木村 文乃 ファブル。 岡田准一&木村文乃&山本美月:マンガ実写化への思いと苦労 「ザ・ファブル」主要キャスト3人が語る撮影秘話も

木村文乃

木村 文乃 ファブル

どんな相手でも6秒以内に殺す。 「一年間、一般人として普通に暮らせ。 休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」。 ボスのツテで真黒カンパニーの社長=海老原 安田顕 に世話になりながらも、生まれて初めて、一般社会に溶け込もうと真面目に努力し始める。 毎日ヒマをもてあまし飲み歩くヨウコとは対照的に、ボスからもらったインコを大事に育てたり、アルバイトをしてみたり。 街で偶然出会いバイト先を紹介してくれたミサキ 山本美月 や、バイト先の社長=田高田 佐藤二朗 とも徐々に親しくなっていき、普通の生活を満喫し始めるアキラ。 「プロの普通」を目指し精進する日々だったが、周囲はアキラを放ってはおかない。 海老原の弟分で出所したての小島 柳楽優弥 と組織の現幹部=砂川 向井理 の確執、ファブルを伝説のレアキャラのように執拗に追い続ける若き殺し屋=フード 福士蒼汰 などが少しずつ、確実にアキラの穏やかな日常に忍び寄る。 実はある過去を持つミサキが、拉致されてしまったのだ。 ヨウコと共にミサキの救出に向かうアキラ。 そこに「絶対に殺してはいけない」というボスの鉄の指令が立ちふさがった時、アキラは自分のこの並外れた能力が初めて「人を救うこと」に使えるのではないかと気付き始める。 だがそこには想像を絶する強敵と、いくつもの罠が待ち受けていた。 果たしてアキラは「殺さず」の指令を守り通せるのか? そして平和な毎日は戻ってくるのか……!? 注意 AnitubeやKissAnimeなど海外動画サイトを利用すると ウィルスに感染する可能性が非常に高まります。 Anitubeやkissanimeでいままで見てたけど…ウイルスが入ったらしく変な広告が勝手に立ち上がったりする…泣 いろいろ試したけどなおらんし、このままだとなんか怖いわ。 もう海外サイトでアニメ見るのやめる。 — ひかり アニメ垢 hikarianime999 自分でも気づかないうちにウイルスに感染している場合もあり、「大丈夫だろう」という方こそ危険です。 現在は、無料お試し期間のある動画配信サービスを使えば安心・安全に無料フル視聴できるので動画配信サービスをおすすめします。

次の

木村文乃さん『ザ・ファブル』は女性が笑いながら楽しめる稀なアクション映画です

木村 文乃 ファブル

最初に、MCから「コメディ要素が強いシーンもたくさんありましたが、どうでしたか?」と感想を聞かれた岡田は「もともとコメディ出身なんで!」と撮影を楽しんだ様子。 「若い頃から宮藤官九郎さんの作品などに出させてもらってますし、今回も真面目にやればやるほど面白くなる役だったので。 監督もコメディ要素を強くしたいとおっしゃっていて、リアクションは強めにやってくれというお話でした」と話した。 また酒豪の役を演じた木村は撮影当時を振り返り、「アドリブばっかりでした。 山本さんにも藤森(慎吾)さんにも失礼なことばっかりしてしまって……。 私とお酒飲むときは気を付けていただきたいです」と笑顔で反省。 続く山本は「(木村に)顔を本当にめちゃくちゃにしていただいて(笑)」とツッコミを入れると、岡田も「5分くらいずっと顔いじられてましたね」と現場を回想する。 場が和んだところで、「究極のミッション」と題された2番勝負がスタート。 正解するたびにポイントが加算され、最終的にポイントが一番高い出演者が優勝となる。 まずは、本作にまつわる3択クイズによって闘いの幕が落とされた。 第1問は、会場に登場した3匹のインコの中からファブルのペット・ナナちゃんの本物を当てるというもの。 キャスト陣の前に並んだインコたちを見比べながら、3人とも同じインコを選択。 岡田は決め手を「羽の色とよく鳴くところ」と説明し、MCからは「全員正解です」と言い渡された。 続いて第2問の「劇中で藤森演じる河合ユウキが何杯テキーラを飲んだら白目をむいたか?」という難問には、岡田と木村が正解。 そして第3問「ミサキが過去に出していた写真集のタイトルは?」というクイズでは、3人がそれぞれ違う回答を出す展開に。 「もぎたてエンジェル」に1票を投じた岡田は「これが一番ヤバそうじゃないですか? 監督がいいねって笑いそうなのはこれかなって」と推理し、「美少女絵巻」を選んだ木村は「すごくしっくりくるタイトルだなと思いました」と述べた。 結局「漢字を見てなんとなく思い出しました」と自信なさげに「漂流記」を選んだ山本が正解し、全員が同じポイントのままで次のミッションへ。 手始めに、「保育の勉強をしているが、子供たちの前でピアノを演奏するときに、緊張して間違えてしまう。 緊張する場面をどんなふうに乗り越えればいいか」という質問が飛ぶと、岡田は「完璧を目指そうとしなければいいんじゃないでしょうか? ミとソの音のときに変な顔をするとか」と予想外の回答で会場に笑いを起こした。 しかし、真剣な面持ちで「うまくやりたいって気持ちが強くなると絶対失敗しちゃう。 うまく演奏するのが保育園での本質じゃないので……」ともアドバイスする。 木村は「真面目だから緊張しちゃうと思うので、間違えたらニコニコ笑って『先生間違えちゃったー』って言うのはどうでしょうか?」とリラックスすることを提案し、少し悩みながら話し始めた山本は「間違えても死ぬわけじゃないので、なんとでもなれって感じでやるのがいいんじゃないでしょうか!」とマイペースにやる重要性を説く。 答えが出そろったところで質問者に判断してもらうと、この回では軍配は岡田に上がった。 また、「新たに入社してきたポーカーフェイスの人と仲良くするには?」というお悩みに、岡田は「相手の理解者になった方がいい。 その人のいいところを褒めるとか、すごいところを伝えるとか」と話す一方、モノマネも提案。 相手の年齢に合わせたモノマネが効くということで「40歳くらいなんだったら中森明菜さんのモノマネですね。 とにかく小声で」と言いながらモノマネを始め、ここでも岡田のアドバイスがベストに選ばれた。 最後に「お笑い好きの好きな人に告白するので、いいセリフを教えてほしい」と相談した女の子には「真面目に告白した方がいいですよ」と言いつつ、面白バージョンの答えも用意。 「『好き』を変に言うしかないですよね。 好ーきー!」と言いながら謎のポーズを取り、またもや岡田が勝利を収めた。

次の

木村文乃

木村 文乃 ファブル

6月21日公開予定の映画「ザ・ファブル」の期待が高まっている。 主役の殺し屋を演じる岡田准一はもちろん、脇を固める俳優も佐藤浩市、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕と実力派ぞろい。 岡田は格闘技のインストラクター資格を持っており、アクションシーンも注目だ。 さらに期待されているのが、人気女優たちの艶シーン。 山本美月はミサキという元グラドルを演じる。 原作では限界ギリギリの痴態を収めたDVDをリリースした過去があり、それが再生される場面もある。 映画で再現されれば、山本のエグいシーンが見られることになる。 「主人公のサポート役であるヨウコという女性を木村文乃が演じます。 主人公とヨウコは殺し屋組織のボスの命令で、1年間だけ一般人として暮らすことになる。 ところがあてがわれた住宅は隠しカメラだらけで、私生活のすべてが監視されているんです。 ヨウコはアンダーウエア姿まで撮影されてしまいます」(エンタメ誌ライター) 原作どおりであれば、木村のアンダーウエア姿が拝めそうだ。 「しかもヨウコは色仕掛けで男をベロベロに酔わせ、みっともない姿をさらした所を見て楽しむという一風変わった趣味の持ち主。 原作ではバーで男と対峙する場面があります。 これが映画にもあれば、木村が艶っぽく迫る生つばモノのシーンが見られるはずです」(前出・エンタメ誌ライター) 山本美月と木村文乃、人気女優の興奮シーンはあるのか。 期待して待ちたい。

次の