羽鳥 モーニング ショー 意見。 「羽鳥慎一モーニングショー」の視聴率が10%割れ 内容がB級だとバレた?

羽鳥慎一モーニングショーのテロビ・番組・玉川が話題

羽鳥 モーニング ショー 意見

時に14%以上も稼いでいた人気番組が、ここに来て2桁を割るようになったのだ。 もちろん、新型コロナが沈静化したわけではない。 緊急事態宣言こそ解除されたが、目下、「東京アラート」が発令中。 一体、何があったのか? *** 朝の情報番組「モーニングショー」といえば、同時間帯では16年度以降4年連続で民放首位の人気を誇る。 昨年度の平均視聴率は9・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)だった。 だが、今年1月は連日10%台が当たり前のようになり、2月には12%台、4月に13%台、5月4日には番組最高の14・1%を記録するまでになった。 民放プロデューサーは言う。 羽鳥慎一 「『モーニングショー』が始まった15年当時の視聴率は5〜6%でした。 コメンテーターの石原良純、長嶋一茂、高木美保といったメンバーは前番組の『モーニングバード』から引き継いでいます。 大きく変わったといえば、さんが週1から毎日出演するようになったこと。 他局ではまず見ない局員がズケズケと、時にはけんか腰でまくしたてる、あの男は誰なんだと話題にもなりました。 ま、結局、ただのテレ朝社員だったわけですが、そのズケズケ感がコロナにハマったんでしょう。 政府の後手後手の対応に、国民が何をやってんだ!と思っていたところに、彼が視聴者の思いを代弁していた感じでした」 番組内容もコロナ一色となって、白鴎大学の岡田晴恵教授という新たなスターも生み出した。 玉川氏の発言も相変わらずで、3月には国民へのマスク配布を決めた厚労省に対し、彼は「医療機関に配るべきだったんじゃないか」と発言。 これに対し、厚労省は番組を名指した上で《医療用マスクの優先供給を行った》とツイート。 ところが、マスクの優先供給は《行った》のではなく、《開始した》だけだったことが番組の取材で明らかとなり、「モーニングショー」の信頼は増す格好となった。 「4月には玉川さんと政治ジャーナリストの田崎史郎さんの舌戦という目玉もあり、話題性も生まれたところに、在宅勤務、ゴールデンウィークで、普段番組を見なかったサラリーマンも『モーニングショー』を見るようになったのでしょう。 ただ同時に、その頃から、番組のアラが目立ってくるようになった」(同) 視聴率9・9% 4月29日の放送で玉川氏は、土日の感染者数が少なくなるのは、行政の検査機関がPCR検査を休んでいるためと発言したが、行政も土日返上で働いていることが判明。 全面的に謝罪するハメに。 5月19日には、PCR検査の精度が7割程ということついて彼は、(検体の)採り方がいまひとつと、医療従事者の腕のなさが原因とでも言いたげな発言はネット上でも炎上した。 「元環境相の細野豪志代議士も《玉川徹氏は常にテレビでコメントできる特権的な立場にある。 平時は色んな意見があっていいと思うが、有事に専門外の人間が付け焼刃の発言をして現場を混乱させるのは本当に困る》とツイートしていましたが、まさにメッキが剥がれてきたように思います。 おかげで『モーニングショー』の視聴率も6月3日、4日共に、9・9%と二桁を割るようになりました。 元々、夫を仕事に送り出した主婦層向けに、二枚目の羽鳥慎一アナを起用した情報番組であり、報道番組ではなかった。 それが玉川さんを毎日出演させて、政府にもの申す硬派なコーナーを売りにしていたところにコロナがハマった。 とにかくPCR検査をやらないとダメとばかりに視聴者の不安を煽った。 ただし、やっぱりなんだか怪しい……と視聴者も気づき始め、不安を煽る番組作りも通用しなくなったんでしょう。 決して焦るような状況ではない。 「裏番組の数字を見れば、そうとも言えません。 あの立川志らく師匠の『グッとラック!』(TBS)が3%を超えるようになっています。 1〜2%で低迷していた番組が『モーニングショー』と視聴者を奪い合っているんです。 さらにテレビ東京の韓流ドラマも数字を上げており、こちらも3%台です。 いずれも主婦層を目当てにした番組です。 日本テレビ『スッキリ』などは客層が違うので、あまり影響はありませんが、まだ新型コロナが終息したとは言えない段階で、コロナを売りにしていた『モーニングショー』の数字が下がるのは、スタッフにとっては頭が痛いはず。 本当にコロナ禍が終息したときには、さらなる苦難が待ち受けていると思います」(同) 果たしてどうなるのだろうか。 ちなみに炎上が当たり前になりつつある玉川氏、東京新聞の連載「熱風涼風」では、相変わらず意気軒昂である。 5月24日付のタイトルは「全員検査戦略」として、とにかくPCR検査(抗体検査も加わった)を拡げるべく主張を続けている。 《……検査はウイルスの遺伝子を検出するPCR検査だけでなく、主に簡便な抗体検査キットを使います。 週刊新潮WEB取材班 2020年6月8日 掲載 外部サイト.

次の

「羽鳥慎一モーニングショー」の視聴率が10%割れ 内容がB級だとバレた?

羽鳥 モーニング ショー 意見

スーツをビシッときめ、眉毛を逆ハの字に吊り上げて政府や官僚をモーレツ批判。 玉川さんの雄姿は毎朝のおなじみだが、ふと思うのだ。 気持ちはわかるけれど、なんでこの人は、こんなに偉そうなの? そこじゃないんですよ! 玉川徹さんの顔を見て、一日が始まる。 そんな人は多いのではなかろうか。 朝の時間帯の番組で、トップ人気を誇る『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)のコメンテーターかつ、天下御免のご意見番。 玉川さんのモノの見方は独特だ。 3月2日の放送の冒頭でも、「いかにも」なシーンがあった。 「で、優勝したの?」 前日、東京マラソンで大迫傑選手が日本新記録を更新し、日本人最上位でゴールした。 この結果、大迫選手は東京五輪への切符をほぼ手中にし、男泣き。 ただし、順位は4位だった。 スタジオが快挙に沸く中、いきなり冷や水を浴びせたのが玉川さんだ。

次の

「羽鳥慎一のモーニングショー」で玉川徹氏がパジャマを披露 批判的な意見相次ぐ|ニフティニュース

羽鳥 モーニング ショー 意見

あ た り ま え — dupesが 🍖いっぱい【TAMU FC No. 時に14%以上も稼いでいた人気番組が、ここに来て2桁を割るようになったのだ。 もちろん、新型コロナが沈静化したわけではない。 緊急事態宣言こそ解除されたが、目下、「東京アラート」が発令中。 一体、何があったのか? 朝の情報番組「モーニングショー」といえば、同時間帯では16年度以降4年連続で民放首位の人気を誇る。 昨年度の平均視聴率は9・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)だった。 だが、今年1月は連日10%台が当たり前のようになり、2月には12%台、4月に13%台、5月4日には番組最高の14・1%を記録するまでになった。 民放プロデューサーは言う。 「『モーニングショー』が始まった15年当時の視聴率は5~6%でした。 コメンテーターの石原良純、長嶋一茂、高木美保といったメンバーは前番組の『モーニングバード』から引き継いでいます。 大きく変わったといえば、玉川徹さんが週1から毎日出演するようになったこと。 他局ではまず見ない局員がズケズケと、時にはけんか腰でまくしたてる、あの男は誰なんだと話題にもなりました。 ま、結局、ただのテレ朝社員だったわけですが、そのズケズケ感がコロナにハマったんでしょう。 yahoo. 元スタッフは、「玉川にはイデオロギーがあるわけでも、つぶさに事実を検証していくジャーナリスト精神が宿っているわけでもない」と発言しており、まさにメッキが剥がれ、素性がばれてきた感がある。 今朝も、富士山ろくに隔離施設を作ったり、国立公園などにある施設を改修し利用できるようにすると言う案に対し、「全く馬鹿げたことで、税金の無駄遣いだ」とこき下ろしていた。 毎日、思い付きで発言するから、少し前に自分が言っていた事をすっかり忘れてしまう。 「感染疑いのある人を収容する施設は、無駄に作ったかんぽの宿があるじゃないですか」との発言をしていたし、最近では「2週間隔離する必要のある人は、リゾートでゆっくり過ごして頂けばいい」などと、医療関係者をどのように手配するかなど一切考えない無責任さ。 朝から厚化粧で派手なファッションのブリッコおばさんのお笑いネタももう見飽きたし、視聴率低下は当然だ。 未だにテレビや新聞というオールドメディアに情報を依存している人達が大勢いることに驚かされる。 現在のオールドメディアは政府批判することが存在理由であるかのようなプロパガンダを毎日垂れ流し、視聴者を誘導するかのような報道姿勢が溢れている。 一方、ニューメディアであるインターネットの世界では、あらゆる情報を知ることが出来、何が真実であるか客観的に知る事が出来る。 今回の新型コロナ問題で言えば、PCR検査ありきのプロパガンダを視聴者に流し政府批判を誘導したオールドメディア。 しかしそれは医療崩壊を招くというリスクを内包していたのだ。 インターネットの世界ではそれを早くから指摘し、批判していた。 だからいくらオールドメディアがプロパガンダしても、世論はそれに流されなかった。 新型コロナ以降、オールドメディアの衰退は益々加速していくだろう。

次の