藤 圭子 病気。 藤圭子

藤圭子と統合失調症

藤 圭子 病気

ロサンゼルスの精神科? 薬物専門? 医療機関で入院治療していたみたいだから脳の病気でしょうね。 マスコミがこの入院に関して詳しく報じていないということで、世間が余計に混乱してしまっているのではないでしょうか。 しかし、眠れないとか、吐くとか、24時間頭痛とか、具体的に重度の症状が出ているのにそういう母親を放っておく宇多田さんの家族は少し感覚が理解できませんね。 結果的にこのような事態になって周囲や世間からの全信用を失ったわけですし 娘のヒカルが看護したり病院を探したりできないのであれば、ヒカルの事務所 元旦那さん も何かしらの手を早くに講じるべきでした。 ただし、重度の統合失調症で12年間も一人で世界中を旅したりギャンブルしたりすると言うのは恐らく不可能だと思いますので、何らかの薬物依存から脳の気質疾患を引き起こした可能性のほうが大きいともいえますね。 たとえ自殺としても藤圭子にはもっときれいな死に方をして欲しかった。 事実上親を捨てた宇多田ヒカルは財産を全て寄付して自分の力だけでゼロからスタートしなおしたほうがいいのじゃないかな。 母親は目の不自由な親の為に子どものころからキャバレーまわって、酔っ払いから連日のように「罵声」浴びせられて日銭を稼いでいたんだよな、全てを母親のせいにして、こうなった責任について母親が精神的病で自分達だけが振り回されて苦労したみたいいうんじゃないよといいたいですね。 この家族や宇多田の事務所は今頃信用ゼロだろうが、一体この家族は何をやっていたのでしょうかね。 自分は親子二世代でこの親子のレコードとCD買って聴いていたが自分は宇多田に近い世代なので宇多田のCDは買って聞いていたが、藤圭子は親がレコードを倉庫に保管していてが自分個人的によく知らなかったが、今回初めて藤圭子の人生に関して聞いたことも結構あって強烈にすごい人だと気づかされた反面、娘や元旦那さんにはかなり失望させられた。 藤圭子の信用でここまでこれたものを、宇多田ヒカルは人間活動? なんて母親がお前がデビューしたころに血はいて 歌っていた過酷な生活に比べたら金持ちの道楽ばかりやつていてどうなのかなと思います。 ヒカルは、もう少し頭冷やして考えたほうがいいと思うわ。 そうしないとこの子の心の成長もないと思う。 一発目から大ヒットで宇多田ヒカルは母親が必死のプロモーションしてくれていたおかげで芸能界においては自身で頭下げたり、罵声浴びたりしなくて済んでちやほやされて調子に乗るなというか、この機会に厳しい意見にもよく耳を傾けるべきと思いますね。 大学まで行かせて貰って、翻弄されたってとこだけ強調されるのは世間に対しても甘えだと思う。 もう少し早く公表して、世間がもう少し認知していればまだ、これほど社会に与える影響もすさまじいものにはならなかったことを思うと華原ではないけど、小出しに公表していればよかったとも思う。 700万枚売ったなら700万人なりのいろんな考えや意見があってしかるべきで、芸能活動している人間はそれらを受け止めて行かねばならない宿命だと思います。 やはりアメリカの空港で大金もって、麻薬探知犬に引っかかった というのが全ての答えなのではないでしょうか。 大麻常用者だった可能性が高いと思われます。 藤さんの最後になった? というインタビューでの発言や落ち着きの無さ、 すべてここに出ている症状とぴったり一致しますから。 本人の意思が飛び降りさせたのではなく、周囲を信じなくなったのも 大麻のやりすぎによる、精神疾患によるものと思われます。 藤さんが渡米した70年代までアメリカでは大麻は合法でした。 誰でも、特に学生達の間で蔓延していました。 使用期間と使用量が異常だったのではないですかね。 マリファナとて、薬物常用は怖いと思いました。 統合失調様症状が発現するのも大麻常習者の典型パターンのようです。 乏しい知見 何よりまず最初に、多くの国において大麻使用は違法なので、患者が医師に大麻使用を告げることは稀だと思われます。 このため、大麻による急性疾患でも、めったに大麻のせいと評価されることはなく、大麻による影響がみられる症例数は、常に過小評価されることを考慮せねばなりません。 このような違法性に基づく情報の不正確さのためか、大麻の急性の影響に関する疫学調査は現在は存在せず、学術論文の多くは症例報告です。 これは、大麻の急性中毒の一部の重篤な症状は知られているが、それらがどんな頻度で起こっているかについて、知見がほとんどないことを意味します。 大麻精神病 常用者はもちろん、週1回以下の時たまの吸引でも、大麻は離人感・パラノイド・現実感喪失などの、「大麻精神病」と呼ばれる急性症状を起こします[98]。 大麻使用が統合失調症などの精神病のリスク因子である(詳細はトピック情報へ)ばかりでなく、統合失調症などの精神病に高率に発展します。 (詳細はトピック情報へ) 大麻は幻覚を起こす 1年以上大麻を常用していた2人のスイス人は、数ヶ月にわたって幻視などの幻覚が現れていました[63]。 しかし大麻吸引を止めてしまった後、(飲酒や薬の服用などの誘引のある時を除けば)20年間幻覚はほとんど現れなかったことは、幻覚の原因が大麻吸引であったことを示します。 大麻使用者は 暴行の被害に遭いやすくなる 大麻急性中毒者の暴力行為は減少しますが、離脱時に暴力行為に走りやすい傾向がみられます[32,43]。 (詳細はトピック情報へ) しかし、自らが暴力的になる結果、現実は逆に暴行の被害者となります[42]。 オーストラリアでは男女とも性的暴行を受けやすくなり、男性の場合は引き続き身体的暴行をうけやすいという調査があります[42]。 大麻は 凶悪犯罪を起こすことがある 通常は大麻急性中毒者の暴力行為は減少しますが、精神的脆弱性を持つ人は大麻によって自制を失い、凶悪犯罪を犯すことがあります[73]。 豪州の研究では、暴行事件で警察に拘留された者の46. アルコールや他の違法薬物を併用すれば、この大麻の作用はさらに増強し危険です[74]。 (詳細はトピック情報へ) 大麻と交通事故 大麻の影響下では車の運転能力が下がります[1]が、死亡事故を起こすリスクは飲酒運転ほどではありません[31]。 2003~2004年、フランスでは、30歳以下の交通事故死者の39. (私の思い) その他 精神病に対して脆弱な体質の者は、急性症状として敵意・奇妙な印象・異常感覚を持ちやすい[11]。 救急病院に搬入された若い患者は、マリファナ吸引による急性中毒の神経症状を示すことがよくあります[1]。 大麻には 離脱症状がある 大麻の離脱症状は、アルコール・オピオイドほど激しくはありませんが、依存を形成したり摂取中止を失敗させるのに十分です。 他の薬物同様、いったん依存が形成されれば摂取をやめにくくなります。 大麻依存の治療に来た成人は、より激しい離脱症状を示す傾向にありますが、これは自分で禁煙できずに禁煙外来にくる成人のほうが、より激しい離脱症状を示すのに似ています。 大麻の離脱症状が見られる頻度は不明で、大麻中止後の中期・長期にわたる離脱症状も不明です。 また、どんな大麻使用者に離脱症状が出るか、そしてその出現頻度についての研究も存在しません。 以下のような離脱症状は、3~4週間以上続くという報告があります。 体重減少 睡眠困難 異常な夢 他の薬物からの離脱の場合と同様に個人差はありますが、大麻の常用者が大麻使用をやめると大麻を吸いたくなるだけでなく、食欲が落ちて体重が減少し、睡眠は困難になり、異常な夢を見ます。 これらの症状は大麻を絶つと起こり、大麻吸引で収まります。 これは、外来通院者にも入院患者にも一致して見られています。 イライラして 容易に刺激され 怒りっぽく 攻撃性が増す 精神面での離脱症状として、イライラ、易刺激性、易怒性が入院患者に見られました。 外来通院者では、さらに攻撃性の亢進も観察されました(詳細はトピック情報へ)。 外来通院者の場合は社会の様々なストレスにさらされるため、より高度な離脱症状としての攻撃性が現れたと思われ、実際入院患者でも、軽い挑発だけで攻撃性が現れました]。 病院とかかわっていない一般の若者では、これらに加えて抑うつ、疲労、頻繁なあくびなどが見られたとの報告もあります[49]。 軽い認知障害・精神運動障害があったとする報告もあります[45,46]。 しかし認知障害は、脳内に残存する物質による中毒症状、もしくは中毒症状の遷延であるとの見解もあります[56]。 大麻離脱症状は 他の薬物依存からの離脱症状と似る 上記の離脱症状は、タバコを含むほかの薬物からの離脱症状と似ています。 これは、大麻でも他の薬物でも、離脱時にドパミン系(報酬系)が抑制される結果である、との動物実験に基づく強力な説があります。 このことから、大麻離脱時にみられる症状は大麻特有のものではなく、薬物依存からの離脱時に共通な特徴と考えられています。

次の

藤圭子さんは何か病気だったのでしょうか?

藤 圭子 病気

まず、藤圭子についてのwikipediaのページを確認しましょう。 Wikipedia上の藤圭子と「父」 幼い頃から浪曲歌手の 父・阿部壮 つよし 、三味線瞽女の母・竹山澄子 2010年に死去。 享年80 の門付に同行。 旅回りの生活を送り、自らも歌った。 勉強好きで成績優秀だったが、貧しい生活を支えるために、高校進学を断念。 17歳の時に岩見沢で行われた雪祭り歌謡大会のステージで歌う姿がレコード会社の関係者の目に留まり、上京。 約1年間、初代林家三平宅に下宿する。 1969年9月25日、RCAレコードより「新宿の女」でデビュー。 以後、作詞家の石坂まさをと組んでヒット曲を連発。 女性ハスキーヴォイスの先駆者青江三奈とはまた異なる魅力を持った、ドスの効いたその声は、可憐な風貌とのギャップも相俟って当時の社会に衝撃を与えた。 ファーストアルバム「新宿の女」は20週連続1位、間を置かずリリースされたセカンドアルバム「女のブルース」は17週連続1位を記録。 計37週連続1位という空前絶後の記録を残す。 そのヒットから、テレビアニメ『さすらいの太陽』のヒロインのモデルにもなった。 1971年、当時ともに絶頂期であった内山田洋とクール・ファイブのボーカル前川清と結婚するが、大スター同士の結婚生活はすれ違いが重なり、翌1972年に離婚。 1974年、喉のポリープの手術を受け、かつてより歌に幅がなくなったことを悔やみ、引退を考え始める。 最愛の母を 父のDVから守るために離婚させ、それを契機に引退を発表。 2013年8月22日午前7時頃、東京都新宿区のマンションの前で倒れているのが発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。 遺書など見つかっていないが、衣服の乱れや争ったような跡がないことなどから、新宿警察署によって飛び降り自殺を図ったと断定された。 喪主の宇多田ヒカル側は「遺言書がある」と主張して葬儀は行わず、宇多田 父子ら親族関係者の数名が火葬に立ち会う直葬となった。 また藤の実家の阿部家側によって、後日ファン有志とともに「しのぶ会」が挙行された。 なるほどーって感じですね。 次に、藤圭子と父の関係を各メディアの記事から調べましたので、見てみましょう。 結構沢山のメディアで取り上げられていますね。 メディアで取り上げる藤圭子と「父」 藤圭子は、昭和二十六年、浪曲歌手の父、盲目の三味線弾きの母の間に、三人きょうだいの末っ子として生まれた。 タレント・中山千夏は大ブーム渦中の昭和四十五年、 藤圭子を〈泣いて、泣いて、泣いて涙も枯れ果てて、ぽかんと青空... 歌手の宇多田ヒカル(31)がイタリア時間5月23日(2014年)に挙式した。 父の宇多田照實(65)は26日にツイッターで「とても厳粛な教会での式の後、場所を変えて深夜まで飲んだり食べたり、ダンスしたり、みんなよく食べ飲むと感心」したと報告... 「週刊文春」が掲載した藤圭子さんの実兄・藤三郎氏のインタビュー記事。 藤さんの元夫・ 照實氏へのバッシングとみられる内容が波紋を広げている。 また、三郎氏と文春側は告白本出版の方向で話が進んでいるという.... 宇多田ヒカルさんの父・照實氏がツイッターで作家・沢木耕太郎氏に激怒する発言。 発端は沢木氏の宇多田さんの母「藤圭子」本とのこと。 いったいなにがあったのか?騒動をま...

次の

藤圭子は病気で苦しんでおり、そのことが死因に関係していたのか?を考察!

藤 圭子 病気

宇多田ヒカルの深刻な病気が発覚!?整形疑惑は本当? 90年代後半、日本の音楽シーンが「小室ファミリー」一色だった時代に、綺羅星のごとく現れた 宇多田ヒカルさん。 「100年に一度の逸材」と称された歌姫は、当時若干16歳の女の子だった!とても新人とは思えない歌唱力パフォーマンスで次々に大ヒットを飛ばし、瞬く間にスターダムにのし上がった、日本を代表する実力派シンガーです。 その後、人気絶頂期に 「人間活動をしたい」という名セリフとともに音楽活動を休止。 プライベートでも、結婚・離婚・再婚を経験し、昨年には実母が亡くなるなど、何かと注目され続けている宇多田ヒカルさん。 そんな彼女に、ちょっと心配な噂が後を絶ちません。 宇多田ヒカルさんが深刻な「病気」を患っているとか、姿を現さない理由が度重なる 「整形」による劣化だというものですが…今回は宇多田ヒカルさんの「病気」「整形」についてフォーカスします。 宇多田ヒカルさんのお母さんが元歌手の 藤圭子さんであることは有名ですよね。 昨年亡くなられてしまいましたが、実は藤圭子さんは網膜色素変性症という目の病気を患っていました。 スポンサーリンク この病気は遺伝的なものらしく、娘の宇多田ヒカルさんも発症する可能性があると言われています。 以前、自身の 病気について「遺伝的なもの」と語っていたこともある宇多田ヒカルさん。 藤さんは、最終的には失明してしまうという恐怖心から娘の宇多田ヒカルさんに「光を失わないように」とヒカルと名付けたそうで、宇多田ヒカルさんが今現在でどこまでこの 病気を発症しているのかについては明らかにされていませんが、もしそうだとすると、精神的にも辛い闘病生活を送っていることが想像されます。 宇多田ヒカルさんは 卵巣腫瘍を患っており、2004年に摘出手術も受けています。 卵巣腫瘍は、摘出すれば健康体に戻れる病気ですが、婦人科系の病気はとてもデリケートなもの。 再発したり、再発した時期によっては不妊になってしまうリスクも伴うようで、心配ですね。 続きます… スポンサーリンク 妊娠や出産について宇多田ヒカルさんは以前に「私自身望まれないで 産まれた子だった」などと話していたこともありました。 そのせいかどうかは分かりませんが、あまり子供について積極的な感じはしませんね。 昨年イタリア人男性と再婚もしたことですし、今度は妊娠・出産もありうるのでしょうか? 宇多田ヒカルさんには、メンタルな病の噂もずっと前から囁かれています。 母親である藤圭子さんも、長年精神の病で苦しんでおり、 死因も 自殺だったのではないかと言われています。 最愛の母がずっと病で苦しむ姿を見て、娘の宇多田ヒカルさんも少なからず精神的に負担を感じていたことは否めないでしょう。 また、若くしてあれだけ世間やマスコミの注目を浴び、スターになってしまうと、これまで普通にできていたことが出来なくなり、感覚が少し狂ってしまうこともあるのでしょう。 時代の寵児となった芸能人やミュージシャンで、精神のバランスを崩してしまう人は少なくありませんから、宇多田ヒカルさんもそういった環境による ストレスや プレッシャーに、押しつぶされそうになっていたのかも知れません。 整形に失敗?! 宇多田ヒカルさんにも 整形疑惑が持ち上がっています。 特に鼻については「黒」と言われていますよね。 一説によると、宇多田ヒカルさんが度重なる鼻の整形の末に失敗し、マスコミに姿を現せなくなったと言われていました。 卒アル写真やデビュー当時の写真では、確かに存在感のある大きな団子鼻ですが、最近の写真では 鼻筋もスッとして高く、また鼻の所々がデコボコしているように見えるものも。 劇的な変化はありませんが、少しずつ何度もいじったという感じがしないでもないです。 目も、確かに昔は一重っぽかったのが、今ではお母さん譲りのはっきりとして大きな 二重の目になっていますが、これはいわゆる「成長による変貌」で整形ではないでしょう。 メイクや、ダイエットによる変化ではないでしょうか? 明るくドライで、いかにも現代っ子といったキャラが人気の宇多田ヒカルさんですが、病気やお母さんとの関係など、時折露呈する過去のエピソードから 壮絶な人生を歩んできたことがわかります。 でも、そういったことを感じさせず、自分らしく素直に生きる彼女だからこそ、その姿や作品は多くの人の心に一筋の光となって輝いて見えるのでしょう。 今後また、そんな光輝く宇多田ヒカルさんの笑顔がテレビで見られる日が来るといいですよね。 他にこんな記事も読まれています 宇多田ヒカルの病気は躁鬱病だった…日本の音楽シーンに衝撃をもたらしたのが宇多田ヒカルさんです。 宇多田ヒカルと母との悲しい噂。 宇多田ヒカルさん、藤圭子さんともに人気のアーティストということで、母娘揃っての成功っていうのはなかなかないのではないかと思います。 宇多田ヒカルと藤圭子の人生はまさに親子。 宇多田ヒカルさん、藤圭子さんのどちらも若くしてアーティストとして成功していますので似ていると言えるかと思います。 宇多田ヒカルの結婚生活は本当に幸せだったのか?宇多田ヒカルさんの結婚に終わりを告げられるのは4年半経過した時のことでした。 本当に幸せだったのでしょうか? 宇多田ヒカルの離婚に隠された真実。 宇多田ヒカルさんの離婚については、そもそも結婚事態が早かったのだというような声もあったようです。

次の