猫 雑種 種類。 【猫の種類】ミックス・雑種の種類8選!~日本で一番飼育されている猫の性格・魅力を紹介~

雑種|白猫の性格、飼い方

猫 雑種 種類

日本には多くの猫がいるけどその多くは雑種ってホントなの?雑種といっても種類がいっぱいでどんなのがいるの?実際に飼うとき選ぶ基準にしたい! こういった疑問にお答えします。 本記事では、雑種の猫の種類や性格などを解説していきます。 いま日本にいる猫の多くが雑種だとされています。 ペットショップやブリーダーが販売している多くは純血統の物ですが野性や保護施設の猫は大半が雑種猫です。 なので、野性や保護施設から保護する場合はしっかりその猫の特性や性格などをしっかり把握したうえで選別する必要があります。 本記事で分かること• 雑種の種類• 個々の性格• 雑種猫の迎いれ方 これから猫を飼おうと思っている人に参考にしてもらえると思います。 それでは本文に参りましょう。 雑種ってどんな猫? 雑種の猫とは、2種類以上の異なる種類の猫を掛け合わせた猫を指します。 雑種でも、 「ミックス猫」「交配種」「異種交配種」「交雑種」などと呼ばれることもあります。 ただ、「雑種=野良猫」というイメージが強いかもしれませんがそんなことはありません。 日本で飼われている多くは雑種猫 現在の日本では900万頭以上の猫が飼われており、その 8割ほどが雑種猫だとされています。 日本に雑種猫が多くいる理由は諸説ありますが、もともと日本に土着していたキジトラ猫や三毛猫などが中国から来た猫との交配で雑種が多く関係しているそうです。 ほかにも、他国から来た猫との繁殖で雑種といっても様々な種類の猫が存在しています。 このことから雑種の猫をが多い日本では野良猫や保護施設から引き取る家庭が多く、引き取り先で子猫が生まれまたほかの家庭へというサイクルから日本で雑種が飼われている数が多い理由です。 雑種猫の種類 雑種猫にも多くの種類があり、柄や性格も千差万別です。 雑種の主な種類は7つで下記の通りです。 灰色猫• 茶トラ猫• キジトラ猫• サバトラ猫• 三毛猫 白猫 容姿:全身が白色の被毛で毛並みも柔らかく触り心地がいいのが特徴です。 性格:落ち着いてクールな性格ですが気が強い一面も持っています。 黒猫 容姿:体全体が黒い被毛に覆われていて毛並みが柔らかく触り心地がいいのが特徴です。 おなかの部分などの一部が白などの他の色が少し混ざっている場合があります。 性格:黒猫は人懐っこく甘えん坊な性格の子が多くみられています。 動きも活発で遊ぶのが好きな猫です。 灰色猫 容姿:全体がグレーの被毛に覆われているのが特徴で、純血統種で言うと「ロシアンブルー」や「」などがあげられます。 短毛種で触り心地がいいのが特徴です。 性格:灰色猫は比較的穏やかで温厚な性格をしています。 また、自己主張が激しいためかまってちゃんが多いです。 茶トラ猫 容姿:被毛のほとんどが茶色で首からお腹にかけて白色の被毛が生えており、トラがらの模様が入っているのが特徴です。 性格:茶トラ猫は好奇心旺盛でやんちゃな性格をしています。 人懐っこい性格なので茶トラ猫を飼っている家庭も多いです。 キジトラ猫 容姿:色が記事と同じでトラのような柄をしていることからキジトラと呼ばれています。 キジトラ猫は日本の雑種の原型とされており、祖先のリビアヤマネコもこの柄だったとされています。 性格:日本にいる猫の多くはキジトラ猫だとされており、そのため人懐っこい性格や警戒心が強い性格と地域や育ってきた環境に作用されやすいです。 とはいえ、一般的には人懐っこい性格の子が多いとされ飼われている家庭も多くいます。 サバトラ猫 容姿:青みががかった灰色が魚のサバのように見え、柄がトラ模様の被毛をしているためサバトラと呼ばれるようになりました。 性格:基本的に几帳面で警戒心が強いため慣れるまでには時間がかかります。 ただ、気を許した相手にはとても人懐っこい性格になります。 三毛猫 容姿:三毛猫は名前の由来の通り、黒・白・茶色の三種類の被毛が特徴的です。 ただ、この柄はほぼメスで、オスで生まれる確率は少ないとされています。 性格:三毛猫は警戒心が強く臆病な性格の子が多いです。 心を開くまで時間はかかりますが、気を許すと人懐っこい性格になってくれます。 雑種猫はどこからお迎えすればいいの? 雑種の猫は一般的には以下の場所からお迎えすることができます。 保護施設(おすすめ)• 野良猫• 保健所 などがあげられます。 ペットショップやブリーダーは販売用に繁殖された純血統種を扱っていることが多いので雑種の猫を置いている場所は少ないので、 一般的には保護施設や里親から譲り受けるか野良の猫を保護するという形になります。 おすすめは保護施設から譲り受けることです。 なぜかというと、行き届いた保護施設であれば健康管理や衛生面でもしっかり管理してくれているので安全です。 また、 譲り受けるときアドバイスや今後の医療関係のことも説明してもらえるので安心できます。 なので、猫を飼おうと思っている人は一度、直接保護施設・保護シェルターや譲渡会に足を運んでみるといいかもしれません。 まとめ 今回は雑種の猫の種類や性格、お迎えする方法を説明してきました。 雑種の猫だけでも様々な猫が存在しています。 また、色や柄によって性格も千差万別なのでこれから猫を引き取ろうと思っている人は選ぶときの参考にしてみてください。 雑種の猫で人気なのは昔から日本に土着しているキジトラやサバトラ、白猫などが人気になります。 猫をこれから飼いたいと思っている人は、保護施設や譲渡会などに足を運んでみるといいですね。 また、里親募集サイトというものもあるので一度目を通すのもいいかもしれません。 また、保護施設から引き取る場合は必ず最後まで面倒を見れる覚悟なければあきらめた方がいいかもしれません。 保護施設の子は訳ありな子が多いので幸せにしてあげてください。 それでは今回はこの辺で。

次の

雑種の猫の値段はどれくらい?ペットショップで買えるの?|にゃんたんとあそぼ

猫 雑種 種類

・額にM字の模様がある ・目の周りを縁取っているアイライン ・目じりの脇にクレオパトララインが入っている ・しっぽの先端は白い などが茶トラの特徴でもあります。 目の色はゴールド・イエローで、肉球の色はピンクが多めですね。 毛の種類は短毛種・長毛種どちらも存在しています。 日本のCMや映画で採用率が高い猫は「茶トラ」なのですが…。 この茶トラ君。 実は海外で黒猫の次に人気がない模様なのだそうです。 少し残念ですね。 好奇心旺盛な茶トラだけど甘えん坊 そもそもトラ柄は野生の模様です。 性格は意外にものんびりとしているのが茶トラの可愛らしさ。 猫特有の「ツンデレ」がなく野良猫であっても人に懐きます。 やはり留守番が寂しいようで、帰ってくるとすり寄ってくる姿は愛らしいですね。 こうした甘えん坊な面はありますが、抱っこはせがみません。 そこは野生の猫といった形なのでしょう。 茶トラさんは、子猫の時はやんちゃですが、成猫になると比較的に大人しくなるので、飼いやすいのだと思います。 利口なので、飼い主の行動をすぐに理解をしますよ。 我が家の猫は、ケンカ上等で他の猫を追いかけています。 外猫であっても容赦はしませんし脱走癖もあります。 怒っているときは、飼い主であっても飛びかかってきますので、ケンカを避ける工夫が必要になってきます。 茶トラ猫のしつけは簡単 フレンドリーな性格ですので比較的に「しつけ」はしやすい猫です。 茶トラのオス猫は知能指数が低めとも言われていますのでマヌケと表現されることもしばしば。 どんくさいのですが、年齢を重ねていけば利口になっていきます。 物覚えが良いので、扉の開け閉めや人間がしていることは観察しています。 日本猫の標準体重は3~5キロ程度ですが、我が家の猫は6キロを超えていました。 これは茶トラだから太りやすいのではなく、飼い主の管理不足にあると感じます。 寝ている時間が多くなってくるので、太らないように管理することをオススメします。 茶トラ猫にもパーソナルカラーが存在する たとえば単純に「メス猫だから首輪の色はピンク!」と考えていませんか? パーソナルカラーとは個人によって似合う色が決まっていて、人の場合は身につけると第一印象が良くなると言われています。 人にもパーソナルカラーがあるように、猫の模様によっても似合う色と合わない色があります。 茶トラさんの場合は、 ベースがブラウンのため秋を連想するカラーが合うそうで、 温かみのある首輪をチョイスするとしっくりきますよ。 ・【 猫雑貨 招福 】 猫 首輪 セーフティバックル付 日本製 ハンドメイド 鈴付 M, 赤 外部リンク: 我が家のメス猫はこの柄の首輪をつけています。 ・ターキー NM パンサー柄猫首輪 オレンジ 外部リンク:ターキー NMパンサー柄猫首輪 オレンジ オス猫には、グリーンも似合います。 他にオレンジ、ブラウン、グレー、チャコールなどの色が似合います。 ・【 猫雑貨 招福 】 首輪 セーフティバックル付 安全ベルト 鈴付 クリスマス S, 緑 外部リンク: 茶トラと言えば!唐草模様。 秋を連想される色がしっくりくるのも理解できますよね。 ・【 猫雑貨 招福 】 日本製 猫 首輪 唐草 緑 セーフティバックル付 安全 鈴付 ハンドメイド M 外部リンク: 5、茶トラのメス猫はめずらしい? 茶トラは遺伝子によりメス猫が少ないと言われています。 このため 8割の茶トラはオス猫が占めているそう。 茶トラ同士を掛け合わせても「茶トラ」が生まれるケースは少ないのでメス猫は珍しいのです。 まとめ 猫好きであれば「茶トラ猫大好き!」といった方も多いですよね! 猫も人間と同じようにパーソナルカラーがあるので、模様にあわせた首輪でお洒落を楽しんでみてください。 猫の首輪には「迷子予防」「居場所の把握」といったメリットがあります。 今では鈴の音の違いで猫の区別までついています。 やはり子猫の時から癖がついていないと嫌がる猫もいますので、時間をかけながら首輪をつけるとよいでしょう。 タレント猫として活躍している人気者の茶トラ猫ですが、メス猫の確率が少なめですね。 雑種ですのでペットショップでは扱っていませんが、保護猫や里親で見つけたらぜひ検討してみてくださいね。

次の

猫の種類で長生きする品種は何?

猫 雑種 種類

雑種は、「種類が入り混じる」という意味を持ちます。 雑種猫は、その名の通り2種類以上の品種を繁殖させることにより生まれた猫のことです。 多くは地域の野良猫が自然交配することで誕生しますが、人間の手により意図的に作られた「ハーフ猫(異なる純血種を親に持つ)」、「ハイブリッド猫」として雑種と区別する場合もあります。 「雑種=野良猫」というイメージを払拭するためか、最近では雑種猫を「交配種(交雑種)」や「ミックス」と呼ぶことも多くなっているようです。 日本において、純血種と雑種の割合はどれぐらいなのでしょうか? 一般社団法人日本ペットフード協会の調査「」によると、日本で飼育されている猫の実に約78%が雑種猫であるという結果が出ています。 雑種猫が多くなる理由はさまざまですが、キジトラや三毛猫など、もともと日本に土着している猫が異なる猫との交配種であることや、保護猫を迎える人の増加などが指摘されています。 また、「異なる純血種同士を多頭飼育したことで、ミックス猫(雑種猫)が誕生した」というパターンも多いようです。 さらにミックス猫の子どもは、どんな交配パターンであってもミックス猫として生まれます。 純血種と比較したときの雑種猫のメリットとして、具体的にどんなことが挙げられるのでしょうか? 雑種猫の魅力のひとつが、体の丈夫さです。 純血種の場合、品種を確立する過程で遺伝が近いもの同士を掛け合わせて作るため、ある性質が強まり、遺伝的欠陥が現れるリスクが増えます。 一方の雑種猫は、異なる遺伝子の掛け合わせで生まれます。 そのため特定の遺伝的疾患を持ちにくく、結果病気にかかりにくくなるのです。 また体が丈夫であることから、純血種と比べて寿命が長くなる傾向にあります。 平均の15歳を超え、20歳近く生きる雑種猫は、決して少なくありません。 雑種猫の魅力のふたつめが、毛色や柄のバリエーションの豊富さです。 純血種の場合、特定の毛色が定められていることも多いのですが、雑種猫は毛色や模様に決まりはありません。 長毛、短毛、トラ模様、サバ模様、三毛猫……2頭として同じ猫は存在しないという、まさに「オンリーワン」の魅力があります。 品種にこだわりがないのであれば、自分の好みの見た目や性格で飼い猫を選べるのも、雑種猫のメリットと言っていいでしょう。 雑種猫の毛色について.

次の