感謝状 例文。 感謝状例文集

文例集(表彰状)感謝状:大阪北区/東京千代田区 印刷[株式会社 小嶋印刷]

感謝状 例文

これからは少しずつ恩返しするので楽しみにしていて下さい。 ここにありがとうをいっぱいこめて感謝状をおくります。... 寄付・寄贈に対する感謝状... あなたは多年にわたり生産部門の重職を通じ当社製品を広く紹介し国際的レベルにまで高められました 本日退職される... 貴財団では障害者に対し深いご理解のもとで心身障害者共同作業所の厨房設備整備事業費として多額の御寄付を賜りまし... 感謝状(防災協力)... 感謝状(防犯協力)... 感謝状(安全衛生)... 感謝状(工事施工)... 感謝状(営業成績)... 感謝状(故人)... 感謝状(地域役員退任)... 感謝状(組合等理事退任)... 感謝状(役員退任)... 感謝状(定年退職)... 感謝状(永年勤続)... 感謝状(異動職員送別会にて)... 恩師に感謝状 生前葬と「人生のクラス会」... 感謝状2(役員退任)... 感謝状1(役員退任)... 感謝状(役員退任,、退職者、退任者表彰)文例と書き方... 定年退職の挨拶例文です。 定年を迎えられるかたへの感謝状を送ります。...

次の

退任する社長・役員へのお礼状のメッセージ例文【贈る言葉】

感謝状 例文

社長・役員を退任される際に贈る言葉のお礼状のメッセージはいったい何がふさわしいのでしょうか。 例文を確認する前に、お礼状のメッセージフレーズを見ていきましょう。 お礼状は単なる言葉の羅列は避け、会社の上役として全うした社長や役員ご退任時の功績を称える様な表現を贈る言葉として使ってみましょう。 お礼状のメッセージに「ご退任おめでとうございます」は逆効果の場合もある お礼状のメッセージで「ご退任おめでとうございます」と贈る言葉にするのは失礼にあたる場合があります。 なぜなら社長・役員から退任すること自体はおめでたいことではないからです。 お礼状の贈る言葉ににわざわざ、ご退任おめでとうございますは社長・役員から皮肉に受け取られてしまうかもしれません。 お礼状でのメッセージには感謝と労いの贈る言葉を書こう ご退任される社長・役員に対してのお礼状のメッセージには感謝の気持ちと労いの贈る言葉を書きましょう。 退任される社長や役員がもし、新たなスタートをきるなら祝福の込めた送別の贈る言葉やまた長年会社の発展に貢献した事などを労いの気持ちをお礼状のメッセージとし文章に載せましょう。 社長・役員ご退任者へのお礼状のメッセージ例文 社長・役員を退任される際にこんなお礼状の贈る言葉のフレーズはいかがでしょうか。 お礼状には感謝とねぎらいの言葉が一番ですね。 ご退任される社長や役員へ心を込めた気持ちの伝わる感謝状のメッセージ例文一覧を集めてみました。 このメッセージ例文を参考に長年の功績ご苦労等を称えて感謝の気持ちを贈る言葉として伝えてみましょう。 感謝状やお礼の手紙等で用いない方がよい言葉、言い回し等について確認しましょう。 せっかくの贈る言葉ですので、しっかりとした言い回しを使えるようにしましょう。 社長・役員ご退任者へのお礼状で使わない表現:辞任・解任 「辞任」と「退任」の違いはご存知でしょうか。 社長・役員退任者へのお礼状では「辞任」や「解任」という言葉は使ってはいけません。 辞任は任期満了ではなく、任期途中に自分の意図に基づいて辞める事です。 また「解任」も任期満了ではなく、任期途中に自分の意図に反して辞める事です。 ですので、社長・役員ご退任者へのお礼状で「辞任」や「解任」は使えない表現です。 社長や役員ご退任者へのお礼状で使わない表現:ご苦労様 次に社長や役員退任者へのお礼状で使っていけない言葉は「ご苦労様」です。 ご苦労様は目上から目下に使う言葉ですが「長い間おご苦労様でした」というと、退任される社長や役員が下っ端の扱いになります。 「長い間お疲れ様でした」が適切な表現だと思います。 贈る言葉の例文を押えて社長・役員ご退任者を笑顔で送り出そう 会社の社長や役員が退任される際に贈る言葉として、お礼状で使えるフレーズと例文についてまとめてみましたが、参考になりましたでしょうか。 ご退任される社長や役員へのお礼状では「ご退任おめでとうございます」や「ご苦労様でした」は言わない方がいいです。 また、任期満了ではなく任期途中で自分の意に反してのご退任の場合もありますので「辞任」や「解任」という言葉も言わない方がいいです。 お礼状のメッセージ例文が何かでお役に立てたら幸いです。 業績に敬意を表する意味でも「お疲れ様でした」と笑顔でお礼をし送り出してあげてはいかがでしょうか。

次の

感謝の言葉で伝えたい名言・例文・一言・手紙での書き方|ビジネス

感謝状 例文

先生 1.感謝状、あなたは入学以来、勉強や仲間の大切さなど、これからの人生において大切ないろいろのことを教えてくださいました。 ここに感謝の気持ちを込めて感謝状を贈ります。 ありがとうございました。 2.感謝状、あなたは3年間という私たちのの先生として最後まで誠心誠意教えてくださいました。 私たちをいつも信頼し、そして温かい目でご指導してくださいました。 ここに卒業証書といたしまして感謝状をお渡しいたします。 生徒目線で先生への感謝状の文例です。 担任の先生はもらえない卒業証書に見立てた感謝状を作るのもステキです。 友人など 1.感謝状、あなたは苦しい時も楽しい時も一緒にいてくれて私の心の支えになってくれたことを感謝し、ここに感謝状をお渡しいたします。 文例1は友人に送る感謝状です。 いつも一緒にいてくれる友人に日頃はなかなか言えないメッセージを感謝状にして渡してみましょう。 文例2は両親に向けた感謝状です。 成人式や自分の誕生日など節目の時に両親に渡して驚かせるのもステキです。 イベント別感謝状の文例 たくさんあるイベントで使える感謝状の文例です。 シーン別にまとめたので、参考にしてください。 わがままをたくさん言って心配ばかりかけてきてごめんなさい。 お父さんとお母さんが今までたくさん愛してくれたから今の私がいます。 今まで当たり前のように思っていた事を今ではとても感謝しています。 これから少しずつ親孝行していきたいと思いますので、体を大切にして見守っていて下さい。 2.お父さん、お母さん、2人は私のよき理解者であり常に笑顔で明るい家庭を作ってくれました。 たくさん心配もお掛けいたしました。 決していい娘ではなかったと思いますが、結婚式という門出の日にあたり感謝の意を表します。 今まで育ててくれた両親への感謝状の文例です。 結婚式中にサプライズで渡して驚かせましょう。 文例をアレンジして両親への日ごろの思いを伝えましょう。 表彰状 1.あなたは秋季運動会大会において頭書の優秀な成績を収められましたので、ここにその栄誉を讃えるとともにこれからもご活躍を願いここに表します。 よってここに表彰いたします。 1の文例は運動会の表彰状の文例です。 学校だけではなく、保育園や幼稚園などでオリジナルで作る際に参考にしてください。 2の文例はスポーツ大会の表彰状の文例です。 少年野球大会や、サッカー大会など地域で行う催しの時に使える文例です。 3の文例は地域パトロールの賞状の文例です。 日ごろからの感謝の気持ちを感謝状にして渡すのもステキです。 永年勤務・退職 1.あなたは入社以来実直に職務に精励され社業の発展に貢献するところ誠に多大であります。 このたび定年を迎えられるに当りこれまでの功をねぎらい感謝の意を表します。 今まで数多くの職員を励まし心の支えとなって頂いたことに深く感謝の意を表します。 また長年勤めているという事や、功績に対して感謝の意を表しましょう。 また、文例は一例になりますのでアレンジしてオリジナルの物を作成してください。 よってここにそのご厚意に対して深く感謝の意を表します。 よってここにそのご厚意に対して深く感謝の意を表します。 寄付の感謝状の文例です。 母校や部活、サークルや地域活動などに寄付を頂いた際に使える文例の内容になっています。 ようちえん毎日よくがんばったね。 ママとパパはとてもうれしいです。 これからもなかよくしようね。 そつえんおめでとう。 ともだちを たくさんつくって たのしいがっこうにしてね。 優しく誠実な先生の姿は、 子供にとってお手本となっています。 先生に出会えたことで、 親子共々成長することができました。 本当にありがとうございました。 毎日、笑顔で幼稚園に通うことができたのは 先生のおかげです。 小学生になっても、また遊びに来るとは思いますが、どうぞよろしくお願い致します。 3の文例は卒園する子どもに向けです。 55の文例は先生に向けた感謝状です。 どちらも今までの思い出や成長したこどもの姿などのエピソードを入れるとステキな感謝状になります。 子どもに向けたものは読みやすく、ひらがなを使うといいです。 長寿 驚いたで賞 あなたはマジック大会全国大会において、想像を絶するビックリするようなマジックの数々を披露してくれました。 今後ますます、精進努力され、もっとたくさんの人をビックリさせてください。 ここに敬意を表し賞状を贈ります。 頑張ったで賞 あなたは今までの経験を通してとても素敵なサラリーマンにバージョンアップされ強い人間になりました。 よってその功績をたたえここに表彰いたします。 かわいかったで賞 あなたはお遊戯会でとてもかわいい演技で私たちをいやしてくれました。 よってこの賞を送ります。 スマイル賞 あなたはいつもステキな笑顔でお客様をお店に迎え入れてくれています。 よってここにこの賞を送ります。 感謝状の文例を使ってみよう!.

次の