ジャグラー 狙い台。 ジャグラー チェリーの狙い方は?

【高設定台ゲット!】ジャグラーの台選びの5つの基準【朝一・夕方・夜で変わる】

ジャグラー 狙い台

ジャグラーの台選びはスランプグラフを頼りにしていいのかわかる• ジャグラーの正しい台の選び方がわかる• ジャグラーの高設定のスランプグラフの特徴がわかる• ジャグラーの台選びの注意点がわかる 最近では、どのお店も高性能で見やすいスランプグラフが設置されていますよね。 スランプグラフが右肩上がりだと、ついつい打ちたくなってしまう方も多いのではないでしょうか。 しかしながら、ジャグラーはスランプグラフで台の良し悪しを判断することはできません。 ジャグラーには正しい台の選び方があるのです。 そこでこの記事では、ジャグラーにおけるスランプグラフの信用性や、正しい台の選び方について解説していきます。 ジャグラーで高設定に座りたいと思っている方はぜひ参考にしてください。 いかがでしたでしょうか。 このように、ジャグラーは低設定でも誤爆すると、右肩上がりの綺麗なスランプグラフになってしまうのです。 ジャグラーで勝てていない方は、上記のような「なんちゃって高設定」を打たされている可能性が高いですね。 基本的に、 【高設定を打っている時間>低設定を打っている時間】 となれば、必然的にジャグラー収支はプラスになるはずなので。 そうなっていない方は、ぜひ正しい台選びの知識を身に付けて欲しい限りです。 なお、ジャグラーの正しい台の選び方については「」で詳しく解説しています。 ジャグラーの台選びはスランプグラフよりも設定を意識した方がいい ジャグラーの正しい台の選び方は、スランプグラフで判断するよりも 「高設定なのか?低設定なのか?」ということに注目すべきです。 なぜなら、ジャグラーは純粋なAタイプなので、高設定を打つ以外に勝つ方法がないからです。 しかし、ことジャグラーに関してはそうはいきません。 ジャグラーは低設定を打ち続けると、際限なく負けてしまいます。 低設定でも一時的に見れば、引き次第で勝てますが、それはあくまで一時の話です。 低設定は長期的に見た場合は必ずマイナス収支になりますので注意してください。 なので、ジャグラーは 「どの台が高設定なのか??」ということを念頭に置いて台選びを行うべきですね。 なので、まず初めに行うべきことは、ジャグラーに高設定を投入しているお店を探すことですね。 ジャグラーは店選びが全てだと言っても過言ではありませんので。 なお、ジャグラーの店選びの方法は「」で解説しているので参考にしてください。 ジャグラーの高設定はどういったスランプグラフになる?? ジャグラーは本物の高設定であれば、綺麗なスランプグラフを描く可能性の方が高いです。 理由は低設定よりも高設定の方がボーナス確率が優秀だからです。 ただ、ジャグラーは例え高設定でも、ボーナスの引きが悪いと綺麗なスランプグラフを描かないことがあります。 例えば、 高設定でも展開が悪いと 以下のようなスランプグラフになってしまいますね。 信じられないかもしれませんが事実です。 しかも、現場では設定が見えないので、上記のような展開になってしまうと余裕で捨ててしまうのがジャグラーの恐いところですよね。 ただあくまで一例なので、基本的には高設定なら綺麗な右肩上がりのスランプグラフになる可能性の方が高いです。 その一方で、 「高設定でも悪いスランプグラフを描くことある」ということは頭に入れておきましょう。 そうすることで、展開の悪い高設定を拾える可能性も高くなりますので。 ジャグラーの「波理論 スランプグラフ 」には要注意 「ジャグラーは波を読めば勝てる」 「スランプグラフを見れば勝てる台を判断できる」 と熱弁している方がごく稀にいます。 しかし、ハッキリ言ってしまうと、そういった情報は全てデタラメです。 なぜなら、ジャグラーは低設定でも上振すると綺麗なスランプグラフを描くからです。 確率は試行回数が多ければ多いほど収束するので 仮に7,000回転以上回っていて、綺麗なスランプグラフを描いていたとしても私は信用しませんね。 一時、私もスランプグラフで判断すれば勝てるんじゃね??と思っていた時期がありましたが、結果は散々たるものでしたね…。 やはり経験上、ジャグラーはスランプグラフで台を選ぶよりも、「高設定なのか?」ということを意識して立ち回った方が絶対に勝てます。 スランプグラフや台の波から台選びを行っても結果は付いてこないと思うので、しっかりと高設定を打つことを意識して立ち回りましょう。 内容まとめ• ジャグラーのスランプグラフはあてにならない• スランプグラフよりも設定を意識すべし• 高設定でも展開が悪いとスランプグラフは汚くなる• スランプグラフや波を信じてはいけない ジャグラーのみならず、パチスロはスランプグラフで台の良し悪しを完全に判断できるわけではありません。 低設定でも引き次第で右肩上がりのスランプグラフになりますし、逆に高設定でも引きが悪いと右肩下がりのスランプグラフになることも重々あることです。 大切なのはやはり 「設定」で、長期的に高設定を打つことがパチスロの唯一無二の攻略法だと言えます。 【PR】有料Noteでノウハウを公開中です このブログの他に「note」というプラットフォームでスロットのノウハウを公開しています。 「スロットで本気で稼ぎたい」「負け組から脱出したい」と本気で考えている人のみ購入して下さい。 スロットは正しい知識のもと立ち回らなければ絶対に勝てません。 楽して稼ごうと思ったらそれこそパチンコ店の思う壺です。 本気でスロットで稼ぎたい方だけ参考にして下さい。

次の

ジャグラーで勝っている人を判別して勝ち方をパクる方法

ジャグラー 狙い台

このページのもくじ• ジャグラー チェリーについて ジャグラーのチェリーは きっちりと狙わないと 取りこぼしをします。 なので、ジャグラーのチェリーを 狙う事はかなり重要です。 コインもわずかですが 取りこぼしで 損をしま すので 散りつもれば山となり、 精算時の枚数にも影響していきます。 ご注意ください。 また、重複チェリーで 設定判別する事もできますので きっちり狙う事がおすすめです。 ジャグラー チェリーの狙い方 ジャグラーのチェリーの 狙い方ですが どのジャグラーも基本的には 画像の通り、 バーの上または下にあります。 なので、バーをアバウトに 左リール枠上くらいに狙うと 良いでしょう!! 仮にチェリーを取りこぼししても ペナルティなどはなく、 ボーナス当選していたら 必ずGOGOランプは光るので 安心してください。 他のジャグラー攻略情報は コチラで解説していきます。 最後までご覧頂きありがとうございます。

次の

ジャグラーで勝っている人を判別して勝ち方をパクる方法

ジャグラー 狙い台

ジャグラーシリーズで高設定を狙う方法 「ジャグラーを打って勝ちたい」 ジャグラーシリーズを好んで打っている人なら、皆がそう思いますよね。 しかし現実問題として、ホールに行って空いている台に(無作為に)座ってジャグラーを打つだけでは、長い目で見ると中々収支がプラスには転じてくれません。 そういった状況が続くと、勝つことを諦めて、負けても良いから楽しめれば良いと自分を納得させたくもなります。 しかし、ジャグラーシリーズは現在ホールに設置されているパチスロ機の中でも、 平均設定が最も高い台です。 ホールに設置されているパチスロ機は、 その多くが設定1で営業しているのが実情ですが、 ジャグラーシリーズは設定1の使用率が極端に少ないのです。 ですから、正しい知識を身に着ける事が出来れば、収支をプラスにする事も、他の機種を打つよりは遥かに簡単だと言えます。 ここでは、ジャグラーの高設定狙いをする上で重要な知識について、順を追って説明して行きます。 決して難しい話ではないので、実際の状況を思い浮かべながらお読み頂ければと思います。 大当たり確率に注目する ジャグラーシリーズには、小役確率にも僅かながらの設定差はあるものの、基本的にはボーナス確率に大きな設定差が付けられています。 3 このように、アイムジャグラー系機種の場合だと、ボーナス確率の中でも特にREG確率に大きな設定差が付いています。 各機種の設定差に関しては、詳しくはこちらでご確認下さい。 良くある法則に当てはめて考える ジャグラーシリーズは他の機種に比べると、比較的素直な設定の投入傾向(クセ)を隠していないケースも多いです。 理由としては、アイムジャグラー系の機種だと高設定域でもプロに狙われにくい機械割なので、さほど隠す意識が働かない事。 あるいは意図的に分かりやすく高設定を入れるようにしているケースもあるでしょう。 ですから、意外なほどシンプルな投入パターンを繰り返してるホールも少なくありません。 代表的なものをいくつか挙げて行きますと…• 前日ボーナス回数の少ない台• 前日ボーナス回数の多い台• 前日差枚数の少ない台• 前日差枚数の多い台• 台の配置(カド、カド2、カド3など)• 高設定の据え置き(設定を変えない)傾向(出なければ据え置く、出たら据え置く)• 〇日凹んだ台の設定を上げる• 先述のような『よくあるパターン』を参考にしながら、自分の通っているホールにあるジャグラーを観察して見てください。 必然性を意識する 『 大当たり確率に注目』しつつ『 良くある法則に当てはめて考える』事によって、そのホールにおけるジャグラーの高設定投入パターンが見えてきたとします。 そういった状況で例えば、夕方にそのホールへ入店してジャグラーコーナーで台を選んでいる時、ボーナス確率的には高設定らしき台が空台になっていたとします。 アイムジャグラー系(アイムジャグラーEX,ニューアイムジャグラー)• マイジャグラー系(マイジャグラー2,マイジャグラー3,マイジャグラー4) という事になります。 特にアイムジャグラー系機種は高設定域の機械割が然程高くない事で、高設定でも空台になりやすい傾向があります。 夕方からジャグラーの高設定を拾う事を考えた場合、メインはやはり アイムジャグラー系機種という事になるでしょう。 もちろん、マイジャグラーシリーズに高設定を使っているホールがあるようなら、そちらもチェックしておきたい所。 プロを始めとしたガツガツ打つタイプの打ち手が少ない状況なら、オイシイ思いが出来るかもしれません。 収支を記録する事 最後の項目になりましたが、何よりも重要なのがこの「 収支を記録する事」です。 ここまで挙げてきたような点に注目してジャグラーシリーズを打って行ったとしても、「いくら勝ったorいくら負けた」という実際の収支を記録していなければ、 そもそも自分が長い目で見て勝てているのか否かが分かりません。 どのような形で記録するかは自由ですが、最低限の情報として、『 実戦日(日付)』『 機種名』『 投資金額(貯メダルの場合は現金化した場合の金額に換算)』『 回収金額(貯メダルの場合は換金した場合の金額に換算)』『 収支(いくら勝ったor負けた)』『 打ったホールの名前』は記録しましょう。 勝ち方を覚え始めた頃が一番楽しい 長くパチスロを打っていて、一番パチスロが楽しかった時期はいつだろうと思い返してみると、 勝ち方を覚え始めた頃が一番パチスロを楽しんでいたように思います。 それまでは何となく「 運よく勝てたら良いな」と思って打っていたパチスロが、「 勝つべくして勝てるモノ」に変わっていった時の快感は強烈なものでした。 自分自身、パチスロで(長い目で見て)勝つなんて出来るわけないと思っていたのですが、勝ち方を身に着けてみるとそれは、(少々面倒くさいぐらいで)難しい事ではありませんでした。 ジャグラーは運任せに打っても楽しい機種ですが、勝つべくして勝つ事を目指して打つと更に楽しい機種でもあります。 この記事を参考にしてくれた皆さんが「 勝つべくして勝つ楽しさ」を味わえる事を切に願っております。 それでは、良いジャグラーライフを。 ジャグラーでの勝利に繋がるお話をしています 今回説明した基礎を前提として、ジャグラーで勝利を掴むために有用な情報や考え方を説明しています。

次の