平成31年 硬貨 価値 10円。 令和元年の硬貨の価値はどれくらい?プレミアム価格になる?

平成31年硬貨の価値はプレミアが付くのか?買取額が高い年号はいつ?

平成31年 硬貨 価値 10円

平成31年硬貨の価値はプレミアが付く? 平成も今年平成31年の4月30日までとなりましたよね。 なんとも残念な感じですが、新しい年号になっていろいろ楽しいことも起こる予感もします。 しかしここで不思議に思うのが、 硬貨の【年号】について。 この現象、以前にもあった気がしませんか? そう、それは 【昭和64年】と【平成元年】でした!! 今回平成31年の硬貨が価値がでるのか、昭和64年の硬貨がどんなプレミアが付いたかを参考に、調べてみました! 昭和64年の硬貨について 昭和64年は1月17日までだったので、造幣された数は少ないです。 1円玉ー1億1610万枚• 5円玉ー6733万枚• 10円玉ー7469万枚• 50円玉ー発行されていない• 100円玉ー発行されていない• 500円玉ー1604万枚 50円玉と100円玉は発行されなかったにしても、ちょっと数が莫大すぎて、ピンときませんよね。 参考までに前年の昭和63年と比較してみると、その発行の数は 【6~9分の1】と言われています。 と、いうことは かなりその数は少ない! と、いうことですよね。 これはプレミアがつく気配がかなり感じられます。 昭和64年の硬貨の価値は上昇中! 数少ない昭和64年の硬貨の価値を調べてみました。 実際昭和64年の硬貨を買い取りに持って行ったとします。 その時の金額は・・・。 なんと、 同じだそうです。 まあ、お金自体は金銭価値が変わっていないわけですし、当然といえば当然ですが・・・ しかしあきらめてはいけません! この金額は、使用されていた昭和64年硬貨の場合なんです。 では 未使用の場合はどうなるのか、というと・・・。 実はこのような結果になっています。 1円玉・・・50円• 5円玉・・・100円• 10円玉・・150円• 50円玉・・・発行されていない• 100円玉・・・発行されていない• 」 と、疑問に思いますよね。 ただ単に銀行に両替に行っても、それが平成31年の硬貨にしてもらえるとは限りません。 しかも 「平成31年の硬貨に両替してください!! 」 なんて、口が裂けても恥ずかしくて言えませんよね。 では、 どうやったら平成31年の硬貨が入手できるのでしょうか? しかも価値があるのは【未使用の硬貨】となります。 これはさらに狭き門になりそうですよね・・・。 平成31年の硬貨、しかも未使用の硬貨を入手する・・・今回はそんな方法も調べてみました。 その一つは、 購入する方法です。 日本造幣局からは、ジャパンコインセットなるものが販売されています。 「日本の伝統美」をテーマにしていて美しい仕上がりなんです。 しかも毎年販売されているので、 平成31年も販売される予定です。 タイトルは「平成31年銘ジャパンコインセット」。 この貨幣セットは平成31年銘の未使用の1円玉から500円玉の6種類の硬貨が収納されています。 デザインも日本の美しさをテーマにしているので、 飾っておくだけでもインテリアとしての価値がありそうですよね。 しかも何年か後に金額を査定してみると、とっても驚く結果になるかもしれません。 そしてもう一つは・・・。 調べてみると、それは【意外な方法】でした。 昭和64年の硬貨を入手した方法を調べてみると 【買い物した時のつり銭に、昭和64年の硬貨が混じっていた】 と、いう意見が多かったんです! では今回の平成31年の硬貨もその現象が多くみられるはずですよね。 買い物でお釣りをもらったら、平成31年かをチェックしてみてください。 そして平成31年の硬貨が混じっていたら、 ビンなどに保管しておくと無くすことはないですよね。 「でもそれって面倒くさいなぁ」 と、思われる方も正直少なくないと思います。 しかしこれから 【硬貨によっては、さらに価値が上がる硬貨がある・・・】 と、聞いたらどうでしょうか? 「え?それってどうゆうこと?」 と、不思議に思われるかもしれませんが、平成31年の硬貨はその種類によって、価値がガラッと変わってくるものがあるんです! 最も高いと予想される平成31年硬貨は・・・ 平成31年の硬貨は、それだけでも価値が上がると予想されます。 しかも、これから 【1円玉の価値がさらに上がる可能性がある・・・】と、予想されているんです。 そうなんです。 1円玉は、平成31年に消費税が10%になると、生産枚数自体が減少する可能性が非常に高いんです! それでなくても、調べてみると 1円玉の発行率は年々下がってきています。 ということは・・・平成31年の1円玉の発行数がかなり少なくなるのは明らかですよね。 もしお買い物の際に、平成31年の1円玉がお釣りに交じっていたら・・・。 宝くじに当選したような【ラッキー】になるかもしれません! そしてさらに、 価値が上がる硬貨の基準があることがわかりました。 それは・・・ 年号に関係なく、【変形している硬貨】も価値が上がる! ということなんです。 これまでに価値が高くついたプレミアの硬貨は• 穴がない5円玉や50円玉• 穴が真ん中から一がズレてあいている5円玉・50円玉• くぼみや凹みがあって、硬貨の形が変形している硬貨• 模様の印刷がズレている硬貨 などがありました。 平成31年の1円玉で、その形が変形していたりしたら・・・それはとってもプレミアが付く硬貨になることは間違いないですね! しかも年号に関係なく、変形1円玉で、【280万円】になった1円玉もあるんです。 (ちなみに、ヤフー・オークションで落札されました) そのうえ最近ではよく耳にする【仮想通貨】や【電子マネー】で、硬貨の流通が減ってきています。 そのことも考えると、 今後どんどん珍しい硬貨の価値が上がってくることは間違いないのではないでしょうか? 平成31年硬貨の価値は上がり続ける! 今回は 平成31年の硬貨の価値が上がるのか、という疑問についての解答を調べてみました。 昭和64年の硬貨の価値が上がったことを、参考にして考えると 【平成31年の硬貨の価値は上がる!! 】 と、考えられますよね。 そして一番希少価値が付いて、プレミアになるのは 【平成31年の1円玉】 の可能性が高いです。 今後生産量が減っていく中で、数少ない1円玉、それも平成31年の1円玉となると、 数十年後には信じられないような価格まで上昇している可能性すらあります。 記念硬貨や古銭が家の片隅で眠っている方も 「古いから捨てようか」 と、捨てる前に、一度見積もりをもらってみたほうがいいかもしれませんね。 そして【変形した硬貨】は、 「どうせ使えないし・・・」 と、おもわずに、保管しておくことをオススメします!

次の

平成31年と昭和64年 硬貨買取価値と知らないと損する硬貨の話

平成31年 硬貨 価値 10円

あなたは昭和64年の硬貨を持っていますか? 実は、昭和64年硬貨は世の中にあまり出回っていません。 平成最後の日は、平成31年4月30日です。 今回 ・昭和61年の10円硬貨の価値 ・昭和64年硬貨の価値 ・平成31年硬貨の価値 ・知らないと損する硬貨の話 について解説致します! 目次• 昭和64年硬貨の価値は? 昭和という時代は 昭和64年1月7日で幕を閉じました。 昭和64年の硬貨価値はどれほどのものなのでしょうか? 昭和64年硬貨の発行枚数• 50円玉; 0枚• 100円玉 ; 0枚• また昭和64年は、50円硬貨と100円硬貨は発行されていません。 この世には存在しないのです! 昭和64年硬貨の買取価格 買取価格の相場です!• 1円玉;3円~ 未使用50円~100円)• 5円玉;7円~ 未使用100円~150円)• 10円玉;12円~ 未使用100円~150円)• 50円玉;-• 100円玉 ;-• 親から譲り受けたものどうしたらよいかわからない• 引っ越しや衣替えをきっかけに処分を検討している• 売りたいものが大量にあって持ち運ぶのが面倒• 生前整理や遺品整理など• 記念硬貨をもっている 気になることがあれば無料相談で何でも聞いてみましょう!• 日本全国無料査定• 最短30分で来てもらえる• 金額に納得すればその場で現金を受け取れる スポンサーリンク 昭和64年1月7日 新聞価値 少し、話が寄り道します。 昭和64年1月7日の朝日新聞は 300円~1000円程度でヤフオクで出ています。 (2018年10月4日時点) 興味のない人からすればただの古新聞ですが 300円で手に入るのであれば コレクターは嬉しいと思います。 すでに4月30日で平成が終わることがわかっているので発行枚数も通常の年より少なくなることが予想されます。 平成31年 硬貨価値 平成31年の硬貨枚数は、通年よりも少なくなることが予想されます。 さらに昭和64年の経緯から未使用硬貨の価値が高いことがわかっています。 平成31年貨幣の製造枚数計画 平成31年4月1日にから平成31年度の貨幣の製造枚数計画が発表されました。 平成31年 硬貨価値と収集方法 日本のお金は、紙幣と硬貨の2種類あり、紙幣は日本銀行が硬貨は日本政府が発行しています。 硬貨を発行する枚数やタイミングは決まっていません。 さて、昭和64年の経緯から未使用硬貨の価値が高いことがわかっています。 そこで、未使用品の硬貨を入手したいわけですが、どうやったら入手できるのでしょうか? 銀行や郵便局で未使用品に変えてもらう方法を調べてみましたが、可能性はかなり低いです。 そもそも平成31年硬貨と指定しての交換は困難です。 そこで 昭和64年を思い出すと、あることを思い出しました。 昭和64年から数年間は昭和64年硬貨が手元に流れてくる! ということです。 つまり、お買い物をしたお釣りなどに昭和64年効果が含まれていました。 平成31年でも同様のことが考えられます。 地道に手元に入ってきた硬貨を確認して 平成31年と印字されている硬貨を貯金箱に入れていくことをおすすめします。 面倒かな? と感じるかもしれません。 今すぐ平成31年硬貨を入手したい人は、天皇陛下御在位30年記念硬貨セットを 購入するという方法もあります!• 話をもとに戻します! もう一度昭和64年硬貨の買い取り価格の相場をみてみましょう。 1円玉;3円~ 未使用50円~100円)• 5円玉;7円~ 未使用100円~150円)• 10円玉;12円~ 未使用100円~150円)• 50円玉;-• 100円玉;-• 500円玉;600円~ 未使用2000円) 1円なら少なくとも3倍です! これを 面倒と感じるか? 価値を感じるか? それは、人それぞれだと思います。 正直面倒だな!と思われた人に 実は、もっと面白い話があるんです。 スポンサーリンク 平成31年 1円玉硬貨価値 知らないと損する硬貨の話 知らないと損する硬貨の話を紹介します。 昔は、1銭硬貨がありました。 1銭が100枚で1円です。 1953年まで使用されていましたが、それ以降はなくなりました。 今、1銭硬貨の価値はいくらだと思いますか? 状態によりますが数万円で取引されることもあります。 たった1銭が数万円になるんです! 次に現在使用されている硬貨の発行枚数の推移を確認してみます。 直近の7年を確認してみると10円玉、100円玉、500円玉は、毎年数億枚以上発行されています。 ところが、1円玉、5円玉、50円玉硬貨の発行枚数が近年減ってきており、特に1円玉の発行枚数は激減しています。 和暦 1円玉 5円玉 50円玉 平成23年 456,000 456,000 456,000 平成24年 659,000 659,000 659,000 平成25年 554,000 554,000 554,000 平成26年 124,013,000 87,538,000 7,538,000 平成27年 82,004,000 105,004,000 47,004,000 平成28年 574,000 35,064,000 46,064,000 平成29年 477,000 33,927,000 20,927,000 平成30年 440,000 17,960,000 56,960,000 長い年月をかけて日本経済は発展し物価上昇を続けています。 1銭のような小さな硬貨はなくなりました。 実際、1円玉の発行枚数は近年激減していることから、次になくなるのは1円玉になるだろうと考えることができます。 1円玉がなくなるのであれば 1円玉をごっそり集めるものありだと思います。 今なら、状態のよい1円玉をじっくり選ぶこともできます。 それをどんどん貯金箱に入れていくだけです。 さらに、平成31年の1円玉が手元にまわってくれば、手放すのはもったいないです。 貯金箱に入れておきましょう。 超レアになる可能性が考えられます。 お財布も軽くなり、将来が楽しみになるのではないでしょうか? ちなみに 紙幣について昔は、100円札、500円札がありました。 年配の方なら使ったこともあり知っていることですが若い人は知らないかもしれません。 それが、今では100円玉、500円玉に変わりました。 次に小さい紙幣は1000円になりますが、これはまだ1000円玉になる前兆は見られていません。 平成31年 1円玉の硬貨価値は上がる!? いかがだったでしょうか? 早速、貯金箱を用意してお財布の中にある1円玉を入れてみてはいかがでしょうか? 名付けて『1円玉貯金』 今は単なる1円玉かもしれませんが、将来すごい硬貨価値になるかもしれません。 是非、やってみて下さい! それでは、世帯主でした!.

次の

平成13年の100円硬貨の価値と買取相場!3倍以上になる?

平成31年 硬貨 価値 10円

mof. htm) 貨幣情報 図柄(表/裏) 平等院鳳凰堂、唐草/常盤木、10 素材 青銅 品位(千分中) 銅 950、亜鉛 40、錫 10 直径 23. 5mm 量目 4. mof. htm) 貨幣情報 図柄(表/裏) 平等院鳳凰堂、唐草/常盤木、10 素材 青銅 品位(千分中) 銅 950、亜鉛 40、錫 10 直径 23. 5mm 量目 4. 5g 発行年 昭和34年〜 発行枚数や価格目安など一覧表 年号(西暦) 価格目安(円) 発行枚数(枚) 完未 未使用 美品 並品 昭和34年(1959) 35,000 12,000 100 50 62,400,000 昭和35年(1960) 20,000 9,000 - - 225,900,000 昭和36年(1961) 15,000 8,000 - - 229,900,000 昭和37年(1962) 6,000 1,000 - - 284,200,000 昭和38年(1963) 3,000 1,000 - - 411,300,000 昭和39年(1964) 2,000 700 - - 479,200,000 昭和40年(1965) 1,000 500 - - 387,600,000 昭和41年(1966) 1,000 500 - - 395,900,000 昭和42年(1967) 6,000 2,000 - - 158,900,000 昭和43年(1968) 1,000 500 - - 363,600,000 昭和44年(1969) 600 300 - - 414,800,000 昭和45年(1970) 1,000 500 - - 382,700,000 昭和46年(1971) 800 400 - - 610,000,000 昭和47年(1972) 600 300 - - 634,950,000 昭和48年(1973) 400 200 - - 1,345,000,000 昭和49年(1974) 400 200 - - 1,780,000,000 昭和50年(1975) 400 200 - - 1,280,260,000 昭和51年(1976) 400 200 - - 1,369,740,000 昭和52年(1977) 400 200 - - 1,467,000,000 昭和53年(1978) 400 200 - - 1,435,000,000 昭和54年(1979) 400 200 - - 1,207,000,000 昭和55年(1980) 300 150 - - 1,127,000,000 昭和56年(1981) 300 150 - - 1,369,000,000 昭和57年(1982) 300 150 - - 890,000,000 昭和58年(1983) 300 150 - - 870,000,000 昭和59年(1984) 300 150 - - 533,850,000 昭和60年(1985) 300 150 - - 335,150,000 昭和61年(1986) 500 300 100 50 68,960,000 昭和62年(1987) 200 100 - - 165,775,000 昭和63年(1988) 200 100 - - 618,112,000 昭和64年(1989) 300 150 50 - 74,692,000 平成元年(1989) 100 - - - 666,308,000 平成2年(1990) 100 - - - 754,953,000 平成3年(1991) 100 - - - 632,120,000 平成4年(1992) 100 - - - 538,130,000 平成5年(1993) 100 - - - 249,240,000 平成6年(1994) 100 - - - 190,767,000 平成7年(1995) 100 - - - 248,874,000 平成8年(1996) 100 - - - 546,213,000 平成9年(1997) 100 - - - 491,086,000 平成10年(1998) 100 - - - 410,612,000 平成11年(1999) 100 - - - 359,130,000 平成12年(2000) 100 - - - 315,026,000 平成13年(2001) 100 - - - 542,024,000 平成14年(2002) 100 - - - 455,667,000 平成15年(2003) 100 - - - 551,406,000 平成16年(2004) 100 - - - 592,903,000 平成17年(2005) 100 - - - 504,029,000 平成18年(2006) 100 - - - 440,594,000 平成19年(2007) 100 - - - 388,904,000 平成20年(2008) 100 - - - 362,811,000 平成21年(2009) 100 - - - 338,003,000 平成22年(2010) 100 - - - 328,905,000 平成23年(2011) 100 - - - 255,936,000 平成24年(2012) 100 - - - 279,211,000 平成25年(2013) 100 - - - 100,892,000 平成26年(2014) 100 - - - 171,013,000 平成27年(2015) 100 - - - 203,004,000 平成28年(2016) 100 - - - 190,000,000 ギザギザの10円玉(ギザ10)は珍しくない? 小さな頃から、「ギザ10は珍しい」と言い聞かせられていましたが、実際の数字を見てみると、「珍しい貨幣」と声を大にして紹介できるほどでもないような気がしますね。 ただ年数が経つにつれて、流通する枚数は減っていきますし、1970年代以降の発行枚数と比較してみると少量なので、「ギザなし」よりは希少性があると考えて問題はなさそうです。 ギザ10には希少性があるといいつつも、10円以上の価値がつかない年代もあります。 表を見てみると、昭和27〜30年までに発行されたギザ10には、本来の貨幣価値と同等の価値しかないと考えられています。 もしギザ10を集めるのであれば、 昭和26年、昭和32年、昭和33年のものを集めると良さそうですね。 昭和33年に至っては、並品(FINE)でも100円ほどの価値があるとされていますので、狙い目と言えます。 【関連】 ギザなしでもギザ10並みの価値!? ギザなしの10円玉は価値がないかと思いきや... 発行年によっては、ギザ10に匹敵する価値を持つものも存在します。 それが、 昭和34年、昭和61年、の2つです。 いずれの年も、発行枚数6000万枚台という低水準が、希少価値を高めています。 並品でも50円相当ですので、ギザ10同様に出会えたらラッキーな10円玉と言えますね。 【注意】記念硬貨の買取でお近くの店舗にいく前に 記念貨幣(硬貨)を買い取ってもらおうと決めた時、あなたはどこで買取査定をしてもらうでしょうか?すぐに思いつくのは、お住まい付近の買取ショップ、またはチラシが入ってきた地域の買取業者ではないかなと思います。 すぐに足を運べる場所なのでつい選びがちですが.... その選択、ちょっとお待ち下さい!! 当サイト独自に行なった 「古銭買取経験のある方への満足度調査」によると、多くの方が地域の買取業者・店舗を利用されていました。 しかしその中には多く不満を抱く回答も多く、次は「ネット買取業者を利用したい」という声が多数上がりました。 買取店も商売でやっていますから、少しでもお店の利益を増やそうとしたら「査定額を抑えようとする」のは当然の考えです(悪意があるいのではなく、商売を成り立たせるためにはごくごく普通の思考なのです)。 素人の我々にはわからないように、自然と話を進めますので注意しましょう。 とはいえ、注意したほうが良いと言われても難しいですよね。 そこで、「少しでも買取査定を高くする方法」を、次でお伝えしたいと思います。 ではどうすればそうならないか?もうお分かりですね。 「複数の業者に査定依頼をする」つまり、世間一般で言う「相見積り」をとることが高額査定する上でも重要ということです。 今回は、「相見積り」のとり方で2パターンご紹介しますので是非参考にしてみてください。 ネット業者による見積もりを事前に得ているので、地域の店舗に行った際にも事前情報が入っているため、また既に1社の査定を手に入れているので、不当に安く買い叩かれる心配が少なくなります。 見積もりは、当サイトでピックアップしているネット買取業者が安心です。 既に多くの実績がある他、販売網も確立しているため査定額も期待できます。

次の