こう もん しゅう い 腫瘍。 猫の肛門嚢炎~症状・原因から治療・予防法まで肛門の病気を知る

肛門がん

こう もん しゅう い 腫瘍

肛門周囲腺腫とは? 肛門周囲腺腫はがんではなく良性腫瘍です。 かなり大きくなることもありますが、治癒を狙えます。 また一般的に治療後の予後は良好です。 肛門の近くに発生する腫瘍で、去勢により発生率は低下するため、男性ホルモンの影響を大きく受けていると考えられます。 オス犬にばかり発生し、メス犬に発生することは稀です。 悪性のものは肛門周囲腺がんと呼ばれ、この場合は治癒は困難です。 見分けがつかないので早めに検査を受けたほうが良いでしょう。 肛門周囲腺癌の場合は、去勢の有無や、雄性ホルモンとは関係がありません。 肛門周囲腺腫はどこにできるの? 犬の肛門の周りには「肛門周囲腺」と呼ばれる分泌腺があり、主に皮脂を分泌しています。 この肛門周囲腺が腫瘍化したものが 肛門周囲腺腫です。 肛門周囲腺腫の多くは単発(一ヶ所)にできますが多発(複数個所に発生)することもあります。 肛門周囲腺腫の原因 肛門周囲腺腫は男性ホルモンが関係している腫瘍のため、メス犬にはほとんど発生しません。 また、オス犬でも去勢をした犬の発生は少なくなります。 その他の原因としては他の腫瘍と同様、加齢がリスク要因です。 まとめますと肛門周囲腺腫は高齢の去勢していないオス犬に発生しやすいと言えます。 肛門周囲腺腫の症状 肛門周囲腺腫は良性の腫瘍ですから、癌(悪性腫瘍)のように転移して命を脅かす病気ではありません。 良性の腫瘍ですが、肛門のまわりの腺組織に硬いしこりができますし、ほおっておくと腫瘍は大きくなり、時には腫瘍の表面が自壊(皮膚が破れる)し、出血を起こしたり、菌に感染して化膿することもあります。 排泄時に痛みを伴えば、犬は排泄を嫌がるようになります。 ですから肛門周囲に異常な腫瘍が確認できたら、なるべく早く獣医師の診断を受けていただく事をお勧めします。 肛門周囲腺腫の治療 良性とはいえ大きくなり出血することもあるため、手術で取り除いてしまうのが一般的です。 あまり大きくならず生活に支障がない場合や高齢で手術や麻酔に耐えられない場合など、手術が奨められないケースもあります。 なお手術をしてもまた新しい腫瘍が出てきてしまう(再発する)ことがありますので手術後も注意が必要です。 また、腫瘍を取り除くのと同時に去勢手術をおこないます。 手術で腫瘍を取り除きます。 去勢していない場合は去勢して、予後を改善します。 ホルモン剤投与で男性ホルモンの働きを抑え、予後を改善します。 の場合は、がんはその場に留まりません。 リンパ節や肺転移を起こしやすく予後は良くありません。 一般の方には悪性か良性かを見分けることができないため、腫瘍を見つけたら早めに獣医師の診察を受けていただく事をお勧めします。 肛門周囲腺腫のその他の対策 免疫対策・ホルモンバランス改善 上にも書きましたが、肛門周囲腺腫は高齢のオス犬がなりやすい腫瘍です。 高齢になると免疫力が低下しますし、ホルモンのバランスも崩れやすくなります。 そこで、普段より免疫やホルモンバランスを整えるために、例えばコルディのような免疫対策サプリメントを与えてみてはいかがでしょうか。 コルディを与えていただく事で免疫力をアップさせ、腫瘍の増大抑制、再発防止にお役立てください。 コルディは医薬品のような副作用は心配がありませんので、予防においても、安全性の高いコルディは安心して使うことができます。 食事の見直し 毎日の食事によって私たちや犬の身体は作られます。 腫瘍が成長し難いようにするためには免疫がしっかり働いてくれる体内環境づくりが必要ですが、その時の基礎となるのが毎日の食事です。 ドッグフードはいくら良質と謳っていても、しょせんは加工食品です。 熱処理をすれば新鮮な生の野菜や肉、魚などに含まれる酵素は失活してしまいます。 毎日食べるフードに、例えば生の野菜や魚をトッピングしたり、生の肉を少しボイルして追加するなど免疫力を保てるようなお身体になるよう、日々のお食事をまず見直してみてください。 食事を見直すことで、がんの増殖スピードを低下させ、体力をつけ、貧血やアルブミン値などを改善させることができます。 逆に癌の成長時の栄養となるブドウ糖を減らすことも大切になってきます。 糖質の摂取量を減らすことはがん予防、糖尿病予防にもなります。

次の

肛門がん

こう もん しゅう い 腫瘍

肛門がん|大腸・肛門病の知識|痔プロ. がんが成長すると、周りの他の組織へ浸入します(局所浸潤)。 また血管やリンパを通して身体のあちこちに拡がって行きそこで成長します(転移)。 腫瘍、または身体で発育するものは良性と悪性(癌性)があります。 良性のときは発育はしますが他へ拡がって行くことはありません。 悪性腫瘍は深く浸入し拡大する(転移する)能力があるのです。 肛門がんは肛門縁周辺の細胞や直腸肛門接合部までの肛門管内の細胞から発生します。 多くの肛門がんは肛門皮膚部から発生し、扁平上皮がんといわれます。 いくつかの肛門がんは口側の肛門管の特殊な上皮から発生して総排泄腔がんと呼ばれます。 この辺からはいくつか他のタイプのがんも起りますが、先の2つの頻度が高いのです。 これらのがんはいずれも似た生物学的特徴があり、同様に扱われます。 細胞自体は悪性ですが、表在組織より深くは浸潤せず前癌状態にとどまります。 この状態はボーエン病と呼ばれています。 米国では毎年3400人の肛門がんが新しく診断されていますが、約500人は毎年この病気で亡くなられます。 大腸がんと比較すると大腸がんは毎年14万人が罹り、5万人が死亡しています。 しかし肛門がんに関する危険因子はある程度わかっています。 以下列挙してみましょう。 ・年齢はほとんどが50歳以上である ・コンジローマという肛門の疣が発育してがん化する ・肛門性交をしている人 ・喫煙:有害な化学物質ががん化の危険を増す ・免疫力低下の状態:臓器移植や免疫反応を低下させる薬を使っている人、あるいはHIV感染の人はリスクが高いといえます。 ・慢性の局所の炎症:例えば慢性裂肛を肛門の開放創が長期に存在すると少しリスクが上がります。 ・直腸、前立腺、膀胱、子宮頚部などの骨盤臓器のがんに対する放射線療法を受けた人は肛門がんのリスクは高くなります。 肛門性交を避けHPVとHIVウイルスにかからないことです。 どんな性交の時もコンドームを使用することです。 コンドーム自体が感染のリスクを除く訳ではありませんが、それを減らすことはできます。 肛門がんを含む多くのがんは禁煙することでがん化のリスクを減らすことになります。 肛門がんは医師が直接診て触れる消化管の一部にできるものです。 肛門がんの症状は以下のようなものです。 ・直腸肛門からの出血 ・肛門の腫瘤 ・肛門部の痛み ・繰り返す頑固な痒み ・排便習慣の変化や排便の際のいきみの増加 ・細くなってきた便 ・肛門から、膿や粘液の分泌 ・肛門やソケイ部のリンパ節の腫脹 これらは痔核による症状よりは軽いものの自分で痔だと勝手にみなしてはいけません。 上記症状があれば必ず医師に相談して下さい。 直腸肛門指診による定期的検診により多くの病変を早く見つけて治療することとなります。 結腸直腸がんと肛門がんの通常の検診では指診による検査の他に1年に1回の便潜血テストや5〜10年に一度の大腸内視鏡が行われます。 検診は50歳以上から始めます。 もし医師により肛門がんが疑われたら生検をして確定診断します。 もしがんであれば、その程度や拡がりを診断することになります。 肛門がんに対しては基本的に3つのタイプの治療法があります。 ・外科的切除法 ・放射線治療:高線量でがん細胞を殺し、さらに化学的治療でがん細胞を殺して行きます。 今や放射線と化学療法の併用が標準化された第一選択の肛門がんの治療法です。 場合により小さな限局した腫瘍については外科的切除で括約筋を保存的に行うことができます。 もし腫瘍が放射線と化学療法の併用療法に反応しなかったり、またその後に再発したり、極めて特殊なタイプであれば直腸切断術を行って、人工肛門を造設することが必要となります。 殆ど治療法は効果的といえます。 加えてたとえ肛門がんは再発しても早く発見されれば治癒可能です。 定期的に経験豊かな医師による注意深い診察を受けつつ経過観察することが最も大切です。 何か症状があれば直ちに担当医に伝えるようにしましょう。 多くのがんと同様早期発見が高い生存率に直結します。 多くは化学療法と放射線治療の併用で治療されます。 再発しても再度有効に治療されます。 何かの直腸肛門の症状があれればすぐに医師に相談し、肛門および結腸直腸がんの検診検査を受けることが勧められます。

次の

「痔瘻(痔ろう)」の症状とは?

こう もん しゅう い 腫瘍

ポイント• 肛門周囲腺腫は、肛門と肛門嚢を取り囲む皮脂腺と汗腺が腫瘍化• 症状は毛のない部分に黒っぽい小さなしこり• 毛の生えている場所や尻尾の部分などにもできることも稀にある• しこりが大きくなり舐めたり噛んだり皮膚が破れたりして出血したりする• 排便のしぶりや細菌感染での化膿など併発することもよくある• 一ヶ所だけと数ヶ所に発生する事もある• 良性でも悪性に変化する事もある• 原因は男性ホルモンが関係している為、去勢手術をしていない雄に多い• 多くは雄の8歳~12歳の高齢犬• 去勢した犬やメスなどが肛門周囲腺腫を発症した場合はほとんどが悪性腫瘍• 治療は外科手術での切除が主• ホルモンの関係もあるので、その時に去勢手術も併用して行う• ホルモン剤や放射線療法を併用してしこりを小さくしてから切除する場合もある 犬に特有の肛門周囲腺腫は、肛門と肛門嚢を取り囲む皮脂腺と汗腺が腫瘍化したもので、ときには包皮や尾根部にも発生がよくみられます。 通常は毛のない部分に黒っぽい小さなしこりがありますが、毛の生えている場所や尻尾の部分などにもできることも稀にあります。 一ヶ所だけと数ヶ所に発生する事もあります。 犬の全腫瘍のうち、乳腺腫瘍や肥満細胞腫に次いで多く、良性の場合は小さなうち切除してしまえば完治しやすいですが、悪性の場合は小さなしこりでも完全に取除く事が難しく、他の場所に転移している場合もある為、治療は非常に困難となり切除しても再発が多いともいえます。 また、良性でも悪性に変化する事もあり、しこりが大きくなり舐めたり噛んだり皮膚が破れたりして出血したりします。 その為排便のしぶりや細菌感染での化膿など併発することもよくありますので、どちらにせよ切除する事が治療になります。 大きくなればなるほど、切除が困難になり、切除の際に肛門を締める筋肉を傷つけるリスクもあります。 多くは雄の8歳~12歳の高齢犬で男性ホルモンが関係している為、去勢手術をしていない雄によく見られます。 肛門周囲腺腫にホルモンが供給されなくなるために若い頃に去勢をした犬、メス犬にはほとんど発生しません。 ただし、去勢した犬やメスなどが肛門周囲腺腫を発症した場合はほとんどが悪性腫瘍になります。

次の