年間に10本前後の人達です。 年収については、基本給と歩合の設定によってかなりの幅が考えられますが、ざっくりとした平均で言えば、 400~550万円位だと思います。 年収に幅がある理由は、歩合率が各社で異なるためです。 週休二日で、一日の大半を自由に外出しているような働き方ですから、普通の会社で勤めるよりは割が良い報酬ではないでしょうか。 もう少し稼ぎたいと思えば、しばらく本気で営業活動をし、 600~700万円位のレンジまで上げられる人達だと感じます。 ずっと全力で走り続けるのは大変な事なので、ある意味で賢い働き方です。 管理職になりたくないと考えるタイプも、このような スタイルに落ち着くのではないかと思います。 仕事量的にも、年収600万円を超える辺りからハードになり、休日出勤等も発生してくるターニングポイントだと感じます。 仕事量の調節方法 大手不動産会社では、反響の質が比較的に良い為、仕事量の調整がしやすいです。 例えば、可能性の低い反響や、時間のかかる案件を避けることができるのです。 経験と実力が無い人は、手当たり次第に対応するのでしょうが、 能ある鷹タイプの人達は、『 選別眼』も持っているわけです。 しかも、かなり正確な眼力を持っています。 また、中には、 エンドユーザー案件ではなく、 仕入れ業者へ土地を紹介する業務に専念する人もいます。 契約の規模が大きいと、数億円の取引になりますので、一戸建やマンションを売るよりも効率が良いのです。 一年に数本の契約でも、十分な売り上げになる事がありますので、かなり効率が良い働き方です。 経験とコネが必要ですが、仕事量としてはミニマム化できます。 スポンサーリンク 高収入の営業マンとは トップ営業マンにも様々なレベルがありますが、最も稼いでいる層のグループは、年収1,000~1,500万円位が平均値になると思います。 物件価格が高いエリアでは、2,000万円前後の人もいるでしょう。 このようなクラスへのステップアップをするためには、基本的なことを全てマスターし、そこから小さな差を積み重ねるイメージです。 不動産営業のスキルとして、「 嘘をつく能力が必要」等と言う人もいますが、全くのデタラメです。 トップ営業に対して、騙して売るような心無い営業マンを想像する人は、この業界を知らない人だと思います。 もしも、そんな営業マンがトップだとしたら、その店のレベルが低いだけの話です。 そのエリアや企業グループ全体等のような、もう一つ大きなカテゴリーでは「 普通な成績の営業マン」に分類されるだけの人達だからです。 年収1,000万円を超えるような不動産営業になりたい人は、このクラスの人達のアドバイスやノウハウを学ぶことが重要です。 それ以下のレベルの人達から指導を受けても、大きなカテゴリーで勝てるノウハウは得られないはずです。 まとめ 平凡な成績で働いている営業マンはたくさんいますが、彼等は2つの グループに分けることが出来ます。 記事中でもご紹介したように、手を抜いているだけの場合があるからです。 全力を出して、やっと平均的な成績しか出せない場合、精神的にも肉体的にも厳しくなります。 長い期間、そのような状態から抜け出せずにいると、この仕事がきつく感じて辞めてしまう人も多いようです。 では、私が営業時代に培ったノウハウを少しずつ記事にしてきました。 高年収を目指して頑張りたいという人は、参考にしてみてください。 参考記事「」.

次の