ダイナックル 威力。 ダイマックス技一覧(効果・威力)

ダイマックス

ダイナックル 威力

ダイマックスは全てのポケモンが使用可能で、専用アイテムなども必要ない。 従来のメガシンカやZ技と違い、持ち物に縛られないので戦略の幅が広い。 こだわり系の効果が無効になる ダイマックス中はこだわりスカーフ、メガネ、ハチマキの効果が無効になる。 メリットである特定のステータスが上がる効果を受けられないが、デメリットの1つの技しか選べない効果も解除され、4つの技から自由に選べる。 特定のフィールドでのみ使える ダイマックスは、スタジアムなどの大きなフィールドでのみ使える。 ストーリー中ではジムやトーナメントなどが該当し、野生のポケモンや一般トレーナー戦では使用できない。 ダイマックスができる場所 場所 概要 ジム ジムリーダー戦はダイマックス可能。 トーナメント 過去作の四天王とチャンピオンにあたる。 クリア後の施設。 BPを稼いでアイテムゲット。 ワイルドエリアでダイマックスポケモンと戦う。 世界中のプレイヤーと対戦できる。 1バトルにつき1回かつ3ターンのみ ダイマックスは強力だが、1バトルにつき1回しか使用できない。 3ターン持続し、効果が切れると元の姿に戻る。 ねむり状態などで動けないターンもカウントされる点に注意。 交代すると強制解除 ダイマックス中に交代すると、ターンが残っていても強制解除される。 その後再び交代しても、ダイマックスした状態では出てこない。 技がダイマックスわざに変わる ダイマックス中は、技が全て特殊な効果を持つ「ダイマックスわざ」に変わる。 ダイマックスしたポケモンが元から覚えている 技の種類やタイプによって、ダイマックスわざが決まる。 また、ダイマックス技は必中となる。 「まもる」を使う場合はもちろん、使われる場合もダイマックスわざのことは念頭に入れること。 物理と特殊の分類は変わらず ダイマックス技の分類は、ダイマックスする前に覚えていた技の分類と同じになる。 例えば、元に覚えていた技が特殊技ならダイマックス技も特殊となる。 技の威力は元の威力に依存 ダイマックスわざの威力は、元のわざの威力に依存している。 元の威力が高いほど強力になる。 HPの最大値が増加する 技の種類 技名 重さを参照する技 ・ ・ ・ ・ 強制交代技 ・ ・ ・ ・ 一撃必殺技 ・ ・ ・ ・ その他 ・ ・ ・ ダイマックス時のみがわりの効果 ダイマックス技に対してもみがわりは有効。 ただし、こちらがみがわりをおいた状態でダイマックスすると、みがわりが消えてしまう。 せっかく置いた身代わりが無駄になってしまうので注意しよう。 状態異常にはかかる ダイマックス中でも、ねむりやまひ等の状態異常にはかかる。 特にねむりでの時間稼ぎが危険なので注意しよう。 定数ダメージは元のHPが参照される 最大HPに対してダメージ量が変化する技は、ダイマックス中であっても元のHPの最大値が参照される。 また、どくややけどといった 定数ダメージは元のポケモンのHPで計算される。 ダイマックスできないポケモン一覧 ソードシールドで登場した伝説のポケモン3体はダイマックスできない。

次の

ペンドラー育成論 : バトンする巨大メガムカデ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ダイナックル 威力

そのうちしれっと入れ替わってる可能性もあります。 これが一番無難。 特性はどちらでもいいですが、相手の「ダイバーン」を吸収できる「もらいび」がオススメです。 素早さは120族抜きですが、全振りして128にしてもパルスワン 121族 しか抜けないので244振りがオススメ。 ただ、ダイマックスを考慮して最速にするのもアリです。 お好みで。 先制で鬼火が打てることや、ダイマックスで強力な地面技(威力130)が打てることも強さに拍車をかけた。 ダイナックルは威力が下がるので注意(威力95) なお、 ダイマックスした瞬間にスカーフの素早さ上昇は消えるので注意が必要です。 ダイマックスした瞬間素早さ逆転してワンパンされるのは笑えない。 他、候補として「かみつく」や「アイアンテール」「ギガインパクト」があります。 ギガインパクトはダイアタックにすることで威力150かつ相手の素早さを下げることができるので、わりとガチ。 スカーフによる先制「あなをほる」で相手のダイマックス状態での時間稼ぎができることは覚えておきたいポイント。 ウインディ(火力は特化ウインディより少し高い)• HP252振りダイマックスバンギラスをギリギリ確定一発。 弱点保険なんてぶっ飛ばせ! 素早さに振ってないフォルムロトムも多いので4振り86族抜きにしているが、調製例で挙げた耐久調整にするのもオススメ。 調整先:攻撃特化 陽気珠ミミッキュのダイホロウ 威力120 耐え 無振りアーマーガア抜き 実数値:151-200-99-x-136-88@いじっぱり 努力値:HP84 攻撃252 防御148 特防4 素早さ20 電光石火も有力候補。 ヒートロトムやトゲキッスに強いのは本当にステキ。 ただし鬼火が使えないデメリットが大きすぎて、うーん…という感じでした。 チョッキじゃなくて木の実とかにして鬼火持たせたほうがいいのかもしれない。 かみつくはドラパルト意識 ついでにシャンデラ 、のしかかりはロトムへの打点として。 「馬鹿力でええやん」って場面のほうが多いのでのしかかり枠は自由です。 こんじょうはね、もらいびのほうがいいです。 実際ダメージ計算はそんなにしてないので感覚で動かします。 オボン発動しろ!って思ったらしないことも多くて悲しいです。 扱いやすいのはスカーフですが、個人的に気に入ってよく使っています。 ブースターの「まねっこ」はガチで強いのですが、以前のオボンブースターは特攻個体値が低い子だったので別枠として育てました。 「タスキじたばた」をパッチラゴンやウオノラゴンに打つときが一番楽しい。 なお、倒せない。 あと枠的には絶対足りないんですけど、でんこうせっかはマジで欲しい。 助けてくれ。 そこで「高速移動バトン」のサンダースと組み合わせて使いました。 結果、クソ強かったです。 何回3タテしたか覚えてないくらい強かった。 最初「まもる」の枠は「おにび」だったんですが、一度も使わなかったので「まもる」にしました。 ちなみに「まもる」も単体運用前提(バトン前提だと交代時に毒毒玉が発動する)なので、バトン前提ならこの枠はフリーです。 単体運用するなら守るは必須だと思います。 なお、ドラパルトに引っ込められたりダイロックを打たれたりしました。 他のイーブイズ育成論を見る.

次の

【ミミッキュ絶対許さないマン】マスターボール級へ無敗進出!パーティ公開【ポケモン剣盾】

ダイナックル 威力

概要 某wikiにあった決定力ランキングの第8世代版。 大雑把に言えばポケモン単体が事前のサポート無しで1ターン目から出せる火力のランキングです。 某wikiと異なり、禁止伝説は選考外、火力指数による比較、特性や技の選考基準など、筆者の独断と偏見によるアレンジが多々あります。 暫定版のランキングとしてご覧ください。 ランキング選考基準 ポケモンについて ランクバトルに参加できるポケモンのみ選考対象。 いわゆる禁止伝説は選考対象外。 また、ランクバトル未解禁のポケモン、特性についても選考対象外。 性格、努力値は攻撃or特攻上昇補正の性格でAorCに252振りされているものとする いわゆるA特化、C特化 技について 某Wikiとは異なり鉢巻ギガインパクトや眼鏡はかいこうせんといった、反動で動けなくなる技の素撃ちは選考対象外に。 ただし、ダイマックス技化した場合はデメリットを無視できるため選考対象。 物によっては参考火力として記載します。 てっていこうせんの扱いは悩みましたが、ラス1同士の対面で両者瀕死になった場合の処理がだいばくはつ等と同様に使用者側の負けになる扱いであることから 選考対象外に。 また、特定条件下で威力が増大する技は条件を満たしていない時の威力を扱う。 火力指数について 攻撃or特攻の実数値、技威力、タイプ一致補正、特性による補正、天候やフィールドによる補正、持ち物による補正を乗算した数値です。 ( 命中率は考慮しない) 単純にこの数値が大きいものほど火力が高いということになりますが、ごく僅差だと実際に与えるダメージに差が出ないこともあります(このため某wikiの決定力ランキングにおいて、ドクロッグとベトベトンが同順位になるなどの現象が起きていた。 火力指数はA種族値が1高い分ドクロッグの方が高い) 大雑把な目安として、等倍であれば 火力指数約41400:無振りドラパルト H88B75D75 を確定1発 火力指数約45450:無振りガマゲロゲ H105B75D75 を確定1発 火力指数約47280:H振りギルガルド盾 H60B140D140 を確定1発 火力指数約53550:H振りガマゲロゲ H105B75D75 を確定1発 火力指数約79875:H振りきせきガラルサニーゴ H60B100D100 を確定1発 となります。 また、ダイマックス技化した際の技威力は元の技威力に応じた一定の規則によって決まります 例外有 基本的にはダイマックスによる技強化倍率が約1. 前作のZ技と比べ強化上限が控えめなため、低威力の技が主力となるタイプは最大火力が伸び、元々高威力の技が揃うタイプは逆に最大火力が落ちる傾向にあります。 ライバルたちの不在によりホルードが1位、ワシボンが2位に。 そしてタイプ不一致のくせに専用特性により超火力のガラルヒヒダルマもランキング入り。 参考記録としてホルードの鉢巻ギガインパクトは火力指数79650という超火力です。 ノーマル特殊決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 ジジーロン 59962 ダイアタック はかいこうせん 非考慮 命の球 エレザード 51772 ダイアタック はかいこうせん 非考慮 命の球 ストリンダー 49686 ばくおんぱ パンクロック こだわりメガネ 全ポケモン中トップクラスの特殊火力を有するポリゴンZは今作不在。 よってジジーロンが1位に躍進。 そしてこちらも3位にはタイプ不一致ながら専用特性で超火力のばくおんぱ使いのストリンダーがランクイン。 ジジーロンとエレザードはそれぞれ「ぎゃくじょう」「サンパワー」と伸びしろがあります。 ちなみに、新規特殊ノーマルであるイエッサンははかいこうせんを覚えないことが響きランキング入りならず。 ノーマルタイプの育成論一覧は ほのお決定力ランキング ほのお物理決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 キュウコン 57330 ダイバーン フレアドライブ ひでり こだわりハチマキ ヒヒダルマ ガラル 56970 フレアドライブ ごりむちゅう こだわりハチマキ ブースター 54600 ダイバーン フレアドライブ 非考慮 命の球 天候特性強し、キュウコン1位。 だたし2位以降のメンツはダイバーンによる晴れで次ターン以降はキュウコンを突き放す火力に。 前世代のトップ3 原種ヒヒダルマ、原種ダルマッカ、エンブオー は揃いも揃って今作不在 原種ダルマはデータ上は存在?。 それでもガラルヒヒダルマは炎タイプを失いながらも特性で火力を補いランキング入り。 単氷タイプなのに炎物理としてトップクラスな化け物。 そしてブースターもランキング入り。 「こんじょう」や「もらいび」による伸びしろもあるロマン火力。 参考火力として、ダルマモード発動時のガラルヒヒダルマの命の球ダイバーン フレアドライブ は64974と超火力。 ほのお特殊決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 オニシズクモ 67938 ダイストリーム アクアブレイク すいほう 命の球 シザリガー 63882 ダイストリーム クラブハンマー等 てきおうりょく 命の球 バスラオ 53404 ダイストリーム アクアテール等 てきおうりょく 命の球 一般ポケモン水物理で長年トップに立っていたシザリガーが1位陥落。 これはアクアブレイク 威力85 もクラブハンマー 威力100 もダイマックス技化すると威力130になるため。 3 命の球 =169となるわけですが、これは前作のZアクアブレイク 威力160 を上回る威力。 反面、前作のZクラブハンマーは威力180だったのでシザリガーの最大火力は下がってしまい、このようなランキングになりました。 キングラーも同様の理由でバスラオに及ばず、バスラオが3位に。 参考火力として「ぎょぐん」のヨワシ 群 の命の球ダイストリームは火力指数53488。 また、がんじょうあごウオノラゴンの鉢巻エラがみ 威力2倍時 には火力指数89505と超火力。 みず特殊決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 ペリッパー 65929 ダイストリーム ハイドロポンプ あめふらし 命の球 オニシズクモ 61152 ダイストリーム ハイドロポンプ すいほう 命の球 インテレオン 56745 ダイストリーム ハイドロカノン 非考慮 命の球 天候特性強し。 なぜニョロトノだけいないのか…。 こちらもオニシズクモがハイドロポンプを新規習得し、火力を伸ばしました。 新ポケモンからは御三家であるインテレオンがランクイン。 参考記録として、「ぎょぐん」のヨワシ(群)のZハイドロポンプは指数58552。 みずタイプのポケモン育成論一覧は でんき決定力ランキング でんき物理決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 パッチラゴン 63501 ダイサンダー でんげきくちばし等 はりきり 命の球 バチンウニ 55364 ダイサンダー びりびりちくちく エレキメイカー 命の球 ピカチュウ 49140 ダイサンダー ボルテッカー 非考慮 でんきだま はりきりアタッカーであるパッチラゴンが1位。 ダイマックスではりきりのデメリットを無視できるのも強い。 バチンウニはフィールド補正が1. 3倍に弱体化されたものの2位。 ピカチュウは電気玉がダイマックス時も有効という前提でのランキング入り 未検証 参考火力として、はりきりパッチラゴンの鉢巻でんげきくちばし 威力2倍時 は95816と超火力。 居たとしても新たな化け物を超えられませんが…。 ぶっこわれな特性を持つガラルヒヒダルマが堂々の1位。 そしてその超火力に肉薄するダイマックスガラルダルマッカ。 ダイマックスはZ技と異なりスキン特性が有効らしい 強化はされないがタイプ変更はされる のですが、残念ながら今作にフリーズスキン持ちはいません。 こおり特殊決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 サワムラー 66339 とびひざげり すてみ こだわりハチマキ ローブシン 56970 インファイト アームハンマー てつのこぶし こだわりハチマキ ガラルヒヒダルマ 56970 ばかぢから ごりむちゅう こだわりハチマキ 格闘物理1位に君臨し続けたチャーレムは今作不在。 強力なとびひざ使いの多くが不在であり、サワムラーが1位に。 そしてここでも顔を出すガラルヒヒダルマ。 ネギガナイト 55350 を抑えローブシンと並びます。 ちなみに、ダイナックルの追加効果が攻撃上昇であるためかダイマックス技化すると威力上限が100と低く、一発目の火力はむしろ下がるケースが多いです。 かくとう特殊決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 ルナトーン 40813 ダイロック パワージェム 非考慮 命の球 バンギラス 37674 ダイロック げんしのちから 非考慮 命の球 サニゴーン 36504 ダイロック パワージェム 非考慮 命の球 第7世代で登場したタイプ一致パワージェム使いであるウツロイドが不在。 そもそも今世代ではタイプ一致パワージェムを使えるポケモンがルナトーンとギガイアスしかいないという異常事態。 とはいえそのルナトーンはダイマックスにより火力が伸び、どうにか指数4万に乗りました。 げんしのちからバンギラスと、不一致パワージェム使いの中では最高特攻値を有するサニゴーンが続きます。 いわタイプのポケモン育成論一覧は ゴースト決定力ランキング ゴースト物理決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 ニャイキング 67684 ダイスチル アイアンテール等 はがねのせいしん 命の球 アイアント 67303 ダイスチル アイアンヘッド はりきり 命の球 シュバルゴ 51967 ダイスチル アイアンヘッド 非考慮 命の球 ニャイキングが専用特性を引っ提げ鋼物理1位に。 はりきりアイアントも火力を伸ばしたものの、ニャイキングに僅差で敗れる結果に。 なお、参考記録として ニャイキングの鉢巻ジャイロボールは最大威力150の際、火力指数90112。 ダダリンの鉢巻ジャイロボールは最大威力150の際、火力指数67873。 ナットレイの鉢巻ジャイロボールは最大威力150の際、火力指数54000。 はがね特殊決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 ギルガルド 57603 ダイスチル てっていこうせん 非考慮 命の球 ジュラルドン 51597 ダイスチル てっていこうせん 非考慮 命の球 ルカリオ 49959 ダイスチル てっていこうせん 非考慮 命の球 種族値の弱体化を受けつつもギルガルドが1位を保持。 てっていこうせんの登場により鋼タイプ全般の最大特殊火力が底上げされました。 参考火力として、ギルガルドの眼鏡てっていこうせんは火力指数69930。 はがねタイプのポケモン育成論一覧は フェアリー決定力ランキング フェアリー物理決定力ランキング ポケモン名 火力指数 技 特性 持ち物 オーロンゲ 47911 ダイフェアリー じゃれつく 非考慮 命の球 トゲキッス 42588 ダイフェアリー じゃれつく はりきり 命の球 ニンフィア 41470 すてみタックル フェアリースキン こだわりハチマキ 前世代ランクインのマリルリたちは不在。 新ポケモンのオーロンゲが1位。 ちなみに、対戦環境でよくみるミミッキュの球ダイフェアリーは火力指数39546。 参考記録として、ニンフィアの鉢巻ギガインパクトは火力指数51840。 フェアリー特殊決定力ランキング.

次の