日本 ノワール あらすじ。 ドラマ「ニッポンノワール」キャスト&最終回までのネタバレあらすじ 「3年A組」とどう関係する?

ニッポンノワールの原作・キャストとあらすじ!毎回驚きの展開!

日本 ノワール あらすじ

警視庁捜査一課の刑事・遊佐清春 賀来賢人 は山小屋の中で目を覚まします。 右手には拳銃、そして隣には警視庁捜査一課・碓氷班班長である碓氷薫 広末涼子 の亡骸が。 しかし3ヶ月間の記憶を失っている清春は、この状況が全く理解できません。 自分が疑われるのを恐れた清春は、証拠を消して山小屋を後にします。 やがて清春にもお呼びがかかり、再び山小屋へ向かうことに。 そして警視庁のガンと呼ばれる清春は、薫殺害の疑いの目を向けられてしまいます。 ある日、清春は公安部の才門要 井浦新 から、薫が死の直前まで捜査していた十億円強奪事件のことを聞かされます。 仲間割れにより被疑者全員が死亡し、お金の在りかも不明のまま処理された事件でしたが、要はもう一人黒幕が居ると言うのです。 さらにそれは警察関係者であり、お金を手にするために在りかを知っている薫を殺害したと。 清春 賀来賢人 は身に覚えのない「十億円強奪事件」の計画書と犯行に使われた拳銃が自宅にあるのを発見。 困惑していると、そこへ本城 篠井英介 が率いるSITが突入してきました。 本城らは、清春が計画書と拳銃を隠し持っていると言う通報を受けてそれらを探しに来たと言うのです。 しかし、清春が隠し部屋に移動させたために、結局見つけることができませんでした。 実は清春は自宅に監視カメラをつけており、本城が自分を犯人にするために計画書と拳銃を自宅に隠したことを知っていたのです。 そんな中、本城が強奪事件で使われたワゴン車を解体していたことが判明。 彼が黒幕かと思われましたが、実は娘の芹奈 佐久間由衣 をかばっての行動だったことがわかりました。 彼女の話では友人にガレージを貸したところ、知らない間にワゴン車が置かれていたと言うのです。 ネタバレを見る 克喜 田野井健 は薫の仕事部屋の存在を思い出しました。 そこに何か証拠があるかもしれないと、仕事で来れない清春の代わりに咲良 夏帆 と一緒にその仕事部屋へと向かいました。 すると、薫が事件の全容を収めたUSBを遺していたことが判明。 その存在を清春に電話で伝える咲良ですが、突然背後から襲われて気を失ってしまいます。 駆けつけた清春らは克喜が居ないことに気づきます。 実は、本城が克喜を連れ去ったのでした。 USBを持って本城の指示した場所に向かう清春。 そこで命の危険を感じた清春は本城に向けて発砲し、本城は死亡。 翌日のニュースで、本城が強奪事件と薫殺害の犯人だと報道されました。 清春は事実と異なる報道に怒りをあらわにするのでした。 碓氷薫 広末涼子 殺害事件と十億円強奪事件は死亡した理事官・本城 篠井英介 による犯行で送検。 しかし清春 賀来賢人 ら旧碓氷班のメンバーは、その結果に納得できずにいました。 捜査本部は解散しましたが、捜査一課長である南武 北村一輝 の独断で清春ら旧碓氷班は捜査を続けることに。 捜査を進めるうちに、十億円強奪事件の実行犯の1人である風間岳人の経歴が警察によって作り上げられたものであることが判明。 さらに強盗団の動画を見た咲良 夏帆 は、腕にあったタトゥーから風間が姉の星良 入山法子 を殺害した宝生順平であることに気づきました。 それを聞いた清春や名越 工藤阿須加 は、星良の元婚約者である才門 井浦新 が一連の事件の真犯人ではないかと疑い始めます。 ネタバレを見る 強盗団の動画がフェイク動画だと言う話を聞いた清春は、南武とともにその動画を撮影した放来撮影所を訪ねることに。 社長に話を聞くと、才門から依頼されて動画を作ったことがわかりました。 そして才門はその動画を撮影した翌日に実際に強盗団を射殺していたことも判明。 さらに事件に使われた拳銃に才門の指紋とDNA、さらに強盗団の血痕が付着していました。 清春は才門を問い詰めますが、それでも才門は自身の関与を否定。 そして星良が警察のある極秘プロジェクトに参加しており、そのプロジェクトの実態を暴こうとして殺害されたことを告白しました。 さらに才門は南武が真犯人ではないかと言うのです。 それを聞いた清春は南武を疑い始めるのでした。 才門 井浦新 から真犯人は南武 北村一輝 だと告げられた清春 賀来賢人 は、南武のことを疑うようになっていました。 そんな中、薫 広末涼子 が殺害された当日、南武に呼び出されていたことが判明。 しかし南武には事件当日、江國光成 杉本哲太 と海外視察に行っていたアリバイがありました。 ところがそのアリバイは捏造されたものだと判明。 江國は妻の入院先を南武に世話してもらった過去があり、南武に恩義を感じていました。 そのため江國がパスポートを偽造していたのです。 克喜 田野井健 は自分の父親が南武かもしれないと聞き、事実を確かめるため南武と会うことに。 それを知った清春も待ち合わせの場所に駆けつけました。 するとそこへ南武の命を狙うガスマスクの男が現れます。 その男の行方を追う清春ですが、あるマークを見せられたことで意識を失ってしまうのでした。 薫 広末涼子 から、克喜 田野井健 の父親が自分だと言われたことを思い出して戸惑う清春 賀来賢人。 翌日、清春は才門 井浦新 から、十億円強奪事件の黒幕はニッポンノワールではないこと、さらに十億円がニッポンノワールの資金だったことを聞かされます。 薫は星良 入山法子 のためにニッポンノワールの存在を突き止め、そのせいで殺されてしまったと言うのです。 そんな話をしていると、突然ガスマスクの男が銃撃して来ました。 男を追いかけた清春は再び「NN」のマークを発見。 捜査を進めると、ベルムズの現リーダー・陣内 落合モトキ による犯行であることがわかります。 陣内のアジトを突き止め、取り調べを行う清春。 しかし、陣内はそんな清春に対して克喜の全てを知っていると告白。 あのガキがどうなっても知らないと言われた清春は、我を失ってしまうのでした。 警察病院の地下に潜入した清春 賀来賢人 は、奥の部屋に実験施設を発見します。 そこには沢山の工作員の姿が。 南武 北村一輝 たちも駆けつけ工作員たちに発砲しますが、彼らはビクともしません。 そこで南武は清春を裏口から逃すことに。 その頃、喜一 笹野高史 の営む喫茶店には大勢の捜査員が押し寄せていました。 克喜の祖父である碓氷元警察庁長官 大和田伸也 の指示で、克喜を保護しに来たと言うのです。 結局、克喜は連れて行かれてしまいます。 実験施設からなんとか逃げた清春は、克喜がニッポンノワールの人体実験の犠牲になったと言う薫の話を思い出していました。 そしてそれを南武に報告。 南武は碓氷の動向を探るために、あえて清春がニッポンノワールの実態を知っていることを碓氷に打ち明けました。 それを聞いた碓氷は、江國 杉本哲太 に清春を処分するよう命じます。 ネタバレを見る 江國からニッポンノワールのマークを見せられた清春は、意識を失ってしまいます。 目を覚ますと、そこには碓氷の姿が。 碓氷に克喜のことを問い詰めると、今さら父親面をするなと責められる清春。 さらに碓氷は、清春には全ての罪をかぶって死んでもらうと言うのです。 そして奥から江國が拳銃を持って現れました。 しかし江國が銃を向けたのは碓氷。 江國は碓氷に従うフリをして、南武の指示で碓氷の動向を探っていたのでした。 南武も現れ碓氷を連行しようとしますが、警視総監から連絡が入ったことで態度が一変。 清春を喜志 栄信 殺害の容疑で逮捕すると言い出します。 納得できない宮城 細田善彦 が反発しますが、碓氷から衝撃の事実を聞かされます。 宮城はニッポンノワールの人体実験第一号だったのです。 南武 北村一輝 によって身柄を拘束された清春 賀来賢人。 そんな清春の元に江國 杉本哲太 がやって来ます。 江國は才門 井浦新 の生前に真実を打ち明けられていました。 才門は元々ニッポンノワールの一員でしたが、清春を助けたことで組織を追われてしまったと言うのです。 そんな中、ガスマスクの男が突然清春の前に姿を現しフラッシュ画像を見せます。 記憶を失った清春が目を覚ますと、今度は宮城 細田善彦 が目の前に。 薫 広末涼子 が残したUSBのパスワードを思い出した清春は、USBを持ってきて欲しいと宮城に頼みます。 USBの中に克喜の 田野井健 の居場所を特定できる手がかりがあるのではと考えたのです。 その頃、克喜は眞木光流 矢本悠馬 によって地下組織に監禁されていました。 しかし、眞木の本当の狙いは清春。 眞木は清春の沸点を下げるよう、碓氷政明 大和田伸也 から命じられていたのです。 ネタバレを見る 喜一は黒幕ではなく、星良 入山法子 を人質に取られたために仕方なくニッポンノワールのプロジェクトに協力していました。 その後、星良を殺害されたことで組織を抜け出すことに成功。 しかしその代わりに、新薬を完成させることを命じられていました。 そして襲撃された銀行には、10億円とその新薬が保管されていたのです。 ニッポンノワールはその新薬を取り戻すために、必死になっていたのでした。 新薬のありかを知るのは清春だけ。 その記憶を呼び戻すため、喜一は清春にフラッシュ画像を見せ記憶を失わせました。 目を覚ました清春は、薫が協力者に山小屋で計画を打ち明けたと言っていたことを思い出します。 その協力者こそ真犯人だと考えた清春は、10億円と新薬は薫が計画を打ち明けた場所に隠したことを捜査一課に伝えました。 これは山小屋に真犯人をおびき出そうという清春の策略。 そして計画通りに、ガスマスク姿の真犯人が山小屋に。 清春はついに、真犯人と直接対決の時を迎えます。 ネタバレを見る 清春を助けるために才門を射殺する名越でしたが、実は名越こそが真犯人。 彼は元々才門の指示で動いていましたが、次第に才門が邪魔になり殺害を計画していたのです。 名越は喜一 笹野高史 が開発した新薬を打っており、強靭な肉体を手に入れていました。 一方、清春も薫が残した新薬を打っています。 2人はとても人間とは思えない姿に変貌していました。 その様子を動画に収めてライブ配信する咲良 夏帆。 清春に頼まれた咲良は、ニッポンノワールが行った人体実験や事件の概要を世間に公表します。 そしてそれは世間に拡散されて行きました。 新薬が適合しなかった清春は次第に苦しみ出しますが、克喜 田野井健 の声もあり名越を倒します。 そんな清春の姿を誇らしく感じる克喜。 その日が克喜の誕生日だったためケーキを買い、清春と克喜と沙咲良の3人でお祝いをします。 途中で部屋を出た清春は、血を流し倒れます。 そしてひとり「笑えねえ」と呟くのでした。

次の

ニッポンノワール・刑事Yの反乱

日本 ノワール あらすじ

賀来賢人が演じるのは、遊佐清春(ゆさ きよはる)という刑事Y。 たたき上げで捜査の最前線を任されるも、冷徹で目的のためには手段を選ばない刑事という役どころ。 「ニッポン」は、「日本」そのままの意味だとすると、ノワールはなんでしょう。 私はこの題名を見たとき、コメダ珈琲の「シロノワール」が思い浮かんだのですが絶対関係ないかな(笑) Noir(ヌワール、ノワール、ノアール)はフランス語で黒という意味です。 関連する言葉では、フランス語で「暗い映画」を意味する、 Film noir(フィルムノワール)という言葉があります。 フィルム・ノワールとは、小説、映画の一分野で、人間の悪意や差別、暴力などを描き出しています。 闇社会を題材にとった、あるいは犯罪者の視点から書かれたものが多いとか。 狭義には、1940年代前半から1950年代後期にかけて、主にアメリカで製作された犯罪映画を指します。 こういった意味から考えると、 「日本の闇・日本の裏社会」という意味でしょうか。 また、人間関係が複雑に入り組み、裏切られたり、悪意があったりドロドロの人間模様になることは間違いなし。 さらに、「今日から俺は!! 」の制作チームも再集結。 全ての人間が疑心暗鬼の中、だましだまされのストーリーが展開するアンストッパブル・ミステリー作品の「ニッポンノワール」。 放送日ごとに、犯人探しがSNSで話題になるでしょう! プロデューサーから細かい構想を聞き、そして台本を読み、間違いなく、今まで日本で見たことのないスケールのドラマになると確信しました。 こういう物語が見たかったんだ!という思いをぶつけられる作品になると思います。 賀来賢人さん、初めての刑事役で今までとは違った役柄を演じられるこの作品にとても意気込みを感じます。 NTV 10月期日曜ドラマ ニッポンノワール〜刑事Yの反乱〜 に主演させて頂く事になりました。 日本の刑事ドラマの概念を壊す、 見たことのないエンターテイメントになっております。 こんなドラマが見たかった!! と、 言わせてみせます、お楽しみに😎 是非! — 賀来賢人 kentkaku ニッポンノワール 本日、クランクイン😎 このチームで突っ走ります。 いよいよ、始まる感。 必ず良いものに。 そして二話読みます。 — 賀来賢人 kentkaku スポンサーリンク ニッポンノワール・あらすじ 目が覚めると俺の横には女性刑事の亡骸があった。 手には拳銃。 何故かおれの記憶は数ヶ月消し飛んでいた。 俺がコイツを 殺したのか… それとも何者かに ハメられたのか… 容疑者は「自分自身」と俺の「目に映るすべての人物」 俺を疑い追いかける同僚刑事 かつての仲間は一夜にして敵に。 相棒は亡き女性刑事の一人息子である幼き少年ただ一人。 やがて事件は未解決の「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていく・・・ 女性刑事を 殺したのは・・? 十億円を 奪ったのは・・・? 疑いが加速し、 裏切りが止まらない。 この物語、一度見たらその結末を見届けるまで、 「とんでもないこと」が止まらない 引用…日テレ公式HP 公式あらすじを見ると、「十億円強奪事件」と書かれてあるのがキーワードのようです。 相棒の少年のことも気になります。 また、公式でもあらすじに「赤」と「緑」の色が所々に使われていてこの色使いも犯人にたどり着くヒントになるのでは?と思います。 「あなたの番です」でも、こういったヒントが隠されていましたからね。 3年A組と同じ脚本家さんなので、こういったHPでの情報や主人公のセリフなど、ひとつひとつがヒントになると思うと一話とも見逃せません。 初回放送スタートは2019年10月13日ですよ~! スポンサーリンク ニッポンノワール・世間の反応 「あなたの番です」が最終回を迎えた直後から、「あな番ロス」におちいる方が多数。 しかし、予告の「シロノワール」の賀来賢人さんをみてロスから復活される方も多数!(笑) SNSの声、集めました。 』から始まって、『3年A組』『あなたの番です』と、意欲的で視聴者を引き込む面白いものが続いている。 それだけに、次のドラマへのプレッシャーも相当だろうなぁ。 『ニッポンノワール』はどうかな。 他ドラマと違う!期待しかない。 SNSでの考察合戦も楽しみですね!.

次の

『ニッポンノワール』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

日本 ノワール あらすじ

賀来賢人が主演する日本テレビのミステリードラマ「ニッポンノワール・刑事Yの反乱」の原作とあらすじとネタバレです。 脚本は、ドラマ「3年A組」「ジョーカー・許されざる捜査官」「家族ゲーム」などを手がけた武藤将吾のオリジナル脚本です。 刑事・遊佐清春(賀来賢人)は拳銃を握っていたが、ここ3ヶ月間の記憶が無くなっており、意味が分からなかった。 俺が殺したのか?それとも誰かにハメられたのか? いずれにしても、このままでは自分が犯人にされてしまう。 刑事・遊佐清春(賀来賢人)は「笑えねえよ」と言い、自分の足跡を消して、反グレ集団「ベルムズ」の元リーダー貴志正臣(栄信)に証拠を処分させた。 その後、碓氷薫(広末涼子)の死体が見つかり、警察が捜査を開始する。 遊佐清春(賀来賢人)も刑事として捜査に加るが、遊佐清春(賀来賢人)は「警視庁のガン」「悪徳刑事」と呼ばれており、無断欠勤してアリバイもなかったことから、同僚から犯人ではないかと疑われた。 同僚刑事・碓氷薫(広末涼子)の死亡推定時刻は2日前の夕方で、凶器は警察官が使う「M360-SAKURA(サクラ)」という拳銃だったが、遊佐清春(賀来賢人)は記憶喪失で何も思い出せなかった。 さて、遊佐清春(賀来賢人)は、上司の命令で、死んだ碓氷薫(広末涼子)の子供・(田野井健)を預かることになった。 仕方なく、遊佐清春(賀来賢人)が碓氷薫(広末涼子)のマンションを訪れると、部屋の中が荒れており、公安部の刑事・才門要(井浦新)が居た。 遊佐清春(賀来賢人)は才門要(井浦新)が犯人かと疑うが、才門要(井浦新)は「勘違いするな。 俺が来たときには荒らされていた。 それを見てみろ。 誰かがお前を犯人に仕立て上げようとしている」と言い、部屋の中に遊佐清春(賀来賢人)のタバコの吸い殻が落ちていることを教えた。 そして、才門要(井浦新)は、碓氷薫(広末涼子)が解決した「東堂銀行10億円強奪事件」の真相が知りたいと教えた。 碓氷薫(広末涼子)は、東堂銀行から10億円が強奪された事件の容疑者を見つけてアジトに踏み込んだが、強盗4人は仲間割れを起こして拳銃で撃ち合い、4人全員が死んでいた。 10億円は行方が分からなかったが、警察の上層部が「東堂銀行10億円強奪事件」に蓋をしていた。 しかし、事件には黒幕が居た。 黒幕が警察関係者と見て間違いのだが、黒幕もまだ10億円は手にしていないのだという。 遊佐清春(賀来賢人)は「どうして、そんなことが分かる」と尋ねると、才門要(井浦新)は「薫(広末涼子)から聞いたんだ。 薫が10億円を見つけて、別の場所に隠したって。 つまり、10億円強談事件の真犯人が金のありかを聞き出そうとして、薫を殺した。 そう考えられないか?」と答えた。 才門要(井浦新)に「今度はお前の番だ。 知っている事を全部話せ」と促すが、遊佐清春(賀来賢人)は記憶喪失だったので、「何も知らねーよ」と答えた。 すると、才門要(井浦新)は「ここから先は、誰も信じるな。 判断を誤ったら命は無いぞ」と忠告して立ち去った。 さて、碓氷薫(広末涼子)の部屋に遊佐清春(賀来賢人)のタバコの吸い殻を置いた犯人は、後輩刑事・名越時生(工藤阿須加)だった。 警視庁捜査一課の理事官・本城諭(篠井英介)が、「遊佐清春(賀来賢人)の部屋に証拠がある」と言い、家宅捜索をするため、名越時生(工藤阿須加)に証拠をねつ造させ、遊佐清春(賀来賢人)を別件で逮捕しようとしたのである。 名越時生(工藤阿須加)は、死んだ碓氷薫(広末涼子)の事が好きだったので、証拠の偽装に失敗すると、遊佐清春(賀来賢人)を暗殺しようとしたが、失敗してしまった。 遊佐清春(賀来賢人)は名越時生(工藤阿須加)を縛り上げて自宅に連れ帰ると、「碓氷薫(広末涼子)を殺した犯人が憎いんだろ?だったら利害が一致している。 俺と手を組まないか」と告げて脅すと、名越時生(工藤阿須加)は絶対服従を誓った。 され、遊佐清春(賀来賢人)がロッカーを開けると、封筒が落ちてきた。 封筒の中には「東堂銀行10億円強奪事件」で使用された「クロック17」という拳銃が入っていた。 しかも、封筒の中に東堂銀行を襲撃する計画書も入っていた。 名越時生(工藤阿須加)は「先輩、10億円強奪事件の一味なんですか」と驚いた。 遊佐清春(賀来賢人)は記憶が無く、何も思え出せず、「俺が?」と困惑した。 そこへ、本城諭(篠井英介)が警察を率いて駆けつけ、遊佐清春(賀来賢人)の部屋を包囲したのだった。 「」へ続く。

次の