横浜市給付金振り込み状況。 横浜市 特別定額給付金(10万円)申請書の発送開始 郵送申請の流れ・必要書類

6月末で4割給付 特別定額給付金、横浜市が見通し

横浜市給付金振り込み状況

2020年5月15日までに郵送を開始する市町村名の一覧• 南足柄市• 綾瀬市• 大磯町• 二宮町• 中井町• 大井町• 松田町• 山北町• 開成町• 箱根町• 真鶴( まなづる )町• 湯河原町• 愛川町• 清川村• 16日までにオンライン申請受付が開始している市町村名• 横浜市• 川崎市• 相模原市• 横須賀市• 平塚市• 鎌倉市• 藤沢市• 小田原市• 茅ヶ崎市• 逗子市• 秦野( はだの )市• 厚木市• 大和市• 伊勢原市• 海老名市• 座間市• 南足柄市• 綾瀬市• 葉山町• 寒川町• 大磯町• 二宮町• 大井町• 松田町• 山北町• 開成町• 箱根町• 真鶴町• 湯河原町• 愛川町• 清川村 神奈川県の管内市区町村数は33あるが、その中の14が15日( 金曜日 )までに郵送開始、16日( 土曜日 )までにオンラインによる受付けを開始している。 なお、オンライン申請にはマイナンバーカードが必要になるが、カードリーダライタが無くても、お手持ちのスマホやiPhoneで申請が可能だ。 神奈川県は郵便による申請書は、すでに14の地域で発送しているが、10万円の居給は開始されていない。 2020年5月15日までに郵送を開始する市町村名の一覧• 竹原市( 給付も開始 )• 三原市• 福山市• 大竹市( 給付も開始 )• 東広島市• 廿日市( はつかいち )市• 安芸高田市• 江田島市• 海田町• 熊野町• 安芸太田町• 北広島町• 大崎上島町• 16日までにオンライン申請受付が開始している市町村名• 広島市• 呉( くれ )市• 竹原市• 三原市• 尾道市• 福山市• 府中市• 三次市• 庄原市• 大竹市• 東広島市• 廿日市市• 安芸高田市• 江田島市• 府中町• 海田町• 熊野町• 安芸太田町• 北広島町• 大崎上島町• 世羅町• 神石高原町 赤文字は、すでにが給付が開始されている自治体となる。 5月15日までに郵送を開始する市町村は、23の内13、オンライン申請は16日の時点で全てが受付を開始している。 2020年5月15日までに郵送を開始する市町村名の一覧• 新島村( 給付も開始 )• 中野区• 練馬区• 青ヶ島村( 給付も開始 )• 武蔵村山市• 檜原村• 利島村• 神津島村• 御蔵島村• 16日までにオンライン申請受付が開始している市町村名• 千代田区• 中央区• 新宿区• 文京区• 台東区• 墨田区• 江東区• 品川区• 目黒区• 大田区• 世田谷区• 渋谷区• 中野区• 杉並区• 豊島区• 荒川区• 板橋区• 練馬区• 足立区• 葛飾区• 江戸川区• 八王子市• 立川市• 武蔵野市• 三鷹市• 青梅市• 府中市• 昭島市• 調布市• 町田市• 小金井市• 小平市• 日野市• 東村山市• 国分寺市• 国立市• 福生( ふっさ )市• 狛江市• 東大和市• 清瀬市• 東久留米市• 武蔵村山市• 多摩市• 羽村市• あきる野市• 西東京市• 瑞穂( みずほ )町• 日の出町• 新島村• 神津島村• 八丈町• 青ヶ島村• 小笠原村 東京23区を含む全62ある市町村のうち、15日までに郵送を始めた団体が9で、そのうち、新島村と青ヶ島村の2つが給付を開始している。 オンライン申請の方は、16日までに55区市町村が受付を開始しているが、6月上旬にずれ込む地域も有るとの報道が入ってきた!• 2020年5月15日までに郵送を開始する市町村名の一覧• 伊丹市( 給付も開始 )• 神戸市• 尼崎市• 南あわじ市( 給付も開始 )• 洲本市• 西脇市• 三田市• 淡路市• 猪名川町• 多可町( 給付も開始 )• 市川町• 16日までにオンライン申請受付が開始している市町村名• 神戸市• 淡路市• 尼崎市• 明石市• 西宮市• 洲本市• 芦屋( あしや )市• 小野市• 伊丹市• 相生市• 豊岡市• 加古川市• 赤穂市• 西脇市• 宝塚市• 三木市• 高砂市• 川西市• 三田市• 加西市• 丹波篠山市• 養父市• 丹波市• 南あわじ市• 朝来市• 淡路市• 宍粟市• 加東市• たつの市• 猪名川町• 多可町• 稲美町• 播磨町• 市川町• 福崎町• 神河町• 太子町• 上郡町• 佐用町• 香美町• 新温泉町 兵庫県の41市町村のうち申請書の郵送を開始したのは、まだ11団体のみだが、オンライン申請は全ての自治体が受け付けている。 むろん、「 いつ届くか 」は各地域や世帯ごとによって異なるので、一概に本稿での時期は特定できない。 カテゴリー• 171• 1 最新投稿5記事 アーカイブ•

次の

綾瀬と海老名で振込開始 特別定額給付金、1人10万円

横浜市給付金振り込み状況

現在、申請書が多数到着しており、 申請に必要な書類が揃い、記載内容が正しければ、早くて、受け付けてから3週間程度で振り込める予定です。 申請内容の確認が必要なものは、さらに時間がかかります。 市内には約182万世帯あります。 早期に返送いただき、受付センターに到着した場合でも、開封、内容確認、審査から給付までに作業時間がかかっています。 同じ日に投函された場合でも、到着時間が前後する等の事情により、振込が同じ日になるとは限りません。 ご理解をお願い致します。 振込日など個別の申請状況については、横浜市特別定額給付金コールセンターや金融機関、区役所・市役所へお問い合わせいただいても、お答えすることはできません。 振込後、振込の完了を通知するはがき(給付完了通知書)を送付しますが、お届けまでにお時間がかかります。 振込の確認をお急ぎの方は、ご指定の口座の通帳への記帳や残高照会等により、ご自身で振込をご確認ください。 (「ヨコハマテイガクキュウフ」と記載されます。 ) 給付件数 時点 申請受付件数 申請率 給付件数 給付率 郵送(6月9日振込開始) オンライン(5月28日振込開始) 合計 6月30日 約1,534,000件 約97,000件 約1,631,000件 89. 6% 約738,000件 40. 5% 7月2日 約1,562,000件 約97,000件 約1,659,000件 91. 2% 約869,000件 47. 7% 7月7日 約1,585,000件 約97,000件 約1,682,000件 92. 4% 約1,109,000件 60. 9% 7月14日 約1,604,000件 約98,000件 約1,702,000件 93. 5% 約1,421,000件 78. また、申請内容の確認が必要なものは、電話または書面にて修正等の依頼をさせていただきます。 このため、振込までお時間がかかります。 振込日などの個別の状況については、大変申し訳ございませんが、お答えいたしかねます。 【内容の確認の依頼をする例】• 世帯主名義の口座でない口座を指定している• 金融機関情報の誤り 口座番号、店番号間違いなど)• 申請上の世帯人数と基準日(4月27日)時点の世帯人数が一致していない• 世帯主以外の方のマイナンバーカードで申請した• 振込の確認をお急ぎの方は、通帳への記帳や残高照会等により、ご自身で振込をご確認ください。 (「ヨコハマテイガクキュウフ」と記載されます。 ) <振込の完了を通知するはがき(給付完了通知書)>• 申請書は、4月27日時点の住民基本台帳のある住所へお送りしています。 申請書が届いていない方で、住民票の住所と違うところに住んでいる方は、郵便局の転送サービスのお手続きをしたうえで、横浜市特別定額給付金コールセンターへお問合せください。 転送サービスは申込から手続き完了までに、お時間がかかりますので、転送サービスの申込日から1週間程度空けてからのご連絡をお願いします。 4月27日時点で横浜市にお住まいで、横浜市への転入届を4月27日以降に届け出た方などは、6月末頃から申請書を順次お送りしていますので、今しばらくお待ちください。 転送手続きをしている方は、郵便事情等により到着が遅れている可能性があります。 上記以外で、申請書が届かない方は横浜市特別定額給付金コールセンターへお問合せください。 お掛け間違いが増えておりますのでご注意ください。 大変申し訳ございませんが、電話がつながらない場合は時間をおいてご連絡くださいますようお願いいたします。 土・日曜日は比較的つながりやすい状況となっております。 (「〇秒ごとにおよそ〇円でご利用いただけます。 」という自動音声が流れる部分までは、料金は発生しません。 これは、電話が込み合っていてオペレーターにすぐにおつなぎできない場合、通話料をご負担いただくことがないよう、切電される仕様となっているためです。 ご理解のほどよろしくお願いします。 FAXでの申請はできませんのでご注意ください。 <本人確認書類の例> 運転免許証、健康保険証、旅券(パスポート)、マイナンバーカード、住民基本台帳カード(写真無し可)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、介護保険の被保険者証、療育手帳(愛の手帳)、年金手帳、在留カードなど、氏名と生年月日の分かる部分をコピーしてください。 <振込口座等の確認書類の例> 金融機関名・口座番号・口座名義人(カナ)が分かるもののコピー (通帳の表紙をめくったページ、キャッシュカード等) 5 返信用封筒を、ポストへ投函します。 <参考>返信用封筒に記載してある宛先 特別定額給付金のオンライン申請は、メンテナンスのため、以下の期間は行うことができません。 【メンテナンス日(予定)】 2020年7月23日(木祝)午前0時頃~27日 月曜日 午前0時頃(予定) オンライン申請に係るよくあるご質問はをご覧ください。 <入力内容に間違いがあった場合> のQ20をご覧ください。 1 申請期限 令和2年9月10日 木曜日 まで 2 振込について 令和2年5月28日から振込を開始しています。 横浜市がぴったりサービスからデータを取り込むと、以下のメールが届きます。 (申請時にメールアドレスを入力していない方は届きません。 ) --------------------------------- ** **様 「ぴったりサービス」をご利用いただき、ありがとうございます。 以下の電子申請データを申請先の自治体にて受領しましたのでお知らせ致します。 本申請に関するお問い合わせは、申請先までお問い合わせください。 特別定額給付金(受付番号*****) ---------------------------------• 入力内容に間違いがなければ、上記のご案内が届いてから1週間程度で振り込む予定です。 お急ぎの方は、通帳への記帳等、ご自身で振込をご確認ください。 3 オンライン申請の概要 マイナンバーカードをお持ちの世帯主(申請・受給権者)が、マイナポータル上の特別定額給付金申請画面から、世帯主の情報(氏名、生年月日、住所、電話番号)と世帯主以外の給付対象者全ての氏名、世帯主の金融機関の振込先口座等を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードして申請します。 電子署名により本人確認を行うため、本人確認書類の添付は不要です。 オンライン申請の詳細につきましては、下記のサイトをごご参照ください。 特別定額給付金ポータルサイトはこちら ぴったりサービスの操作(サービス制度・手続の内容を除く)に関するお問い合わせはこちら 0120-95-0178 ・オンライン申請の手続きを行うことができるのは、4月27日時点の世帯主です。 世帯主のマイナンバーカードのみで、申請することができます。 世帯主以外(ご家族など)のマイナンバーカードでは、特別定額給付金の申請はできません。 ・オンライン申請では、入力内容に誤りがあっても、入力されたデータがそのまま受け付けされ、申請者あてに受付完了のメールが自動送信されます。 ・申請の際、給付対象者である世帯構成員や口座情報の入力に間違いがあると、審査や訂正に時間がかかり、振込ができなくなる場合もありますので、ご注意ください。 ・マイナンバーカードの署名用電子証明書を読み込むため、ICカードリーダライタ又はカード情報を読取り可能なスマートフォンが必要となります。 給付対象者等に疑問がある場合は、送付された郵送申請用の申請書を参考にオンライン申請して いただくか、郵送申請のご利用をお願いいたします。 親族(配偶者、親、子、兄弟姉妹等)からの暴力や、性暴力被害、貧困その他の理由が複合的に重なるなどして、住民票のある場所とは別の場所に避難している方で、様々なご事情から令和2年4月27日(基準日)以前に、今お住まいの場所に住民票を移すことができない方は、一定の条件を満たしている場合、同伴者の分を含めて、今お住いの市区町村に特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取れるようにすることができます。 そのためには、今お住まいの市区町村の特別給付金担当窓口へ(横浜市にお住まいの方は、総務省や神奈川県の様式ではなく、必ずこちらの様式をお使いください。 )等を提出していただく必要があります(施設等に入所されている方は、施設の方にご相談ください)。 申出書のを参照してください。 今横浜市にお住まいの方の申出の手続きの詳細は 親族からの暴力等により避難されている方に関するよくあるご質問は、をご覧ください。 総務省・警察庁資料 横浜市・神奈川県警察.

次の

10万円給付金横浜市の申請はいつから?オンラインや期限、問い合わせ窓口についても

横浜市給付金振り込み状況

新型コロナウイルス対策として国が1人当たり10万円を支給する「特別定額給付金」の給付事業が全国の自治体で始まり、綾瀬市で13日、海老名市では19日から振り込みが始まった。 座間市は5月末の振込開始を予定している=5月20日起稿。 4月27日に財務部と市民協働部の職員ら17人による「特別定額給付金チーム」を立ち上げ、状況に合わせて全庁体制で職員を動員している。 5月7日に開始したマイナンバーカードによるオンライン申請は18日午後9時の時点で2458件を受理。 給付金のために開設したコールセンターでは1日あたり80から150件の問い合わせに対応している。 5月19日には、オンライン申請の878世帯(2200人)に対し計2億2千万円を振り込み、22日には第2回目の825世帯(2068人)に計2億6800万円を振り込む。 郵送申請用の書類は5月20日に発送を開始。 オンライン申請した世帯にも用紙が届くが二重の振込がないようチェック体制を強化する。 申請受付から2週間をめどに順次振り込むという。 企画政策課に特別定額給付金担当の職員5人を配置して事務作業にあたっている。 5月1日に開始したオンライン申請では17日時点で2895件を受理。 郵送分は22日に発送する。 17日までにオンライン申請をした世帯には郵送はしない。 オンライン分は5月末に第1回目を振り込む。 企画課内に「定額給付金担当」を設置し、職員11人、並任職員18人、派遣職員10人で事務作業にあたっている。 5月1日に開始したオンライン申請は17日時点で約1000件を受領。 申請書の郵送は13日に発送を開始し。 21日までに配布が完了する見通し。 オンライン申請者では15日付で658世帯(1652人)の振込が完了し、15日から給付を開始。 郵送分は25日から順次振り込む。 詐欺に注意 市や警察は特別定額給付金に便乗した詐欺への警戒を呼び掛けている。 これまでに3市で給付金に関連する被害は報告されていないが、総務省も当初から通帳やキャッシュカード、マイナンバーなどを渡さないよう注意喚起している。 座間警察署では「市の職員が電話や訪問で個人情報を引き出すことはない。 怪しいと思ったらすぐに警察へ通報を」と注意を呼び掛けている。

次の