お飾り の 処分。 正月飾りの処分法ガイド しめ縄などの処分に困る前に!

お正月飾りの処分の仕方や方法|神社と自宅 | お正月

お飾り の 処分

五月人形を処分したいのですが… 男の子が生まれると、おじいちゃん、おばあちゃんは張り切って五月人形を贈ってくれます。 男の子が生まれたら、母親の実家が贈るという慣習があり、「贈らなきゃ孫がかわいそう。 」と、ついつい頑張って鎧兜や五月人形、こいのぼりを買い求めます。 冷静に考えると、人形屋さんにのせられている感がないわけではなく・・・ 紙で作った兜をかぶらせてお祝いしても、孫を思う心は同じなのですが、実際は少々無理をしてでも、買い求めます。 なので、兜や五月人形を持っているというご家庭は多いです。 子どもが大きくなると、五月人形などは飾らなくなり、いつしか押入れの奥にしまわれたまま、ということになります。 この、押入れのスペースをつぶしている五月人形を処分したいと思っていても、処分方法がわからずに、何年も押入れに入れたままという方は少なくありません。 五月人形の供養法や処分の仕方を調べてみました。 五月人形を処分したい 五月人形は子どもの年齢に関係なく飾っていいものなのですが、子どもが成長して、五月人形に興味を示さなくなった頃から飾らなくなるご家庭が多くなります。 昔は医療が発達していなくて、7歳までに亡くなる子が多く、7歳まで無事に成長した子は氏神様に感謝のお詣りをしました。 (七五三) そして、五月人形は7歳まで飾り、七五三には 五月人形を神社に奉納しました。 武家社会では元服(15歳程度)になると大人の仲間入りなので、数え年15歳まで飾るという地域もあります。 現在は子どもが成長するにつれて飾ることが少なくなり、押入れや納戸に眠ったままになっている五月人形が多いようです。 五月人形を飾る機会が減り、代々受け継がれていくというような家庭は少なくなりました。 収納スペースの関係で、五月人形の処分を考える方が増えています。 思い出が詰まった五月人形をどういうふうに処分したらいいのか、悩みますね。 五月人形の処分方法とは? 両親から贈られた五月人形。 親の想いや、子どもとの思い出などがたくさん詰まっています。 処分法を考えるとき、結論をいえば、五月人形は自治体のごみに出します。 自治体を利用する 子どもの成長を祈り、飾った人形をゴミとして処分するのは、やはり抵抗を感じる方が多いです。 しかし、このまま置いておくわけにもいかず、自治体のごみ処理を考えておられるなら、ご自分で供養されてから、処分されるのはどうでしょうか。 供養の仕方は簡単です。 白い和紙に人形を置き、合掌します。 塩で清めてから和紙に包み、処分します。 気持ちの問題ですので、心を込めて合掌してください。 そうすれば、うしろめたさも薄くなります。 自治体で捨てる場合、分別の指定ごみ袋に入れて捨てる方法と、箱に入れたまま粗大ごみとして回収してもらう方法があります。 地域によってごみ処理のルールが違いますので、確認してください。 知人に譲る もらっていただけるなら、知人に譲りたいですね。 親族で必要とされている方がいるのなら、譲って飾っていただくのが一番です。 高価な五月人形は捨てるのに忍びないですから。 雛人形や五月人形は「一人につき一体の人形」という考え方がありますが、大切な人形を代々受けつぐという、ご家庭もあります。 飾っていただけるなら、人形にとってもうれしいことです。 施設に寄付する もし近所に保育園や老人施設があるなら、寄付するという方法があります。 保育所、児童館、老人ホーム、病院など、引き取ってくれる施設を探してみます。 市役所に電話して、寄付したいと相談をすれば、地域によっては受け入れ先を探してくれます。 その場合、人形の汚れをふき取り、付属品などなどはきちんと揃えてからお渡しします。 リサイクル業者に頼む 有名な五月人形メーカーのものだったり、人気のブランドで保存状態がいいと買取してもらえる可能性があります。 しかし、一般的にリサイクルショップでは引き取ってもらえないことが多いです。 理由は、五月人形は飽和状態で売れないから。 しかし、こいのぼり、鎧、兜などは外国人に人気で、状態が良ければ売れる可能性があります。 オークションで売る オークションやジモティ、メルカリなどに出品すれば、売れる可能性があります。 五月人形の平均落札価格は3,000円前後だそうです。 海外ユーザーも多いので、買ってもらえたらしっかり梱包して破損に注意し、トラブルを避けるように気をつけなければなりません。 人形供養をしてもらう 人形供養には、今まで厄災を受けてきてくれた人形をねぎらうという意味があります。 人形に感謝してお別れをします。 人形を供養する場合は、近くの神社やお寺にお願いします。 近くにない場合は、を利用するといいでしょう。 人形を梱包して送り、供養してもらいます。 供養料は一箱5,000円です。 全国どこからでも「ゆうパック」で送ることが可能です。 引き取りは通年、いつでもOK!• 毎年10月頃の東京大神宮「人形感謝祭」にて供養します。 料金は一箱(袋) 5,000円です。 (郵送料金、供養料金を含む) が毎年10月中頃の日曜日に行われています。 当日の持込のみの受付で、手で持てるくらいまでで、3000円の初穂料が必要です。 東京大神宮の人形感謝祭や明治神宮の人形感謝祭では、鎧兜や五月人形は受け付けられますが、その他の付属物は供養の対象ではないようです。 供養できないものは、各自治体の区分に従い可燃物と不燃物に分類して処分してください。 関西で有名なのは、和歌山の加太にあるです。 人形供養を年間の行事としてやっているような大きなお寺などは、その時期に無料で引き取っていただけるところもあります。 まずはお寺さんとご相談されてみてはいかがでしょうか? 五月人形を処分する時期はいつがいい? 五月人形は処分する時期や季節に決まりはなく、いつでもいいとされています。 しかし、お寺や神社で供養する場合は処分する日が決められているので、注意してください。 人形供養の東京大神宮「人形感謝祭」や明治神宮の「人形感謝祭」は毎年10月に行われます。 その頃に合わせて処分されるのもいいかと思われます。 自分で供養して、自治体のごみとして処分するなら、特に時期は問いませんので、都合のいい日に、お塩で清めて処分されるといいでしょう。 五月人形を処分したい まとめ 子どもが誕生し、喜びに沸いたなつかしい日々。 子どもの成長を願い、祖父母が買ってくれた人形ですが、その役目が終わったときには、できれば丁寧に処分をしたいものです。 そして、赤ちゃんをお祝いしてくださったお気持ちは、ずっとずっと受け継ぎましょう。 端午の節句 関連記事.

次の

正月飾りの処分方法。時期は?自宅や神社での処分の仕方は?

お飾り の 処分

Contents• 正月飾りを処分する方法は? 正式にするなら神社でお焚き上げ 正月飾りは、歳神様をお迎えするためのものです。 年末の28日か30日から松の内以降または小正月まで飾ります。 使用済みの正月飾りは、神社の御神火でお焚き上げするのが正式ですが、地域で行われるどんど焼き(関西では『とんど』と呼びます)に持参してもOKです。 処分するのはいつ? お焚き上げやどんど焼きは、小正月に行われることが多いようです。 多くの神社は、ホームページに年中行事のひとつとして、お焚き上げの日時を掲載しています。 また、どんど焼きの日までにお飾りを集めておく場所が設けられている神社もありますので、事前に問い合わせておくと安心です。 正月飾りの処分は自宅でできる? 自宅で焼くのは難しい お焚き上げやどんど焼き以外に正月飾りを処分する方法はないのでしょうか? 昔は自宅でも焼却できましたが、今では野外焼却(野焼き)が『廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)』で禁止されています。 違反した場合には罰則(5年以下の懲役や1000万円以下の罰金など)が課せられますので、くれぐれもこっそり焼いてしまおうなどとされないように。 焼かずに処分する方法は? 自宅でおすすめなのは、半紙(普通の白い紙でもOK)にお飾りを置いて、塩を振ってお清めしてからキレイに包み、他のゴミと一緒にしないで収集に出す方法です。 出し方はお住まいの自治体で定められた分類に従ってください。 正月飾りを使い回してもOK? ツリーやリースは毎年同じモノだけど クリスマスツリーやリースは毎年同じモノを使いまわしているのだから、お正月飾りだって構わないのでは?そうすれば処分の手間も省けるし・・・。 ゴミを出さないことはエコだし、毎年買い直すのは不経済だし、実に合理的な意見だと思います。 正月飾りを使い回したいなら 歳神さまをはじめ、日本の神様は清らかなモノがお好きなので、本来なら新年のお飾りは毎年新調するのが正解です。 筆者が子供の頃は、お正月は真新しい下着で迎えていて、お正月は単なる祭日や、お年玉をもらえるイベントとは違う、厳かなものだと感じていました。 でも、日本の神様は大らかなので、お清めや禊ぎをすれば新調したとみなして下さいます。 お飾りをしまう時に汚れやホコリをキレイに取り去り、丁寧にしまえば大丈夫です。 正月飾りをしないという選択 正月飾りはオブジェ感覚 かつて正月飾りは宗教的な意味合いが強く、玄関のほか、裏口や台所などにも飾っていました。 しかし、最近ではオブジェのような感覚で飾られるようになっています。 それならいっそ正月飾りをしないという選択もアリでしょう。 正月飾りをしない我が家の事例 何を隠そう我が家では、かれこれ20年以上正月飾りをしていません。 ご参考までに、その経緯をご紹介します。 夫が注連縄を買ってきた 今の家に住んで初めてのお正月に、夫が大きな注連縄を買ってきました。 それまでは筆者が買ってきた小ぶりのものを飾っていて、小正月のあとゴミの日に出していたのです。 当然、その注連縄も同じように処分しようとしたところ、夫は「ゴミに出すなどありえない」と怒り出しました。 注連縄その後の顛末は… 仕方がないので夫にお任せしたところ、節分が過ぎる頃になっても置き去りのまま。 ダイダイにカビは生えるし、ウラジロはバラけるし、とてもみすぼらしい姿になってしまいました。 さすがに我慢できなくなり、夫に「ゴミに出すから」と宣言して捨てましたが、このときに夫は何も言いませんでした。 どないやねん? こんな罰当たりなことをしていても、特に問題は起こりませんでしたが、この一件をきっかけに我が家では正月飾りを廃止して、現在に至っています。 正月飾りの処分の方法は?・・・まとめ 用意するのは簡単、でも・・・ 最近では、モノを処分するのに必要な手間や費用が結構掛かります。 それを考えると、正月飾りを使い回そうという流れになってくるかもしれません。 お鏡だっていつの間にか、餅型のケースの中に個装パックされた小餅が仕込まれたモノが売られるようになりました。 とても便利です。 新年を厳かに迎える気持ちがあれば、カタチは時代に合わせて変えていってもよいのではないでしょうか? 今日のボタモチ 今日のボタモチは【肝心】です。

次の

雛人形の正しい処分方法とは?捨てるより買取がおすすめな理由

お飾り の 処分

北海道〜中部、九州・沖縄地域は、1月11日• 関西方面は、概ね1月20日頃 注意しなければならない 鏡開きのルールとして「絶対刃物で切ってはいけない」という決まりがあります。 「木づちで勢いよく叩き割れ!」という方法が有名ですが、それをするには、それこそお餅が岩かと思うようなカチカチの固さになっているのが前提です。 しかし、よく売っている鏡餅型の真空パックで保存されているお餅は、そこまで固くないお餅です。 真空パックのお餅から出て来る状態のお餅は、固い事は固いけど、焼けばすぐに食べれる程度。 これは切るしかないので、切るな! と言われてしまうと困ってしまいます。 そこで、ここはのし餅のやり方に習い、手でちぎって行きましょう! 餅のちぎり方• これを守らないと神様から罰が当たると言われているので、ゲンを担ぐのを意識している人は、特に気をつけて下さい。 で、処分の仕方ですが、基本2種類有ります。 神社で処分をしてもらう場合 農村部だと、どんど焼きとか差議長と呼ばれているお正月飾りのお炊き上げを町内会がやっていたりしますのでそちらへ持ち込むといいでしょう。 そうでない地域の方の場合は、神社のやっているお炊き上げやどんど焼きに持ち込むのが一番現実的な方法です。 どんど焼きは1月15日に行うところが多いのですが、カレンダーなどの都合で日にちが変わる事もあるので、自薦に神社に問い合わせてから行くと確実です。 神社で焼いてもらうのを考えている場合は、お正月飾りを取り外したら、そのまま当日まで自宅で保管しておきましょう。 自宅で処分をする場合 自宅で処分する場合は、このようになります。

次の