ハナ 動物 病院 花子。 【ザノンフィクション】花子になって獣医の太田快作に飼われたい理由

【ザノンフィクション】看取る時間くれてありがとう。ハナ動物病院長の名言に感涙

ハナ 動物 病院 花子

「花子と先生の18年・後編」あらすじ 出会いは18年前。 東京・杉並でハナ動物病院の院長を務める獣医師の太田快作さん(40)と愛犬の花子。 太田さんは、野良猫や捨て犬など飼い主のいない動物の治療を積極的に行っている。 「獣医師が動物保護の先頭に立つべき」と考え、一般診療の他に、野良猫、捨て犬など飼い主のいない動物や福島で被災した犬や猫などの治療も引き受けている。 そんな太田さんにとってかげかえのない存在が花子(18)だ。 人間なら100歳近い高齢で、一緒に病院に出勤し、診療中も花子を見守っている。 花子は病院のアイドル犬でもあり、看護師や患者からも愛されている。 太田さんは獣医学部の学生の時、花子を青森の保健所から引き取った。 それがきっかけとなり、人間の犠牲になる動物の命について、深く考えるようになった。 獣医師になった今も「いつも花子だったら」と思い、動物たちを治療している。 そんな花子が突然倒れた。 内臓に腫瘍が見つかり、余命いくばくもない。 特別な治療や手術はせず、花子との時間を大切にしようと決める太田さん。 花子といつも通り、病院に出勤する。 末期ガンの犬や喉に腫瘍を持つ猫の手術をしながら、花子を見守る。 看護師たちもそんな太田さんと花子に寄り添い、最期の時間を慈しむように過ごす。 1匹の犬の看取りを通して、命との向きあい方を問いかける。 スポンサーリンク もう私は花子になりたい! 犬の花子を看取る話でした。 飼い主の太田さんが昼夜問わず看病するの。 嫌な顔一つせずに、ね。 死ぬギリギリまで花子はみんなに囲まれて。 穏やかな最期を過ごすのさ。 ステキな飼い主に出会えて、花子も幸せだったと思います。 これを人間に例えると、どうなるのか。 私たちの真っ黒い感情を見ていきましょう。 「親の介護は嫌だ」 「親の遺産は俺のものだ」 「義理の父さんが死んで気分スッキリ」 少なからず、こう思う人もいると思います。 だって、人間だもの Byみつを。 最後の最後まで愛情に囲まれてさ。 幸せな最期を迎えられる人間は。 どれほどいるのでしょうかね。 そう考えば考えるほど、花子の最期は理想。 みんなが自分の事を思ってくれるし。 いつも誰かが一緒にいて、寂しくないから。 スポンサーリンク 獣医の太田快作に飼われたい 2020年5月に、この記事を書いてるの。 まだ関東の一部で緊急事態宣言が発令中。 そんな今日、びっくりすることがあってさ。 うちの爺さんが実家に人を呼びまして。 宗教の人を招いたんですよ、はい。 我が家のリビングで、お釈迦さまがどうたらこうたらの映像が流れてましてね 正気かっ!! って思ってます(笑) 家に宗教の人を呼ぶのはルール違反だし。 不要不急の外出の極みすぎるし。 なんか気持ち悪いでっす。 だから、私は爺さんが死ぬ直前でも。 看病はできないし、一緒にはいないです。 葬式に行くのも遠慮したいかな。 キミにもいると思うよ。 そういう大嫌いな人が。 だって、人間だもの Byみつを。 だからこそ。 花子にありったけの愛情を注いでる太田さん。 マジで凄いと思う。 神経質な飼い主はさ、犬をゲージに入れて飼育するでしょ。 自分の部屋を汚されたくないから。 でもね、太田さんは違う。 花子は部屋を自由に動き回れるし。 太田さんのベットでお漏らしをしても、笑って許してくれる。 こんな飼い主に飼われたい、私は。 絶対に幸せな人生を過ごせるからね。 スポンサーリンク.

次の

『ザ・ノンフィクション』太田快作獣医師の活動!花子から学ぶ、動物を飼うということ

ハナ 動物 病院 花子

目 次• ハナコが居なかったら医者である僕はいない 前回に続き、主人公は 東京都杉並区にある ハナ動物病院の院長・太田快作さんと、 愛犬の花子です。 太田先生は、動物保護の活動を精力的に行う獣医師です。 飼い主のいない動物達の保護や、治療を積極的に行っています。 太田先生は獣医師でもありますが、 花子。 という、犬の飼い主でもあります。 花子とは18年前、保健所で出会いました。 その保健所での出会いがきっかけで 最終的に殺処分。 となってしまう 「動物の命」に対して真剣に向き合う事になった先生。 人間の都合により 処分されてしまう命を減らしたい。 と考える様になり それを獣医師としてのミッション(使命)として 強く感じ、邁進し続けてきました。 その姿を見て私は頭が下がる思いでいっぱいですが 先生は 「花子との出会いが今の獣医師である自分を作った。 」 「花子が居なかったら 今の僕はいないし、ハナ動物病院もないと思う。 」 と言います。 二人三脚で歩んできた 太田先生と花子。 ところがある日。 花子が倒れます。 花子の体には腫瘍があるけど、 人間でいうと100歳になろうとする花子には 手術が出来る体力が残っておらず 最期までもう幾ばくも時間がない・・・・。 その様子に密着したのが今回の内容でした。 前回の放送内容: ありがとう。 花子は親孝行だね。 という感謝の言葉にハッとした 倒れて以来、ずっと横なったままの花子。 時折、呼吸が浅くなり、ハァハァしている。 そんな花子に話しかけ、 寄り添う太田先生。 仕事の時以外はなるべく一緒に過ごそうとし、看病をする。 花子の容態は不安定になったり持ち直したり。 先生は、延命治療はしない。 と決めて このまま花子の寿命に任せて看取る。 と言う決断を下します。 「もちろん。 点滴に栄養分入れれば多少長生きできると思うけど」 という先生。 ムリして生き長らえてもらうより、 看取る時間をくれた事に感謝し、 残された命の時間の中で 最大限一緒にいる事を選んだそう。 「もっと何かしてあげたい。 って当然思ってしまうけど、 看取る時間をくれているって親孝行だよ。 」 と言った先生。 私はこの、 「看取る時間をくれているって親孝行。 」 という言葉でハッとさせられました。 そうなんですよね。 10年以上も一緒に過ごしてきた動物って どう転んでも可愛いし、大切だし、もっと一緒に過ごしたい。 って飼い主だったら思ってしまいます。 でもそれ。 もしかしたら、飼い主側のエゴなのかもな。 って思ったんです。 動物は喋れないから もっと長生きしたいのか、 それとも痛みやだるさともう戦いたくないのか。 という 意思は分からないんですよね。 何かしてあげたい。 と思い、 それをやってあげられる環境にいるのであれば やってあげたくなってしまうけど でもそれが本当に相手の為か。 を考えたら そうではない事もあるんだよね。 という事に気が付かされました。 花子の場合高齢だから 手術は体への負担が大きいし、 術後苦しんだりするならば それは花子の望むことではないのかもしれない。 いやいや 助かる可能性があるなら、 最後まで治療してあげるべき。 という意見もあるかもしれないけど 正直どっちが正解なんて誰にも分からない。 治療を諦めるのも、 最後まで治療をやり尽くすのも どっちも正解なんだろうし、 状況によってはどっちも、人間側のエゴ。 となるんだろう。 という事を考えさせられました。 今回は「花子」を通してそれを考えさせられたんだけど 実はこれ、人間同士も一緒よね。 と思ってしまいました。 ほとんど意思疎通が出来なくなった人に対してどこまでやってあげるかって問題。 これも考えてみたら 事前に話し合いをしてた場合以外は どこまで治療するかって、ほぼほぼ看取る側の希望で決められてるな。 なんて思ったりしました。 なんか生と死の現場では この世に残る側の思いが強く反映されてしまう傾向にあるんだろうけど そんな中で 「ここまで与えてくれて親孝行だね。 花子は」 って静かに言ってあげられる先生を見て ホロリと泣きつつも そうだよねー。 死んでいく側としては 必死になって怖い顔で延命措置する飼い主みてたら 最期嬉しくないかもね・・・。 なんて思ってしまいました。 正解がない分複雑な気持ちだなー。 皆に囲まれてこの世を去った愛犬花子 さて。 花子は18歳と半年でこの世を去ります。 花子が亡くなった後、太田先生は ご自身の経営するハナ動物病院で 花子のお別れ会をします。 病院の看板娘だった花子の為に 最後までにぎやかに過ごさせてあげよう。 という先生の計らいなんだと思います。 穏やかな顔で横たわる花子の周りに手向けられた 沢山の華やかなお花。 次から次へと訪れる お別れを言いに来る人達。 それ見てたら 花子という犬は一体どれだけの人達に元気や癒しを与えていたんだろう。 どれだけの人達と関わってきたんだろう。 すごいな。 って思ってしまいました。 最期多くの人に囲まれる事が良い事という意味ではなくて 一人一人与えられた役割や、能力が違う様に 犬でも色んな子がいるし こんなにも多くの人に見送られて去っていく子もいるのね。 って思ったんですよね。 人間ですら老いていくと 段々と人づきあいは減っていくのに そんな中 花子は最期までたくさんの人に囲まれていたのかー。 私の最期は一体誰とどんなふうに迎えるんだろう? というかタイミングにより看取ってもらえない。 なんて事もあるのかなぁ。 とまで考えてしまいました。 もしかしたら今回の番組みて精神的に 私が弱っているだけかもしれないけど そんなことまで考えさせられちゃうだなんて 花子の存在感デカ過ぎです。 スポンサーリンク 仕事の成果が出ないなら、大事な人の為。 と思ってやれば良い 沢山の人に見送られる花子を見て 思わず私自身の 人生の最期。 まで考えさせられましたが これって、 太田先生が常に口にする 「目の前にいるのが花子だったら、どういう行動取るのか」 すなわち、 「相手が自分の一番大事な存在だったらどうするか。 」 これをやり続けた結果どうなったか。 を見せてもらえたんだな。 と思いました。 どういう事かと言うと 相手が自分の一番大事な存在だったらどうするか。 花子ちゃんのお別れ会? 行こう行こう。 」 となったんだろうな。 と思ったんです。 大分簡素的に書きましたが 「仕事はただの作業ではない。 目的を考える事。 」 と言い (先生の場合は命を救う事) 作業の向こうにある、根本的な目的。 そして相手の気持ちを考えて行動し続けた 先生が周りの人達との信頼関係築いていたからこそ 起きた事なんだよね。 と思ったんです。 私は、時々 私の人生、出来る社会貢献って何だろう。 とか考える事あるのですが なんか順番逆だったなーなんて気が付かされました。 どんな仕事するんであれ、 自分の大事な人の為。 って思ってやれば 必ず改善出来たり、成果上がったりするし その結果、誰かの為になる仕事が出来る様になっていく。 という順番なんだな。 と、思いました。 ぶれる事なく自分の天命ともいえる 「命を救う事」を全うしガンガン突き進む先生。 素直にすごいなーって思ったし尊敬するんだけど 学生時代から「命救うんだ!」と決めて立ち上がり 世に貢献してる先生の様な人がいる一方、 私は今、 周りの人に何をどの位与えられているんだろう。 って事考えると 大して出来てないなーなんて思ってしまい 前回見た時と同様、 先生に対して劣等感を感じたりもしています。 別にそんな劣等感感じる必要ないと思うけどね。 多分私の親せきが医者だし とても優秀で、過去に劣等感感じて生きていたから どうしても医者に対してどっか負い目感じてるってだけかと思います。 前回に引き続き 今回も結構深いところまで考えさせられた 【ザ・ノンフィクション】だったけど あまりにも優秀な人見ると どうしても私の闇をえぐられる気持ちになり モヤっとしてしまう ひねくれた私が登場したりします。 ま、しょうがない。 元歌舞伎町の住人だし。 今日は以上です。 ここまで読んでいただきありがとうございます。 前回の放送内容:.

次の

『ザ・ノンフィクション』「獣医師と行政が悪い」と語る院長の真意「花子と先生の18年 ~人生を変えた犬~ 前編(2020/05/11 17:57)|サイゾーウーマン

ハナ 動物 病院 花子

ところがここで衝撃的な事実を知ります。 当時の外科実習は、保健所から健康な犬を連れてきて、病気でもないのに手術して、最後は安楽死させる内容でした。 動物好きの人はとても見ていられません。 先生たちの考えは「動物を殺さなければ獣医にはなれない」が当たり前でした。 あまりのショックに太田快作さんは外科実習を拒否し、欧米の大学で一般的な、病気で死んだ動物の遺体を使う「動物実験代替法」の採用を大学と交渉して単位を取得するという、異例の卒業生でした。 青森の保健所で犬の「花子」と出会い、人間の犠牲になる動物の命について深く考えるようになります。 「花子」は「犬部」のアイドル犬として愛され、太田快作さんにとってかけがえのない愛犬になってきます。 ・スポンサードリンク ノンフィクション【太田快作】のwiki ハナ動物病院について 名前:ハナ動物病院 診療動物:犬猫うさぎ 責任者:太田快作院長 電話:03-5913-8241 住所:東京都杉並区梅里2-28-4 梅里MSビル1F アクセス:新高円寺駅から徒歩9分 太田快作さんの診療のモットーは、病気を診るのではなく動物を診る! 動物が病気になったとき、無理やり活かすような治療法もあれば、そうじゃない治療法もあります。 「どちらを選んでもこの子は幸せなのだから、あなたが良いと思う方を選べばいいのです」と太田快作さんはアドバイスし、治療だけが目的にならないよう患者に寄り添ってます。 扉は動物の足型がモチーフの飾り入り、待合室のロールスクリーンも動物の足型の持ち手がついています。 大学時代の「犬部」の精神が受け継がれてますね。 ・スポンサードリンク・ ノンフィクション【太田快作】のwiki 現在は? 太田快作さんは現在も大学時代と変わらず動物保護に積極的です。 「NPO法ゴールゼロ」の副理事長でもある太田快作さんは殺処分ゼロを目指して、休日もほぼ動物保護に時間を使ってます。 千葉で、野良猫の避妊去勢手術をします。 埼玉で、何十匹も犬を飼う多頭飼育崩壊現場へ。 「開業して日々の診療の傍ら、野良猫の避妊手術なんてできない」という多数の意見に対して、実現できる獣医師がいることを証明したいからです。 行政で殺処分される猫のほとんどは野良猫が産んだ仔猫たちです。 だから地域の野良猫ぐらいは不妊手術をしてもとの場所に戻すことが、地域の獣医師の大切な役割だと考えています。 野良だけでなく、迷子になったり、被災地で飼い主とはぐれた動物も殺処分されてしまいます。 でもマイクロチップが入っていれば、保護された時点で飼い主がわかるから、麻酔不要で10秒で挿入できるマイクロチップを、太田快作さんは推奨しています。 なのに動物に恩返しできない現状を変えたくて、獣医の医師・学生・医療関係者に向けた講演活動を行ってます。 ノンフィクション【太田快作】花子の現在は? 18年前、大学時代に出会った花子。 一緒に病院に出勤して、診療中も花子がいました。 太田快作さんにとってはもはや自分の一部のような存在。 花子は病院のアイドル犬で、看護師や患者から愛された存在でした。 そんな花子はの年齢は18才。 人間なら100歳近い高齢です。 ある日突然倒れましたが高齢のため手術はできず・・・2019年9月4日死去。 現在は亡くなってます。 まとめ ノンフィクションで特集される獣医師・太田快作さんと花子の経歴と現在までを紹介しました。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の