ニーズ と シーズ。 「ニーズ」と「シーズ」って何のこと?意味の違いから戦略まで詳しく解説します│kotodori

ニーズとシーズの違いって?簡単に製品開発に活かすコツ

ニーズ と シーズ

ニーズとは? ニーズは英語で記すと「needs」 ニーズは英語で表記すると「needs」となります。 欠乏感、何かを欲しいという欲求を示す言葉です。 ナビゲート ビジネス基本用語集には以下のように記されています。 「個人の場合、生理的ニーズ 空腹・渇き 、社会的ニーズ 帰属、尊敬 、個人的ニーズ 自己実現 などがあり、人間生活上必要な、ある充足状況が奪われている状態をいう。 ニーズはそれ自身では具体的な購買行動とはならず、欠乏感を解消するための商品やサービスへの欲求(ウォンツ)となってはじめて購買行動が起こるとされている。 主にマーケティングでよく使われる言葉です。 意味は消費者側の要求、需要、必要性 ニーズとは一般的に、消費者側の要求、需要、必要性を表す言葉です。 マーケティングでも同様に使われています。 お客様の要求、需要、必要性に沿った商品やサービスを開発するためには、顧客の欲求は何なのかを的確に把握して、掘りおこしていく必要が生じるものです。 ニーズには主に、潜在ニーズと顕在ニーズの2種類があります。 対義語はシーズ、類語はウォンツ ニーズの対義語はシーズで、類語はウォンツです。 シーズは英語で「seeds」、ウォンツは「wants」と書きます。 ニーズが消費者視点であるのに対してシーズは商品等を提供する企業側からの視点となるため、対義語という扱いになっています。 一方、ニーズは類語のウォンツと混同されやすく、主に数種類の解釈があります。 対義語「シーズ」とは? 意味は企業側の志向を重要視した開発 シーズとは、まだ世に出ていない新しい商品やサービスを提案するための企画・技術力・材料など、企業側の志向を重要視した開発のことを意味しています。 1990年代半ばまでのインターネットがシーズの代表的な事例と言えるでしょう。 当時インターネットは一部の研究者だけが使っていたものでした。 しかし徐々にメールや通販などに活用され、消費者が「こんなものを欲しかった」という気づきを得ることになったのです。 シーズを直訳すると「種」となり、どんな形で使えるかがまだわかっていないビジネスの種という意味で使われることもあります。 ニーズとウォンツはどう違う? ウォンツの意味 ウォンツはニーズと対で使われることが多いですが、明確に区別できている人は少ないのかもしれません。 ウォンツには欠乏感を満たすための具体的な商品やサービスへの欲求、まだ顕在化されていない要求といった意味も含まれています。 また、「これ以下に水準は落としたくない」と「少しでも良くなりたい」といった形で欲求を二分し、前者の水準維持型をニーズ、後者の向上型をウォンツとする解釈もあります。 ニーズとウォンツの違い ウォンツには主に数種類の捉え方があるとされますが、場合によっては正反対と思われるものもあるために注意が必要です。 話し手の意図に沿って解釈していきましょう。 主な解釈の1つでは、ニーズは潜在化している抽象的な欲求、ウォンツは欲求を満たすために選ばれる具体的な選択や理由という位置づけです。 例を挙げると「のどが渇いたから何か飲みたい」という抽象的な欲求がニーズであり、その欲求を満たすための「ウーロン茶が欲しい」という具体的な選択がウォンツとなります。 他方で、顕在化している欲求をニーズ、消費者自身もまだ気づかない潜在的な欲求をウォンツとする解釈も見られます。 ニーズがつく言葉は? 顧客ニーズ 顧客ニーズとは顧客が抱く欲求や願望のこと、つまりどのようなお悩みを解決したいと考え、どうなりたいという願望を持っているかということを意味します。 欲求や願望を満たすために顧客が望んでいる商品やサービス、とも言い換えることができるでしょう。 顧客ニーズには主に2種類があり、顕在ニーズと潜在ニーズがあるとされます。 潜在ニーズ 潜在ニーズとは、顧客自身もまだ気づいていない欲求です。 本人にも自覚がない漠然とした欲求のため、引き出すには高度なインタビュースキルが必要になるでしょう。 しかし、潜在ニーズをうまく引き出すことができれば、本質的な気づきを与えることができ、顧客満足度も上がります。 場合によっては、差別化や商品の販売しやすさにもつながるのです。 顕在ニーズ 顕在ニーズとは、「こんな商品が欲しい」「こういったサービスがあれば嬉しい」と顧客自身が自覚できており、言葉やイメージなどで明確になっている状態です。 現在では商品やサービスの選択肢が多くなっているため、顕在ニーズは少なく競争が激しくなっています。 したがって、潜在ニーズの掘り起しがマーケティングの鍵を握るというのが一般的です。 依存的ニーズ 依存的ニーズとは介護や福祉の現場で使われる用語で、サービスの利用者に対する全面的な支援が、サービス提供側に要求されている状態であることを指します。 主に福祉生活施設などで、利用者の生活全般を支援するサービスがその一例です。 一方で、在宅などで個々の要求に応じ、生活の一部を支援してもらう自立型ニーズという言葉もあります。 こちらは自立が目的となっており、依存的ニーズと対比して使われています。 ニーズの使い方や例文は? ここでは、ニーズの主な使い方や例文について見ていきましょう。 ニーズに応える 要望に応えることができる状態、またはその状態をめざすときなどによく利用される言い回しです。 例文を挙げると「多彩なユーザーのニーズに応えた新商品を開発します」「お客様のニーズに的確に応えるためには、綿密な事前リサーチが欠かせません」 「地域のお客様のニーズに応えた品ぞろえ」「事前にサービスを試したいというニーズに応えて、30日の無料お試し期間を設けています」のように使います。 ニーズに対応する 主に要求・欲求・需要に応じる、といった意味で使われる表現です。 例文としては「いろいろなニーズに対応するために、オプションパーツを多数ご用意いたしました」「多様なお客様のニーズに対応するには、新たなサービスづくりと人材育成が必要になります」 「このビジネス書は個人事業主から中小企業の経営者まで、幅広い事業主のニーズに対応しています」「多様な住民からのニーズに対応するために必要となる、市職員の心構えと対処法」などといった形で活用できます。 ニーズがある 商品やサービスなどを求めている個人や法人がいる、需要がある、といったときによく使用される言い回しです。 例文としては「公共施設主催のパソコン教室は、子どもからシニアまで根強いニーズがあります」 「病児保育サービスは、未就学児をもつ共働き世帯に大きなニーズがあるのではないでしょうか」「スマートフォンは子供から大人まで幅広く使われていますが、旧型の携帯電話も依然、根強いニーズがあります」などが挙げられます。 ニーズを把握する 相手の欲求や願望を正しくつかむ、把握する、などといったことを表現する言い回しです。 例文には「お客様のニーズを的確に把握し、限られた時間で効率よく進めるために、まずは事前アンケートにご協力ください」「人脈を作るためにはまず、相手のニーズを把握し、相手が求めている情報や知人を紹介するなど協力を惜しまないようにしましょう」といったものがあります。 まとめ ニーズとウォンツは消費者視点に立った用語、シーズは企業視点からの用語となります。 ニーズとウォンツは類語と位置づけられていますが、解釈には数種類あるとされており、使うときには注意が必要です。 相手の意図やシーンにあわせて使い分けるようにしましょう。

次の

企業の研究開発テーマの選び方:シーズか?ニーズか?|転職・就活ものづくりずむ

ニーズ と シーズ

「売れる新製品」を作るには どんな企業でも「どうしたら売れる商品・サービスが作れるのか?」という悩みを抱えています。 もちろん簡単に解決できる悩みではありませんが、新製品が市場に出る「正しいプロセス」をよく理解することによって、しなくてもよい失敗を回避しやすくなるでしょう。 「ニーズ」に重点を置く 製品開発のアイデア出しには大きく分けると2つの方法があります。 1つは市場の「ニーズ」に重点を置いて、それに応えるアイデアを創出するという方法です。 「ニーズ」とはお客様の欲求です。 有名なアメリカの経営学者フィリップ・コトラーは「ニーズとは生活上必要な満足感が奪われている状態」と定義しています。 「人は何か満たされないと感じ、それを満たしたいと思ったときに、解決策として商品・サービスを買う」と考えればわかりやすいです。 2種類のニーズを把握する ニーズには「おいしいものが食べたい」とか「うまい酒が飲みたい」といった、わかりやすいもの 顕在的ニーズ と、消費者自身も気がついていないニーズ 潜在的ニーズ が存在します。 あなたも、なにか商品・サービスを購入したときに、「何気なく」購入した、という経験がありませんか? その「何気なく」の中に実は潜在的ニーズが隠されているのです。 あなたは「気づいていなかったけれど、心のどこかでその商品が気になっていた」のではないですか? そのような状態のときにいちばん、購買意欲はくすぐられると言われています。 「気がついていないようでどこかで気がついている」というお客様の微妙なニーズを見つけ出すことで成功はグッと近づいてくるのです。 潜在的ニーズが重要 顕在的ニーズは、消費者自身が自覚をしているわけですから、それが実現できる商品・サービスを提供すれば「買いたい」と思ってもらえます。 しかし、企業の側もそうしたニーズがあるということがわかっているので、競合がたくさん存在することになります。 そういった理由からも、いかにして消費者の持つ潜在的ニーズを刺激するかということが成功のカギになります。 潜在的ニーズを探り出すには、市場調査による消費者へのさまざまなアプローチが欠かせません。 「シーズ」に重点を置く アイデア作りの2つ目の方法は、企業が持つ独自の技術や素材など シーズ に重点を置いて製品のアイデアを作り出していく方法です。 シーズとは「将来ビジネスとして実を結ぶ可能性を持った種子 seeds 」という意味です シーズから製品のヒントを得た場合、初期の段階でニーズを確認することが必要です。 「ビジネスとしてどのくらい成り立つのか」「ニーズの広がりは望めるのか」などを、ある程度確かめながら製品開発を進めなければなりません。 もしも最終的に事業性が弱いという判断に至ったら、再びアイデア出しの段階に立ちかえって変更・修正を繰り返します。 「ニーズ」と「シーズ」をどう結びつけるか 具体的には、綿密な市場調査によって消費者のニーズを探り、それに合わせシーズを研究・開発する、という手法が主流です。 例えばエコというニーズに対して、多くの企業が省エネやCO2削減に向けた技術を開発している現状がまさにそうです。 また、すでに企業が持っているシーズが商品化されることで、消費者のニーズが掘り起こされる場合もあります。 薄型テレビなどがいい例です。 すでに存在していた液晶の技術を商品に採用した結果、テレビは劇的に薄くなりました。 大画面のテレビを省スペースで使用できることになり、消費者の潜在的ニーズが掘り起こされ、大ヒット商品となったのです。 このようにニーズとシーズをうまく結びつけることによって、「売れる商品・サービス」を生み出すチャンスが巡ってくることになるのです。

次の

ニーズ・シーズ・ウォンツとは

ニーズ と シーズ

この記事の目次• 何もないところから新製品を生み出すことはできません。 新製品開発の素材や元ネタとなるものにはニーズやシーズがあります。 ニーズ、シーズとはそれぞれどのようなもので、それを元にどのように新製品が生まれてくるのかについて解説します。 ニーズとシーズ ニーズとは ニーズとは、消費者が生活上の特定のシーンで具体的に必要と感じるもの、またはその必要性のことを言います。 例えばテニスをする場合には、ラケットが必要になりますし、ドライブをするには自動車が必要です。 また、生きていくためには食べ物や住居などが必要です。 これらの必要性がすなわちニーズです。 ニーズは個々の消費者の状況によって異なります。 風邪をひいて症状がひどい場合、風邪薬は今すぐにでも必要と感じますが、健康な人には必要ありません。 このようにニーズとは、特定のシーンでは必ず必要になるものではありますが、個々人や状況によってさまざまに変化するものです。 ニーズからウォンツへ 消費者が購入する製品やサービスを選ぶ場合、ニーズ(必要性)だけで選ぶのかと言えば現実的にはそうではありません。 再度自動車を例に出します。 ご存知の通り世の中には多くの種類の自動車が存在します。 もちろんその中には今自分に必要のないトラックや、高価過ぎたり納車までの期間が長すぎたりして選択候補にはならない車種も沢山あります。 仮にそういった車種を除いても、依然多く車種が購入候補のリストに残るはずです。 そのような「どれを選んでも必要性は満たされる」複数の選択肢がある中で、実際に消費者が「これ!」と特定の車種を選ぶ理由が、「ウォンツ」です。 実際に購入する際には、「こちらの方がカッコいい」、「走りがいい」、「内部がゆったりしている」などデザインや燃費、操作性や居住性などさまざまな基準で比較することになるでしょう。 そのような「モノや人を速やかに運ぶ」という従来の自動車の必要性とは直接には関連性のない、さまざまな消費者の欲求がウォンツです。 シーズとは 一方シーズとは、企業がすでに持っているか、または新たに手に入れた新しい技術やアイデア、ビジネスモデルやサービスモデルなどのことです。 これまで存在しなかった新素材や、従来のものと桁違いの解像度を持つ画像モニター、今までになかったような新たなシェアリングサービスのアイデアなどがシーズの例です。 シーズは、仮にそれが実際に製品化された場合、世の中を変える程の大きなポテンシャルを持つものから、世に出てもほとんど見向きもされないものまで、さまざまなレベルがあります。 製品化された場合にヒットするか否か、それを決めるのは結局前述のニーズとウォンツなのですが、シーズが単にニーズやウォンツの対象物にすぎないのか、といえばそうとも言えません(詳しくは後述します)。 ニーズ志向とシーズ志向による製品開発 ニーズとシーズがどのように製品開発の素材や元ネタになるのか? もうお気付きかとは思いますが、それぞれマーケティング戦略的な内容も含めてご説明すると次のようになります。 消費者の欲しいものを作り出す「ニーズ志向」 ニーズ志向による製品開発とは、消費者の必要性にスポットを当てて製品開発をすることです。 ニーズはさまざまなシーンで発生する必要性ですので、ニーズ志向による製品開発とは消費者が必要とするものを作り出すこととも言えます。 例えば、家庭の庭木の剪定は素人では危険ですが、かといって専門家に頼むのもコストがかかります。 素人でも気軽に庭木の剪定ができる器具として高枝切り鋏が売り出されてヒットしました。 高枝切り鋏の開発/生産にはそれほど高度な技術が必要ではありませんが、消費者のニーズを的確に掴んだことでヒット製品になったと考えられます。 消費者のニーズを的確に把握することは簡単なことではなく、例えば、いつ、誰が(どのような人が)、どのようなシーンで、どのような必要性を感じるかを発見するために、さまざまなマーケティング調査を実施し、さらに分析した結果初めて把握できるものです。 (マーケティング調査の詳細は割愛させていただきますが、統計的な調査や消費者へのアンケート/インタビュー、行動観察などを始めさまざまなものがあります。 ) 競合する同カテゴリーの製品がない場合は、ニーズの把握のみで製品開発も可能ですが、競合製品がある場合は、それらが並ぶ中で自社製品を最終的に選んで貰う必要がありますので、ウォンツを把握する必要が出てきます。 自社が市場を独占できる機会はあまりありませんので、ウォンツの把握が必要なケースの方が一般的でしょう。 高枝切り鋏を購入する消費者層は、どのような理由や基準で最終的に製品を選ぶのか? より軽いものか? 太い枝でも楽に切れるものか? それとも価格が重視されるのか? 実際に購入するターゲット層がどのような嗜好や価値基準、こだわりを持っているのかをウォンツの形で把握することで、消費者に選ばれる製品を作り出すことが可能になります。 ウォンツの把握も、ニーズと同様にさまざまなマーケティング調査を駆使する必要があります。 見えない欲求を形にする「シーズ志向」 ニーズやウォンツは消費者が自覚しているものと自覚していないものがあります。 単にニーズやウォンツと言う場合、通常は消費者が自覚しているもののことを言い、それらは「顕在的なニーズ」や「顕在的なウォンツ」と呼ばれます。 ニーズ調査などで把握できるのは、これらの顕在的なものです。 一方、ニーズやウォンツには消費者自身も気が付いていないもの、人に言われて「ああ、それが必要だったんだ、それが欲しかったんだ!」と初めて分かる種類のものがあります。 それらは「潜在的なニーズ」や「潜在的なウォンツ」というものです。 それらの潜在的なニーズやウォンツが、シーズ志向の製品開発の際に重要になります。 「消費者は何が欲しいかはそれを見せられるまで分からない」というのは、かのスティーブ・ジョブズの言葉です。 それは正に潜在的なニーズやウォンツのことを言っているのであり、シーズ志向による製品開発はそのような「消費者自身も気が付かないニーズやウォンツ」を消費者に「見せる」ことです。 シーズとは、新しい技術やアイデア、ビジネスモデルやサービスモデルなどのことと申し上げましたが、シーズを使って製品開発するためには、それらが消費者の潜在的ニーズなどの満たすことが条件となります。 しかし、潜在的ニーズは表に現れていないものですので、顕在的ニーズと違ってマーケティング調査ではなかなか把握できません。 調査や分析である程度推測や類推はできるものの、最終的には製品開発担当者やマーケッターなどが判断することになります。 従ってそのシーズによって開発した製品が潜在的なニーズやウォンツにマッチするか否かの判断には、ニーズ志向の場合よりもより高度なスキルが必要であると言っても良いでしょう。 このように、シーズ志向による製品開発は、ニーズ志向と比較してより大きなリスクを伴うものです。 しかし、その分ヒットすれば新たな市場を創造することになり、自社にとって大きなメリットをもたらします。 シーズ志向で留意しなければならないことは、画期的な技術やアイデアが必ずしも優れた製品につながるとは限らないという点です。 どれだけ優れた技術を用いても、潜在的なニーズやウォンツを満たすことがなければ消費者に受け入れられることはありません。 まとめ• ニーズとは消費者が感じる必要性のことを言う• ウォンツとは実際に製品を購入/選択する際の基準となる消費者のさまざまな欲求のことを言う• シーズとは製品開発の元ネタになる企業が持つ新しい技術やアイデアなどのことを言う• ニーズ志向製品開発は、事前にニーズやウォンツを把握しそれらを満足させる製品を開発すること• シーズ志向製品開発は、自社の有する技術やアイデアを元に、消費者自身も自覚していない隠れたニーズに気づかせるような製品を開発すること ニーズ志向はミドルリスク・ミドルリターン的な開発手法、シーズ志向はハイリスク・ハイリターン的な開発手法だといえます。 どちらが適しているのかは、自社や市場の状況、競合の状態などによって変化します。 ニーズ志向の方がアプローチしやすいためによく用いられますが、それだけでは市場における自社のイニシアチブを失ってしまうかもしれません。 自社の事業戦略なども考慮してどのようなアプローチが適しているのかを判断するべきです。

次の