困りごとトリセツ。 発達障害者の「私のトリセツ(取扱説明書)」

困りごとのトリセツを読んで、自分が何に困っているのか&対処法を知る

困りごとトリセツ

NHKは発達障害関連の番組が充実 この秋はNHKの発達障害関連の記事が充実 NHKは各メディアの中でも発達障害についての番組が多いです。 特にこの10月~11月は発達障害祭りじゃないか、と思うくらい発達障害についての番組が多い(多かった)です。 ここ最近のNHKの番組では以下の番組がありました。 「」 本日紹介したいのは映像番組ではなく、同じNHKでも、発達障害の当事者あるいは保護者などの体験談などを集めた、 というサイトのページです。 このサイトに このトリセツは、発達障害のある人が感じやすい「困りごと」を整理・解説し、当事者や周囲の人の体験談を集めたものです。 とあるように、様々なタイプの「困りごと」が整理して書かれています。 味、匂いに対する過敏、偏食• 感情をコントロールできない• 忘れ物が多い• 片付けられない• マルチタスクができない• こだわり• その他 と様々なパターンの困りごとが当事者あるいは保護者などの体験談として書かれています。 ほとんどの当事者の方なら「あっ私、全く同じこと体験したことある」ということがあるでしょう。 自分の体験の投稿できる また、このサイトにはがあって、自分の体験談を投稿したり、解決策などを書いたりすることができます。 他人の解決策を参考にすることで自分の問題が解決できたり、逆に自分の解決策を他人がシェアすることで他の当事者方の役にたつことがあるかもしれません。 こうやっていろんな解決策をしっておき視野を広げていくことは計り知れない利益をもたらすでしょう。 自分のトリセツを作り、他者に説明する道具として使う このサイトでは、自分自身のをPDFで印刷することもできます。 (印刷したあとにペンで記入するタイプなので、字を書くのが苦手な人は代筆してもらったほうがいいかもしれませんが・・・) これで、自分が何に困っているのか、他者にどのような配慮を望んでいるのか記入しましょう。 自分自身の「困りごと」を記入して周囲の人に見せて、周囲の人がその当事者のことを理解する手助けとする目的で使うことができます。 まだまだ発達障害に対する社会の理解は足りないのが現状ですが、この様なプロジェクトを通じて社会の理解が進むことを願っています。 また、このような「トリセツ」を受け取った学校関係者や職場の担当者は発達障害の人の困りごとを理解するきっかけとしてほしいです。

次の

困りごとのトリセツを読んで、自分が何に困っているのか&対処法を知る

困りごとトリセツ

当事者にありがちな経験のパターンを知る 最初は、最近、テレビ番組で発達障害をテーマに掲げてくれているNHK提供の「大人の発達障害」に関するサイトです。 大人の発達障害ってなんだろう?• 発達障害を生き抜くために• 相談窓口・支援団体 という構成が、まだ医療機関などに行ったことのない当事者の方には、そのまま今後の行動の方針になりそうです。 実際、Twitterやブログを見ていると多くの方が同じようなステップで支援につながり、自分独自の対策を模索するようになっていってるので、一読の価値がありますよ。 大人の発達障害とは何か、網羅的に知る 次は、発達障害の人向けの人材紹介や就労支援、発達障害者を受け入れる企業への人事コンサルなどを提供しているさんの「大人の発達障害」についてのまとめです。 補足:監修している医師は誰? アドバイザーとして「」院長の宮尾益知という医師の方が協力しているらしいです。 この方、NPO法人の「ギフテッド研究所」の代表者でもあるようなんですよね。 同研究所自体のサイトはないみたいなんですが、2015年くらいには高IQの発達障害児に対するセミナーを開いたりコメントを出したりしていたようです。 (下は、ギフテッドコースを持つ教育機関の「」のコース開設時の記事。 ) こっちのPDFファイルを見ると、事前入金9,000円、当日入金10,000円で「ギフテッド教育セミナー」を主催したことがあったようです(2015年3月の話)。 donguri-clinic. pdf 「ギフテッドの現場から」と題した講演会に参加していたのは、• 早稲田大学理工学術院 河合隆史教授• どんぐり発達クリニック 宮尾益知院長• かわばた眼科 川端秀仁院長• IGOコミュニケーションズ 安田泰敏理事長• 翔和学園 伊藤寛晃学園長 でした(肩書きは当時)。 あれ? ギフテッドの知能の発達や非同調的発達、また周囲に溶け込みにくいことに寄るメンタル ヘルスの問題といった重要なトピックについて語るべき心理屋さんが、なんとまあ一人もいないんですね……(困惑)。 (まあ、上述のサイトの内容に間違いはなさげなので、こっちのビジネスの件はとりあえずスルーしますか。 ) 発達障害にありがちな「困った!」への対処法を知る 先ほど挙げたNHKの発達障害特集に関連した 「困りごとのトリセツ(取扱説明書)」です。 実際の視聴者などの投稿内容を参考に、どのような対処法で楽になるのかがまとめられています。 自分では「みんなこんなものだろう」と思っていたことが、実は「発達障害に特有の困りごとだった」と気づく機会も得られそう。 また、特に職場などでの合理的配慮のために良い資料になりそうです。 全体的に目を通して 自分の傾向がわかったら「わたしのトリセツ(取扱説明書)」を作ってみては? 同サイト提供のPDFファイルをダウンロードしたり同じようなまとめを作ったりして、周囲の人に困りごとと対処法を理解してもらうと、便利かも。 (いわゆる「クローズ就労」のような、発達障害であることを他者に知られずに過ごしたい方はぜひ慎重に……。 nhk. pdf 自分がADHDであるかチェックする ADHD症状を軽減するための医薬品「ストラテラ」の製薬メーカーの日本イーライリリー株式会社の提供する 「大人のためのADHD. jp」にはADHDのチェックリストがあります。 多動と不注意のバランスなどがわかるので自分の特性を把握する第一歩になりますし、症状の度合いがわかるので医療機関を受診したら良いかどうか判断する際の参考にもなります。 公的機関の発達障害の紹介サイトは? 発達障害情報・支援センター 国立障害者リハビリテーションセンターの提供する「発達障害情報・支援センター」は、発達障害に関連した教育・福祉などの制度や、関連機関についての情報もまとめたポータルサイトです。 ちょっと説明が追いつかないくらいたくさん情報があります。 じっくり読み込みたいですね。 みんなのメンタルヘルス(厚生労働省) 厚生労働省の提供する、こころの病気の解説サイト「みんなのメンタルヘルス」の「発達障害」のページ。 発達障害の症状・治療がシンプルにまとまっています。 自治体の支援の参考に~東京都福祉保健局 障害者施策「発達障害」 発達障害であった場合に自治体で受けられる支援についてまとめたハンドブックなどがある、東京都福祉保健局のこちらのページもおすすめです。 また、それらの提供している発達障害者向けのプログラムも一覧が掲載されています。 都内や近県にお住まいで、「大人の発達障害を診てくれる、家から比較的近い医療機関はどこだろう?」と受診先選びに悩んでいる方には(たぶん)役に立つと思います。 ひとまずこんな感じですかねー。 わりと「概要」って感じに留まっているかもしれません。 ただ、当事者ブログめぐりをしたことのある方ならお気づきと思いますが、お住まいの地域によって利用できる医療や支援にけっこう幅があるんですよね。 詳細は、地域の当事者会や自治体・医療機関・支援機関に実際に赴かないとわからない、なんてことも十分あり得ます。 もし「地域限定だけど、こんなサイトも発達障害かなと思い始めた人に役立つよ!」というのがあったら、コメントかTwitterで sonoukeikoaddなどでお知らせいただけると助かります。 よろしくお願いいたします。

次の

NHKあさイチ「発達障害 困りごとのトリセツ」再放送や見逃し動画の配信を見るには?

困りごとトリセツ

【発達障害】適切な自己表現をアサーショントレーニングで習得しよう 『適切な自己表現』の意味が分からず、周囲とうまく関われない… 主張し過ぎても控え過ぎても問題になり、バランスのとり方に迷いやすい 発達障害は、主にコミュニケーションにおいて苦労を感じやすい障害と言われています。 「相手の気持ちが分からない」 「どう自分の意思を伝えたらよいか分からない」 このような事態に困難を感じやすいことが多いのではないでしょうか。 「引きながらも押す」のようなバランスを保ちながら接することに苦労を感じていませんか? 参照: 結果、どちらか一方に偏りやすい 苦労を感じた結果調整することができず『主張のみ』に偏ってしまったり、もしくは過去の失敗体験などから「絶対に自分の意思は言わない!」と心を閉ざしてしまったりするケースがあります。 もともと ・になりやすく、極端な考え方や偏った判断をしやすいこと ・マルチタスクが苦手で、複数の物事を同時に意識することが苦手 このような理由から、相反するもののバランスをとることに苦労を感じやすいのです。 したがって「自分はどうやって、周囲に意思を表現していけばよいのか」わからなくなってしまうこともあるでしょう。 参考: 関連記事: このような「自分の表現方法」についての悩みを解消してくれる方法の一つに『アサーション』というコミュニケーション方法があります。 適切な自己表現を身につけるヒントに、『アサーション』がある アサーションとは 「アサーション」とは、コミュニケーションの大きな2つの軸となる「伝える・話す(発信)」と「聞く(受信)」のバランスを整えていくコミュニケーション方法の一つです。 この2つのバランスを保つことで、自分も相手も尊重した形で意思を伝えること(相手を傷つけず、かつ自分の主張もすること)ができるようになります。 参考: 関連記事: 発達障害を持ち、どう言えば相手をさせずに伝えることができるのか分からない場合、このアサーションを身につけることで改善できる可能性があるのです。 【発達障害】アサーショントレーニングで改善が期待されること 相手にとってきつい言い方になるケースに気づくことができる 発達障害を持っている場合、何らかの理由で「相手にとって傷つく表現」をしてしまっていることに気づいていないケースがあります。 アサーションを身につけ「相手の事情を踏まえた自己表現」を心がけることで、「きつい言い方」になる表現に気づき事前に対処することができる可能性があります。 相手の意図に気づきやすくなる 発達障害を持つ方の中には、言葉だけでは相手の意図が見えてこないことで悩むケースもあるでしょう。 これは相手側の心情を想像することが苦手なことから来ているケースが多いです。 アサーションによって、常に相手を踏まえて考える「くせ」がつきます。 これにより、相手が実際に何を言おうとしているのか、意図に気づきやすくなることができるかもしれません。 コミュニケーションのズレが少なくなる したがって、上司の指示を聞くときや業務の報告をするときなどにプラスに働いてきます。 ・上司が何を求めているかを考えながら聞けるようになる ・他者が何を考えて話しているのかを踏まえた回答ができるようになる ・周囲の事情を意識して話すため、的外れな発言が少なくなる このようなコミュニケーションのズレが少なくなっていくかもしれないのです。 課題をアサーションで改善させていくことで、職場定着にもつながる可能性もあります。 それでは、どのようにアサーションを身につけていけばよいのでしょうか。 アサーショントレーニングの流れ ポイント1:自分の自己主張タイプを知る まずは、自分がどのような自己主張タイプなのかを知るところからトレーニングが始まります。 アサーションで考えられている自己主張タイプは、以下の3つです。 ・アグレッシブタイプ(攻撃的なタイプ) ・ノン・アサーティブタイプ(非主張タイプ) ・アサーティブタイプ(主張と受容のバランスが取れた理想的なタイプ) この3つのうちのどれに該当するのかを簡単なテストで診断していきます。 下記の参考リンクにテストの一例がありますので、興味があればぜひトライしてみてください。 参考: ポイント2:相手になり切って考えてみる よく「人の立場を考えなさい」「もっと相手のことを考えろ」と言われるかもしれません。 この相手の立場に立って考えるコツの一つは「相手になり切る」ことです。 ・男性が女性を相手にして話す場合、女性の価値観や感覚になり切って考えてみる。 ・自分は自転車が乗れるが、自転車が乗れない子供を相手にするときに「乗れない人」になり切って考える。 このように相手になり切って考えてみることで、より相手の目線に近い形で対話することができるようになります。 「男性の自分だったらなんとも思わないけれど、もし女性だったら辛いだろうな」「もし自転車に乗れなかったら、転ぶのが怖いだろうな」など、相手の感覚を自分にコピーする感覚でとらえていくのがコツです。 ポイント3:周囲や場面全体になり切って考えてみる 双方にとっては良い表現でも、それを言ってはいけない・適切ではない場面や場所というものもあります。 「空気が読めない発言」と言うのは、この「話すべきシチュエーション」のどれかが不足しているケースが多いのです。 職場で個人的な事情で落ち込んでいる人がいたとしましょう。 相手に「落ち込むときもあるよね。 時には思い切り泣くのもいいんだよ」と声をかけてあげることができたら、ポイント2まではクリアしています。 しかしこれを仕事中、他の社員のいるオフィスの場合どうでしょうか。 どんなに双方にとって良い表現でも、「職場」になり切って考えた時「何も今ここで言うことないのに」と思われてしまうことでしょう。 ポイント2で「相手」になり切りましたが、ポイント3ではさらに「周囲」や「場面」、「ルール」などになり切って考えてみましょう。 ポイント4:自分の特徴を踏まえながら、適切な表現を探していく ポイント2と3をクリアしていくと、「的外れな発言をしない」ようになっていきます。 しかしこれだけでは、適切な自己表現とは言えません。 会議や話し合い、業務上お願い事をしないといけないときは相手の意思もくみ取りながら自分の意見も言えることが必要です。 特に消極的なノン・アサーティブに該当する場合、「自己表現しない」という選択をしてしまうかもしれません。 このようなときに浮かんだ表現の中で、ポイント2、ポイント3で該当しない状況を差し引きます。 残った表現の中で「最も相手も自分も傷つけない表現」を選んだ上で表現していきましょう。 参考: これらを繰り返し、より適切な表現方法を探していきます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 「『相手のことを考えなさい』と言われても、やり方がわからない」そのような悩みを抱えていることがあるかもしれません。 アサーショントレーニングで自己主張のバランスを整えることで、『勝手』『傲慢』と言われることにも、そのようなことを言われないように心を閉ざしてしまうことにも対応できる方法なのです。 より自分の意思を正確に伝えるために、より相手に誤解されないためにもぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

次の