ばんこくじじい。 バンコクジジイのたわ言より転載 ( アジア ): 気ままな時

ニワウルシ??: 雨が降って

ばんこくじじい

今後の国際経済の方向性を占う。 金・銀本位制復活と円のデノミネーションへ。 国際的な金融、投資、株、金銀・ウラン・パラジウムなどの希少価値・貴重資源の動向なども扱う。 Ron Paul, the Texas Republican congressman, a graduate of Duke University Medical School, 1988 presidential candidate and author of the best-selling 2009 book End the Fed nominated Ron Paul as the chair of an important sub-committee of the House Financial Services Committee, namely the sub-committee on domestic monetary policy and technology, which scrutinizes US monetary policy. Paul, a well-known libertarian, belongs to a school of thought that rejects Keynesian economics, and abhors fiscal deficits and a government that polices the world. He supports the market mechanism, including for interest rate determination, supports bankruptcies, and dislikes bailouts and moral hazards, advocates the gold standard and a safe and stable dollar, and is critical of the law that banishes the use of gold in domestic circulation. 画像は、「聖旨金牌、乾隆通寶」 巨乳の政治学 巨乳 提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 1989年頃よりよく使われるようになった(風俗:俗語)。 それまでは「ボイン」「デカパイ」などと言われていた。 巨乳は現代、造語であり俗語である事から、乳房の大きさにおける尺度は使用者によってまちまちであり、基準を規定する事は困難である。 以前はDカップでも巨乳と呼ぶ場合もあったが、日本のブラジャー表示の基準変更や女性の胸に対する意識の変化 胸の大きさを強調することを羞恥とせず、むしろ積極的に誇示する者が増えた もあって[1]、現在のところ、Eカップ、あるいはFカップ以上の乳房(胸)をさす事も多くなったものの、明確な定義はない。 kaisetsu. 19일오후9시에SBS뉴스추적에서는'나는DJ의딸입니다'란제하의제목의보도를했다. 그과정에서김대중전대통령에게숨겨진여인과딸이있었고그숨겨진여인과딸의입막음을하려고진승현씨의불법적인자금2억원이건네졌다는보도는일파만파의파장을일으키고있다. 보도를본모씨는"당시진승현사건을수사마무리하면서'특수사업'에사용되었다는2억원의행방이국가를위한'특수사업'에사용한것이아니고당시대통령이지만일개인을위한사사로운곳에사용하였다는것이되어그돈은환수되어야마땅하고또국가기관인국정원이대통령개인을위해직접적으로개입되었다는것이기에이또한지난김대중정부였던국민의정부는지탄받... 나의아버지김대중당신이그립습니다 '미네르바'박대성"정부전복위해자살하라는사람있었다" 입력2011. 0718:38 수정2011. '미네르바'박대성"정부전복위해자살하라는사람있었다" ノルウェーのノーベル賞委員会は2010年10月8日、「長年にわたり、非暴力の手法を使い、中国で人権問題で闘い続けてきた」として、中国の民主活動家で作家の劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏(54)に10年ノーベル平和賞を授与すると発表した。 同委は、世界第2の経済大国となった中国が、人権問題でも国際社会で責任ある役割を果たすよう強く求めた。 中国政府は劉氏への授与決定を伝える衛星放送を遮断、外務省が「賞の趣旨に反し、平和賞を冒とくする」との談話を発表するなど強く反発した。 中国の民主活動家、劉暁波さん(54)のノーベル平和賞が決まった8日夜から、中国政府は厳しい報道統制を敷いたが、ネット上では国内外の民主活動家や支持者らが歓喜の声を上げた。 一方、在外の留学生らからは「中国への外圧だ」と反発も広がった。 授賞決定の直後から、中国の大手検索サイト「百度」で「劉暁波」と入力すると、「法律と政策により、検索結果を表示できません」と当局による封鎖を示すメッセージが出るようになった。 しかし、民主活動家らが当局の規制をかいくぐって情報交換しているツイッターには、喝采を叫ぶ書き込みがあふれた。 ノーベル平和賞候補にも名が上がり、現在も収監されている活動家、胡佳さんの妻の曽金燕さんは「彼のため、中国の公民社会のためにうれしく思う。 暁波とその他の良心犯(良心に従い、政治犯となった人々)が早く釈放されることを望む」と書き込んだ。 別の人権活動家は「電話がやまない。 ふだん(政治に)ものを言わない人の間にも知らせが駆けめぐっている」と興奮を隠さなかった。 ノーベル賞委員会について「中国が圧力を加えれば加えるほど、劉暁波に賞を授けようとした」「中国人が未来に進むチャンスをくれた」と、たたえる声も相次いだ。 中国民主化運動への共感が市民に息づく香港。 有力紙「明報」のサイトには「(劉氏は)闘士で巨人だ」「中国人の権利への貢献と犠牲に感謝」と、授賞を歓迎する書き込みが多く寄せられた。

次の

Economic Trends Research » 2019 » Januar

ばんこくじじい

「海外生活ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順• アミール・カーン(Amir Khan、男性、1986年12月8日 - )は、イギリス(イングランド)のプロボクサー。 パキスタン系のムスリム。 現WBA・IBF統一世界スーパーライト級スーパー王者。 17歳でアテネオリンピックで銀メダルを獲得し、「天才ボクサー」と呼ばれるイングランドの人気選手。 2010年1月、ゴールデンボーイ・プロモーションズと契約したことが発表された[3]。 2010年5月15日、アメリカデビュー戦となった王座防衛戦で元IBF世界ライト級王者ポール・マリナッジ(アメリカ)と対戦し、11回TKO勝ちで2度目の防衛に成功した[4]。 2010年12月11日、ラスベガスのマンダレイ・ベイ・イベント・センターにて暫定王者マルコス・マイダナ(アルゼンチン)と3度目の防衛戦を行い、1回の終了間際にボディブローでダウンを奪って優位に立つものの、終盤でマイダナの猛追撃を受けて10回にはストップ寸前まで追い込まれるが、前半のリードの甲斐もあって3-0 114-111、114-111、113-112 の判定勝ちを収めて3度目の防衛と王座統一に成功した[5]。 2011年4月16日、故郷イギリスのマンチェスターにて、同級4位で無敗の挑戦者ポール・マクロスキー(イギリス)と4度目の防衛戦を行い、6回負傷判定勝ち(ジャッジ三者ともに60-54)を収めて4度目の防衛に成功した[6]。 2011年7月23日、ラスベガスのマンダレイ・ベイ・イベント・センターにて、IBF世界スーパーライト級王者ザブ・ジュダーと対戦。 序盤から優位に試合を進めて5回終盤に右ボディブローでジュダーからダウンを奪ってそのままKO勝利し、WBA王座5度目の防衛に成功するとともにIBF王座を獲得した(WBAの規定によりスーパー王者に昇格) 2011年12月、ピーターソンにスプリットで敗北• ボブ・アラム(Robert "Bob" Arum、1931年12月8日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン生まれのプロボクシングプロモーター。 1981年9月16日に行われた、シュガー・レイ・レナードvs. ニューヨーク州立大学を卒業後、ハーバード・ロー・スクールで法学を修めたエリートで、1966年、プロモート業に乗り出すまでは司法省の企業担当弁護士として企業の脱税問題や独禁法にからむ問題を担当していた異色のキャリアの持ち主である。 スキャンダル続出のドン・キングに比べ一見トラブルの少ないイメージがあるが、海千山千の業界を生き残ってきたことからも分かるようにトラブルも少なくなく、過去に傘下の選手から何度もプロモート権やマネージャーの権利やファイトマネーなどめぐって裁判沙汰になったことがあり、さらに前述のオスカー・デ・ラ・ホーヤも途中、彼の主催するトップランク社から離脱している。 マイク・タイソンを育て上げた名トレーナーカス・ダマトは「北半球で最低な男」と罵倒するほど彼を忌み嫌っていた。 また、シュガー・レイ・レナードの専属マネージャーだったマイク・トレーナー弁護士は、レナードの世界初挑戦の際に、王座獲得の場合に行う防衛戦について、格安の専属契約を押し付けられそうになった(トレーナーは交渉の末、これを拒否)件をきっかけに、アラムを毛嫌いしていた。

次の

[B!] 大事なのは中国を外す事。

ばんこくじじい

20日の血糖で久方ぶりに300超える。 反省ものです。 生活のリズムが変わってきているので新しい生活リズムとどのように向き合うかが課題です。 いまのところできていないのが現状です。 ここ一週間と7月20日の血糖の変動#1型糖尿病#血糖値 鈴鹿サーキットらしい面白い発想だと思いました。 どうせ検温をしなければならないなら来場客を楽しませようという発想は、特にこのようなレジャー施設では大切なことだと思います。 新型コロナウイルスの感染者が再び増えはじめて、以前にも増して暗い雰囲気が漂いつつありますが、そのような時だからこそ、人を楽しませることで暗い雰囲気を払拭することも大切なのだろうと思います。 今のご時世はなかなか難しいですけどね。 特に事業の継続に神経をすり減らしている企業の経営者などは、日々の糧をどうするかをまず心配しなければなりませんし。 ただそれでも、どうせなら明るくやって行くべきでしょう。 気を落としても新型コロナウイルスは… リング0 バースデイ(2000年) 基本情報 配給:東宝 監督:鶴田法男 出演者:仲間由紀恵、田辺誠一、麻生久美子、田中好子 映画の概要 世界中を恐怖に陥れた、ジャパニーズホラーの金字塔「リング」シリーズ。 その恐怖と呪いの根源である「山村貞子」の誕生の物語。 舞台は30年前の東京、ある小さな劇団。 公演を控えた彼らに起こった小さな異変、 それらはやがてさらなる恐怖と悲劇へと繋がっていく。 映画の感想 ジャパニーズホラーの最高峰であり、ホラーブームの火付け役 「リング」シリーズのひとつ。 貞子誕生の物語。 リングシリーズはたくさんあるが、私はこの「リング0 バースデイ」が 一番好きである。 なぜ… 朝刊、病院の清掃夕刊とこなす。 病院の清掃で休む日を間違えて遅れる。 休む日がまちまちだと間違えて遅刻してまうことがあるので注意が必要かもしれない。 夕刊を終えて19時くらいに業務スーパーで買い物をする。 主に野菜を買っていくがこのごろの長雨の影響か値段が上がっている。 しばらくこの状況が続きそうである。 20日の産経のオピニオンを読んでいると近現代史家で学習院大学教授の井上寿一さんが歴史に学ぶ感染症と社会の再考について書いている。 読んでいてスペイン風邪のころ、大正デモクラシーとの政府の対応の比較であるが、基本的には今も昔もそう変わりそうにないなと感じながらも読んでいた。 スペイン風邪のころも庶民の予防策は手洗いうがいマスク、政府の対策としては社会的な相互扶助と防疫活動、それほど変わり映えがあるわけではないなと感じる。 今は、... 付近にはフロート内から外へと泳ぐウミガメの姿。 抗議船の船員は「こんなにきれいな海に基地はいらない」と話した。 #辺野古#沖縄沖縄タイムス(琉球新報と並ぶ沖縄県の2大新聞の1つ)では毎日、辺野古・高江取材担当記者がその日の様子を記事に書いています。 ツイッターの今日の写真は、工事区域内からフロート(工事に抗議するカヌーや船を排除するための浮き具)を超えて、スイスイと泳ぐ大きな亀の姿でした。 人間には「入ったら危ないですから排除します」と、海上保安庁の職員がゴムボートでカヌーを追いかけまわし、ひっくり返して海に落とし、時には首を絞めたり、頭を水中に沈めたりしてそちらの方が、よっぽどアブナ... 「コロナは大きな基地リスク:沖縄」No. 3929 4月22日、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから60基の人工衛星が打ち上げられたのだそうです。 イーロン・マスク氏が率いるスペースX(エックス)社が打ち上げた衛星で、4万2000基の衛星を打ち上げて、地球の周りに高速インターネット通信網を張り巡らす「スターリンク(Starlink)計画」の、7回目の打ち上げ。 21(火)姫田小夏:ジャーナリスト4月27日、中国南部の雲南省上空で、闇夜を等間隔で一列に飛行する物体が目撃された。 筆者は、スマホに送られてきた動画でその不思議な物体を見た。 物体は光を放ちながら、画面左から右に向かって、およそ30度の上昇角... 米・スペースX社のスターリンク衛星が、中国・ファーウェイの地上基地局を不用化 主に3月下旬から4月上旬にかけての、連続した降雨を「菜種梅雨」と言う。 菜の花が咲く頃に降るためこの名前がある。 梅雨のように何日も降り続いたり、集中豪雨を見ることは少ないが、やはり曇りや雨の日が多く、すっきりしない天気が何日も続くことが多い。 冬の間、本州付近を支配していた大陸高気圧の張り出しや、移動性高気圧の通り道が北に偏り、一方で、その北方高気圧の張り出しの南縁辺に沿って、冷湿な北東気流が吹いたり、本州南岸沿いに前線が停滞し易くなるために生ずる。 そのときには南岸に小低気圧が頻繁に発生し易くなるのも、また特色である。 そのため、西〜東日本太平洋沿岸部にかけていう場合が多く、北日本にはこの現象は見られない。 近年は、暖冬傾向及び、温暖化の影響もあり、菜種梅雨が冬に繰り上がるきらいがあり、気候の変動が懸念される面もある。 例としては、1990年(平成2年)2月は月の後半を中心に曇雨天続きで、東京での同・月間日照時間は僅か81時間しかならず、大暖冬を象徴するかのようだった。 また、1985年(昭和60年)には3月は月全体を通して関東以西の太平洋側地方では冷たい雨の連続で、東京では同年月での快晴日数は0(梅雨期である6、7月を除いては初のワースト記録)、日本気象協会発行の天気図日記では「暗い3月」と評される程であった。 その他、1988年(昭和63年)、1991年(平成3年)、1992年(平成4年)、1995年(平成7年)、1999年(平成11年)と3月が比較的長いこと曇雨天が持続した影響で、月間日照時間は北日本除いてかなり少なかったため、20世紀末にかけての3月は、「菜の花の上にお日様無し」、「行楽受難・鬼門の月」、「花見には 傘など雨具が 必需品」、「卒業式、終業式はいつも雨」などと不名誉なレッテルが貼られたこともあった。 その他、2002年(平成14年)、2006年(平成18年)には2月おわりから3月初めにかけて、南岸前線が停滞したり、朝晩中心に雨の降り易いすっきりしない空が続いて、お天気キャスターの一部では「菜種梅雨の走り? 」と評されたりもした。 リストラ教育とは、企業が従業員を解雇したい際、企業内教育の名目の元に従業員が自ら進んで辞職するような研修を行うことをいう。 なお、人権無視な手法が取り入れられパワーハラスメント(モラルハラスメント)に相当するため、現在は正式には行われていない。 これは、主にバブル崩壊後に企業をリストラする一環で、従業員の余剰が問題になった際に行われた。 通常、企業側は従業員を、法的あるいは社会的な問題行為を行った場合以外は、その本人の意思に反して強制的に解雇することは難しく、また本人も継続雇用を希望するため当然のことながら解雇は常識的にはできなかった。 解雇を強要するにあたり、従業員の資質に合わない部署への無理な配置転換や日勤教育なども行われたが、リストラ教育もまた過激な内容であった。 こんな感じて日々歩いています。 筋トレで筋力をつけないと。 869,30. 41C554. 814,30. 41553. 148,32. 076553. 148,34. 131C553... 7月21日の歩数#歩数記録 まずまず落ち着いている。 夜に低血糖。 平日は血糖が下がりやすいので捕食のタイミングが難しい。 869,30. 41C554. 814,30. 41553. 148,32. 0765... 7月21日の血糖の変動#1型糖尿病#血糖値 朝刊夕刊をこなす。 午前中はオフなので書き物などをこなして過ごす。 塾の日であるが、生徒がこなかったりで休講となる。 産経の21日の社説では特措法の改正について触れている。 これはこのごろのコロナの感染拡大が歯止めが効かなくなってきているのでより強制力を求めての特措法の改正なのかもしれない。 今回の特措法は、国と都道府県との整合性がうまくいっていないことがある。 整合性をどう調整するか、店に対しての休業要請、保証をどうするかに尽きるように考えられる。 経済活動をつつけながら、防疫もやっていかなくてはならないのでいろいろ試行錯誤が今後も続くと思われる。 いまのところ、どれがいいのかは見えてきていない。 日経はオピニオンで、英エコノミストの中国株式会社とどのように向き合うかを論じている。 英国でのファーウェイ排除など、中国を排除してい... 7月21日の日記#特措法改正#中国株式会社 ホームレスとは、狭義には様々な理由により定まった住居を持たず、公園・路上を生活の場とする人々(路上生活者)、公共施設・河原・架橋の下などを起居の場所とし日常生活を営んでいる野宿者のこと。 広義には、一時施設居住や家賃滞納、再開発による立ち退き、ドメスティックバイオレンスのため自宅を離れなければならない人など住宅を失う危機にある人のこと。 日本では狭義のホームレスは、「浮浪者」と呼ばれていた。 しかし、「浮浪者」という言葉が差別的であるとして放送禁止用語に指定されたことにより、「ホームレス」という単語で呼び替えられることになった。 近年では更に「野宿生活者」「野宿者」という呼称も使われるようになっている。 なお、広義のホームレスは「野宿者」より広い意味で使われ、「ネットカフェ難民」や「マック難民」と呼ばれる人々、車上生活者も含まれる。

次の