エースバーン ゴリ押し。 【無料】エースバーンってつよくね?????【ポケカ】|玲紋。|note

エースバーン育成論 : 帯エースバーン考察 〜珠との差別化〜|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

エースバーン ゴリ押し

剣盾御三家の中だと、素早さが低い(実際はそこまで低くない。 他の2匹が異常なだけ)が故に使い方にテクニックが必要なポケモンですね。 インテレオンとエースバーンはダグトリオに匹敵するスピードを誇るので、それだけで相手の上を取って強引に技を押し付けられます。 エースバーンなら最近のレート戦でよく見かけるアイアントにスピードで勝るので、6倍ダメージの炎技をブチ込んで、ダイマックスした鉄蟻でも場合によっては沈めます。 インテレオンもスピードでリザードンに勝るので、まともに相対した場合、リザードンにはダイマックスをしてダイソウゲンで返り討ちにする以外に対処法がありません(しかし、先のターンでダイジェットを詰めていない場合、その前に必ず水技で大ダメージを受けてしまいます)。 これらの強力なポケモンに刺さり、流せることから、炎兎と水カメレオンは入れておくだけでも牽制になります。 それに比べて草猿は、草で対処したい地面タイプの強ポケモンに対して、そこまで強烈に刺さりません。 素早さでドリュウズに負けているので、死に出しで繰り出してもアイアンヘッドの連発で怯まされて、何もできないまま沈められることも多々あります。 また、相手のドリュウズが「いのちのたま」を持った状態でダイマックスしてダイスチルを使って来た場合、HPと防御に努力値をフルに振っていても、ゴリランダーは確定1発で倒されてしまい、やはり何もできません。 「きあいのタスキ」でしんりょく(攻撃・特攻1. 3倍)を発動させてカウンターでドラムアタックすれば、次ターンはすばやさが勝っているので勝てますが……相手がスカーフ持ちだった場合や、天候が砂嵐の状態で「すなかき」特性だった場合は、やはり素早さで上回れずに先手で倒されてしまいます。 同じく、防御努力値全振りバンギラスもダイマックスしなければドラムアタックでは確定1発を取れず、HP・防御努力値全振りカバルドンに至っては、ダイマックスして確定2発……その前に「あくび」を食らうのがオチです。 また、草単体タイプは飛行技の良いカモなので、リザードン、トゲキッス、ギャラドスといったポケモンに、ダイジェットでスピードアップする起点にされてしまいますし、氷にも弱いのでヒヒダルマ等を呼び込み兼ねません。 ここまで書くと「なんて使えないポケモンなんだ!」と思われがちですが、ゴリランダーの武器は技の広さと努力値次第で大きく秀でる耐久性にあります。 まず、近作では数少ない「はたきおとす」を悪タイプ以外で覚えること。 これで相手の道具を使えなくさせ、作戦を崩壊させることが可能です。 次に、ドラムアタックのすばやさ低下効果。 スカーフ持ち以外には刺さるので、すばやさの微妙な値を補正することができます。 また、「とつげきチョッキ」を持たせておけば特殊技には1発耐えることが多いので、自分より本来の素早さが低い相手のスカーフを叩き落として、そこから上を取ることも可能です。 かくとうタイプの技を覚えるのもポイントが高く、ナットレイなどにも強気に出られます。 ナットレイ相手にはドレインパンチでゴリ押し「てっぺき」を詰まれる前にある程度のダメージが見込めますし、アイアント、ドリュウズ以外の鋼ポケモンには牽制になります。 ラプラスのフリーズドライにも2発までは耐えるので、ドレパンで体力回復しながら攻撃すると圧を掛けられます。 また、この構成なら相手が水単体タイプなら、やはり攻撃に耐えながらゴリ押しも可能。 ウォッシュロトム等も流せます。 場合によってはダイマックスを行い、不利体面を強行突破できますが……防御面では劣るので、この場合はドリュウズなどにダイマックスされると反対に強行突破されてしまいます。 エースバーン、インテレオンに比べると、ゴリランダーは使用する側にテクニックや読みの技量が要求されるポケモンです。 入れているだけでは相手のPTに対する圧力にはなりませんが、相手のメンバーが特殊攻撃主体だったり、水タイプを起点にする構成だったりした場合は、選出の予知が出て来ます。 どちらにせよ、常時スタメンで選べるわけではないので、草猿の戦いは最初のメンバー選出から始まっていると言っても過言ではありません。 また、いくらチョッキを着ているからといっても、受け出しさせるのは辛いこともあるので、その辺は初手出しか前のポケモンの死に出し前提で考えましょう。

次の

【無料】エースバーンってつよくね?????【ポケカ】|玲紋。|note

エースバーン ゴリ押し

どうも皆さんこんにちは。 玲紋です。 遂に新弾発売!ってウキウキしていたら収録弱くね? ってなってたんですが、全然そんなこと無かったです。 テンションぐわんぐわん。 今回の弾は強いです普通に。 ということで、新弾のカード使ってみて僕的な感想文というか、軽く紹介していく感じで書いていきます。 今回はエースバーンについて。 炎炎無 ダイカエンダマ170 相手のバトルポケモンをやけどにする。 エースバーンV HP210 弱点:水 抵抗: 特性 フィールドランナー 場にスタジアムが出ているなら、このポケモンのにげるためのエネルギーは、すべてなくなる。 こいつは特性も技も強いです。 まず特性から。 スタジアムが出ていると逃げ0になるのはジラーチと非常に相性が良いです。 今までの炎タイプのデッキだとジラーチでスタートできなかった場合、初手で入れ替えを打つ ボードを貼る または手張り逃げでしか入れ替えられなかったのがすっと変えることができます。 あとは死に出しでとりあえず前におけるのも良し、アブソルの影響を受けずにマオスイレンでの入れ替え先になるのも良しですね。 続いて技。 3エネ要求で140は最初は弱いな、と思いがちですが、ヒードランと比較すると強く見えると思います。 と思ったんですが、今の環境にマッチしているのでテキストそのままを見ての評価よりは少し高くつけてあります。 まず下技。 基本的にはこちらを使って攻撃していくことになります。 それとなにより炎タイプなので、溶接工によって起動が楽なのもいいですね。 あとは地味にズガアゴに入っているオドリドリを起動させないようにできたりだとか、 コイン次第で相手ターンの終わりに気絶する場合もあるので、 無理に入れ替えにリソースを切らせられたり出来るのもつよいですね。 そして上技 書いてあることは最初は「弱っ」って感じだったんですが、次第に強く感じてきました。 下技で届かない200以降のダメージを、条件付きですが出すことができます。 これがあることで相手は迂闊に170以上310以下のダメージを与えにくくなりますし、 青天井系のデッキだとたまに猶予が貰えたりします。 レシリザとの比較 少し前にTwitterで「エースバーンは結局レシリザでよくなりそう」とのツイートを見かけました。 僕は全然そうは思わないのですが、レシリザでよくね?と思っているあなたの考えを捻じ曲げるために解説していきます。 まず各々を使う場合のメリット、デメリットについて。 レシリザを使う場合 【メリット】 ・種ポケモンなのでポケモンに関しては単体でいい。 ・サーチ札が多い タッグコール、プレシャスボール ・火力が高い 230、300 【デメリット】 ・入れ替えが無いとフレアストライクが連打できない。 ・倒されると確定でサイドを3枚取られる。 エースバーンを使う場合 【メリット】 ・入れ替えが無くても技が連打できる。 ・回復系のトレーナーズとの相性がいい。 ・進化前、進化後で使い分けてサイドの取らせ方に幅を出せる。 ・HPが高い 【デメリット】 ・進化できないとHPが低いので打たれ弱い。 ・サーチ札が少ない。 ・進化前進化後サーチ札と、デッキの枠をかなり喰ってしまう。 ざっとこんな感じでしょうか 後々気付いたら追記します。 まずは要求値面。 エースバーンとレシリザでは多く要求されるカードが エースバーン:ポケモンサーチ札 レシリザ:入れ替え札 こうなります。 スタンプやマリィが多いこの環境で、 使いたい時に手札に無いといけない入れ替え札と、 どのタイミングでも1度だけ持ってこれればあとは不要なポケモンサーチ札、 どちらが動きやすいかは明白だと思います。 続いて瞬間火力面。 エースバーンは最大190。 レシリザは最大300ですが、今回は230で考えます。 今回カウンターと逆鱗は火力面での考察は省きます。 190と230では40ダメージの差がありますが、現環境で200~240 ハチマキフレアストライク までで倒せるポケモンは、何が居るでしょうか。 最近は200~240で1撃で倒せるポケモンは少なく、あまり190と240の差はないと考えています。 どちらも2回攻撃しなくてはならないなら、入れ替え札が不要な分、エースバーンの方が優れていると考えています。 次に使いやすさの点 見てもらえれば分かるようにレシリザは、盤面にエネが無い状態からの起動となると、なかなかに時間がかかります。 更にエースバーンはサイドのプランを難しくすることも出来ます。 進化前も攻撃できる性能をしているので、210のHPを一撃で落としてこない場合、ばくえんきゃくで戦うこともできます。 これからは少し数を減らすだろうと考えていますが、タチフサグマに対しても戦える点がエースバーンの良い点ですね。 ジラーチとの相性も、レシリザよりエースバーンの方が良いです。 更にモクナシなどに盤面のエネルギーを枯らされた場合、すぐ復帰ができるかできないかではかなり勝敗に直結すると考えています。 最後にHP エースバーンVmaxは320、レシリザは270。 現環境ではこの50が大きな差になると考えています。 逆に言えばエースバーンはこの全てを1発耐えることが出来ます。 戒めの祠の対象にならないところも偉いですね。 ちなみに僕は切っていますがエースバーンだとお守り込みでインテレオンのダイバレットを耐えることができます。 デッキレシピ とりあえず最初に作った叩き台。 戦績は1-4。 雑魚でした。 デッキ選択の理由はこんな感じでした。 ま、実際はインテレオンめっちゃ居たし当たりまくるし散々でしたけどね。。。 サニゴーンにはコイン表しか出されないしね。 環境読み外して萎えてたとこにサニゴーン。 あれはもはやテロですよ。 しかしまぁ1日を通して思ったのはホントにマジでサポ溶接工4だけ構築は無理だな。 博士の研究とヤレユータンが入り、安定度が増した他、バイウールーが入って水に若干強くなりました。 バイウールー、こいつもなかなか壊れポケモンです。 バイウールー高騰委員会発足か? 話を戻します。 安定度が増した代わりに上振れた時のパワー 回復札の多さ等 は下がりました。 なのでエースバーンVmaxを最優先で立てて、そのスペックをゴリ押していくデッキに変更しました。 キュウコンラインが減っていますがここはぶっちゃけLO対面以外はそこまで超重要って感じがしなかったので薄めの採用になりました。 ちなみに1枚目の画像のレシピは マリィにめちゃくちゃ弱いです 桃屋杯ではマリィで手札を減らされるとすぐ機能停止してました。 なのでヤレユータンと博士の研究で対マリィをケア。 エースバーンは耐久が高いので、1体目に溶接工を打てれば2体目は手張りだけで間に合ったりします。 終盤にスタンプを打たれても願い星で博士を持ってくればリカバリーすることがわりとできます。 あとはやっぱりうねりがキツイので微々たる抵抗として火打石が1枚だけ入っています。 そして耐久札 お守り、マオスイ、キズぐすり が減ったところでしょうか。 溶接工4だけではデッキが回らず、枠を探したところここを抜いてみようという結論に至ったので減らしてみましたが、そこまで使用感は変わらず。 意外と回復できなくても押し切れたりしたのでもしかしたら要らないかもしれないのですが、あるとないとじゃピカゼクや三神ザシアンへの勝率が変わってきそうなので今はマオスイ1キズぐすり1に落ち着いてます。 エースバーンデッキの構築の採用カードは多分みんな似たりよったりな感じになると思うので、いつもやってる「採用、不採用カード解説」は今回は省いておきます。 長くなりすぎるのもアレなので。 ということで長々と書きましたがいかがだったでしょうか。 久しぶりの記事執筆だったので前と書き方変わってたりしそうですが気にしないでください。 ちなみにCL愛知で握った三神ザシアンの方は記事書いてる途中で全く手に合わなくなってきたのでここにレシピだけ置いておきます それではまた、次面白いカードを見つけた時にでも。

次の

【ポケモン剣盾】デスバーンの育成論と弱点・対策まとめ【物理耐久サポート型】

エースバーン ゴリ押し

ポケモンHOMEをやっている方、実質全員がゲットできるエースバーン。 誰が作っても大体似たような型になりそう。 つまりバレやすい。 しかし、その裏をかくような型で相手の困惑させる事もできるだろう。 今回はそんな裏エースバーンを作ってみよう。 種族値 HP 80 攻撃 116 防御 75 特攻 65 特防 75 素早さ 119 合計 530 攻撃と素早さが高く、やや打たれ弱い印象。 この特徴を活かし、ガンガン攻めていきます。 特性:リベロ 使用した技のタイプに変化する。 全技タイプ一致で打てる強力な特性です。 変幻自在ゲッコウガを思い出しますね。 タイプが不利でも変えてしまえば関係ありません。 しかし、配布されたポケモンなので型はすぐバレそう・・・。 どうしましょう。 そんな私は、 持ち物:こだわりハチマキ そう・・脳筋で戦ってやりますよ!!笑 技構成 でんこうせっか かえんボール アイアンヘッド とんぼがえり とびはねるを削除してます。 笑 ダイジェットはできませんがこだわりハチマキなので基本ダイマックスしない前提ですね。 タイプ一致のこだわりハチマキ・・・。 ただのロマンです。 笑 それでは戦っていきます。 ヒヒダルマ戦。 手持ちを見たときにきあいのタスキだと思ったので潰して交代していきます。 ちなみにとんぼがえりで6~7割のダメージ。 これには流石に驚きですね。 交代後に有利に戦うことが出来ました。 win. エースバーン(スカーフ注意) 同じ相手のドヒドイデ戦。 きっついきっつい。 汗 エレキボールのダイサンダー型?にすれば乗り切れそうですね。 私の型の悪いところが出てしまいました。 笑 win. ドヒドイデ サーナイト戦。 アイアンヘッッッッドゥ!! これはオーバーキルですね。 ただし技が読まれやすいので交代等で対策される可能性がある為注意しましょう。 win. エースバーン ルカリオ戦。 ここで初めてダイマックスしました。 ダイバーンの火力・・・強し!! 深く考えずゴリ押しで倒せる相手です。 おっと・・タスキカウンターだけは要注意です。 汗 win. エースバーン サクッと紹介しましたが、やはり強いです。 使用率がトップになったとの噂があるだけはあります。 これから色んな型が出てくるんでしょうね。 それだけで楽しみです。 カテゴリー.

次の